So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

柳宗理のミルクパンはIHで使えないの?の話 [商品紹介]

ACART LIFESTYLEのブログは開業約3週間後の2014年1月1日以来、お休みの日以外はほぼ毎日続けています。
そのため記事の数は営業してきた日数とほぼ同じ。「ネタがないなー」というときも「新商品がありすぎてどれから紹介しよう?」というときも、たんたんと続けて参りました。

DSC07975m2c.jpg
その中でおそらく最も多くの人に読んでいただいているのが、2014/1/28に更新した「柳宗理のミルクパン」のブログ。

日本を代表するプロダクトデザイナー、柳宗理が研究に研究を重ね、使いやすさと美しさを追求したミルクパンが、ステンレスであるにもかかわらずIH対応となっていないのはなぜなのか?という内容のもの。

もう約4年も前のことです。

当時はまだ知らないことも多く、また表現や文章も今以上に拙くて、まだこれが多くの方に読まれているのかと思うとちょっと恥ずかしいなぁ・・・と常々思っておりました。
そんなわけで、あれから4年の間で経験したことなどを織り交ぜながら、記事のリニューアルをさせていただきたいと思います。
この記事がもっともっと皆様のお役に立てば幸いです。

DSC07983.jpg
柳宗理 ステンレスミルクパン 蓋付き つや消し ¥6,480(税込)
まず、結論から言うと柳宗理のミルクパンはIHでも使える場合が多いです。
ただ絶対ではなくて、もちろん使えない場合もあると思います。

使える場合が多いのに、なぜこのミルクパンは『IH調理器対応』となっていないのか?

実はメーカー側としても、IHで普通に使えることは確認しているそうです。それをあえて『IH調理器対応』としていないのは以下の理由から。

DSC07968m.jpg
理由その1。
製品安全協会(SG)の『IHクッキングヒーター規格』という規格では
『IH調理器に接する鍋底の直径は、12cm以上である事』と規定されています(12cm無いと使えないIH調理器が出てくるかも、という意味です) 。
が、柳宗理のミルクパンはこれらの規格が制定される前に設計された為、調理器に接する直径が11.6cmと、僅かに足りていないのです。
それならば12cmにすれば良いのでは?と思わなくもないのですが、ミルクパンの『カタチ』は、柳デザイン事務所がお客様の扱い易さと、外観の美しさを求めて吟味に吟味を重ねて決められた形。容易に変えることはできません。
そのため『IH調理器使用可能』と謳うことは避けた、とのことです。

とは言っても、足りてないのはたったの4mm、まぁ大体のIHは検知してくれて、問題なく使えることも多い、ということですね。


DSC07973.jpg
柳宗理 ステンレス片手鍋18cm 蓋付き つや消し ¥7,020(税込)
理由その2。
これはミルクパンより大きい片手鍋(18cm)もIH対応とされていない理由です。
今現在出回っている多くの『IH200V使用可』の鍋の中には、実際には一度でもIH調理器で空焚きをしてしまうと、底の強度が足りず簡単に底が変形してしまう商品が多くあります(柳デザイン事務所さんの見解です)。
が、柳デザイン事務所では「一度空焚きした程度で底が変形するようではとても『IH調理器使用可』とは言えない」と考えられています。
そのため、従来のステンレス鍋は『IH調理器使用可能』と謳うことは避けた、とのことです。
すなわち、ミルクパンや片手鍋は空焚きすると変形する恐れがあるということですので、使用できたとしても、空焚きは避けましょう。
でも普通に使う分には問題なく使えますよ、ということでもあります。

DSC07969.jpg
どちらの理由も、そもそも柳宗理の単層ステンレス鍋シリーズは、『IH調理器を想定した設計がされていない(設計された時期は、まだIH調理器が一般化していなかった)』
事が大前提のようです。
ちなみに、その後IH調理器の強い火力に対応した、強度の高い『IH用鍋シリーズ』を新しく設計されています。
当店でのお取り扱いがないものもありますが、
『アルミ芯ステンレス3層鋼鍋シリーズ』
『アルミキャストパン(フライパン)シリーズ』
『南部鉄器シリーズ』
『鉄ファイバーフライパン』
『アルミフライパン(セラミックコーティング)』
がそれにあたるそうです。

DSC07981m.jpg
少し長くなりましたが、要するに
「IHでも使える場合は多い」
「使えるけどそれを想定して作ったわけじゃないので『IH調理器使用可能』とは言わない」
「別でそれ用を作ったからそっちなら安心して使っていただけます」
ということのようです。
DSC07997-001.jpg
柳宗理 ステンレスケトル つや消し ¥10,800(税込)
ちなみに、同じくステンレスのケトルについては形を崩さずに改良して、IH200Vに対応しているので、SGマークも取得されています。


