So-net無料ブログ作成

本日で仕事おさめです。 [その他]

DSC00506m.JPG
2016年12月30日(金)。本日でACART LIFESTYLE2016年の営業も最終日となりました。
大変なことも多々ありましたが、今年も沢山のお客様にご来店いただき、概ね楽しく幸せに1年を過ごすことができました。
これもお客様やお取引先様、近隣のお店仲間の皆様のお陰だと思っております。
1年間本当にお世話になりました。

というわけで、2016年当店に起こった大きめの出来事を振り返ってみたいと思います。

・その①~ ACART SNS開始する
Chrome Legacy Window 20161229 204908.bmp.jpg
今年の初めから当店も遅まきながらSNSをはじめました。
FacebookとInstagramだけではありますが、多くの方にご覧いただき、これをきっかけに来てくださるお客様もいらっしゃったり、交流が増えたりと「やってみて良かったな(ちょっと大変だけど)」と思っています。
来年もブログとともにがんばって更新していきますので、ぜひフォローやいいね!をよろしくお願いいたします。
facebookページ : http://ja-jp.facebook.com/acartlifestyle
Instagram : http://www.instagram.com/acartlifestyle/

・その②~ 黒い彗星現る&次女看板猫デビュー
DSC00317m.JPG
今ではすっかりお馴染みになった次女の猫が今年のGW頃から正式に猫スタッフとなり、黒猫の末っ子がお店に見習いとしてやってくるようになりました。
ご存知の通り次女はすでにお店でも貫禄を出しつつあり、末っ子も徐々に慣れてまいりました。来年は末っ子の正式デビューとなるでしょうか・・・?

・その③~ ACARTと猫スタッフ長女、阿修羅わっぺんとともにテレビに出る
DSC08012m.JPG
今年の8月、一瞬ではありますが阿修羅わっぺんがテレビで紹介され、その際にACARTと猫スタッフ長女がテレビ出演を果たしました。
これを期に「雪ちゃん」という超絶かわいい猫さんやそのオーナー様と知り合うことができ、さらにはワッペンを使用した迷子札も教えていただき、とても印象的な出来事となりました。

・・・大して何も無かったような、いろいろあったような2016年。
とにかく沢山の方にお世話になり、支えていただいたことだけは確かです。
まだまだ理想のお店作りには手が届いておりませんが、来年も自分たちにできることを少しずつ、今まで通り、そして新しいことにもちょっとずつ手を出しながらがんばりたいと思います。
直前にならないと何もできないACARTに珍しく、来年のことも少しではありますが水面下で計画中ですので、どうぞお楽しみに。

ちなみに本日で年内の営業は終了いたしますので、オンラインストアも本日夕方以降のご注文は年明け1月2日からの発送となります。
本日15時くらいまでにご入金が確認できたものに関しましては本日の発送が間に合いますので、お急ぎの方はどうぞお早めにご注文ください。

DSC05128mc.JPG
それでは、2016年本当にお世話になりました。
明日、明後日お休みを頂き、新年は1月2日(月・祝)から営業いたします。
そしてうっかり忘れておりましたが、1月2日は祝日ですので、猫の出勤日です。
新年早々ではありますが、最初の営業日を猫初めとさせていただきますので、みなさまどうぞお越しください。
出勤猫は、2016年のトリを飾った次女が2017年の猫初めも務めさせていただきます。

来年もACART LIFESTYLEをどうぞよろしくお願いいたします。
みなさま良いお年をお迎えください。


久しぶりに再入荷した釜定の栓抜き。お急ぎください [商品紹介]

DSC09779.JPG
今年も残すところ本日を入れてあと3日。当店の営業日も今日と明日のみとなりました。

世間では昨日が仕事納めで、今日からお休み、という企業も多いようですね。またUターンラッシュのピークも本日なんだそうです。
都会も田舎も、奈良の街もいよいよお正月、という雰囲気。
ACARTは新年の準備がまだ何もできてないのですが・・・。まぁ、あと3日あるし・・・。

