So-net無料ブログ作成
検索選択

ACART古都祝は西大寺へ。週末は平城宮跡で十五夜の宴が。 [奈良のこと]

DSC06538m.jpg
昨日ご紹介した古都祝奈良 アート作品の続きです。
次は西大寺。
DSC06554m.jpg
称徳天皇の発願により創建された西大寺は、奈良時代には東大寺とならぶ壮大な伽藍を構えていました。
現在では、京都や橿原方面と奈良、大阪方面の乗り換え駅として、奈良の人にとっても旅行者にとっても馴染みが強いであろう「西大寺」。
ただの駅名ではなく、駅近くにちゃんとしたお寺があるんです。

この西大寺では、奈良時代に西塔が建っていた地にある茶室六窓庵と池の周辺に作品が展示されています。

DSC06519m.jpg
「池からプールから池へ アイシャ・エルクメン(トルコ)」

DSC06539m.jpg
池をシルクロード東端の奈良に見立て、隣にプールを制作。プールと池を繋ぎ、水を浄化、循環させる装置をアートとして見せています。東西の文化交流、伝統と現代の不思議な融合が表現された作品です。
DSC06517m.jpg
池の水は緑色のような濁った色ですが、浄化装置のお陰かプールの水は少しきれいになっているように見えました。
DSC06589m.jpg
ちなみにここはあまり人が出入りしなさそうな西大寺の片隅。木や草がたくさんありますので蚊にご注意ください。


そしてこの西大寺から近い平城宮跡では、今週末イベントが開催されます。
DSC01615m.jpg
十五夜の宴
・奈良の秋を満喫するラン&ウォーク
・本との出逢いブックフェスタ
・新鋭作家のクラフトフェスタ
10月1日(土)〜2日(日)
場所:平城宮跡

「ブックフェスタ」では、本の販売はもちろん、お気に入りの本を紹介し合うビブリオバトルや昔懐かしい紙芝居、ボードゲームなどもあるそうです。
「クラフトフェスタ」は新鋭作家による工芸作品を展示販売。飲食ブースもあり、どちらも入場は無料です。
また、タレント中村優氏によるランニングや奈良ソムリエが同行するウォーキングも行われます。

DSC02665mm.jpg
秋の平城宮跡にふさわしい爽やかなイベントですね。
古都祝奈良のアート巡りと合わせてお越しください。


ACARTの古都祝奈良めぐり。静かな平日の大安寺へ [奈良のこと]

DSC06446m.jpg
だるまです。
だるまと言えば青衣の柄「だるま」ですが、こちらは大安寺さんのだるまおみくじ。
手描きのだるまはお顔やお腹の「福」の字が一つ一つ違っていて、そのお尻(?)におみくじが仕込まれています。
DSC06443m.jpg
ちなみに、ACARTが引いたこのだるまさんは「大吉」でした。イェイ!
良いことあるといいなー。

さて大安寺さんへはこのだるまさんをもらいに行ったわけではなくて。
先日から度々お知らせしている「古都祝奈良」のアート作品を見に行ったのです。

DSC06433m.jpg
大安寺は、平城遷都とともに現在の場所に移転した南都七大寺の一つ。国の安泰と人々の安楽を祈る大寺として大安寺と号しました。大仏開眼の導師 を務めたインドの菩提僊那(ぼだいせんな)や唐の道璿(どうせん)、林邑の仏哲など、奈良時代に渡来した僧侶の多くが居住して国際交流の拠点となり、最澄や空海が学ぶなど、先進の仏教文化の中心でした。今日は癌封じの寺として知られています。

この大安寺にあるのが、
「川俣正 足場の塔」。
DSC06472m.jpg
場所は遺跡調査により東西に巨大な七重塔があったと推測される塔跡隣地です。
大安寺の本堂とは逆の方向、鬱蒼と木が繁る細い道の先にあります。歩いて2分ほどですが、その間に神社なんかもあってなかなか雰囲気のある場所です。
広い塔跡地の横?にあるのが今回の作品。

