So-net無料ブログ作成
検索選択

お待たせしました。雅竹の竹カゴ再入荷です。 [商品紹介]

本日で3月も終わり。
お水取りが終わって桜が咲いて・・・あっという間に4月です。
春の行楽シーズンに向けての商品の補充、各ブランドからの新商品の発注作業に追われた3月。
お陰でACART LIFESTYLEには新商品も従来商品もたくさん入荷しています。


というわけで本日はまたまた再入荷情報です。
DSC08751mc.jpg
再入荷がいっぱい!ということはいろいろと欠品していたということ。
こんなに欠品ばかりしていてACARTは一体何を売っていたんだ?と思いますが、売るものっていっぱいあるんですね。
ホント、いっぱい・・・。

DSC08779-02m.jpg
そんな中で昨日は桜のイベントをご紹介しましたが、本日はそのイベントやお花見にもってこいの雅竹の買出しカゴ再入荷のお知らせです。

良心的な価格が自慢の竹のカゴ。
おしゃれなお店で売られている高価で美しい工芸品の「カゴ」と少し違って、こちらはちょっとおおらかなつくりで見た目は少しざっくりしています。

DSC08777-02.jpg
工芸品のカゴが街へ行くときの一張羅だとしたら、こちらは普段着。
恐らく、本当に毎日惜し気もなく使うための買い出しカゴ、ということなのでしょう。

商店街の八百屋さん、魚屋さん、お肉屋さんで「こんにちはー、暖かくなったねー」なんていいながら、夕食のお買い物。
もちろん足下はツッカケ、なんならエプロン姿で。気分はサザエさん。お財布を忘れないように。

DSC03899.JPG
そんな日々の生活に似合う竹のカゴ、見た目はそんな感じではありますが、角や底は補強されていてしっかりと頑丈ですのでご安心ください。

そして冒頭で挙げましたが買い出し以外のアウトドアでも気兼ねなくお使いください。
この時期ならもちろんお花見に。
何万円もする竹カゴバッグは汚れるのも惜しい気がしますが、これなら地面の上に置いても大丈夫。ピクニックや海に持っていってどんどん使ってあげることでより道具としての味わいが出てくることと思います。

DSC02798.JPG
雅竹 アジロ編み買出しカゴ(中) ¥1,620(税込)
サイズ:36x16xH22.5cm(持ち手を含めるとH36cm)
DSC02788.JPG
雅竹 アジロ編み買出しカゴ(大) ¥2,160(税込)
サイズ:39x19xH25(持ち手を含めるとH40cm)

日々の生活で「使える」竹カゴ、ぜひ一度店頭でご覧ください。



桜探して2016・・・まずは佐保川。 [奈良のこと]

DSC02904.JPG
※本日のブログの写真は今年のものではありません。現在の開花状況とは異なりますのでご注意ください。

奈良市中心部を南西に向かって流れる佐保川。
奈良市法蓮町の下長慶橋から大和郡山市の手前まで、約4.5キロの両岸には、ソメイヨシノ約1000本の桜並木が続いています。
桜が見ごろを迎える今週末、この佐保川では毎年恒例のイベントが開催されます。
まずはすでに始まっている「佐保川桜まつり燈火会」。
3月28日(土)~4月10日(金)には佐保川(大宮橋~JR佐保川鉄橋)にあんどん約150個の灯りが灯ります。点灯時間は18時~21時頃ですので、お仕事帰りにも夜桜が楽しめそうですね。

DSC01635m.JPG
「佐保川桜まつり燈火会」
3月28日(土)~4月10日(金)18時~21時頃


また県立図書情報館では、桜の開花がピークになると予想される4月2日(土)と3日(日)の2日間、「さくらマルシェ」と「佐保川のほとり market at 図書情報館」というイベントが開催されます。

DSC98443.jpg
「さくらマルシェ」
場所:南側庭園付近
4月2日(土)、3日(日) 10時~16時
奈良そだちの食材を使ったおいしいものが味わえるマルシェです。