さてそんな年も押し迫った本日は今年最後の商品紹介です。
DSC07560m.JPG
岩手県盛岡の南部鉄器工房「釜定」より、ずっと前に完売してしまった「栓抜き」がものすごく久しぶりに入荷しました。

「釜定」は伝統を守りつつもどこか現代的で洋風なデザインが有名ですが、作家の宮伸穂(みや・のぶほ)氏はフィンランドに住んでいたこともあるとのこと。釜定の製品全般にただよう北欧風にも見えるモダンな雰囲気はそういうところに由来するのかもしれません。

今回届いたのは4種類のかわいらしい鉄器の栓抜き。
DSC07028m.JPG
栓を抜く部分は確かにそれっぽいのですが、持ち手などの細かなディテールは縄文や古墳時代を思わせるような紋様があったり、幾何学的な記号か何かのようにも見えたり。
何かをモチーフにしているような、そうでもないような、とにかく不思議な造形です。

DSC07042.JPG
見る人によって色々なものに見えそうなこの栓抜き、それぞれ作品番号の名前がついているだけで特にモチーフが明示されていたり題名がついているわけではありません。

DSC07044.JPG
こちらは「130」という製品。大きさは38x103x6mm。
今回の4つの中では唯一直線のみで構成されたシャープなデザインでモダンです。
釜定 栓抜き 130 ¥1,188(税込)

DSC07041.JPG
これは「154」。サイズは50x120x6mmで、ずっしりとした重量感と丸く「ふくよか」なラインが特徴的です。ぽってりした形と三角の意匠が、土偶っぽくもあります。
釜定 栓抜き 154 ¥1,188(税込)

DSC07039.JPG
「155」は45x122x6mmと一番背が高く、シャープな直線と丸い模様が合わさった幾何学的なデザインです。細長い台形の柄の部分がどっしりとしていて存在感があります。
釜定 栓抜き 155 ¥1,188(税込)

DSC07037.JPG
最後は「159」。48x80x6mmと最もおちびさんの栓抜き。古墳のような輪郭に大きめの穴があり、軽やかな印象です。小さくて可愛らしい感じですね。
釜定 栓抜き 159 ¥1,188(税込)

価格はいずれも¥1,188(税込)です。
栓抜きって最近あまり使いませんが、オーナメントとして壁にかけたり棚に並べたりするだけでもインパクトがあります。
半年以上前に発注して今回やっと届いた釜定の栓抜き、とにかく入手困難ですので、欲しいと思っていた方はぜひお早めに手に入れてください。
kamasada-sen.jpg


お鍋の必需品、再入荷しました。 [商品紹介]

DSC00149m.JPG
年の瀬が近づき、ACART LIFESTYLEのご近所でも年末のお休みに入るお店が目立ちはじめました。
まだ会社勤めの方々のお休みは始まっていないので、街は平日ムード。観光のお客様も多くないので、実にひっそりしています。
猿沢池の鴨たちものんびり水面に漂っています。

そう鴨鍋の話ではないのです。
本日は、少し前に欠品していた、工房アイザワの商品が再入荷しています・・・というお話。
いろいろあるのですが、本日はとりあえずお鍋の季節にあると便利な道具たちをご紹介します。

DSC01709.JPG
パセリ アクトリ
細かな網が灰汁を逃さずキャッチします。
「アクトリ」って無くても良さそうなツールに見えますが、普通のお玉で灰汁をすくうのとは全く違う使いやすさ。
今お玉を使っている方、アクトリを使ったことない方にぜひ使ってほしい一品です。
灰汁をとるストレスがなくなり、お料理が楽しくなりますよ。
DSC01707.JPG
工房アイザワ キッチンツール パセリ アクトリ ¥1,188(税込)

DSC05702.JPG
ミニオロシ タイ
タイの形をしたかわいいミニオロシ。本体がお皿のように少し窪んでいるので、 生姜やにんにくなどの薬味をおろしてそのまま食卓で使えます。
このほかにヒラメとフグがありますが、一番人気はこのタイ。
顔の可愛らしさ(?)とまあるい形が使いやすそうなのかもしれません。
DSC05708.JPG
工房アイザワ ミニオロシ タイ ¥918(税込)