文化財の修復等で伝え受け継がれてきた足場丸太の技術を活用して、かつての塔を彷彿とさせるかのような現代の塔が制作されています。

DSC06498m.jpg
月曜日ですので、人も少なめ。
作品自体はとても大がかりで、ある意味この場所にズドンと建っていることが異様にも感じます。
にもかかわらず、塔跡地の広さと空の広さ、向こうに見える山と一緒に、その昔そこにあった塔のように静かに風景に溶け込んでいます。
それにしてもこの塔跡地も境内だったなんて、大安寺って大きなお寺だったんですね。

DSC06438m.jpg
せっかくなので大安寺もお参り。
カフェみたいなテラス席も用意されていて、のんびりできそうな気持ちのよい空間でした。
冒頭のダルマさんの他にも癌封じのお守りなどございますので、古都祝奈良の作品はもちろん、ぜひお寺へも足を運んでみてください。

さて本日はこの辺で。
またその他の作品はまた後日ご紹介したいと思います。
DSC06482m.jpg


奈良は10月もイベント盛りだくさんです。 [奈良のこと]

DSC06753m.JPG
そろそろ9月も終わりということで、10月の奈良についてお知らせしたいと思います。
来月は一体何があるのでしょうか・・・?

まずは開催中のイベント。

DSC05263.JPG
奈良県大芸術祭
9月1日(木)~11月30日(水)

DSC05301m.jpg
興福寺 特別公開2016 五重塔・三重塔
8月26日(金)~10月10日(月・祝) 9時~16時
拝観料:1000円
五重塔・三重塔が特別公開されている珍しい機会もあと少し。
まだの方(ACARTも!)はぜひお早めに。

DSC06677m.jpg
東アジア文化都市2016奈良市 「古都祝奈良‐時空を超えたアートの祭典」
9月3日(土)〜10月23日(日)
現代アートを奈良のあちこちで楽しめる大変注目のイベントです。
ACARTが巡った古都祝奈良も近いうちにご紹介させていただきます。


続いて、10月に始まるイベントや伝統行事です。

kasuga0.jpg
春日大社国宝殿会館記念展
10月1日(土)~11月27日(日) 10時~17時
春日大社国宝殿
以前の宝物殿を増改築・内外装も一新し「国宝殿」と名を改め新装開館となりました。

DSC06412m.jpg
転害会
10月5日(水)
転害門前

DSC00733m.jpg
お砂持ち行事~国宝御本殿特別拝観【春日大社式年造替】
10月6日(木)~10月23日(日)
※除外日 10月9日(日)・11日(火)・21日(金)の9時~16時半
春日大社
参加費:2000円 (式年造替特別記念品付/記念手ぬぐい付/お砂袋付)
御本殿前に敷き詰めているお砂を入れ替えする、江戸時代以来の式年造替諸行事の一つです。
新装された国宝御本殿を間近に拝観できるとともに、お砂を御本殿内院の前庭や後殿へ納めていただき、御仮殿に参拝いただけます。

DSC02809m.jpg
鹿の角きり
10月8日・9日・10日 12時~15時
鹿苑
観覧料:大人1000円
奈良の名物、鹿の角きり。
角が伸びてしまった雄鹿が喧嘩をしたり人へ危害を加えたりするのを防ぐために行われています。

DSC06265m.jpg
Nara Food Caravan Project ナラフードキャラバンプロジェクト
Edible Landscape  エディブルランドスケープ 【古都祝奈良】
10月10日(月・祝)
春日大社境内飛火野
奈良で出会った食材を使い、雄大なロケーションの中、“捧げる”をテーマとした食空間を作ります。“その土地を味わう”という食を用いたインタラクティブアートイベントです。

DSC06692mm.jpg
大仏さま秋の祭り
10月15日
東大寺大仏殿
天平15年(743)10月15日に「人々の幸せを願って大仏様を造ろう」と「詔(みことのり)」が出されたことにちなむお祭りです。

DSC06132m.jpg
南円堂特別開扉(不空羂索観音菩薩坐像[国宝])特別開扉
10月17日(月) 9時~17時
※13時頃より法要のため入場規制(1時間程度)
興福寺 南円堂

