So-net無料ブログ作成
検索選択

明日から2月。奈良のイベントいろいろ [奈良のこと]

DSC01830m.JPG
こちらは先日行われた山焼きの後の若草山。
今年は例年になく「よく焼けた」山焼きだったようで、かなり真っ黒です。
しかも山焼きの後の夜から翌日夕方にかけて奈良市内の若草山周辺では黒い燃えカスのようなものが沢山降ってくるという現象が。
こんなことは初めてでしたので奈良生まれ奈良育ちのACARTも少し驚きました。


さて1月ももう終わり。明日から2月ですね。
お正月なんてもうずっと前のことのように思えます。
日々が過ぎていくのが早すぎて付いていけてない感じすらしますが、先に進まなければいけません。

DSC07764m.JPG
そんなわけで来月の奈良の行事です。


DSC07698m.JPG
節分行事いろいろ
日時:2月3日(金)
【春日大社 節分万燈籠】
時間:18時~20時30分
春日大社の境内3000基にも及ぶ燈籠全てに火が入れられます。

DSC01048m.JPG
【東大寺二月堂 節分豆まき】
時間:14時~
二月堂の舞台の上から福鈴と福寿の豆まきが行われます。

【元興寺 節分会】
極楽堂内 法要 12時~
柴灯大護摩供・火渡り 13時~
豆まき 15時~

【興福寺 追儺会(ついなえ)(鬼追い式)】
法要:18時30分~ 東金堂  
鬼追式:19時15分頃~ 東金堂舞台
*福引入り豆は13時頃より販売
病気平癒を祈願する法要のあと、東金堂前庭に設営した舞台の上で、三匹の鬼や毘沙門天が登場するちょっと楽しい鬼追い式です。


nc-2017-2.JPG
冬のならまちナイトカルチャー
日時:2月3日(金)~2月5日(日)、2月10日(金)~12日(日)
場所:ならまち中西与三郎ほか、各店舗
人気の和菓子作り体験をはじめ、とんぼ玉アクセサリーやロウケツ染めハンカチ、お香袋など、初登場の「ものづくり」プログラムがあります。


DSC02981m.jpg
奈良県障害者芸術祭 HAPPY SPOT NARA
日時:2月4日(土)~2月12日(日)
場所:奈良県文化会館展示室、東大寺大仏殿、近鉄奈良駅周辺店舗、 ほか
※プライベート美術館は1月27日(金)より開催
障害のある人もない人も楽しめるコミュニティーアートフェスティバル。今回で6回目を迎え、東大寺での「ビッグ幡」プロジェクト、奈良町界隈を彩る「プライベート美術館」、舞台、ワークショップなど、さまざまな表現を楽しむことができます。


DSC06626m.JPG
珠光茶会
日時:2月7日(火)~2月12日(日)
「わび茶」を創始した奈良出身の村田珠光にちなんだ「珠光茶会」は、今年度で第四回目を迎えます。世界遺産を含む八社寺や「ならまち」のお茶室を会場にした、冬の古都ならではのお茶会。
すでに完売のお茶席券もありますので、ご注意ください。


DSC01288m.JPG
第8回しあわせ回廊 なら瑠璃絵
2月8日(水)~14日(火)
場所:奈良公園一帯
点灯時間:18時~21時(雨天決行・荒天中止)
DSC02916.JPG
春日大社、興福寺、東大寺という奈良を代表する三社寺を幻想的な光の道でつなぎ美しい瑠璃絵の世界に皆さまを誘います。


DSC08242m.JPG
鹿寄せ
日時:2月9日(木)~3月12日(日) 10時~約15分間
場所:奈良公園飛火野
ナチュラルホルンの音で鹿たちを呼び寄せるおなじみの鹿寄せ。月曜日はお休みです。


DSC07426m.JPG
ならまち花あかり
日程:2月25日(土)~26日(日)
全国・八花街の芸妓・舞子による花街体験イベント。全国から集った芸妓・舞子による舞踊公演やシンポジウム、元林院町周辺の飲食店を会場とした「花街日本酒バル」などが催されます。
DSC07407m.JPG
25日(土)舞踊公演~大和をどり、元林院大宴席
26日(日)全国花街伝統芸能シンポジウム、花街日本酒バル

2月といえば節分、そして瑠璃絵、などなど、お子様からお年寄りまでお楽しみいただける行事がいろいろあります。
寒さも本番ですが、ぜひ奈良にお越しください。


本日の看板猫は大きくなった次女と末っ子です [その他]