DSC01564.JPG
トウフスクイ
お鍋といえば、これ。
キリッとシャープなたたずまいに、ところどころ使われた銅の色が美しいトウフスクイ。
お豆腐をすくうだけの道具なのですが、もちろんそれ以外にも崩れやすいものやお箸でとりづらいものがあったらどんどんすくってください。
これでちょっと柔らかめのお豆腐も崩さずに湯豆腐やお鍋が楽しめます。
小ぶりなので食卓でも邪魔になりませんね。
DSC01571.JPG
工房アイザワ キッチンツール トウフスクイ ¥799(税込)

どれも無くてもなんとかなりそうなものですが、あると便利で手放せなくなる道具。
見た目も美しいので食卓でもお使いいただけます。
年末年始のお鍋パーティーで、家族やゲストにきっとほめられます。


本日も主役。いろんなご縁を感じます。 [その他]

DSC00384mc.jpg
おん祭りが終わると奈良の観光シーズンは一旦お休みと言っても過言ではないのんびりした状況になります。
先週末の3連休も、早くも今年が終わったかのようなのんびりムードが漂っておりました。
もちろん世間はクリスマスだったわけで、クリスマスツリーは奈良にだってあるのですが、大仏殿がイルミネーションで彩られるわけでもなければ、阿修羅さんがサンタの衣装を着るわけでもありません。
鹿さんにソリを引いてもらう、という催しでもあると面白いかもしれませんが、神様の使いですから見ず知らずのサンタクロースをのせる訳にもいかないのでしょう。

そんなわけで奈良はクリスマス感がうすい、と言われることも多く、確かに住んでいる者としても否めない気がします。

DSC09375mc.jpg
とはいえ。
3連休、当店には沢山のお客様にご来店いただき、ACART的には楽しいクリスマスでした。
お客様からはお土産を頂くことも多く、美味しいパンにオシャレなお菓子、幻のレインボーラムネなど、皆さま本当にありがとうございました。
お世話になっているのはこちらなのになぁ、と恐縮しつつも美味しくいただきました。
DSC09377mc.jpg
写真を撮る前に食べてしまったので画像がなくて申し訳ありませんが、ACARTにとってはお客様がサンタさんでございます。

さてそんな中、遠くからお越しくださったお客様にこんなものを頂きました。
DSC00465m.jpg
「本日も主役」のタスキ。
ACART用、ではなく猫用です。

プレゼントしてくださったのは、以前このブログにてご紹介して大好評だった猫の雪ちゃんのオーナー様(shuiさん)。
shuiさんは当店の阿修羅わっぺんがテレビで紹介されたのをきっかけに、わっぺんでの猫の迷子札の作り方を教えてくださった方。
迷子札のほか、雪ちゃん用のコスプレ衣装を作られるお裁縫が達者な方なんです。
そんなshuiさんが、このタスキを当店の猫スタッフ用にとわざわざ作ってきてくださったのです。なんてありがたい!
DSC00491m.jpg
なぜ「本日も主役」なのか、長くなるので割愛しますが、とにかく刺繍された文字など、手が込んでいて素晴らしい作品。
とっても嬉しいクリスマスプレゼントとなりました!shuiさん、ありがとうございます。

阿修羅わっぺんがきっかけでこんなご縁もあった2016年。
お客様と「では良いお年を~」と言って失礼するのは少し寂しい気がしているここ最近ですが、これからも色々なご縁を大切にして、お客様に楽しんでいただけるように精進したいな、と思うのでした。


本日で猫おさめ。年末年始のお知らせと奈良の大晦日行事など [奈良のこと]

DSC06576m.jpg

12/25(日)クリスマスです。本日は日曜日なので猫スタッフが出勤しています。
DSC00286m.jpg
本日の担当は次女。一昨日は末っ子と一緒でしたが、本日は単独。
ちなみに2016年の猫スタッフ出勤は本日が最後。「猫おさめ」なのです。
DSC00359m.jpg
あれ?そういえば、「年末年始のお休みはいつ?」とよく聞かれるなー、と思ったら全くお知らせしていませんでしたね。
大変失礼しました。