また前回の説明では抜けていましたが、このミルクパンの材質は18-8ですので、IHが今ほど普及する前は「使えない素材」とされていました。IHで使えるのは18-0ステンレスとされ、その違いは磁石がくっつくかどうかなのですが、最近ではあまりそのあたりの区別はされず、18-8でも使えるIHが多いように見受けられます。
DSC00346m.JPG
18-8ステンレスは18-0に比べて錆びにくいのが大きな特徴で利点なのですが、熱が伝わりやすいのはやはり18-0ですし、18-8では火力が弱くなる、という記述や18-8で鍋底の厚さが1㎜以上になると使えないと書いてあることもあります。
どちらにしても底の材質は18-0であったり、底が多重構造になっていて18-0などの素材を挟んでいたりする場合のほうがよりIHでの使用に向いていますし、使用可と謳っている場合も多いです。

そして最後に1点追加のご注意です。
日本製のIHは上記のようにほぼ使用可能かと思うのですが、海外メーカーのIHだと18-8ステンレスが使えないという事例が以前にもありました。このミルクパンに限らず、IH使用可能とある商品でも使えないものがある、ということも何度か聞いておりますので、海外製IHをお使いの方は少し注意が必要ですね。

もし柳宗理のお鍋を買うとき、またギフトにするときに「IH使用可能って書いてないけど?」と思われたらこのブログを思い出してください。
上記のようなことに不都合がなければお買い求めいただけると幸いです。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

明日は小正月。奈良のとんど焼はいつどこで? [奈良のこと]

DSC00839m.jpg
時折晴れ間は覗くものの、最強寒波の影響で寒~い日が続いています。
お世辞にもお客様がたくさん!とは言えないならまちですが、こんなに寒いのに外を歩いて来てくださる・・・。そう思うと本当にありがたいですね。

DSC09408m.jpg
本日は日曜日ということで猫スタッフが出勤しています。
担当は仲良しの次女と末っ子。戌年ということで、お客様につくっていただいた「柴犬紙風船帽子(布製)」を奪い合うようにかぶってはお客様に喜ばれています。

そしてこちらもお客様から頂いた水仙(本当に頂いてばかりですみません)。
DSC00857m.jpg
外に自生していたそうですが、頂いてすぐにお店に飾ったところ、店内が暖かいらしくすぐに花が咲きました。小さくて八重咲きの種類で、とってもいい香りがします。

が、実は水仙って毒があるそうですね。ACARTもそんなに詳しくないのですが、人も猫も食べてはいけないのだそうです。
さすがにACARTは間違っても食べませんが、本日出勤している次女や末っ子はまだまだ子供で好奇心が旺盛。家でもお店でも落ちているものなど色々なものを口にしますので、よく気を付けないといけません。このブログをお読みの方も、もしおうちに水仙を生けていらっしゃる方がおられましたらどうぞお気をつけください。


そんなお花に少しだけ春を感じつつ、明日は1月15日、小正月です。
元日を「大正月」というのに対してこう呼ぶほか、松の内に忙しく働いた主婦をねぎらう意味で「女正月」とも呼ばれるそうです。
また関西では小正月までを松の内とし、お正月飾りを片付けるのはこの日、というご家庭も多いようです。
DSC09923m.jpg
ACARTも明日はお休みを頂くのでハナロジさんのお正月飾りも本日でお別れ。お片付けです。
「これはずしたらお正月も終わりかー。またしっかり働かないとー」と少し寂しいのですが、いつまでもお正月気分ではいられないので仕方ありません。

で、そうして外したお正月飾りや古いお札などを燃やすのが「とんど焼き」。
「どんど」という場合もありますが、意味は同じようですね。

奈良では本日、信貴山朝護孫子寺で、「納め札焼大とんど」が行われます。
このほか明日は大神神社で「大とんど」が、山焼きと同じ日の1月27日(土)には「春日大社の大とんど」が飛火野で行われます。

信貴山朝護孫子寺【左義長(納め札焼大とんど)】
DSC07042m.jpg
1月14日(日) 17時~祈祷、18時点火
本堂にて供養のお勤めが行われた後、一山僧侶、行者の行列にて赤門下広場(奥駐車場)へ移動し、竜の形をした大タイマツが焼かれ、供養されます。

大神神社【大とんど(古神符焼上祭)】
DSC03205mm.JPG
1月15日(月) 8時~16時
注連縄や正月飾り、古神符が当日早朝、神職が昔ながらの「火燧具(ひきりぐ)」で起こした浄火をもって焚き上げられます。
この火で焼いたお餅を食べると病気にならない、書き初めの紙を火にかざして高く舞い上がると書道上達につながる、などと信じられています。

