So-net無料ブログ作成

猫も大好き、ハンモック! [商品紹介]

DSC03829mc.jpg
本日も暑い一日です。
猫スタッフ次女は張り切って出勤しておりますが、こう暑いとお店の前を行き交う人の数も少なめ・・・。
ちょっと退屈気味ですので、ぜひお近くの方は遊びに来てくださいね。


DSC03770m.jpg
昨日はお店を閉めてから少しだけつばい祭りへ。
と、言っても本当に一瞬立ち寄っただけなのですが、大人も子供も楽しそうなお祭りで、とても良い雰囲気を味わうことができました。
またおそらく来年も開催されるかと思いますので、気になる方はぜひ足を運んでみてください。

DSC03715m.jpg
さて昨日もお伝えしましたが、ACART LIFESTYLEのご近所のレンタル町家ぼたんさんでは『ならまちブックフェスタ』というイベントが本日まで開催中です。
DSC03712m.jpg
好きな姿勢で好きな本を愉しもう、というちょっとゆるゆるとしたイベントですが、こちらに当店から出張中のハンモックを改めてご紹介します。
DSC03703m.jpg


お取り扱いを始めたのは1年と少し前。
DSC08947m.jpg
本日出勤している猫スタッフ次女もまだ小さかった頃にこのハンモックに揺られておりました。
幸いまだこのハンモックの耐荷重110キロには届いていませんが、1年以上経ってかなりの重量級に。
あの頃の小さくてかわいい感じは残念ながらなくなりましたが、本日もみなさまをお待ち申し上げております・・・。

DSC08892.jpg
さてハンモックのご紹介に戻ります。
持ち運びに便利な折りたたみ式のハンモックスタンドとメッシュハンモックがセットになっている商品です。
スタンドがありますので吊るす場所や丈夫な柱は必要ありません。
本体はコンパクトに折りたたみができ、さらに専用の収納ケースがありますのでどこへでも簡単に持ち運んで広げることができます。
DSC08898m.jpg
組み立て方は、まず収納ケースから出してスタンドをいっぱいまで広げます。そのあと下部にある4箇所の穴にピンを差して固定。スタンドはこれだけ。次にハンモックを両端のフックにかければ完成です。

DSC08953m.jpg
次女が安全を確認中です。

オンラインストアではもちろん送料無料ですが、店頭でお買上げの場合でもご自宅まで送料無料で配送させていただきます。
と、ご案内はしているのですが、店頭でお買い上げいただきしかも肩に担いで帰る方が多いのが意外です。
買ったらすぐに使いたい!ということなんでしょうか。

公園やキャンプに持っていくのも良いですし、もっと近場でお庭やベランダに出してノンビリ昼寝をするのも悪くないですね。
また常にリビングに出しておいてソファ代わりに、ちょっとした荷物置きにも。
現在ぼたんさんでお試しいただいているように、ハンモックに揺られて本を読むのもとても気持ちが良いものです。
hs_b01.jpg
(画像提供:ハイマウント)
お買い上げになったお客様からは、「地面からの高さがあまりないので子供が万が一落ちてもあまり危なくない」という感想もいただいております。
とはいえ小さなお子さまはやはり危険ですので、大人の方と一緒にお使いください。

本日のぼたんさんでの展示が終わりましたらまた当店でもお試しいただけますので、どうそお気軽にお声かけください。
ハンモック&スタンド ブルー ¥18,360(税込)


ブックフェスタに流しそうめん、お祭りも。そして8月の奈良は [奈良のこと]

明日で7月も終わり。
暑いあつい8月がすぐそばまできています。
DSC03727m.jpg
お伝えした通り、本日は当店の近くで色々な催しがあります。
お昼から下御門流しそうめん、夕方はつばい祭り。
お近くへ来られた際はぜひ参加してみてください。

DSC03697m.jpg
そしてACART LIFESTYLEのご近所、「南市えびす通り」のレンタル町家ぼたんさんでは『ならまちブックフェスタ』というイベントが本日と明日開催中です。
DSC03718m.jpg
入場は無料。店内にはたくさんのユニークな本が並んでいます。またそれぞれの本には手書きの丁寧な紹介カードがついており、それを見ているだけでも読みたくなります。
DSC03702m.jpg
素敵な町家でゆっくりとした読書の時間を楽しむイベント。クッションが敷かれた露天風呂に寝転んで本を読むこともできます。