今年はACART LIFESTYLEは12/31と1/1にお休みを頂きますので、年末は12/30まで、年始は1/2からの営業となります。
定休日 :12月26日(月)
通常営業:12月27日(火)~12月30日(金)
臨時休業:12月31日(土)・1月1日(日)
通常営業:1月2日(月)~1月9日(月・祝)

また、休業日につきましてはオンラインストアの出荷も停止させていただきますのでご了承ください。
休日中にいただいたご注文は翌営業日の出荷となりますので、お急ぎの際はお早めにご注文いただけると幸いです。

さて、年末年始の話が出たところで、今年も奈良の行事についてちょっとまとめてみます。

【年越の大祓】
<春日大社>
DSC08759-001.jpg
15時~
しらずしらずのうちに身についた罪や一年間の穢れを祓い去り、新年を清らかな心身で迎える神事。

【除夜の鐘】
<東大寺>
DSC06587m.jpg
整理券配布:23時頃~
先着800名まで参加できます。
重さ約200kgもの巨大な大鐘(国宝)を、約4.5mもある鐘木で8人1組になって撞きます。
また1月1日午前0時~午前8時まで大仏殿中門が開門(拝観無料)されます。この日は大仏殿の観相窓も開かれ、遠くから大仏様の顔を拝むことができます。

<興福寺>
DSC09939m.jpg
DSC07151m.jpg
南円堂と菩提院大御堂の2ヶ所で撞けます。
整理券配布:23時~。
先着各100名、合計200名。
ちなみに菩提院大御堂は菊水楼のすぐお隣。
除夜の鐘とは直接関係ありませんが、興福寺国宝館は来年お休みです。

<五劫院>
DSC04469-001.jpg
整理券配布:なし
23時45分より参加者全員が順番に撞けます。
また、五劫思惟阿弥陀仏像も拝観できるそうです。

<薬師寺>
DSC03106.jpg
整理券配布:23時頃~ (※お写経された方優先)
23時30分頃から5人一組で撞きはじめ、先着順でお餅の接待があるそうです。

<唐招提寺>
DSC06740m.jpg
整理券配布:23時頃~
先着108人。
23時30分頃からつき始めます。

<西大寺>
DSC06554m.jpg
整理券配布:なし
23時30分頃から参加者全員がつくことができます。

<大安寺>
DSC06438m.jpg
・12月31日 23時~ 越年護摩
・1月1日午前0時~午前2時境内に除夜の竹灯り点灯
古代赤米粥の接待があるそうです。

ちなみに、今年はきたまちの般若寺では除夜の鐘と夜間拝観は中止となっています。
ご予定されていた方はお気をつけください。

いよいよ今年もあとすこし。
みなさま良い年末年始をお過ごしください。


待望の南部鉄器が再入荷 [商品紹介]

DSC00337m.jpg
12/24(土)クリスマスイブです。連休のせいでどうも日曜日のような気がしてならない土曜日。
本日は予告通り、猫スタッフ長女が出勤しています。
DSC00357mc.jpg
今朝、関東方面よりいらっしゃったお客様に会えてご満悦の長女。
実はこの長女が出演したBSのテレビ番組、「奈良ふしぎ旅図鑑」をご覧になって以来ずっとSNS等で交流させていただいていたのですが、ようやく直接お会いすることができました。
長女はもちろん、ACARTもお会い出来て大変嬉しく思いました。


さてさて本日は、欠品していた南部鉄器の商品たちが再入荷していますので、ご紹介します。
まずは岩手県の南部鉄器メーカー「OIGEN(及源)」の商品。
「キャセロール オーバル」。
南部鉄器の小さなお鍋です。
DSC09044.JPG
直火やオーブンでも使用でき、肉厚な南部鉄器は熱伝導が良く、短時間で芯までじっくり熱を伝えます。
また蓋をすることで蒸し焼きの状態になり、ふっくらとジューシーな仕上がりになりますし、蓋なしで使えばきれいな焼色をつけられます。
さらにはキャセロールから少しですが鉄分が溶け出すことで、不足しがちな鉄分がとれるというのも利点のひとつ。
蓄熱性が高いので、そのまま食卓に出すとお料理の温かさを長く保つのもうれしいですね。