春日大社【春日の大とんど 2018】
DSC08759-001.jpg
1月27日(土)13時~18時頃
(雨天の場合、28日(日)10時~14時に順延)
飛火野に火炉(5m×5m、高さ3m)を設置し、正月に神社に持ち込まれた古いお札やお守り、注連縄飾りなどを焚き上げます。当日の会場への直接の持ち込みも可能。


ぜひお正月飾りを持って参加されてはいかがでしょうか。

nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

まだある「あひろ屋」新入荷。今回はあづま袋です [商品紹介]

DSC00410mc.jpg
センター試験もはじまった快晴の土曜日です。猫スタッフが出勤しています。
平日ほどではないにせよ、やはり人通りの少ないならまち。
再来年にはセンター受験?の長女も少し退屈気味です。
DSC09435m.jpg

DSC00374m.jpg
本日も19時まで皆さまのお越しをお待ちしております。
そして明日は数学と理科・・・じゃなかった次女と末っ子が当番です。


さて、今週に入ってずっとあひろ屋さんのてぬぐいをご紹介してきました。
そして本日もまたあひろ屋さん。でも手ぬぐいではありません。

DSC00826m.jpg
こちらが新しく届いた「あづま袋」です。
一枚のてぬぐいを折って重ねて少し縫って袋状になっています。
古くから日本で親しまれてきたかたち。

DSC00675m.jpg
入荷したのはご覧の3柄。「石畳」「胡桃(くるみ)」「浅蜊」です。
たたんだ状態だとほとんどてぬぐい変わりませんが、材料がてぬぐい1枚なのですから当然ですね。
いずれも価格は¥2,160(税込)となります。

DSC00681m.jpg
平たく置いた状態だと、このような形状です。サイズは約48x48cmと結構大きく感じます。
上に飛び出た2箇所の角のような部分を互いに結んでバッグのような使い方をします。
折りたたむとコンパクトになるので、持ち歩くとエコバッグとしてお買い物のときにも活躍します。

DSC00813m.jpg
浅めに結んで持ち手を長くとれば、トートバッグのように手で持って歩けますし、結び目を解かずに中味を出し入れできて便利です。
DSC00690m.jpg
またギュッと下の方で結んでしまえば、巾着や風呂敷包みのようになり、たくさんの荷物でもひとつにまとめることができます。

DSC00840m.jpg
このまま使わずに、かごバッグの中袋として使えば、持ち物が外から見えなくなりますし、何より粋なてぬぐいの模様をワンポイントとして楽しめます。

DSC00682m.jpg
製品には「1枚のてぬぐいをできるだけ丸ごと使うために、持ち手のかたちが表と裏で左右にずれています」とあひろ屋さんの丁寧な注釈が書かれていますが、実用上何の問題もありません。
重い物を入れるためのものではありませんが、それでも持ち手のV字の谷間部分は丁寧に補強の縫製がされていたりと、つくりは極めて丁寧です。


こちらも手作りのため、数量が限られています。
気になる方はお早めにお買上げください。
オンラインストアでもお取り扱いしています。
あひろ屋てぬぐい あづま袋 石畳 ¥2,160(税込)
あひろ屋てぬぐい あづま袋 胡桃 ¥2,160(税込)
あひろ屋てぬぐい あづま袋 浅蜊 ¥2,160(税込)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

染め重ねられた灰色。「特別なあひろ屋」も入荷 [商品紹介]

DSC02653m.jpg
昨日はACARTがお店を閉める頃からならまちでも雪が降り出し、冷たい冷たい夜となりました。
他の地域でも雪が積もっているということでしたし、寒い日が続いています。

本日はこの寒い冬空のような灰色がテーマ。
今週ずっと続いている注染手ぬぐいのあひろ屋さんの新商品「注染+松煙染め」のご紹介です。
柄は「鉄瓶」「滝縞」「槍梅」「冬苺」とこれまでにもお取り扱いしてきた人気柄なのですが、今回は味のある青紫色がかった灰色の地色がポイント。
DSC00656.JPG
名前の通り、「注染+松煙染め」という特殊な技法で染められたシリーズで、オリジナルの注染手ぬぐいを、もう一度染めてつくられる非常に手間のかかった一品です。
しかも染めているのはあひろ屋さんご本人。注染に関しては染屋さんにお願いしているものなのですが、この「注染+松煙染め」はあひろ屋さん自らがこの寒い中、冷たい水で松煙染めをしていらっしゃるというのだから、頭が下がります。