DSC98442.jpg
「佐保川のほとり market at 図書情報館」
場所:2Fメインエントランスホール
4月2日(土)、3日(日) 10時~16時
奈良・佐保川周辺を拠点に活動する創り手さんたちをご紹介する企画展とともに春のマーケットが開催されます。

参加予定の作家さんは各日以下のとおり。
4/2(土)日+月+星DAY
morico / yahman coffee / いとみち / nico / OURS
OKAZARI / アジアン・マーブル / saredo-されど-
MIMA.WOODWORKS / かたり。ことり。
宇宙椅子cosmic re-chair
ねじまき堂 WS / Ruby Flower WS /
The Cozy Garden WS /Fairytale WS
rukki オオタクミコ WS

4/3(日)水蚤の市+Fu-raDAY
ミジンコブンコ / いとみち / ちょうちょう屋
yahman coffee / ハルソラ / あかねこ屋
mumumu / 東本 由佳理(かしのきホテル)WS /
moyoreno / ソラハナ堂 / CAMU.
Fu-ra / SUKOYA / 陶芸工房八鳥
The Cozy Garden 

DSC09259m.jpg
佐保川のご紹介ばかりになってしまいましたが、佐保川から近い平城宮跡も桜がきれいですし、もちろん奈良公園の桜もそろそろ見頃です。
奈良公園は春日野園地や浮見堂が有名。鹿さんと桜の美しいツーショットが見られることと思います。

週末はぜひ桜を探しに奈良へお越しください。


人気のパレスプレートがようやく再入荷です [商品紹介]

DSC08431m.jpg
先週末までは冬に戻ったような寒い日が続いていましたが、今週に入ってまた春らしい暖かさが戻ってきました。
この週末あたりは桜餅・・・じゃなくて桜も見頃をむかえそうですね。

春も本番、お花見以外でも入学や進学、就職などのお祝いでパーティーや集まってお食事をする機会が多いシーズンです。そんな桜の時期、ハレの席にぴったりのあのプレートがやっと再入荷いたしました。

DSC07840m.jpg
1616/aritajapanのTYパレスプレート220です。
欠品してしまったのはちょうど1ヶ月ほど前。在庫が少なめだった大きい方「220」がなくなってしまい、小さい方の「160」だけになってしまっていました。
欠品する少し前に発注してはいたのですが、大変な人気のため製造が全く追い付いておらず、納期はなんと1ヶ月先。
以前は比較的納期もかからず送っていただいていたのですが、今回は販売元・百田陶園さんより「もう本当に少しもないんです・・・」と悲鳴にも似た回答をいただきました。
そうかー、そんなに無いのかー、とがっかりしつつ、店頭やオンラインストアのお客様から「大きい方は?」というお問い合わせをたくさんいただき、人気の高さを痛感。
今か今かと待っていたのですがこの度ようやく届きました。

DSC07848.jpg
もう何度もご紹介しておりますが、やはりこのプレートの美しさは格別。
マットな質感やキリッとシャープなエッジはどこまでも洗練され、優雅な菊の花のフォルムは愛らしさと華やかさを生み出します。
また洋食器のようにも見えてどこか和を感じさせるデザインですので、当店では海外のお客様にも大変人気です。
さらにこのプレートは繊細に見えて実はとっても丈夫ですので食洗機や電子レンジはもちろん、オーブンにも入れられます。

お値段は160サイズ(直径166x高さ23mm)が1620円、220サイズ(直径227x高さ23mm)は2700円。手に取りやすさ魅力の一つです。
DSC07845.jpg
TYパレスプレート160 ¥1,620(税込)
DSC07843.jpg
TYパレスプレート220 ¥2,700(税込)


DSC07866.jpg
また人気の1616/arita Japanオリジナルのギフトボックスも今回たくさん入荷いたしました。
こちらを使用してのギフトをご希望の方は、店頭でお申し付けいただくか、オンラインストアからはこのボックスをご購入の上、詳細を備考欄にてお伝えください。
ボックスは2種類あり、220用のボックスにはプレートが2~5枚入ります。例えば160を3枚と220を2枚、という組み合わせでのラッピングも可能です。
ちなみに160用のボックスに入れられるのは160のみを2~5枚となります。220は入りませんので、お間違いの無いようにお気をつけ下さい。
1616/arita japan TYパレスプレート160用ボックス&ラッピング ¥324(税込)
1616/arita japan TYパレスプレート220用ボックス&ラッピング ¥324(税込)