DSC09048.JPG
お手入れが難しそうに思えますが、洗ったらしっかりと水分を拭き取る(または火にかけて飛ばす)ことや使い始めに油をしっかりなじませること、お料理を入れっぱなしにしないことなどのちょっとした注意点を守れば、長くお使いいただけます(詳しくは及源さんのHPかお買い上げいただいた商品に付属しているリーフレットをご覧ください)。
小さいながらも南部鉄器の良さを存分に味わえますので、鉄鍋ビギナーの方にもおすすめです。

DSC09041.JPG
形は楕円形で、サイズは外寸で9.5x15.5(持ち手込)x高さ7.8cmです。
グラタン、リゾット、アヒージョ、キッシュ、オニオングラタンスープに。
まんまるのラウンドもあります。
OIGEN キャセロール オーバル ¥3,780(税込)
OIGEN キャセロール ラウンド ¥3,780(税込)


続いてはこちらもOIGEN。「茶托」です。
DSC08434.JPG
「茶托おび・アラレ」
黒々とした鉄の茶托は決して主張し過ぎずにテーブルを引き締めます。
お一人で何個もお買い上げいただくほどに人気はあるのですが、長らく欠品したまま入荷をできておらず、久しぶりの登場です。
DSC08714.JPG
茶托やコースターとしてだけでなく、お菓子の小皿や一輪挿しの花瓶敷などとしてもお使いいただけます。
模様は2種類、「おび」と「アラレ」です。
こちらもお鍋同様濡れたら水分をしっかり取って保管するなどの気をつけると、錆びることなくお使いいただけます。
DSC08703.JPG
OIGEN 茶托 おび ¥648(税込)
OIGEN 茶托 アラレ ¥648(税込)


最後は「岩鋳(IWACHU)」の商品。
DSC07057-001.JPG
「岩鋳 トリベット 黒」
岩手盛岡の南部鉄器メーカー、岩鋳よりシンプルでシックな艶消黒の釜敷(鍋敷)です。
「*=アスタリスク」のような形が少しモダンで、洋風のテーブルにも馴染みます。
DSC07052-001.JPG
当店では赤が人気ですが、久しぶりに黒も入荷。華やかな赤にはない渋さがあって素敵です。
脚部にゴムカバーがついているのでテーブルを傷つけることなく、どっしりとした安定感で鍋を支えてくれます(ゴムカバーは取り外しも可能です)。
DSC07055.JPG
岩鋳 釜敷 トリベット(大・艶消黒) ¥3,564(税込)
岩鋳 釜敷 トリベット(大・赤茶) ¥3,564(税込)

冬の食卓で大活躍しそうな南部鉄器の商品たち。ぜひお正月用にもご活用ください。


「洗い出し」のコースターが再入荷です [商品紹介]

DSC00207m.JPG
12月23日(金・祝)、猫スタッフは次女と末っ子が出勤しています。
が、相変わらず末っ子は隠れたっきり。
DSC09699m.jpg
夕方には比較的外にいる時間も多くなるかとは思いますが、まだまだレジ台の下やバックヤードが定位置となっています。
DSC00215m.jpg
次女はいつも通り店先の椅子の上におりますので、どうぞ遊んでやってください。


DSC06996.JPG
さて、京都のPULL +PUSH PRODUCTS.さんより、長らく欠品中だった「CEMENT COASTER(セメントコースター)Mサイズ」が届きました。
直径16cmの「Lサイズ」とならんで人気があった「Mサイズ」は直径9.5cm。大きい方のLサイズはグラスと一緒にお菓子などを添えてお皿代わりに使ったりするのにぴったりの大きさですが、このMサイズはグラスやマグカップだけを置く、普通のコースターサイズです。