ならまちブックフェスタ
7/30(土)・31(日)10:00-18:00
町家スペースぼたん/ならまちシアター青丹座


さてお盆休みは家族で海外旅行や帰省をする!という方もいらっしゃるかと思いますが、奈良も8月はイベントの多い時期です。日程と行事名のみまとめてご紹介します。
201608-1.jpg
8/1(月)~8/12(金) 五劫院五劫思惟阿弥陀如来坐像 特別公開
8/5(金)~8/14(日) 興福寺東金堂・国宝館 夜間拝観
8/5(金)~8/7(日) ならまちナイトカルチャー
8/5(金)~8/14(日) なら燈花会 
8/7(日) カクテルバー中新屋
8/7(日) 大仏さま お身拭い (大仏殿)
8/9(火) 東大寺二月堂功徳日(およく)
8/13(土)・8/14(日) 大仏殿夜間拝観(無料)
8/14(日)・8/15(月) 春日大社中元万灯籠 
8/15(月) 大仏殿万灯供養会
8/15(月) 奈良大文字送り火
8/21(日) 全国金魚すくい選手権大会(大和郡山市)
8/23(火)~8/24(水) 元興寺 地蔵会 
8/26(金)~28(日) 天平たなばた祭り(平城京天平祭)
8/26(金)~10/10(月) 五重塔三重塔同時開扉
8/27(土)・8/28(日) バサラ祭り
201608-2.jpg
伝統行事や新しいお祭りなど、なんだかいろいろありますね・・・。
詳細は追ってお知らせしますが、興味のある方はぜひお調べいただけたらと思います。


また、先日のブログでも触れましたがACART LIFESTYLE周辺でも少しだけ燈花会に参加する予定があります。

それにともなって営業日(もしかしたら猫の出勤日も?)や営業時間などが若干変更になりますので、決まり次第また改めてご紹介させていただきます。
ご来店を予定していただいているお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願い致します。


最後に、明日は猫スタッフの出勤日です。
先週から今か今かとウォーミングアップに余念のなかったお待ちかねの次女がやってまいります。
DSC02627m.jpg
あ、右の大きいほうです。


夏本番。再入荷の超遮光と新入荷のクジラ [商品紹介]

DSC03662m.jpg
昨日、ついに関東地方も梅雨明けしたとのニュースをみました。
関西がすでに明けていたのですっかり日本全国がそうなのだと思っていたのですが・・・。
まだだったの?と驚いたのはACARTだけでしょうか?

とにかく日本の多くの地域では暑い夏もいよいよ本番。
もうすでに当店でも「夏グッズ」を色々とご紹介してきましたが、まだまだあります。
相変わらずちょっと遅めではありますが、ここ最近も少しずつ入荷しておりますので、ご紹介していきたいと思います。

DSC09267.jpg
素敵な新商品なんかもあるのですが、まずは待望の再入荷。
夏の紫外線を強力にガードしてくれる遮光日傘の欠品していた2つの柄が戻ってきました。

遮光日傘とは、紫外線を99%カットする超強力な日傘。
太陽の光をしっかり遮るのでかなり涼しく感じるかと思います。
ただ、内側に黒い特殊素材が貼ってありますのでたたむとき少しゴワゴワしますが、気にならない、という方も多いようです。
もちろん雨の日にもお使いいただけます。

DSC09290m.jpg
こちらは昨年から大好評のベージュにイエローのライン。
控えめながら爽やかで日傘らしさがあまりないのが人気のようです。
DSC01588.jpg
HUS.Smart mini parasol 57410 ストライプ ベージュ/イエロー ¥3,456(税込)

DSC09801.jpg
そしてもうひとつは紺色に白いツバメが描かれた柄。
こちらも主張しすぎないデザインですが小さなツバメがスピーディーに飛ぶ様子は夏らしく素敵です。
DSC09274.jpg
HUS.Smart mini parasol 57415 Swallow NV ¥3,456(税込)

どちらも上品なデザインで男女問わずお使いいただけます。
ほぼ完璧に紫外線から守ってくれる遮光日傘は、美白の強い味方。
すでに紫外線は大変強くなっていますが、これから先のお盆休みや夏の終わり、運動会など少し先にも出番は沢山あります。
むしろ紫外線対策はまだまだこれから。