DSC08434m.jpg
予約販売になっている大手の店舗様もあり、今後もこのパレスプレートの人気はしばらく続きそうです。
当店もまた欠品する前に発注するつもりではありますが、相変わらずメーカーさんの方では品薄の状態が続いていますので、次回入荷はまた少し先になるかと思います。
ぜひ在庫のある今のうちにお買い求めください。


風に漂うクラゲのインテリア。 [商品紹介]

DSC08709m.jpg
昨日ほどではないにしてもやっぱりひんやりと空気が冷たい奈良市内です。
日曜日、ACART LIFESTYLEにはいつもの猫スタッフが出勤しています。
お店に到着した直後は冷えきった店内が寒かったようで、毛布にくるくる・・・。
DSC08691m.jpg
でも開店時間には元気に表でお客さんを呼び込みはじめました。


さて本日も新商品のご紹介です。
DSC09026-2m.jpg
紙のモビール「風海月(かぜくらげ)」。お馴染みかみの工作所の製品です。
暗い夜の海をほのかに発光しながら泳ぐクラゲが、水の代わりに風にただようペーパークラフトとなって登場しました。

DSC09001.jpg
組み立てる前は、このような平らな1枚の紙。
普通の紙というよりは薄いプラスチックのように固く、つるっとしていて、弾力があり、そして半透明です。
これ自体がクラゲの持つ透明なイメージにぴったりです。

DSC09060m.jpg
ほんの数ヵ所だけ切り離す部分がありますが、あとは説明書に書かれたとおり丸い接合箇所をはめるだけ。図を見ると難しそうに見えますが、気がつけばいつの間にかできるという感じ。
DSC08995m.jpg
初めてでも30分、一度作ったことがあれば5分もかからないんじゃないでしょうか。

さまざまなデザイナーやアーティストがデザインを手掛けるかみの工作所の製品、こちらのデザインは長岡勉さん。デザイン事務所「point」は長岡勉さんと田中正洋さんのユニット。建築、インテリア、家具、グラフィックなどを総合的にデザインし、空間を作り上げる注目のクリエーターです。

DSC09062m.jpg
やはり建築分野の方のつくる立体という感じ。
紙を折るのではなく、離れた点と点をつないで立体を組みあげる感覚。そこにできる線は素材の弾力から生まれた曲線というのが、いかにも力学的というか建築的というか、おもしろい構造です。

そしてできあがった物体はお部屋のなかで空間を漂います。空気の流れを感じさせるインテリアに。

バリエーションは「くるくる」と「ゆらゆら」の2種類。
DSC09072mm.jpg
風海月(かぜくらげ) くるくる ¥1,296(税込)
くるくるは長い触手が螺旋状に垂れ下がる淡いシルバーのクラゲ。

DSC09026mm.jpg
風海月(かぜくらげ) ゆらゆら ¥1,296(税込)
ゆらゆらは丸い体に9本の触手がぶらさがる淡いゴールドのクラゲ。

ともにモデルとなるクラゲについては明示されていませんが、シンプルな構造ながらいかにもクラゲらしいカタチと動きで、いつまでも眺めていたくなる楽しさがあります。

DSC08987.jpg
ともに¥1,296(税込)でギフトにも喜ばれております。
窓を開け外の空気が気持ちよくなる季節。ぜひ窓際にゆったり漂うクラゲを飾ってみてください。


「東アジア文化都市」ってなあに? [奈良のこと]

DSC08547m.JPG

春本番というには少し肌寒い土曜日です。
今日は一日良いお天気になるそうですが、明日日曜日はいまひとつという予報です。
DSC08528m.JPG
それでも奈良公園では、ところどころで桜の花が咲き始めています。
まだ、たくさんある桜の木の中で数本だけフライング気味に咲いてしまったという感じで、「あれ?俺ちょっと早かった!?」と少し照れくさそうなところが愛らしいです。
来週には桜の時期も半ばを迎えるかもしれませんので、今週末からお花見を頑張りましょう。