DSC06138.JPG
北円堂特別開扉(無著像・世親像)
開催期間 10月22日(土)~11月13日(日) 9時~17時
興福寺 北円堂

DSC06802.JPG
書家アート~紫舟の世界~【奈良県大芸術祭】
10月22日(土)~11月6日(日)
近鉄奈良駅前
国内外で活躍するアーティスト・紫舟氏の書を使った巨大な立体アート作品を近鉄奈良駅前広場の屋根に展示。初日には、紫舟氏も出演するオープニングセレモニーが行われます。

shousouin-68.jpg
第68回 正倉院展
10月22日(土)~11月7日(月) 9時~18時
奈良国立博物館

DSC06585m.jpg
みつきうまし祭り~平城京天平祭・秋~
10月29日(土)~11月6日(日) 10時~16時
平城宮跡

DSC02095m2.jpg
奈良フードフェスティバル2016-シェフェスタ in 奈良-
10月29日(土)~11月6日(日)
奈良公園登大路園地


古都祝奈良や奈良県大芸術祭、正倉院展などのアート関連イベントや伝統行事、特別拝観など10月もいろいろと予定されています。
ぜひ、秋の深まる奈良へお越しください。


9/28(水)のOPEN時間と「阿修羅わっぺん送料無料」間もなく終了のお知らせ [お知らせ]

本日のブログはお知らせ2点です。
DSC06630.jpg
まずは1点め。
定休日をいただいたばかりで恐縮ですが、明日の営業時間短縮について。
明日9/28(水)は所用につき開店時間が少し遅くなり、14時頃開店とさせていただきます。
ご来店をお考えいいただいたお客様、いらっしゃったら大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご容赦いただきますようお願い申し上げます。
もしご都合が合えば、14時以降のご来店をお待ちしております。


DSC04072.jpg
そしてもう1点。早いもので9月ももう終わりです。
大変ご好評いただいた「阿修羅わっぺん送料無料キャンペーン」も今月末までとなっております。

キャンペーン期間中、多くの方に新色の買い足しや初めての阿修羅わっぺん、中には「テレビを見て!」などなどの嬉しいお言葉とともにご購入いただきました。
本当にありがとうございます。
この阿修羅わっぺんが多くの方のお手元に届いて大変嬉しく思います。

最近では奈良専門の旅行会社「ASUNARA」さんでかわいい帯留めやブローチなどの和小物に変身させていただいたり、ACART自身もピアスやヘアピンなどにしたりと楽しんでまいりました。
DSC04458.jpg
その他にもお買上げいただいたお客様から「こんなふうに使った」というご報告をいただくことがあり、大変ありがたく思う次第です。
これからももっともっと色々なものにお役立ていただければと思いますし、もし使用例がありましたらぜひ写真などでご報告いただけたらと思います。
ACARTも真似をしたいですし、このブログやSNSでもご紹介させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


ちなみに、この阿修羅わっぺんはテレビに出たのと同じタイミングで新色のイエローが発売されました。
やはりピンクやブルーがポップアートのようでインパクトの強い商品なのですが、黄色の人気はどうなのか?
コアな阿修羅ファンの方にも時々聞かれますしACARTも気になるところ。
ちょっと売上を見てみると・・・。
DSC04057.jpg
もちろん発売されてまだ1ヶ月ちょっとなので何百個も売れているわけではないですが、悪くないペースでお買上げいただいています!
店頭でイエローをお買上げになる方を拝見していると、ピンクやブルーをすでに持っている方はもちろんのこと、それらがちょっと個性的すぎる、という方に高い支持をいただいているように思います。
阿修羅さんの魅力はそのままに、少しアクの抜けたというか手に取りやすいお顔になっているようですね。
今のところ限定色としているイエロー、この調子であれば増産もアリかもしれません・・・。

さて、再度申し上げますが「阿修羅わっぺんで送料無料」は今月末の9/30(金)まで。
本日を入れてあと4日です!
阿修羅わっぺん単体はもちろんのこと、その他の商品も一緒にご購入いただくと、通常5,400円(税込)未満のお買い物にかかってしまう600円の送料が無料になります!
もちろんギフト包装もさせていただきますので、奈良好き、阿修羅好きの方へのプレゼントにもオススメです。
ぜひぜひ、この機会にご利用いただければと思います。


猫のいる店に猫のハンドタオルが仲間入り! [商品紹介]

DSC06390mc.jpg
本日の猫スタッフは、最近ますます人気の次女。
特技は食べることと寝ること、妹の世話。何をするにも集中力が凄いので、寝ているところを起こしても起きません。
DSC05615mc.jpg
・・・大変申し訳ありません。
そんな性格と体の濃いシマシマ、ユーモラスで押し出しの強い顔立ち、どこをとってもちょっと個性的でお客様からもご好評いただいています。