DSC06998.JPG
「CEMENT COASTER」は洗い出しの技術を使って作られたセメント製のコースター。
DSC00213.JPG
「洗い出し」とは、砂利などを埋めた壁や床などで、セメントが固まる前に洗い流し、砂利を露出させる、建築などではお馴染みの左官の技術です。和風のおうちの玄関などでもよく見かけるかと思います。
ちなみにこのコースターに使われている砂利は「大磯石」です。

DSC06305.JPG
モルタルのみで仕上げたコースター「FLOOR WALL Sサイズ」(※写真手前)より厚みがあり、裏面はクッション材でカバーされていて、重厚感もあります。
重いのでグラスにひっついてしまうという紙のコースター的なストレスはありませんし、固くて丈夫なので壊れにくく、かなり長く使えます。
DSC06999.JPG
価格は税込1,350円。
当店でも非常に人気のコースター、この手間のかかる製法と高級感(?)でこのお値段。絶対安すぎると思うのでそのうち値上がりするんじゃないかと正直ビクビクしております。

これを作ってくださっているのは京都太秦にアトリエをかまえ活動するクラフトデザイナー佐藤延弘氏。
「素材の感覚や、使うことでわかる面白さを大切に、手に触れたくなるようなアイテムを」というコンセプトのもと、いくつかのブランドを使い分けながら、さまざまなアイテムを送り出しています。
DSC09180.JPG
また佐藤氏はデザイナーでありながら製作からパッケージングまですべての行程を自らの手で行う作家さんでもあります。そのため手仕事でしか味わいを残しつつもエッジの効いた絶妙な存在感の製品が生まれるのですが・・・。
妥協を許さないものづくりに対する姿勢とそもそもの工程に非常に手間がかかるため、大量生産が難しくどうしても注文から納品までの時間がかかってしまいます。
しかも最近は今まで以上に注目度も上がっており、本当にお忙しく作品つくりをされているご様子。
当店もこのコースターに関しては半年ほど前に発注させていただき、クリスマス前のつい先日、やっと納品いただいたというわけです。
佐藤さん、お忙しい中ありがとうございます!クリスマスプレゼント的でとってもうれしいです!

というわけで、店頭でもオンラインストアでも販売を再開しております。
クリスマスプレゼントにもおすすめです。

PULL +PUSH PRODUCTS. CEMENT COASTER Mサイズ ¥1,350(税込)
PULL +PUSH PRODUCTS. CEMENT COASTER Lサイズ ¥2,160(税込)

今週末はクリスマス。 [奈良のこと]

DSC00148m.jpg
昨日12/21(水)は冬至でした。
一年で最も昼が短くて夜が長い日。寒さはまだまだこれからですが、日照時間は本日から少しずつ長くなっていきます。寒さはつらいですが春に近づく?と思えなくもなくて、ちょっと嬉しいです。


さて、東向商店街にある「奈良基督教会(親愛幼稚園併設)」では、毎年恒例のイルミネーションが点灯されています。
DSC09969m.jpg
この教会の大きなクリスマスツリーに光が灯ると「今年ももうそんな時期か・・・」と思う、おん祭と並んで奈良の冬の風物詩となっている恒例行事。

この奈良基督教会礼拝堂と親愛幼稚園園舎は、国の重要文化財です。園舎は当初は教会の信徒会館として計画されて1929年完成。礼拝堂は翌1930年に完成、同時に親愛幼稚園が始まったそうです。
DSC09531m.jpg
この教会の信徒だった宮大工さんが設計されただけあって、教会とは思えない和風建築が特徴。瓦ぶき屋根の寺院風外観に、内観は礼拝堂としての空間を保ちつつも伝統的な和風の意匠を随所に取り込んだものだそうです。
すぐお隣にある興福寺の景観にも溶け込む素晴らしい建築ですね。
前から気になってはいるのですが、由緒ある教会ですし幼稚園に通う子供もいないので、ACARTはまだ中に入ったことがありません。
一度お邪魔してみたい、という方はきっと他にもいらっしゃるかと思いますが、実はクリスマスイベント「光のページェント&チャペルコンサート」の開催中は、この中に入ることができます。