そんな今週の奈良では、あるイベントが開幕します。
DSC998472.jpg
「東アジア文化都市」ってご存知でしょうか?
日本・中国・韓国の3か国で、さまざまな文化交流を通して相互理解を深める国家プロジェクトで、2014年から始まった取り組みです。

各国から1都市が開催都市となり、中国・寧波市、韓国・済州特別自治道と共に奈良市が今年の開催地となりました。
ちなみに日本は2014年が横浜市、2015年は新潟市が開催都市だったそうです。

期間は2016年3月~12月、
テーマは「古都奈良から多様性のアジアへ」。
「舞台芸術」「美術」「食」を切り口に多彩なイベントが催されるそうです。

美術のアドバイザーには、瀬戸内国際芸術祭などに携わってきたアートディレクター、北川フラム氏。
舞台芸術は演出家の平田オリザさんが監修。
そして食部門のディレクターがNYのレストラン、客船のシェフなど世界を旅する料理人船越雅代さんです。
なんだか豪華な顔ぶれですね。

DSC06697m.jpg
そしてそのオープニングが今週末の3月26日(土)に東大寺で行われるのです。日中韓の映画監督が撮影した各都市の短編映像作品の上映、シンポジウムなどが予定されていますが、残念ながらすでに観覧の申込は終わっています。
オープニングの第2部は大仏殿の前のお庭で行われるので、中門から垣間見えるかもしれません。それにしてもいつの間にどこで募集されていたのでしょう・・・。日本からは河瀬直美監督の短編映像が上映されるそうなので見たかったのですが、無念です。

そんなオープニングイベントは今からでは観覧が難しいですが、「東アジア文化都市」自体はこれから始まるイベントで、コア期間は9月3日から10月23日まで。
「古都祝奈良(ことほぐなら)-時空を超えたアートの祭典」として奈良市内あちこちでさまざまな催しが予定されています。

たとえば、大阪を拠点にした劇団「維新派」が新作を野外公演で披露したり。
唐招提寺など市内8社寺で7カ国8人のアーティストが作品を展示したり。
2年に一度行われるなら国際映画祭との連携があったり、創作オペラなども行われるそうです。

どれもまだ少し先のことですので、あまり全容が明らかになっていませんが、かなり盛りだくさんな内容なのは間違いなさそうです。
今度こそ観覧の募集などを見逃さないようにこまめにチェックしなければ。

DSC08534m.JPG
先の話ばかりになりましたが、実は今進行中のプロジェクトも見ることができます。
東大寺境内の鏡池で「文化交流の象徴」として13メートルにも及ぶ木の船の公開制作をしているのです。

実はこの船、現在の鏡池にやってくるまでは意外な場所で作られていました。
DSC08149m.JPG
こちらは閉園してしまった旧鼓坂幼稚園。ACARTの自宅からすぐ近く、鼓坂小学校のお向かいです。
先日知らずに通りかかったら何人かの男たちが船を作っていました・・・。
その時は何かわからず写真だけ撮影して通り過ぎたのですが、それがこの船をつくるプロジェクトだったとは・・・。

ちなみにこれを指揮するのは蔡國強(さい・こっきょう、ツァイ・グオチャン)氏。
中国出身で現在ニューヨーク在住、世界で最も有名な現代芸術家のひとりです。
氏は日本に暮らした経験もあり日本語も堪能、瀬戸内海にある直島など、日本国内でも数多くの作品を手掛けています。
またもやビッグネーム。
まさか自宅のすぐ近くで活動されていたなんて・・・。

DSC08530m.JPG
魅力的なコンテンツが満載の「東アジア文化都市」。ちょっとイベントと結び付きにくい名前ですが、とっても興味深いプロジェクトのようです。
名前だけでも覚えてみてください。

さて明日は日曜日。
猫スタッフがやってきます!
DSC08124.JPG
おヒゲのパーマもバッチリきめて準備万端。


プシプシーナ珈琲ウォールマグデミタ緊急再入荷(ちょっとだけ)! [商品紹介]