個性的、顔、といえば・・・。
京東都さんより、新商品の猫ハンドタオルが届いています。
DSC01470.JPG
当店ではすっかりお馴染みとなった、猫飼好五十三匹に登場する猫の顔がどーん!と刺繍されたハンドタオル。
ぬいぐるみやワッペン、キーホルダー、最近ではトートバッグがご好評いただいていますが、ついにタオルが仲間入りです。

DSC01464m.JPG
顔はぬいぐるみと同じ「みけ」「たま」「くろ」の3匹。

鋭い目をした江戸時代の猫ですので、かわいい?とは少し違う、渋くてちょっと大人好みの猫です。

DSC01471.JPG
本体はふわふわの泉州タオルを使用。
立体的な猫の顔は先日ご紹介したトートバッグと同じサガラ刺繍です。
DSC01478m.JPG
サイズは34x36cm。税込1,080円とお手頃価格ですのでご自宅用はもちろん、猫好きの方へのちょっとしたギフトにもオススメ。

DSC01481.JPG

かわいいだけじゃない猫雑貨とかわいい猫をお探しの方、どうぞACART LIFESTYLEへお越しください。
京東都 ハンドタオル たま ¥1,080(税込)
京東都 ハンドタオル くろ ¥1,080(税込)
京東都 ハンドタオル みけ ¥1,080(税込)


9月最後の週末も、奈良でお楽しみください。 [奈良のこと]

DSC06142m.jpg
こちらは先日開店前に少しだけお邪魔した古都祝奈良のアートインスタレーション。
「北風呂町の倉庫 宮永愛子」
DSC06185m.jpg
染め物屋さんの倉庫だったここでは、床に染み込んだ染料の色を魚拓や拓本の要領で大きな布にうつしとり(作家さんいわく魚拓ならぬ「床拓」)、それが天井に張られています。

DSC06148m.jpg
足元の地面が見上げて来た「物語」が頭上に広がる不思議な空間には、未開封のまま長い時間を過ごしたガラス瓶が・・・。これらとともに賑やかに作業されていた記憶が鮮やかに蘇る作品です。
DSC06154m.jpg
倉庫だったというこの建物自体も大切にされていて、壊れたら修繕するのはもちろん、わざわざちょっと古いトタン板を使うなど、丁寧に管理されているそうです。
蔦に覆われた壁は染めた糸を乾かすため風が通るように工夫がされていて、一見の価値があります。
DSC06190m.jpg
ちなみに、ものの20分くらいしか居なかったのに靴の裏は滲み出た染料で色がついてしまいました。
使われていたのは大正から昭和30年くらいまでだそうですが、地面にはこんなにも色が残っているなんて、面白いですね。
作者の宮永さんもこの靴に染み出した染料から今回の作品のインスピレーションを受けたとか。

また時間があれば他の場所にも見に行きたいと思います。


さて映画祭は終わってしまいましたが、古都祝奈良はまだまだやってます。フードキャラバンも日曜日までならまちセンターの広場に出てますので、ぜひお立ち寄りください。
DSC06202m.jpg
ちなみに先日いただいた「大和茶ポークリブ」はすごくスパイシーでおいしかったです。
モンゴルサワーはマッコリの味でとってもポークリブに合いました。

フードキャラバン、またどこかで会えるかなー。


DSC06336m.jpg
古都祝奈良のイベントも面白そうなんですが、今週末は奈良県大芸術祭のイベントもあります。

やなぎみわ 「折口信夫の夢は夜ひらく」
9月24日(土)〜9月25日(日)
9月24(土)18時開場 18時30分開演 会場:奈良県庁前
9月25(日)17時開場 17時30分開演 会場:まほろばキッチン

やなぎみわ氏が台湾で製造、日本に輸入した野外舞台に変形するステージトレーラーを使った夜間イベント。
日が落ちるにつれ、移動舞台車のライトアップされた装飾が浮かび上がり、幻想的な雰囲気が漂います。
なかなか見ることのできない不思議なイベントですので、ぜひご覧ください。