チャペルコンサートは12月23日(木)まで、イルミネーションは12月25日(土)まで行われています。ぜひ足を運んでみてください。

【ひがしむき商店街 光のページェント2016】
12月11日(日) ~12月25日(日) 17時~21時
奈良基督教会正面広場
チャペルコンサート
日時:12/23(祝・金) 18時~

DSC09852m.jpg
さてそんなこんなでもうすぐクリスマスです!
今年は12/23が金曜日ですが祝日、24日が土曜日で25日が日曜日という、クリスマスを楽しむパリピな方には嬉しいカレンダーとなっています。
そう、ACARTはちょっと忘れていましたが、今週末は3連休です。
年内と年明けしばらくは猫スタッフが土曜日と祝日もやってきますので、今週末は猫3daysになります。

DSC09711m.jpg
勤務シフトは・・・
12/23(金・祝)次女&末っ子
12/24(土)長女
12/25(日)次女

の予定です。
ぜひ遊びに来てやってください。

もちろんクリスマスプレゼントの駆け込みも大歓迎です。「何がいいかな?」というご相談やラッピングも承っております。
DSC09997mc.jpg
なんかシマシマしすぎてて目がチカチカしますね・・・。

これぞロングライフデザイン。柳宗理のカトラリー [商品紹介]

DSC02593.jpg
欠品していた柳宗理のテーブルスプーンが再入荷しました。
ACART LIFESTYLEでは定番商品として比較的たくさんの数量を在庫しているのですが、先日「そろそろ補充しなきゃ」と思っていたところに、ナイフやフォークなど一式を10個ずつご購入、というお客様がいらっしゃいました。

DSC00820m.jpg
日頃、カトラリーをお買い求めいただける場合、ご夫婦用に2セットとか、お子様の分を加えて3セット、もしくはご夫婦+来客用で4セットお買上げいただければ多い方。10人分なんてなかなかご注文いただくことがありません。
実はそのお客様はアメリカからのご旅行のお客様。偶然日本で出会ったカトラリーの美しさに魅了され一瞬悩んだ末に衝動買いされました。
10セットなんてさすがはホームパーティーの国!なんて感心しながら、飛行機での輸送に備えて入念にパッキングをしてお渡ししました。
それにしてもナイフとフォークの国からやってきたお客様がお箸の国、ニッポンでカトラリーを買って帰ってくださるなんて、ちょっとおもしろいようなうれしいような。

とにかくそんなことがあって一時的に欠品してしまったスプーンや、数が少なくなったナイフやフォーク類が再入荷した次第です。これならアメリカからのお客様にも再び対応できますので、ぜひご来店くださいね。

DSC02591m.jpg
さて、そんな海外のお客様をも魅了する柳宗理のステンレスカトラリー、確かに改めて見返すと美しく素敵なカトラリーだと思います。

DSC02581.jpg
以前にも書いたことがありますが、ACARTもこのカトラリーを愛用しています。
おそらく一番長く使っているテーブルフォークが16~7年といったところでしょうか。その間の生活スタイルも移り変わり、一晩ぐらいは平気で洗い物をためるような生活から始まって、洗ってもディッシュラックの上が定位置だったり、ガチャガチャと複数本まとめて洗っていたころもありました。食洗機で洗っていた時期、ご飯ものが増えて登場機会が減った時期、別のカトラリーを好んで使った時期...今ではほぼ毎日のように使って、手洗いでちゃんとカトラリー専用の引き出しにしまっていますが、使っている人間同様、いろんな部分にキズがつきくたびれた感じになってしまいました。
DSC02584.jpg
それでもいまだに愛着は衰えないまま。むしろ使い込んだ跡が増えるにつれてより一層手放せないものになっていっている気がします。

DSC08287.JPG
そんな定番カトラリーは、たくさんのお客様からも愛されています。
先日いらっしゃったお客様は、もう40年近く使っているとおっしゃっていましたし、ご両親が使っていたものを娘さんご夫婦が引き継いで使っているという方もいらっしゃいました。
この製品のデビューは今から40年以上前の1974年ですから、日本中、もしかしたら世界中で、たくさんの家庭の思い出を溜め込んだカトラリーたちが使われているのかもしれません。