DSC08819.JPG
約2週間前に「新入荷!」とお伝えしたウォールマグデミタ。
あまりにかわいいこのデミタが嬉しくて浮かれていたのも束の間。
ほとんどの色が一瞬で初回入荷分完売となってしまいました・・・。
やっぱりね~、かわいいですもんね~。

DSC08811.JPG
それに伴い、オンラインストアの「NEW ITEM」の欄からも消え、バナーもなくなり・・・。まるで「販売自粛」のような状態に。「何かあったんか?!」と思われたお客様もいらっしゃるかもしれません。
もちろん特に何かあったわけではなく、ただ単に売れてしまって店頭からなくなってしまったのです。
どの色がどれだけ売れるかわからなかったので、初回の仕入が少なめだったのはちょっと失敗だったのですが、それにしても売れるのが早過ぎる!
春、そして新学期で「水筒がよく売れる時期」とはいえ、こんなにすぐに旅立ってしまうとは計算外でした。

と言って悔やんでいても仕方ないので、さっさとプシプシーナ珈琲さんに無理を言って再発注。
つい先日発送していただいたばかりなのに、プシプシーナさんにはお手間をかけてしまったと反省して、今度はそこそこの量を!思いきって!
・・・と思ったら。


なんとプシプシーナさんの方でも在庫僅少に!
しかもあちらはあちらで地元誌で紹介されたり、他にも何かに掲載されたりと大変な反響なんだそうです。
そんなわけであっという間に在庫が減ってしまい、プシプシーナさんの店頭分も残りわずかとのこと。
あらあら。大変。
DSC08798.JPG
と言いつつもとても優しいプシプシーナさん、今回は当店の分をなんとか少しずつ確保してくださいました。ありがとうございます!

DSC08858.JPG
実はこのところ「あれ?デミタなくなってる!まあいいや、次入荷したときに買います!」と言ってくださるお客様が多くいらっしゃいましたので、少しだけでも入荷できて本当に良かった!
ちなみに、プシプシーナさんがこのデミタを発注している製造元のほうもかなり立て込んでいるので次回入荷は5月~6月頃になりそうです。
今回の入荷数も少しですので、それまで待てないという方はどうぞお早めにお買い求めください。

そんなこんなで一気に希少価値が上がってしまったデミタのプシ猫。
代わりと言ってはなんですが、今週末の日曜はいつも通り当店の看板猫が出勤しますのでお許しいただけると幸いです(土曜日の妹は今週はお休みです)。

プシ猫みたいに人気になれるかな?
DSC05969mc.jpg

<関連記事>
これ欲しい!プシ猫の新アイテム(2016/3/11)

今度のdoopは新作多数です。 [商品紹介]

DSC08506m.jpg
お客様のお家に咲いていた桜を頂きました。
そこかしこに隠れている春を見つけると誰かに届けたくなる、そんな季節です。
DSC08504m.jpg
本日は奈良女子大学も卒業式のようです。

そういえば最近若い女性のお客様が多いな、と思ったら、学生さんはもう春休みなんですね。
ご近所の大学の学生さんはもちろん、卒業旅行で奈良に来られた方もいらっしゃるようですね。
奈良で良い思い出を作って帰っていただけると嬉しいです。


DSC08887.JPG
さて最近新入荷が続いていてご紹介と展示が追い付ついていない感のあるACART LIFESTYLEですが、また人気のあれがやってきました。
女子が大好きなdoopさんのペーパーアクセサリー、しかも今回は当店初の作品が沢山あります。
毎回入荷は楽しみなんですが、新作が多いとそのウキウキもひとしお。
自分のものではないにしても宝石箱を開くように「きたきたきたー」と届いた荷物を開封しています。

さて今回は・・・。
春らしい作品がたくさんです!
DSC08882.JPG
今まで注文していたものとはまた趣が違うので、doopさんの作品を初めてご覧になった方にはもちろんのこと、いつも当店へお越しいただいているお客様にも楽しんでいただけるのではないかと思います。
DSC08886.JPG
それにしても毎回素敵なデザインをよくこんなに思い付くなぁ、と感心してしまいます。作家さんってやっぱりすごいですね。