DSC01085m.JPG
本日の猫スタッフは次女と三女です。
先週の日曜日は長女が来ておりましたので、この2匹の登場は2週間ぶりということになります。
みなさまお久しぶりです。

DSC01435m.JPG
実はこのところ、三女が少し大きくなりました。
今まで「末っ子、ちびっこ」キャラでアスリートのようなカチカチボディだった三女なのですが、このところ食欲もすごくて、少し肉付きが良くなってきたのです。
相変わらず運動能力は高くて身軽にどこへでも登って悪さをするのですが、それにしてもここ数週間で成猫らしくガッチリしてきました。
まだチビッコだと思っていましたが、もう大人なんですね。

DSC03051m.JPG
一年ちょっと前は、お姉ちゃんについて回るちっちゃな黒猫だったのですが。

DSC02967m.JPG
そう思って猫の年齢を調べてみると、三女は今1歳半くらいなので、人間の歳に直すとちょうど20歳くらい。
とある「猫の年齢の数え方」によると、猫の1歳は人間の17歳くらいとのことなので、去年の夏から今までの約半年で一気に3歳ほど歳をとったことになります。
人間でも17歳から20歳なんて見た目が随分かわるもの。
すっぴんだった女子高生も二十歳になるとキレイにお化粧して大人っぽくなる、みたいなことでしょうか。
ちなみに次女は2歳と3カ月(推定)なので、人間だと24歳くらい。新卒2年目、ちょっと慣れてきた去年の新入社員って感じですかね。
昨年正規猫スタッフとして採用になったので、あながち間違ってはいません。

どちらにしても、もう成猫。そして成長のスピードは人間の4倍とも言われる猫ですから、いつのまにか大きくなるはずですね・・・。

DSC01625m.JPG
今では身体の大きさもあんまり変わらなくなりました。

DSC01229m.JPG
そして末っ子が大きく見える要因としてもう一つ、「冬毛」があります。
昨年はあまり気が付きませんでしたが、この子の冬毛は夏毛との違いが大きく、誰よりもわかりやすいのです。
夏毛は針のようにピンっとしていて、薄く体にまとわりつくようにサラッと生えていました。
見た目も猫というよりカワウソみたいな感じ。
一方冬毛は?短毛には違いありませんが触ると俄然手触りがよく、ちょっとした高級毛布のよう。
隙間なく密集してギッシリ生えていて、フカっとしています。

DSC01357m.jpg
せっかくなので次女の冬毛もみてみると・・・。
夏でもちょっとだけ長毛気味なのでこの子に関してはあまり手触りの違いがありませんが、全体的にボリュームアップして顔の周りの毛が増えたような・・・。
決して太ったわけではないと思うのですが。

この毛が5月頃の換毛期に入ると沢山抜けるんだろうな~、と思うとゾッとしますが、そうやって少しずつ変化を重ねる猫を眺めるのも楽しいものです。
一緒に歳をとっていると思ったら、すぐに私達を追い越してしまう猫。ちゃんとみてあげないといけませんね。
DSC01601m.jpg
あ、せっかくなので昨日お店に来ていた長女の年齢は14歳なので・・・人間にすると72歳だそうですね。
なんてお茶目なおばあちゃんなんでしょう。


土曜日の看板猫とプシプシーナ珈琲 [商品紹介]

DSC01684m.jpg
今日は奈良の冬の風物詩「若草山焼き」があります。
お天気はカラッと晴れ、寒さも少し和らいで絶好の「山焼き日和」となりました。
閑散期にしては人も多く、観光の人々を朝から多く見かけます。

DSC00340m.jpg
そんな人の多い日ですので、土曜日ですが猫が出勤しています。
ACART的には久しぶりの土曜日の猫なのですが、来ているのは先週日曜日も出勤した長女。
多分彼女的には「また?毎週出勤になったの?」と思っていることでしょう。
DSC01730m.jpg
安心して下さい。
来週は日曜日のみの出勤の「予定」ですし、その場合当番は若猫の「つもり」です。
今日がんばったら明日からまたお休みだから、19時までがんばろうね。

DSC07308.JPG
さて、猫といえば看板猫と同じくらい人気の「プシプシーナ珈琲」さんの各商品が再入荷しています。
3周年記念のSpecialショウガトウの登場以来、さらに人気を増した「ショウガトウ ¥864(税込)」。
おうち用や会社用に、プレゼントに、沢山お買い求めいただいてます。