松煙とは松材の煙からできた煤(すす)です。
ただ燃やすのではなく、意図的に不完全燃焼の状態とするのだそうです。
あひろ屋さんの説明によると、その松煙を大豆の汁に混ぜて手ぬぐいを染め、その工程を何度か繰り返した後、最後に生地を蒸すことで松煙を定着させるとのこと。
DSC00663.JPG
出来上がった生地は、通常の綿生地のものと比べて、ゴワッとした感触で少し麻のような風合いに見えます。また地色は単一の灰色ではなく微妙なムラを感じさせる独特の質感を持っています。
まるで油絵の具で塗り重ねた背景が主題を浮き上がらせるかのように、不思議な奥行きを感じることができるのです。
また香りも独特。ミントのような爽やかな香りがほんのりと漂います。


今回入荷したのは先程ご紹介した4種類。
DSC00661.JPG
あひろ屋さんのアイコンとも言える人気の「鉄瓶」は、はっきりとした白黒のコントラストに松煙の灰色が重なり、背景だけでなく柄の黒にも質感が生まれました。
あひろ屋てぬぐい 鉄瓶 黒 [注染+松煙染め] ¥2,160(税込)

DSC00667.JPG
またもともと淡い青からグレーにグラデーションがかかった「滝縞」はその上に灰色の層が加わることで、シャドーがかかったようにぐっと大人びた雰囲気を手に入れました。
あひろ屋てぬぐい 滝縞 空色 [注染+松煙染め] ¥2,160(税込)

DSC00671.JPG
白地に赤紫で影絵のように梅の木が浮かび上がる「槍梅」は、鉄瓶と同じくやはり柄に質感が生まれ、背景の灰色が寒い冬の朝の曇り空のような奥行きを感じさせます。
あひろ屋てぬぐい 槍梅 赤紫色 [注染+松煙染め] ¥2,160(税込)

DSC00668.JPG
そしてこちらも繊細な柄自体に黒からえんじ色へのグラデーションが美しい「冬苺」も、灰色の層によって全体に落ち着きを与えられるとともに、より寒々とした画面の中で、冬苺の赤が一層引き立つように見えます。
あひろ屋てぬぐい 冬苺 [注染+松煙染め] ¥2,160(税込)


実はあひろ屋さんのサイトでこの「注染+松煙染め」を見た瞬間から「これは欲しい!」と思ってしまい、すぐに注文したACART。
自分のものではないのですが、近くで見られて大満足です。
DSC00653.JPG
ただ残念ながら、先程も申し上げたようにこちらはあひろ屋さんが作業の合間に少しずつ染めていらっしゃるもの。
一度に沢山は作れませんし、当店に入ってきたのも本当に少しだけ。
店頭もしくはオンラインストアでご覧になったときには品切れになっている場合もありますので、ご了承ください。
DSC00659.JPG
またお洗濯は、漂白剤入りではない中性洗剤で、直接布にふりかけず、水に溶いた状態で、手洗い、日陰干しでお願いいたします。.
あひろ屋さんではこの「注染+松煙染め」の他に植物染めシリーズもあり、それに比べ、色落ち、色褪せなどは強い方とのことですが、上記のようにお取り扱いにはご注意ください。


さて、こんな素敵な手ぬぐいの後に何なのですが、明日は土曜日ですので猫が出勤します。
DSC09421m.JPG
「注染+松煙染め」ほどではないですが年を取って渋さが増した長女が出勤いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

色鮮やか。あひろ屋さんの新入荷 [商品紹介]

DSC00449m.jpg
もう何度めかの「今シーズン最強の寒波」のおかげで凍える寒さの奈良です。
奈良公園には相変わらず海外からの客様がたくさんいらっしゃいますが、街には人がまばら。例年通りこれから「お水取り」までは色んな意味で寒い季節。シーズオフが始まりました・・・。

さて本日も商品のお話。
昨日はあひろ屋さんの再入荷分をご紹介しましたが、本日はいよいよ新入荷のご紹介です。

まずはこちら。
これまで「赤」「黒」の2色をお取り扱いしてきた人気の柄「箸格子」。
今回は「朽葉色」という渋めのくすんだ黄色が入荷しました。
DSC00649.JPG
朽葉色(くちばいろ)とは、朽ちた葉っぱ・・・つまり落ち葉の色を意味する言葉で、日本の伝統的な色の名前となっています。時代によって少しずつ意味する色合いは異なってきたようですが、現在では「くすんだ赤みがかった黄色」という定義になっています。