DSC08910.JPG
もちろん新作だけでなく、今まで発注した作品の中から人気の高いもの、すぐに旅立ってしまったものなども沢山入荷しています。
DSC08913.JPG
あまりに早くなくなってしまい、再入荷と言ってもほとんど初見のような作品もあります。

DSC08838.JPG
また今回はしばらく入荷していなかったブレスレットも久しぶりにお願いしてみました。
冬はコートやニットの下に隠れてしまう手首も、服装が軽くなるこれからの季節は人目に触れる機会が多くなるはず。
モチーフが沢山付いたブレスレットで、ぜひ華やかに飾って楽しんでください。

DSC08908.JPG
さらに指輪も一つ新顔が。
いつもお願いしているものより小振りなモチーフが付いています。
控えめですが明るい色なので、個性的でかわいい指先になると思います。

DSC08879.JPG
こちらの作品はほとんどが一点ずつの入荷となっております。
「ブログで見たけどお店に行ったら売れてしまってた!」ということがありましたら申し訳ありません。
また店頭に並んでいないものもありますので、見当たらない場合はお声かけください。

これからどんどん暖かくなり、お出かけする機会も増えることと思います。
ぜひ春のおしゃれにお使いください。


大好評の小さな南部鉄器のお鍋に仲間が。 [商品紹介]

こちらの本。
DSC08473.JPG
料理研究家 林幸子さんという方のお料理の本です。
ACART LIFESTYLEをいつもご利用いただいているお客様から教えていただきました。
『南部鉄器ココット&グリルでおいしいレシピ』林 幸子著 税別1,300円(PHP研究所)

表紙の写真のお鍋はどこかで見たような・・・そう、当店でお取り扱いしている「OIGEN キャセロール ラウンド」です。本書にはこのOIGENのキャセロールを使ったお料理のレシピがたくさん掲載されています。

DSC08469.JPG
タコやエビ、イカなどを使ったアヒージョはもちろん

DSC08466.JPG
美味しそうな煮込み料理にグラタン

DSC08461.JPG
ごはんを炊いたり

DSC08481.JPG
ケーキを焼いたり

キャセロールの楽しみ方がバリエーション豊かに紹介されているのです。
手軽に試すことができるレシピが満載なので、これを読んでいるといろいろ作ってみたくなります。

こちらの本は残念ながら当店で販売はしておりませんが、店頭に1冊ご用意しておりますので、ご来店の際にはぜひ閲覧してみてください。ちなみに普通の書店でも料理本コーナーで結構見かけますので、ご興味ある方はぜひ本屋さんでご購入ください。


そんな優れもののこの本を教えてくださったお客様には、当店でキャセロールラウンドをひとつお買上げいただきました。そしてこの本を参考にいろんなキャセロール料理を日々楽しんでおられるのですが、その使い勝手の良さに大いに魅了されたとのことで、もう一個お買上げいただくことになりました。

2個あれば2種類のお料理を同時に並べることもできますし、2人でお食事の際には、ひとり1個ずつ同じお料理をつくることもできます。直火はもちろん、オーブンや魚焼きグリルに入れることもできるので、コンパクトなサイズを活かして2~3個まとめて放り込めば、さほど手間をかけることなく同時進行で調理をすすめることができそうです。

というわけで2個目、でもどうせなら違うタイプの方が可能性が広がるわよね?ということでリクエストいただいた品が、このたびようやく入荷しました。
DSC09045.JPG
OIGEN キャセロール オーバル ¥3,780(税込)
こちらがその商品。1個目のラウンドがまん丸なのに対して、今回はオーバル、つまり楕円形なのです。
サイズは外寸で9.5x15.5(持ち手込)x高さ7.8cmです。ラウンドが10.5x13.5(持ち手込)x7.8cmなので、横が長いかわりに縦が短いという具合。容量は楕円の方がわずかに大きいのですが、実用上はほとんど変わりません。