DSC02600.jpg
世の中には日々新しいテーブルウェアが生み出されています。
美しく機能的なカトラリーを探すとずいぶんたくさんの選択肢があることに気づきます。
そんな新しいカトラリーの中には、この柳宗理のカトラリーから大きな影響を受けたと思われるものが少なくありません。40年の間に、製造技術やデザイン手法などは目覚ましい進化を遂げているので、柳宗理よりも優れたプロダクトが誕生するのは当然のはずなのですが、美しさや機能性、価格や耐久性などあらゆる面で完全にこれを超えるものはまだ誕生していないのではないでしょうか。

これぞ「ロングライフデザイン」の名品をぜひ生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ACART LIFESTYLE online store 「柳宗理」商品一覧


specialショウガトウ、終了しました。 [お知らせ]

12月10日から販売させていただいた3周年記念のspecialなショウガトウ。
発売から約1週間とちょっと、大好評のうちに店頭、オンラインストアとも完売となりました。
DSC02637-001.jpg
そもそもは「トートバッグ以外に何かお客様に喜んでいただけるものないかなー」と考えて販売させていただいた期間限定品でしたが、本当に好評で常連のお客様にも初めてのお客様にもたくさんお買上げいただきました。
DSC02674.JPG
実のところ「珍しいものだから一度でもお買上げいただけるといいかな」と思っていたのですが、驚いたことにお買上げいただいたお客様が次の週末に「美味しかったからもう一度!」とリピートされたりお問い合わせのお電話をいただいたりするほどの人気ぶり。
たしかにどれも美味しかったのですが、正直想像以上でした!
さすがプシプシーナ珈琲さん。ワガママを言って分けていただいて本当に良かったと思います。
DSC07300.jpg
またこの期間限定のショウガトウをきっかけに「普通のショウガトウも買いたい」と言ってくださるお客様も多かったので、さらに嬉しかったです。

お買上げいただいたお客様、本当にありがとうございました。
DSC07312.jpg
今回の特別なショウガトウの販売はこれで終了ですが、通常のショウガトウは常に店頭にありますし、これはこれで箱もかわいくて内容量もspecialショウガトウより多いので、ぜひこちらもよろしくお願いいたします。
またオンラインストアや店頭でのお取り置きのお客様につきましては、ちゃんと置いてありますのでご安心ください。ただ、賞味期限が2017年1月4日までとなっておりますので、キャンセルの場合などはお早めにご連絡いただけると大変助かります。


そして3周年記念の第一弾として販売した当店の猫スタッフカレンダーですが、こちらはまだまだ好評販売中です!
DSC02487m.jpg
「常連のお客様のご要望にお応えして」という要素が強めの商品ではあったのですが、特に猫スタッフが出勤している土日などは「この子のカレンダー?1つ頂くわ」などというあたたかいお言葉とともにお買上げいただくケースが多く、思った以上に売れております!
DSC09576m.jpg
ご自宅用以外にもお友達用などにお買上げいただくことも多くて、本当にありがたい限りです。
心より感謝を申し上げます。
が、まだあとすこし在庫はございますので、もうしばらく販売いたします。まだ手に入れて無い方や年末のご挨拶などにどうぞご活用ください。


最後に先週末からお買上げの方全員にお配りしている特製ミニトートバッグももちろんご好評いただいてます。
DSC00086m.JPG
猫スタッフ次女の顔がプリントされた猫好き以外の方にはあまりありがたくないデザインですが、お買上げの方にお渡しすると「いいんですか?」と皆さま大変喜んでくださいます。
DSC02687m.jpg
このままのペースだとおそらく年明けくらいまではお配りできるかと思いますが、どうしても欲しい方はどうぞお早めに店頭かオンラインストアで何かお買上げください!


もうすぐ年末。
おん祭りが終わった奈良はお正月までしばらく観光はオフシーズン。
年末年始の準備などで何かと気忙しい時期になりますが、猫をさわりに、ちょっとおもしろいものを買いに、ぜひACART LIFESTYLEにお立ち寄りください。


インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