ちなみに、明日は飛火野で「薬師丸ひろ子 コンサート」があります。
世界遺産劇場
春日大社 第六十次式年造替奉祝
薬師丸ひろ子コンサート
9/25(日) 17時~
春日大社 飛火野 特設舞台
チケット:¥8,640(全席指定)

ぜひ行きたい!と思いましたがACARTはもちろんお仕事です。
行かれる方、楽しんできてください。

DSC06139m.JPG
最後に、先日の19日(月・祝)に猫スタッフ次女と末っ子で「Wの悲劇」だった当店には、明日は次女がやってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。


茶良はつづくよどこまでも。 [商品紹介]

DSC06267.jpg
昨日のブログで少しだけお伝えしましたが、9/22(木・祝)、ならまちセンター前の芝生広場では「茶良」の催しの1つ「大和茶列車がやってきた!」が開催されていました。
9/18、9/19の2日間にも予定されていたこのイベント、実は雨の影響で2日とも中止になっていたんです。
3回のうち2回が中止、昨日が最初で最後の開催となってしまったのは大変残念でしたが、1度きりとなった昨日は多くの方が足を運び、大和茶を楽しむ良いイベントとなったようです。

DSC06255.jpg
列車をイメージした各ブースには当店がいつもお世話になっている久保田農園さんをはじめとした6軒のお茶農家さん。
列車の土台になっているのはよく見ると茶箱。当店で販売しているものと違って、どれも年季の入ったものばかりでした。
会場もとてもかわいらしくて、この他の2回が雨で中止になったのが本当に残念。
またこのような場が設けられると良いな、と思います。

さてこの大和茶列車をもう少し楽しみたかったのですが、ACARTはこんな楽しげな場所でも久保田さんとお仕事のお話・・・。
新作のハーブ入り和紅茶を味見させていただいたり、別件でちょっとお願いをしてみたり。
実はなかなかお会いする機会がないので、こんな時こそ!と色々お話を伺いました。
久保田さん、大切なお仕事の時間にお邪魔しました。ありがとうございました!

acartlifestyle2016.jpg
月ヶ瀬久保田農園 和紅茶 ¥750(税込)
というわけで久保田さんのお茶のCMです。
ACART LIFESTYLEでお取り扱いしている和紅茶「さやまかおり」は緑茶用の茶葉を使用した無農薬の国産紅茶。
渋みや苦味が少なくすっきりと飲みやすいのが何よりの特徴です。
海外の紅茶ほど華やかな香りはありませんが、爽やかでほんのり甘いのでお食事や和菓子にもよく合います。
当店でも徐々にファンが増えていて、このお茶を欠かさずに買いに来られる方も少なくありません。
DSC01669m.jpg
ACARTも大好きなのでよく飲ませていただくのですが、最近お客様から「あんぱんと良く合うよ!」との情報をいただきました。
あんぱん!確かに!
しかも「酒種あんぱん」との相性が最高らしいので、みなさまもぜひお試しください。
DSC06597m.jpg
そして「さやまかおり」以外にも、沢山入ってお買い得の「ほうじ番茶」やハーブ入り紅茶「jade」も好評販売中です。
こちらもぜひよろしくお願いいたします。
ACART LIFESTYLE online store 「久保田農園(奈良のお茶)」商品一覧


DSC06220.JPG
最後に、色々なイベントにまぎれてしまってちょっと印象が薄くなってしまった(?)「茶良」は各店舗で展開中です。
当店のご近所だとデザートのお店「Karamell」さんでは期間限定で和紅茶を提供中ですし、その他の参加店舗でも大和茶を使った特別メニューなどがあるようです。
ぜひMAPを手に入れていただき、大和茶めぐりをしていただけたらと思います。

秋分の日、映画祭・大和茶列車も最終日です。 [奈良のこと]

DSC06250m.jpg
本日は秋分の日。
秋のお彼岸の中日でもあり、「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」ことを趣旨としている祝日だそうです。
毎年大体9月23日付近ですが、今年は22日。ハッピーマンデー関係なしで動かない祝日って今日みたいに木曜日とかにぽつんっとなりますが、なんかイイですよね。3連休も嬉しいですが、週半ばである突然のお休みもご褒美みたいで悪くないと思います。まぁお休みは何でも嬉しいし、ACARTはお休みじゃないんですけど。