DSC09041.JPG
煮込み料理に卵を落としてという時にはまん丸がかわいいとか、魚や骨付きの鶏肉のグリル、マカロニグラタンだったら楕円かな?なんてその時の気分や好みで使い分けるのもおもしろいかもしれません。

DSC09048.JPG
機能面でもラウンドと全く同じで、肉厚な鉄鍋の熱伝導の良さや、重たくきっちり閉まる蓋で蒸し焼き状態をつくってお料理をふっくらと仕上げるところなど、どちらも小さいながら本格派です。

日本国内だけでなく海外でも大人気ということで、なかなか入手が難しい南部鉄器。
現在ACART LIFESTYLEにはラウンド、オーバルともに在庫がございますので、ぜひこの機会に好みのタイプをお選びください。
きっと南部鉄器の楽しさにハマってしまうと思います。

ACART LIFESTYLE online store 「OIGEN」商品一覧

<関連記事>
そのまま食卓に。鉄器ビギナーにもおすすめの小さな鉄鍋(2016/2/16)


こちらも再入荷!ヘッドボックスシカ [商品紹介]

DSC08377m.JPG
連休の最終日。
昨日に引き続き、本日も猫が出勤しています。
ベテランの姉にかわって、今日は妹猫。
最近ではblog以外にFacebookとInstagramに記事をアップしていることもあり、これまで以上に猫を見に来てくださる方が増えているように思います。
みなさま本当にありがとうございます。

日曜日の姉はほぼ何にも動じず猫ベッドの中でずーっとウトウトするだけなのですが、本日の妹はほぼ何にでもビクビク、ドキドキ。
朝からソワソワソワソワソワソワソワソワ・・・。
暖かいからかリードをつけてお散歩が気に入ったらしく、「外へ行こう!」と張り切るのですが、自転車や人、台車が通ると一目散に店内へ逃げ帰る、そしてまた外へ行きたがる、の繰り返しです。
落ち着きの無さったらないですが、お客様には危害を加えませんので、どうぞ安心してご来店ください。

DSC08401.JPG


さてこちらも昨日に引き続き、再入荷のお知らせです。
当店の売れ筋商品、gu-paの「ヘッドボックス シカ」。
阿修羅わっぺんだけでなく、実はこちらも品切れ間近だったのですがギリギリのところで免れました。

DSC03347.JPG
gu-pa ヘッドボックス シカ ¥767(税込)
実は「ヘッドボック スシカ」は当店の販売個数トップ10に入る人気商品。
ちなみに1番は蚊帳ふきん、次いでショウガトウ、ぽいぶみ、阿修羅わっぺん、プシ猫水筒、身代わり申ときて、その次がこの「シカ」となっております。
それにしてもそんな人気商品がなぜ売り切れそうになってしまうのか・・・お恥ずかしい限りなのですが、この商品もここ数日で急激に売れ行きがよくなってきたのです。

「ここ数日で急激に」ってなんだ?ということで今回改めてシーズンごとの商品の動きを分析してみました。
当店では商品単位での売上実績を一応データ化しているのですが、今までなかなかそれを分析することができておりませんでした。しかしやはり商品毎の傾向をしっかり把握することが大切なのだと今更ながら痛感。

分析の結果(大袈裟ですが)、年間を通してお店の売上額にはもちろん波があるのですが、売上を構成している商品単位の売れ行きにも、時期によってかなり大きな波があるようなのです。例えば観光シーズンが始まると、お土産に最適な小物類が急に売れ出すというのもその波の一つ。合計金額だけを見ているだけではわからない傾向ですね。言われてみれば当たり前なんですが・・・。

DSC08412m.jpg
そしてヘッドボックスには他にもクマ、ウサギ、カバ、ゾウがありどれも人気はあるのですが、やはり奈良という場所柄当店ではシカの人気は圧倒的で、他の10倍ほど売れていました。
つまりこれはやはりお土産として売れているということなのでしょう。

11月の正倉院展が終わってから3月のお水取りまで、観光のオフシーズンには動きが鈍りがちなお土産需要。まだまだ在庫があると思っていたら3月に入って一気になくなってしまった・・・というのがこの「シカ」と昨日のブログで再増産をお伝えした「阿修羅」とその前に再入荷した「ぽいぶみ」。
観光シーズンに入り、お土産として急に売れ出した、というわけなんですね。