お箸を格子状に並べた「箸格子」はあひろ屋さん独自のモチーフですが、コントラストがはっきりした赤や黒と比べてこの朽葉色は少し柔らかな印象となっています。
彩度をおさえたナチュラルなイメージの色は、竹製品や琺瑯、ステンレスなどの手仕事アイテムが並ぶキッチンなどで使うセンス良くまとまりそう。
あひろ屋てぬぐい 箸格子 朽葉色 ¥1,188(税込)

DSC00645.JPG
続いては淡く渋い紫色の「風知草」という柄です。
風知草(ふうちそう)とは笹のようなシャープな葉っぱが茂るイネ科の植物で、「裏葉草(ウラハグサ)」とも呼ばれるそうです。
DSC00647.JPG
実は実物を見るまで「ちょっと渋すぎるかな・・・」と思っていたのですが、実際に見るとこれは素敵!と早速ファンになりました。
細長い葉が重なるように茂る風知草が日本画のような技法で見事に図案化され、流れるような画面配置でダイナミックに表現されています。まさにさわやかな風を感じる格好いい柄です。
あひろ屋てぬぐい 風知草 ¥1,296(税込)

DSC00636.JPG
最後は鮮やかな黄色が目を引く「蒲公英 うこん色」です。
「蒲公英(たんぽぽ)」は2017年に販売が開始された比較的新しい柄。当店でも鈍色(にびいろ)を先にお取り扱いさせていただいておりますが、前回欠品で入荷しなかった「うこん色」がようやく入ってきました。
DSC00638.JPG
実際に届いた「うこん色」はイメージしていたより鮮やかで、このところ渋めの色、しかも寒色系が多かった当店のあひろ屋コーナー(?)でも一際映えること間違い無し。
蒲公英は春の季語ですが、早く春がやって来ることを祈って、さっそく並べてみたいと思います。
あひろ屋てぬぐい 蒲公英(たんぽぽ) うこん色(黄色) ¥1,296(税込)

DSC00644.JPG
以上が今回当店に初めてやってきた注染てぬぐい。2種類の黄色と紫で美しい色合いが揃いました。

季節によって着る服が違うように、その時その時の服装や気候、気分に合わせて持ち歩く手ぬぐいを変えてみるのもとても粋。
「お食事に行くから箸格子」とか「立春を迎えたから蒲公英」など、柄や色を選んでお楽しみください。

そして実は今回の新入荷はこれだけではなく、他にもございます。
続きはまた後日ご紹介しますので楽しみにお待ちください。
シーズンオフの奈良は、商品の回転もスローダウン。というわけでブログも少しひっぱり気味です・・・。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

あひろ屋さんの手ぬぐい。まずは再入荷のご紹介 [商品紹介]

1/2から始まった新年の営業では、沢山のお客様にご来店いただきました。
毎年恒例の周年トートバッグは配布が終了したものの、年始の福袋を求めて、猫始めにと、お越しいただき本当にありがとうございました。
DSC00138m.jpg
昨日は年明けから7日間の営業を終えてホッと一息、振替の休業日を頂いておりました。
また本日より心新たに気を引き締めて営業してまいります。
奈良は毎年恒例「オフシーズン」となりましたが、どうぞよろしくお願いいたします。


DSC00545m.JPG
さて、年始早々あひろ屋さんから手ぬぐいがたくさん届きました。
新しく発注できた柄や新製品もあるのですが、本日は再入荷をご紹介します。

DSC00524.JPG
いつも人気の「浅蜊(水色×黄色)」、「蓮花果托」
あひろ屋てぬぐい 浅蜊 水色・黄色 ¥1,188(税込)
あひろ屋てぬぐい 蓮花果托 ¥1,188(税込)

DSC00528.JPG
大変久しぶり「赤い糸」、「源氏香図(空色)」、「延段(黒緑色)」
あひろ屋てぬぐい 赤い糸 ¥1,404(税込)
あひろ屋てぬぐい 源氏香図 空色 ¥1,188(税込)
あひろ屋てぬぐい 延段 黒緑色 ¥1,188(税込)

DSC00531.JPG
ちょっと遅くなりましたが、お正月らしい「南天(えんじ)」も。
あひろ屋てぬぐい 南天 えんじ色 ¥1,188(税込)

DSC00536m.JPG
その他前回人気だった「眠る鳥」、「出目金(黒)」、「岩燕(青色)」、「しゃぼん玉」
なども再入荷しています。
あひろ屋てぬぐい 眠る鳥 ¥1,296(税込)
あひろ屋てぬぐい 出目金 黒 ¥1,296(税込)
あひろ屋てぬぐい 岩燕 青 ¥1,404(税込)
あひろ屋てぬぐい しゃぼん玉 ¥1,404(税込)