DSC05831m.jpg
さて先週末から始まったなら国際映画祭も本日でおしまい。
これまで以上に長い開催期間だった今回の映画祭でしたが、終わってみるとあっという間だった気がします。
DSC06242m.jpg
奈良市の補助金の全額カットなど、開催すら危ぶまれた今回の映画祭でしたが、多くの方の助けにより無事行うことができたと聞いております。
DSC06226m.jpg
当店のお客様で実行委員をされている方もかなり大変そうでしたが、そうした方々のお陰で素晴らしい映画祭になったのだと思うと本当に頭が下がります。
実行委員やボランティアの方、お疲れさまでした。

実は先日の台風だった火曜日、振替の定休日をいただいたACARTもならまちセンターで上映されたプログラムを拝見することができました。
DSC06115m.jpg
熊本復興支援チャリティ上映だった「うつくしいひと」は少し切なくて少し可笑しい、熊本の風景が本当に素敵な作品。熊本の一日も早い復興を願いつつ、久しぶりの映画を楽しませていただきました。
やっぱり映画っていいですねー。また観よう!

ちなみに最終日の本日は12時よりクロージングセレモニーがならまちセンター市民ホールで開かれます。
6日間に及ぶ「なら国際映画祭」の最後を締めくくるクロージングセレモニーでは、各部門の受賞者が発表されます。コンペティション部門では、「ゴールデンSHIKA賞」受賞監督にトロフィーが手渡され、次の NARAtiveにバトンを繋ぎます。
夜には猿沢池でアートナイトも上映されますので、ぜひ最後までなら国際映画祭をお楽しみください。

DSC06119m.jpg
なら国際映画祭 クロージングセレモニー
9月22日(木・祝)12時~
ならまちセンター・市民ホール
チケット:¥1500


また、ならまちセンターでは映画祭の他にも「茶良」のイベント「大和茶列車がやってきた!」や「古都祝奈良」のNara Food Caravan "Beer Garden"が本日も開催されています。
当店の近くにあるかき氷屋さん「ほうせき箱」さんも、本日はならまちセンターに出店されていますので、合わせてお楽しみいただくととっても楽しそう。

DSC06266m.jpg
大和茶列車がやってきた!【茶良】
9月22日(木・祝)11時~16時
奈良市ならまちセンター前広場
DSC06257m.jpg
お茶農家さんのお話を聞きながら大和茶のテイスティングができます。


DSC06273m.jpg
Nara Food Caravan "Beer Garden"(ポップアップレストラン)【古都祝奈良】
9月17日(土)~9月25日(日) 16時~20時
ならまちセンター
DSC06218m.jpg
メニューは大和ポークリブの香味焼、大和当帰のさつま揚げ串焼き、モンゴルサワー、カルカルソーダ、など。


最後に、昨日お伝えした通り当店には猫スタッフが出勤しています。
どうぞよろしくお願いします。
DSC05129m.jpg
秋の一日、奈良でのんびりお過ごしください。


金魚のワッペン、待望の入荷です。 [商品紹介]

DSC06047m.JPG
先日は雨の中たくさんのお客様がレアモンスターの末っ子猫スタッフを見にきてくださいました。
みなさま本当にありがとうございました。
振替の定休日を挟んで9/21(水)、曇り空ですが一昨日や昨日に比べると穏やかな一日となりそうです。
猫はおりませんが、本日もどうぞよろしくお願いいたします。

DSC06193.JPG
さてこちらは「カシャカシャじゃれる 金魚」。
猫のおもちゃです。
先日、末っ子がやってきた時にあまりに外に出てこないので急いでnecocoさんのところで買い求めたものです。
「一度遊んだらやめられない!」
「本能が刺激される!」
とある通り、絶妙なカシャカシャ音とオーロラフィルムのキラキラが猫の興味を引くらしく、末っ子はもちろん次女もお客様そっちのけで(コラコラ)遊んでおりました。
DSC06064m.JPG
安心安全な日本製。
お値段もリーズナボーです。
「カシャカシャじゃれる 金魚」いかがでしょうか。。

え?「金魚」?真ん中についてる赤いの?
あ、飛び出たオレンジのやつが目で、羽は尾びれみたいなイメージだったんですね!
なるほどー。
正直金魚にはあまり見えなかったのですが、これは金魚モチーフの猫のおもちゃなんです。