そしてついでと言ってはなんですが、遮光日傘ではない普通の折り畳み傘も新柄が一点ございますのでご紹介します。こちらもUVカット加工はされているので、晴雨兼用でお使いいただけます。
DSC03649m.jpg
かわいらしいクジラが規則正しく並んだちょっとレトロなデザイン、その名も「Kujira」。
DSC03658m.jpg
存在感があるので雑踏の中でも見つけやすく、お友達にも「かわいい傘!」とほめられそうです。
かわいい柄、目立つ柄が好きという方に。
DSC00916.jpg
HUS.Smart mini 55368 Kujira ¥2,592(税込)

他にもたくさんかわいい傘がありますので、ぜひ店頭で広げたり畳んだりしてご覧ください。
ACART LIFESTYLE online store 「傘/レイングッズ」商品一覧


手軽に飲み比べ!山頂のコーヒー「タンザニア」登場。 [商品紹介]

DSC00890.jpg
つい2週間ほど前にご紹介したプシプシーナ珈琲の新商品、「Top of the Mountain Coffee Packs(山頂のコーヒー)」の1個入りは、予想通りかなり好評で、店頭でもオンラインストアでもたくさんお買い上げいただいております。
<関連記事>
あの「山頂のコーヒー」に1パック入りができました!(2016/7/12)

これまでの山頂のコーヒー5個パックや、水出しコーヒー(こちらも5個入り)とくらべて、「1個」であるところがポイントのようで、お友達へのおみやげだったり、ご自宅用にお試しで購入していただけるお客様が多くいらっしゃいます。
「今まで気になってたけどたくさんはいらないなぁ」という方でも気軽にはじめられるところがウケているということでしょうか。

そんなお客様の評価を受けて、ACARTもひとつひらめきました。
手軽に試せるなら、違う味があってもいいじゃないか。というわけで、これまでお取り扱いさせていただいていた「ガテマラ」ではなく、別の種類の豆もお取り扱いさせていただくことにしました。

DSC00907m.jpg
こちらの「タンザニア」。
いつもの「ガテマラ」は1つ292円(税込)なのですがそれよりも少しだけ高級な1つ313円(税込)となっておりますが、そこは1個パックなので差はごくわずか。

こちらも1パックで400ccのコーヒー、だいたい2カップ分が抽出できますが、1度で捨ててしまわずに、3回は使えます。つまり1.2リットル=6カップ分というわけですので、先程の差額も1杯わずか3.5円だけです。

さて、肝心のお味の違いは?
DSC00909-001.jpg
これまでのガテマラは「フルーティーで爽やか」。ヘビーなコーヒーマニアの方だけでなく、いつもはどちらかというと紅茶派というようなライトなお客様にもお勧めしやすい味でした。
一方今回初登場のタンザニアは、「コクのある味わい」が特徴です。プシプシーナ珈琲さんも「チョコレートやスイーツとも相性がいい」と太鼓判を押すその味は、コーヒー好きも納得のリッチな味わいなのです。


実を言うとACARTはかなりのコーヒー好きです。
一日に飲むコーヒーの量も平均的な日本人のそれと比べて数倍だと思うのですが、残念ながら味に関して繊細な舌を持つわけではなく・・・恥ずかしながら何を飲んでも美味い!と感動するほうなのです。
ですので日頃から少しはコーヒーの味を勉強しようとよく味わうよう努めているのですが、やはりコーヒーはそう簡単ではなく、豆の量はもちろん、豆の挽き方、ドリップの手順で味はぜんぜん違いますし、豆の保存方法や鮮度まで含めるとなかなか思うようなコーヒーになりません。
そんな腕前で奥深いコーヒー豆の種類を感じ分けるのは、なかなか困難です。
DSC00887.jpg
そんなときに便利なのがこのコーヒーパック。
説明書きのとおりに作れば誰がいれてもプシプシーナさんと同じ味になるので、毎回の出来に差もでません。
もちろん味は本格的なので、豆本来の味わいを勉強するにはぴったりです。

DSC00913-001.jpg
「ガテマラ」と「タンザニア」、ご自宅での飲み比べはもちろん、コーヒー好きのお友だちにも2個セットでプレゼントすると喜ばれそうです。
残念ながらパッケージに味の説明が書かれていないので、即席でカードを制作しました。
DSC03648.JPG
商品の近くに設置しておりますので、ギフトの際だけでなくご自宅用にお買い上げの方もお持ち帰りください。