そんなこんなでたくさん入荷したヘッドボックスシリーズのシカ。
動物の頭をモチーフにしたペーパークラフトは裏表が別の色になっており、どちらの色でもつくることができます。
DSC03352.JPG
シカの場合、顔を茶色にして角だけ白にもできますし、全部茶色、もしくは全部白、さらには顔を白で角を茶色にしてつくることもできます。
名前の通り顔の前面が蓋となった小箱となっており、小物を入れる入れ物として使うことができますが、壁に画鋲でとめて飾りとして使うととてもかわいいインテリアになります。

作り方は簡単で、大人はもちろん小学生くらいのお子様でもすぐに組み立てられます。
糊やテープを使わないため、頻繁でなければ解体することもできますし、気分を変えて時々裏表を逆にして作りなおすことも可能です。

ぜひ奈良のお土産としてお買い求めください。
DSC08331m.jpg


阿修羅ワッペン再増産の秘密。 [商品紹介]

DSC08349m.jpg
青空が広がる気持ちいいい3連休の日曜日です。
ACART LIFESTYLEには予告通り猫スタッフ(姉)が出勤しております。暖かくなったからなのか、今までより行動的にお店の前の路地でひなたぼっこをしたり、店内を歩きまわってみたり、好きなように過ごしています。
商品にさわったり、お客様の邪魔をしたりしないので、こちらも安心して放置です。
明日は対照的に全く目が離せない妹(次女)が出勤します。
こちらもお楽しみに。


さて昨年8月にリリースした阿修羅ワッペンも色々なメディアに取り上げていただき、沢山のお客様にお買い上げいただきました。
本当にありがとうございます。
「阿修羅さまをこんな風にするなんて」というお声もあるかな、と正直思っていたのですが意外とそれもなく(ACARTが聞いてないだけですか?)仏像やお寺好きの方にも「いいね!」とご好評いただいています。
DSC08875.JPG
そんな中そろそろ現在の在庫も少なくなってきましたので、春の観光シーズンに向けてさらなる増産を決定。
前回はギリギリのところで品切れになってしまいましたが、今回は同じ轍を踏まぬよう早めに発注してみました。

するとデザイナーのスリーミンさんから「台紙の猫、もう1匹増やして3匹にします?」という超優しいご提案が!

この台紙は阿修羅ワッペン用に作っていただいた奈良バージョンで、本体と同じくらいACARTもお気に入りのもの。
DSC04855bkm.jpg
以前も書きましたが興福寺や東大寺、春日大社や猿沢池にACART LIFESTYLEまで載っている奈良感溢れる台紙なのです。もはやこれだけで作品と言っても過言ではない素晴らしさ。
その中の当店の前には猫スタッフもちゃっかり描いてもらっていて、しかも当時まだ小さくてデビューしていなかった妹まで載せてもらっていたのです。そして今回はそこにさらに末っ子も描く?というご提案だったというわけですね。
スリーミンさん、末っ子が増えたことをご存知だったんですね!ありがとうございます!

もちろん「台紙の猫は3匹で!しかも黒く塗りつぶしてください」とお願いしました。京東都さんは銀座に2店舗目を出されるということでデザイナーさんとしても何かとお忙しいはずなのに、お気遣いありがたいですね。

というわけで、追加で納品していただいた新しい台紙のワッペンがこちらです。
DSC08865.JPG

拡大!
DSC08866m.JPG
わかりづらいかと思いますが、たしかに黒い猫がお店の前にいます!

DSC08873m.JPG
とはいえ、在庫の都合で猫3匹の新バージョンは今回入荷分でも一部のみ。
その他は現在と同じ猫2匹になっています。
このブログをご覧の方のみにわかっていただける新台紙、たまに混ざっていますのでぜひ探してみてくださいね。

奈良のお土産に当店限定の阿修羅ワッペン、いかがでしょうか。
阿修羅わっぺん ピンク ¥756(税込)
阿修羅わっぺん ブルー ¥756(税込)


インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