今回また渋い色が多めですね。季節が冬なのでこんな感じになってしまうのと、ACARTの好みの問題もあるのでしょう。

ACART LIFESTYLE online store 「あひろ屋」商品一覧


DSC00554.JPG
そしてこちらも人気のコースター。
すべて3枚重ねで、裏表と間に挟まれている生地が違います。
DSC00549.JPG
その時々で入荷できている柄も違いますので、この写真にあるものももう二度と出会えないかもしれません。
こちらは店頭のみの販売とさせていただいておりますので、ぜひ実物をご覧いただき、お気に入りを見つけてください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

プシプシーナ珈琲の人気商品がたくさん入ってきています [商品紹介]

DSC00131m.jpg
3連休最終日です。
月曜日ですが祝日ですので営業しております。
本日は成人の日。
奈良市の成人式は「なら100年会館」で11時から行われているそうですが、朝からあいにくの雨が降ってしまい、振り袖の方などは大変だったのではないでしょうか。
何はともあれ、新成人の皆さま、おめでとうございます!
皆さまの未来が幸多きものでありますことを、心よりお祈り申し上げます。


DSC00326mc.jpg
そんな成人の日を祝うかのように、ACART LIFESTYLEには若々しい次女と末っ子が再びやってきました。
一昨日の土曜日も出勤していたためか、ローテーション早くない?と言わんばかり・・・。
生憎のお天気で人通りがまばらなのがちょっと不安そうですが、今日も19時までお客様をお待ちしております!

DSC00425m.jpg
さて、昨年末から少々寂しくなっていたプシプシーナ珈琲売り場に、また賑やかさが戻ってまいりました。
期間限定で販売させていただいた果物ショウガトウはお陰様で好評のうちに完売したのですが、それに気を取られて発注が甘くなっていたのか、年末前にレギュラー商品が次々に品切れ。
DSC07308.jpg
まさかの年末から年始にかけてショウガトウ(普通の)、コーヒー豆、カフェオレベースが無いという寂しい状態で営業しておりました。

DSC00420m.jpg
さすがにショウガトウが無い状態が長く続くのは困る、ということで、ご迷惑とは思いつつも年明け早々にプシプシーナさんに発注し、やっと入荷することができました。
お探しだったお客様、大変お待たせいたしました。
DSC02834-001mm.jpg
今回もショウガトウの他カフェオレベース、コーヒーはブラジルピーベリーとコロンビアのデカフェ、1カップ用コーヒーバッグなどなど届いています。
オンラインストアの方でも在庫を修正しておりますので、遠方の方はぜひご利用ください。
ACART LIFESTYLE online store 「プシプシーナ珈琲」商品一覧

DSC00415m.jpg
また、1月末までの限定「ニューイヤーブレンド」も入荷しております。
年末に販売したクリスマスブレンドと同じく、口に含んだ際の心地よさ、華やかさに重点を置いて仕上げた期間限定のブレンドだそうです。
スイーツやお食事との相性も良いので、新年会などの手土産にもおすすめです。
ぜひお試しください。

最後に、明日は火曜日ですが本日営業しておりますので振替でお休みを頂きます。
店頭のほか、オンラインストアの出荷やお問い合わせについても明後日以降の対応となります。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

出しそびれたら「寒中見舞い」 [商品紹介]

DSC00249mc.jpg
本日は長女が出勤しています。
日中は寝てばかりの長女ですが、お店に到着した直後はいつもやる気に満ちています。
入口の扉の前で、いつものようにお客様を呼び込もうとアピールしているのですが・・・ガラスを通して伝わってくる冷気の寒さであえなく退散。
DSC00251mc.jpg
早速イスの上に戻ってブランケットにくるまろうとしています。

DSC00257mc.jpg
そろそろシーズンオフの気配がせまるならまち。通りを歩く人も先日までと比べて少なくなってきました。長女も思わず「寒いし帰ろか?」
いえいえ、本日も19時まで皆さまのお越しをお待ちしております。

さて、早いもので新しい年に入って早くも一週間が経とうとしています。
地域によって違いはあるものの、一般的には松の内は本日1月7日までと言われます。子供の頃の印象よりなんとなく早い気もしますが、まぁ年中無休のお店も増え、お正月も休まなくなった現代ではいつまでも正月気分でいるのは流行らない、ということなのでしょうか。

そしてこの松の内を過ぎると年賀状を出すタイミングとしては少々遅すぎる、ということになります。
DSC09666mc.jpg
その証拠に、というのは変ですが、昨年末に年賀ハガキのご紹介とともにお知らせした「年賀状を52円で出せる期間」も本日1月7日まで。
明日からは郵便局のお年玉付年賀ハガキであっても、あと10円切手を足して出さないといけません。
ちなみに厳密に言うと、「1月8日の最初の取り集めまで」に郵便ポストに投函されたものについては、52円が適用されるそうです。
年賀状、出すなら今のうちです!