プシプシーナ珈琲 山頂のコーヒー タンザニア 1パック ¥313(税込)
プシプシーナ珈琲 山頂のコーヒー ガテマラ 1パック ¥292(税込)


7月最後の週末です [奈良のこと]

DSC03644m.jpg
もうすぐ7月も終わりです。
最終週にはまた楽しそうな催しや行事がありますので、お出掛けのご参考にしていただけると幸いです。

DSC01539.JPG
解除会
7月28日 8時~
東大寺大仏殿
大仏様の前に茅草で作った約2mもの茅の輪が設けられ、東大寺の僧侶がこれをくぐり、盧舎那仏に夏越しを祈る法要が行われます。


DSC09931-001.JPG
ならまちナイトカルチャー「真夏の怪談」
7月29日~31日・8月5日~7日 20時~21時(19時受付開始)
元興寺 禅室
大人・中学生以上1000円 小学生以下500円
落語や講談の「怪談話」を世界遺産元興寺で聞くことができるイベントです。
開始前の19時~19時45分は元興寺本堂・極楽堂(国宝)の特別拝観もできます。


DSC01161m.JPG
第5回 しもみかど流しそうめん
7月30日( 土 ) (1) 14時~15時/(2) 16時~17時
参加費 : ¥100/つゆ一杯
2012年からはじまり、毎年1000人以上を動員する「しもみかど 流しそうめん」も今年で5回目。
「坂のある商店街」の特徴をいかして長さ約80mの竹台を設置する、ダイナミックな「流しそうめん」は奈良の新しい名物です。
「そうめん早食い大会」も同時開催(15:15~15:45)されます。


DSC01065.JPG
つばい祭り
7月30日(土)16時30分~
椿井小学校
すっかり恒例になったつばい祭り。
椿井小学校のグラウンドで、盆踊りや夜店などが楽しめます。昔懐かしいお祭りの雰囲気をぜひ。


DSC01552m.JPG
なら燈花会「早咲きの日」
7月30日(土) 19時~
浮雲園地会場ほか
8月5日から始まる「なら燈花会」に先立ち、障害をお持ち方やお年寄りの皆様にゆっくりとろうそくの灯りを楽しんでいただくためのプレ燈花会です。ほの明かりライブも開かれます。


DSC03638m.jpg
ならまちブックフェスタ
7月30日(土)、31日(日) 10時~18時
町家スペース ぼたん、ならまちシアター青丹座
ACART LIFESTYLEのご近所、「ぼたん」さんで催される「本と出逢い、本を愉しみ、本と過ごせる心地よい場」をテーマにいろいろな本の楽しみ方を提案するイベントです。
当店のハンモックも出張しますので、ぜひハンモックに揺られながら読書を楽しんでみてください。


こうしてみると7月30日(土)がイベント盛りだくさんで何かしら楽しそうですね。
夏休みの思い出作りに、ぜひ奈良へお越しください。


お待たせいたしました。プシ猫水筒、再再再再再・・・?入荷です。 [商品紹介]

DSC03368m.jpg
約1ヶ月ほど前から欠品してしまっていた、プシプシーナ珈琲さんの水筒(ウォールマグリユースボトル)が届きました。品切の間にご購入を検討していただいたみなさま、大変お待たせいたしました。

かなり前からお取り扱いしておりますので、最近では「2本目」としてお買い上げになるお客様も多くなっているこの水筒。
使っていてとても良いのでお友達やご家族へオススメするための「2本目」や、毎日ヘビーに使いすぎて少しくたびれてきたので買い替えの「2本目」などなど、2本目事情はさまざまです。

ちなみにACARTも1年以上使用していますが、毎日ではないのでまだまだ傷むことなく元気に使える状態。
DSC00896.JPG
ずーっと前にご紹介した亀の子束子さんの「ビン洗いブラシ」でゴシゴシ洗いますので、若干の小キズはついてきましたがものすごく曇って見える、というほどではありません。
ちなみにこの亀の子束子さんのブラシは現在当店の在庫はありませんが(長くて置き場所がないので)、お取り寄せは可能です。
こちらも長く使っていますが、木の持ち手やステンレスの軸についても変色や錆び等なく、快適に使用しております。
さすが亀の子束子さん、耐久性、使い勝手等問題のない良い商品だと思います。
ご興味のある方はぜひお問い合わせください。