DSC01517.JPG
おそらくこの金魚ほど猫は食いつきませんが、ACART LIFESTYLEにも新しい金魚のアイテムが入荷しています。
夏前に発売されたもののなかなか入手できなかった、「金魚ワッペン」です。
待望の入荷ですが季節は夏から秋へ変わってしまいました・・・。

ただやはり奈良は金魚の産地でもありますし、何しろかわいいので自信をもって色々入荷してしまいました。


お寿司のワッペンと一緒で種類がたくさんあり、どれにしようか迷ったのですが、好きな金魚に有名な金魚、初めて知ったけど可愛い種類など、色々と取り混ぜて入荷してみました。

DSC01518.JPG
誰もが知っている「赤出目金」と「黒出目金」、
DSC01519.JPG
人気の「琉金」、箸置きやランチョンマットが人気だった「蝶尾」、
DSC01520.JPG
個性的な「オランダ獅子頭」「頂天眼」「らんちゅう」。

どれもそれぞれの特徴をしっかり捉えていて、繊細でリアル。
かわいい金魚を飼いたいけれど本物は色々と難しい・・・、という方もこれなら気軽に手に入れられます。
ハンカチや手ぬぐい、バッグの隅っこに貼り付けるととってもかわいくてなんだか風流。
お土産にもピッタリです。


さて明日はまた祝日です。
DSC05120m.jpg
猫スタッフの長女がやってくる予定です。
体調やご機嫌によっては違う猫(次女か末っ子?)が出勤するかもしれませんが、いろいろ安定している長女ならほぼ間違いなく来てくれるかと思います。
どうぞお楽しみに~。


敬老の日に末っ子がやって来ました。 [奈良のこと]

DSC05933m.jpg
こちらは一昨日土曜日に開催された「二月堂十七夜」の盆踊り。
少しだけ蒸し暑くかつ秋の空気も感じられる、絶好の「踊り納め」日和だった気がします。

DSC05899m.jpg
二月堂下の広場には「こんなにも盆踊りに興じる人が居るんだ!」と思うほど沢山の人が、お揃いのTシャツや法被、浴衣を着て楽しそうに踊っていました。
皆さん思い思いのアレンジを加えて踊ってはいるものの、全体的には大体揃っている、という盆踊りならではの動きの調和がとっても面白かったです。

DSC05889m.jpg
独特の衣装や踊りをされる方の中にはご年配の方も非常に多く、「お元気だなー」と感心するばかり。
ACARTはまだお年寄りと呼ばれる年齢ではありませんが、きっとあんな風には踊れません・・・。
カッコよくて見るだけでも楽しい二月堂十七夜の盆踊り。 けっこう激しくクラブのダンスのように踊る方もいて、まるでスポーツです。これを見ると盆踊りの印象が変わるかもしれません。
ご覧になったことの無い方は来年ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。


さてお年寄りといえば、本日は敬老の日です。
「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日、なんだそうです。
昔は9/15で固定でしたが、ハッピーマンデーの制度により最近は(といっても10年以上前から)「9月の第3月曜日」となりました。
そしてこの3連休と秋分の日などを合わせると秋の大型連休「シルバーウィーク」になるはずだったのですが・・・。
今年のシルバーウィークは飛び石の連休で、あまり大型連休っぽくないようですね。
しかも昨日から残念な雨が!
奈良でもイベントは沢山ありますが、お天気が荒れると中止になるものもあるかもしれませんので
お出かけの際は公式ホームページ等をご確認いただければと思います。


DSC06035m.JPG
そんな台風も近付く敬老の日、ACART LIFESTYLEには猫スタッフ末っ子が出勤しています。

DSC05988m.JPG
もちろん(?)付き添いの次女も二日続きの登場です。
せ、背中が・・・。丸い!

DSC05997m.jpg
相変わらず末っ子はお店にはほとんど出ず、奥に引きこもりっぱなしですので、店内に姿が見えない時はお手数ですが「猫は?」とお声掛けいただければと思います。
おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼント探しついでに、ぜひ遊びに来てやってください。

末っ子も隠れてばかりいないでおばあちゃん猫の長女に、プレゼントでも選んであげなさい!
DSC04768mc.JPG








インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