そして年賀状を出すタイミングを逸してしまった方へ、がっかりするのはまだ早い。「寒中見舞い」があるではないですか。
DSC01750m.jpg
もともと季節の挨拶状としての意味合いが強かった寒中見舞いですが、最近では出しそびれた年賀状の返礼に使われることが増えました。そのほか、喪中の人へ送る場合や逆に自分が喪中のときにも活躍してくれる寒中見舞い。
出せる期間は松の内(1月7日)があけてから立春(2月4日)までと言われています。

本日はそんな寒中見舞いにオススメの貼絵のハガキを、京都烏丸六七堂からご紹介します。
DSC09489m.jpg
特に喪中などではなく単に出しそびれた方には、寒中見舞いとはいえおめでたい感じの「鶴」「松竹梅」「富士山」などがオススメ。
お正月らしい感じを残しつつ、頂いた年賀状の返礼や新年のご挨拶を。
価格はすべて税込378円です。

また喪中の人へのご挨拶や、自分が喪中で年賀状を出せなかった場合、さらに喪中の人に知らずに年賀状を出してしまった場合のお詫び、なんて使い方には冬らしいこちらはいかがでしょう?
DSC01756mm.jpg
「南天に雪うさぎ」「雪見灯篭と熊」「 こたつに猫」「 温泉に猿」。
可愛らしい動物や日本の冬らしい風景がほっこりとさせてくれます。
優しい色合いは喪中の方の気持ちにもそっと寄り添ってくれることでしょう。
こちらはすべて税込324円。

先にお知らせしましたように、年賀ではなく明日以降に差し出される際には、62円の切手を貼るのをお忘れなく。

ACART LIFESTYLE online store 「京都烏丸六七堂」商品一覧

最後に、明日は3連休の最終日です。
DSC09380m.jpg
昨日も来ていましたが、次女と末っ子が再びやってきます。
よろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

アイザワのパセリシリーズがたくさん入荷しています [商品紹介]

DSC00151m.JPG
新年も6日ともなるとそろそろお正月でも無くなりそうですが、奈良には寺社仏閣が多いので初詣の方も相変わらずたくさんいらっしゃいます。
お正月は何処かへ出かけていて、今週末にやっと初詣、という地元の方も多いのかもしれませんね。
二十四節気の小寒だった昨日から節分までは寒の内といわれ、最も寒い時期です。
そしてそれに合わせたかのような奈良の寒さ。
お出かけの際はしっかり防寒をして無理のないように冬の奈良をお楽しみ下さい。

そんな寒いACART LIFESTYLEには本日からの3日間、また猫スタッフが出勤いたします。
本日の担当は、次女と末っ子。
DSC09359mc.JPG
寒いからでしょうか、いつも次女が入っている場所に末っ子がギュウギュウ入り込んできます。
おもわず迷惑そうな顔をする次女(ちょっと不細工)。喧嘩になるか?と思いきや・・・
DSC09737m.JPG
実は尻尾をつないで仲良くしております。
そんな感じで本日も19時まで、皆さまのご来店をお待ちしております。


さて、昨日は小寒でしたが明日は人日の節句です。聞きなれない方も多いかと思いますが、七草粥を食べる日、というとピンとくるかもしれません。
DSC00287m.JPG
春の七草は「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」。ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはカブ、スズシロはダイコンのこと。この七草をお粥にして1月7日に食べるのが江戸時代に広まった「七草粥」という習慣ですが、最近では七草セットがスーパーなどにも売っていてとっても便利ですね。
また七草の種類は時代や土地によって異なり、七草がもっと多かったり、少なかったりもするそうですが、新年の無病息災を願ってお粥をいただくことに変わりはありません。

DSC00295.JPG
そんな七草粥を作る時、ぜひお使いいただきたい人気のキッチンツールが再入荷しています。
いつも入荷はするものの日本の方にも外国の方にも人気でなぜか売れていく工房アイザワのパセリシリーズ。
DSC00297.JPG
オタマ(大)とオタマ(小)、穴あきオタマ、横口レードル・・・
工房アイザワ パセリ オタマ 大 ¥1,296(税込)
工房アイザワ パセリ オタマ 小 ¥1,188(税込)
工房アイザワ パセリ 穴あきオタマ ¥1,188(税込)
工房アイザワ パセリ 横口レードル ¥1,296(税込)
DSC00300.JPG
アクトリ、ターナー・・・
工房アイザワ パセリ アクトリ ¥1,188(税込)
工房アイザワ パセリ ターナー ¥1,296(税込)
DSC00299.JPG
サービングスプーンとサービングフォーク。
工房アイザワ パセリ サービススプーン ¥1,188(税込)
工房アイザワ パセリ サービスフォーク ¥1,188(税込)
常に欠品しがちなので、今回は少し多めに仕入れています。