DSC09216mm.JPG
さて、話がそれてしまいましたが、水筒です。
「ペットボトル感覚の水筒」というキャッチコピーと共に販売開始されたリユースボトルで、製造元は株式会社リバーズ社さん。そこにプシプシーナさんの猫がプリントされているオリジナルの商品というわけですね。
実はこちらはお子様からお年寄りまで、常温でよいのでドリンクを持ち歩きたい(または持ち歩く必要がある)方向けに開発された製品なんだとか。保温性や保冷性を省き、軽量であることを追求したスリムでシンプル、かつ丈夫で機能的な水筒です。
DSC00903.JPG
細身なのでバッグの中やデスクの上でも場所をとりませんし、何より軽くて持ち運びが楽。蓋とともにスプラッシュガード付いていて、ドリンクや中に入れた氷が溢れてくるのを防ぎます。

DSC03370.JPG
保温性や保冷性はありませんが、本体は100℃~-40℃まで対応しています。
水筒としてはもちろんのこと、キャニスター代わりにコーヒー豆の保存容器としてもお使いいただけます(コーヒー豆は150gまではいります)。
容量は500mlで価格は税込1,510円です。
プシプシーナ珈琲 ウォールマグ リユースボトル(水筒) ¥1,510(税込)

熱中症対策やお出かけ時の水分補給に、お弁当のお供に。ぜひお役立てください。
DSC09963m.JPG
ACART LIFESTYLE online store 「プシプシーナ珈琲」商品一覧


ビーチサンダル2016 [商品紹介]

DSC03476mm.jpg
日曜日は猫スタッフの日。
本日は長女ですが・・・。
実は朝から一騒動ありまして・・・。
来週出勤のはずの次女が「私が行く!」とケージに立てこもり、動かなかったのです。
DSC03459mm.jpg
お店大好きにも程がありますね。
そんな妹を見て姉も「どうする?私?妹?どっち?」とオロオロ・・・。
やっと次女を引きずり出したところで今度は姉の方も「私今日行かなくていいよね~♪」と寝室で朝寝を始める始末。
長女と次女をなんとか納得させ、予定通り長女が出勤したというわけです。
いやいや、長女の涼しい顔の裏にはこんな苦労(?)もあるのです
DSC03482m.jpg
持ち場に戻る。


それにしても、朝からバタバタと走り回り、暑い・・・。海にでも入ってザバザバ泳ぎたい・・・。
奈良は海のない県ですが、海に行きたい人は(ACART以外にも)きっといるはず。
ということで。
海、海水浴といえば・・・。
今年もビーチサンダルの季節がやってまいりました。

DSC04970.JPG
昨年もご紹介しましたが、このビーチサンダル「FLOPEEZE」は少し変わっていまして、履く前は穴のあいた一枚の板状、というかドアノブにかけておく札みたいな形。
これがビーチサンダルになるのだから、あらびっくり。


早速その使い方です。
DSC04982.JPG
まず、裏表を確認しましょう。
模様がついているほうが表、足側で、黒くて滑り止めがついているほうが裏、地面側です。
まぁ、いかにもな感じなんで大体わかるかと思います。

そして裏側から丸い穴に足を通して・・・。
そのままにょきっと鼻緒に指を通せば完成です。
DSC00979mm.jpg
足首の前にサンダルの端のペロンとした部分がくるのがポイントです。
この形の日焼けをしそうですが、そうするとちょっとサーファー風にも見えますね。
サーファーに見えたくない方はきちんと日焼け止めを塗りましょう。

焼けた砂の上を歩くときはもちろん、足首を通してありますので海の中でも脱げてどこかへいってしまわないところが便利です。
ただし、本気で泳ぐ用のシューズではありませんので、海の中で履く場合はくれぐれもお気をつけください。

DSC04989.JPG
よくあるビーチサンダルより柔らかく折り畳んだり丸めたりできますので、プールサイドやビーチ、海の家など裸足ではちょっと・・・というときにもサッと取り出してお使いいただけます。
またそのために携帯用の袋が付いていますのでさらに便利。

DSC04973.JPG
柄はカラフルな水玉と、紺×白のボーダーです。
サイズはMとL、LLがあり、だいたい女性だとM(22~24cm)、男性や足が大きめの女性はL(24~26cm)、さらに大柄の男性はXL(26~28cm)、といった感じになります。

夏休みのキャンプや海水浴、プールなど水辺へのお出掛けにぜひお役立てください。

ビーチサンダル FLOPEEZEオリジナル ¥2,052(税込)


夏の手ぬぐい2016 [商品紹介]

すっかり夏の暑さになりました。
梅雨が明けて、もう雨は降らないのかと思うほどお天気が続いています。
お出かけの際は暑さ対策をお忘れなく。

そう、お出かけ、暑さ対策といえば・・・。
手ぬぐいです。
DSC03384.JPG
ACARTの大好きなあひろ屋さんの手ぬぐい。
最近少し在庫は減ってきているものの、まだまだ夏らしい柄の手ぬぐいはたくさんありますので、久しぶりにご紹介したいと思います。


DSC02351.JPG
まずは生き物モチーフの手ぬぐい。
鮮やかな「出目金」と飛び交う10羽の「岩燕」です。
「出目金」は赤のみですが、「岩燕」は灰色と白があります。
ちなみに「岩燕」の白はあひろ屋さんの方ではすでに販売終了しているレアもの。
出目金 赤 ¥1,296(税込)
岩燕 白地 ¥1,188(税込)
岩燕 灰色地 ¥1,404(税込)

DSC02355.JPG
次は植物モチーフ。
紫の「鉄線唐草」と「枝垂柳」です。
初夏の花、「鉄線」はクレマチスの一種。つるが大変強いので「強い結びつき」を願い、婚礼衣装等に用いられる柄なんだそうです。
また猿沢池にもある「枝垂柳」はトンボが飛んでいてとても涼しげで風情のある柄です。
鉄線唐草 花色:紫 ¥1,188(税込)
枝垂柳 ¥1,080(税込)

DSC02356.JPG
そして海のものモチーフもあります。
古くから魔除けやお守りとして用いられてきた「珊瑚」は紺地に灰青色。
水の泡のようにフワフワとのぼっていく姿がイメージされた「海月」は紺色地です。
珊瑚 紺地に灰青色 ¥1,404(税込)
海月 紺色 ¥1,188(税込)

DSC02358.JPG
続いては自然のなかのモチーフ。
「凪」と「群雨」です。
「凪」は深いグリーンとそれよりも少し薄いグリーンの2色使い。
「群雨」は写真では少しわかりづらいですが、雨の色がグラデーションになっています。
凪(なぎ) ¥1,296(税込)
群雨 ¥1,188(税込)

DSC02362.JPG
最後は・・・その他!
「源氏香」は人気の空色、「立涌」は大人っぽい黒地に青。
どちらも渋めで男性でもお使いいただけるデザインです。
源氏香 空色 ¥1,188(税込)
立涌 黒地に青 ¥1,296(税込)

夏らしい色、夏らしい柄の手ぬぐいは見た目にも涼しげです。
洗っても乾きが早いので、使ったそばからお洗濯してもまたすぐに使えます。
今年の夏は手ぬぐいで乗り切りましょう。

DSC02534m.jpg
さて明日は猫スタッフが出勤します。
背中からオトナの魅力を感じさせる長女が当番です。


大暑です。 [奈良のこと]

DSC01799m.jpg
本日7月22日は二十四節気の「大暑(たいしょ)」です。
動物園の白くまへ氷のプレゼントや打ち水などの様子がテレビのニュースで多く取り上げられますので、比較的メジャーな二十四節気。
実際の暑さのピークは8月のはじめ頃ですのでまだしばらく先になりますが、梅雨が明けて青空が広がり、名前の通り暑さが厳しくなる時期です。
熱中症にかからないように、また暑さで体力が奪われないように注意して過ごしましょう。

夏バテ防止の食べ物といえばウナギですが、その他にも夏の暑さに打ち勝つために「う」のつく食べ物を摂るとよいとも言われています。
ウナギの他にもたとえば梅干し、うどん、など。
また大暑の日は天ぷらを食べる日でもあるそうです。「暑さに負けないように、栄養豊富なてんぷらを食べて夏を乗り切ろう」という意味なんだとか。
そう言われると食べたくなりますね・・・。

DSC04688m.jpg
そしてこの大暑の前後には、奈良ではあちこちのお地蔵さんで地蔵盆が催されます。
今年は大暑とは1日ずれて明日が地蔵盆というところが多いようです。
お地蔵さんに飾り付けをし、夕方に御詠歌、そして小さな縁日のようなものが開かれることが多い地蔵盆ですが、これも地域によっては違うようですね。
ちなみに近鉄奈良駅の北側の花芝商店街の辺りでは、近隣の飲食店さんが出店を出して盛り上げるようですので、奈良散策の終わりに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。