持ち手の部分にも樹脂の部分がないので、お鍋に入れっぱなしにすると熱くなるんじゃないの?と思われがちですが、意外とそうでもありません。
DSC00304m.JPG
またアクトリ以外はすべて継ぎ目のないステンレス一体仕上げなので、洗いやすく清潔です。
何より、どこにでもありそうでなかなかないシンプルなかたちはいかにも使いやすそうで、長年主婦に愛されてきたのも納得です。
オタマなんて100円でも売っているこの時代でもあえてこれが選ばれるのはやはり理由があるのですね。

お正月に酷使した胃腸に優しく、邪気を払うともいわれる七草粥。今年はぜひ工房アイザワのキッチンツールを使って作ってみてはいかがでしょうか。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

一番シンプルなBRAUNが再入荷 [商品紹介]

ACART LIFESTYLEが開店してまる4年。
その間、特にブームが来ることもなく、季節も関係なく、ポツポツと定期的に売れるのが、BRAUNのアラームクロックです。
DSC09279m.JPG
この度その中でも特に人気がある2モデル各2カラーが再入荷しました。
丸い円筒を2つ結合させたようなデザインのBNC001と、ひたすらシンプルに徹した正方形のBNC002。ともに機能もアラームのみという最もシンプルなBRAUNです。

DSC09265m.JPG
お買い上げになるお客様は、以前からずっと気になっていたという方がほとんど。確かに雑誌とかネットの記事などでもシンプルさゆえ脇役的に登場する機会も多い製品です。

DSC09275.JPG
ずいぶん前から当店で扱っていることを知ってたけど、今日たまたま寝室の時計が故障したから思い出して買いに来た・・・とか、今まで写真で見てたけど、今日実物を見たらすごく素敵に感じた・・・とか、お店の猫ちゃんとたくさん遊んだので、さすがに何も買わずに帰りづらいなと思った・・・とか。
理由はさまざまですが、「そのうち買おうと思っていた」という方が、当店で「そうだ買おう」と思ってくださるのは、とても嬉しいことですね。
皆さまがこれからしばらく一緒に暮らすアイテムとの出会いに、少しだけ関わることができること、まさにお店をやってて良かったと思える瞬間です。

DSC09170m.JPG
もちろんお買上げに至るのは、製品自体が魅力的であることが一番大きな理由です。
アラームクロックとしてだけでなく、ここにちょっと時計があるといいなと思えるスペースに、違和感なく溶け込めるというのが、このBRAUNのアラームクロックの強み。

DSC09271.JPG
キッチンやバスルームの洗面台の脇には真っ白のBNC001。
BRAUNアラームクロック BNC001 ホワイト  ¥5,184(税込)

DSC09235.JPG
リビングの飾り棚の中でお気に入りのオブジェやインテリアに混じって時を刻むのは白いBNC002。
BRAUNアラームクロック BNC002 ホワイト  ¥5,184(税込)

DSC09282.JPG
書斎のデスクで時間を忘れて趣味や仕事に打ち込んでしまう方には、PCのディスプレイの脇に黒いBNC001を。
BRAUNアラームクロック BNC001 ブラック  ¥5,184(税込)

DSC09250.JPG
リビングのテレビやブルーレイレコーダーの横で、そろそろベッドに入る時間を示しているのは四角い黒のBNC002。
BRAUNアラームクロック BNC002 ブラック  ¥5,184(税込)

用途やスペースに応じてお好きなBRAUNを使い分けると、お家での時間の使い方がぐっと効率的になるのではないでしょうか。
DSC09249.JPG
ディーター・ラムス、ディートリッヒ・ルブスらによって生み出されたシンプルなデザインの時計たちを眺めていると、時間に追われるのではなく、時間の流れを楽しめるような気さえしてきます。

DSC09289m.JPG
このブログを読んでいて、そういえばここに時計があったらな・・・と思った方は、ぜひ何となくお買上げください。
他にも電波時計、ボイスコントロール、トラベルクロックなど、さまざまなタイプが揃っています。
ACART LIFESTYLE 「BRAUN」商品一覧


最後になりましたが、明日は土曜日なので猫が出勤します。
DSC09440m.jpg
1月6日(土)は次女と末っ子です。
つい最近会った気がするけど?なんて言わずに、ぜひ遊びに来てやってください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | -

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