DSC03380m.jpg
さて、夏と言えば奈良では今年も燈花会が開催されます。
すっかり定着して大人気となったこのイベントのチラシがすでに当店にも届いております。

DSC03376m.jpg
実は今年はACART LIFESTYLEご近所の「南市えびす通り」も少しだけ参加するかも、という話が出ています。
また詳細が決まりましたらお知らせしますが、当店もナイター営業を実施する方向で調整しています。
DSC01320-001m.jpg
曜日によっては夜の猫にも会えるかもしれませんので、いつもはお仕事などでお越しいただけない方もぜひ足をお運びください。
DSC01372-001m.jpg
こちらは昨年の燈花会にナイター出勤していた長女です。
さすがにお客さんも少なかったので、表でのんびり夕涼み。


最後に今週末の猫スタッフ出勤について。
DSC02262m.jpg
今週は日曜日のみで猫スタッフ長女の当番となっております。
したがって写真の次女は残念ながらお休みです。


文學堂が久々の入荷。ものぐさじじいも登場です [商品紹介]

久しぶりに文學堂の商品たちが入荷しました。
当店の文學堂コーナーは、いつものように気がつけばたくさんの種類が欠品となってしまっておりましたが、これで一気に在庫が復活いたしました。

DSC01777mc.jpg
欠品していたものをあげると・・・
和綴じノートでは、「人間失格(一)」、「ヴィヨンの妻」、「黄金風景」、「斜陽」、「女生徒」、「銀河鉄道の夜」、「坊っちゃん」、「こゝろ」、「明暗」、「夢十夜/第一夜」、「赤いろうそくと人魚」、「桜の森の満開の下」が再入荷。
足袋ソックスでは、「人間失格」、「走れメロス」、「富嶽百景」、「吾輩は猫である」、「白痴」が、
ペンケースは「竹青」、「黄金風景」が。
これらが今回すべて再入荷しています。
こうやって見ると結構大事なアイテムが売り切れとなっていたんですね…。大変ご迷惑をおかけしておりました。


さすがにもう随分長い間文學堂さんの商品をお取り扱いさせていただいておりますので、初登場のアイテムはそんなに多くないのですが、たまたまこれまでお取り扱いできていなかったアイテムが少しだけあります。

DSC00845.JPG
まずは、坂口安吾の「桜の森の満開の下」の足袋ソックス。
意外と、というのは色んな意味で失礼かもしれませんが、この作品をお好きな方が多いことが前回和綴じノートを初入荷してわかったので、足袋ソックスも続いて入荷してみました。
和綴じノートと同じデザインで鮮やかな水色に真っ赤な桜の花が描かれています。
幻想的で残酷、そして狂気を感じる物語の内容にふさわしいデザインだと思います。
DSC00837.JPG
パッケージに抜粋された一文は「ひそひそと花が降ります。それだけのことです。」
哀しく美しい情景が蘇ります。


もうひとつ、こちらは小川未明の「ものぐさじじいの来世」。和綴じノートと足袋ソックスがともに初登場です。
DSC00826.JPG
日本を代表する童話作家のこの作品、ものぐさなおじいさんが死んでしまい、仏様から来世の生まれ変わりを決めてもらうというお話です。憎めないおじいさんのキャラクターと、まさしくぴったりな来世の姿に、ちょっとクスッと笑ってしまうおもしろい物語。短い(毎日の当店ブログぐらいの量です)ので読んだことの無い方は、インターネットで検索すれば全文出てきますので、ぜひこの機会にお読みください。

こちらも鮮やかなブルーとグリーンのポップなデザイン。
DSC00842.JPG
ソックスはシンプルなスニーカーやサンダルなどと合わせて使いたくなります。
夏らしくていい感じです。

DSC00841.JPG
こちらの一文は「仏さま、私は、もう人間になって世の中へ出るのはまっぴらでございます。もっと、のんきな安楽なものにしてくださいまし。」
その結果、あれになったのですね。

毎回入荷するたびにあらためて物語を読み返してみたくなる文學堂のアイテムたち。
デザインで選んだ作品はこの機会に読みなおして、蝉の声を聞きながら読書感想文でも書いてみるなんて。素敵な夏の過ごし方かもしれませんね。

ACART LIFESTYLE online store 「文學堂」商品一覧はこちら



インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