DSC08820.JPG
そしてデスクのお供「ウォールマグ デミタ ¥1,242(税込)」。
2重構造でドリンクの温度をゆるやかに保つので寒い冬も便利に使えます。
品薄だった水色も再入荷しています。

DSC00889.JPG
他にも、お湯を注いで蒸らすだけの簡単コーヒーパック「山頂のコーヒー ガテマラ ¥292(税込)」1個入りも入荷しました。
一度の抽出で400ccのコーヒーが作れて、さらに1つのパックで3回くらい繰り返して使用できますので、約1.2リットルの本格コーヒーが手軽に作れる便利なパック。
こちらもお土産やプチギフトに人気です。

DSC01723m.jpg
山焼きのついでに、猫スタッフをモフっと触って、プシプシーナ珈琲をお土産にしてみてはいかがでしょうか?

ACART LIFESTYLE online store 「プシプシーナ珈琲」商品一覧



「HAPPY SPOT NARA 2016-2017」が始まります。 [奈良のこと]

「HAPPY SPOT NARA 2016-2017」とは、障害のある人もない人も楽しめるコミュニティーアートフェスティバル。
平成23年度に初めて開催し、今年度で6回目を迎え、東大寺での「ビッグ幡」プロジェクト、ならまち界隈の「プライベート美術館」、舞台「鹿の劇場」など、障害のある人の魅力的な作品をそのプロセスとともに紹介します。
今年は障害のある人とない人が共に奈良から新たな文化を発信する「国民文化祭・障害者芸術・文化祭」のプレイベントとして、展覧会、報告展、舞台など多様なプログラムで実施されます。

DSC02981m.jpg
「HAPPY SPOT NARA 2016-2017」
2月4日(土)~12日(日)

「HAPPY SPOT NARA 2016-2017」は上記日程で行われるので少し先なのですが、「プライベート美術館」は本日より始まります。
「プライベート美術館」とは、アートを日常のなかで楽しむプロジェクト。
公募によって集まった奈良県内の障害のある人の作品約180点を、店舗や町家で展示します。

DSC02975m.jpg
「プライベート美術館」
1月27日(金)〜 2月12日(日)
※展示時間は展示店舗の営業時間に準じます。
場所:きたまち、ならまち界隈、近鉄奈良駅周辺商店街の店舗ほか

DSC01704m.jpg
そんな「プライベート美術館」に、今年はACART LIFESTYLEも参加させていただくことになりました。
何度かここでも書いたことがありますが、当店が開店した3年前からずっと参加したかったイベント。
1年目は申込みの時点でお店がまだ存在せず、2年目と3年目は、ちょっとした行き違いから申し込みに間に合わず・・・ようやく4年目にしてはじめての参加となったのです。


ACART LIFESTYLEで展示させていただく作品はこちら。
DSC02985m.jpg
西ノ園 有紀さん作「赤玉ねぎ」です。

キャンバスに鮮やかな色鉛筆で描かれた赤玉ねぎ。
大胆な構図にシンプルな色彩で、根と茎をいっぱいに伸ばす赤玉ねぎの生命力が表現された素敵な作品です。

この「プライベート美術館」というイベントで展示される作品は、各店舗のスタッフがたくさんある作品すべてを鑑賞したうえで、ぜひこの作品を自分のお店に飾りたいというものを選ぶというシステムになっています。
この作品は昨年11月はじめに開催された「お見合い展示」という催しで、ACARTが実際に選ばせていただいたもの。
日常的な題材を鮮やかな色で描いた作品の力強さに一目惚れしてしまいました。

玉ねぎと言えば・・・
DSC09700-001.JPG
当店の猫スタッフの「玉ねぎ坊や」こと末っ子(女の子ですけど)のトレードマーク。このことが頭にあったというわけではありませんが、何やら因縁めいたものを感じなくもありません。

DSC01714m.jpg
店頭では作品をご覧になった感想などを書いていただくカードが設置されています。
作品への評価や作家さんへのメッセージなどを自由にお書きいただければ、直接作家さんに届きます。

DSC01718m.jpg
この展示は2/12(日)まで。ぜひこの機会にいろんなお店をまわってみてください。

最後に今週末の猫スタッフ出勤シフトについて。
明日若草山焼きの土曜日は長女、明後日日曜日は次女&末っ子の予定です。


人気のアジロ弁当にお手頃な「青竹」が登場。 [商品紹介]

大分県別府市の竹製品のブランド「雅竹(みやびたけ)」より、アジロ弁当箱が届きました。
が、このアジロ編みの弁当箱・・・、今までのものとちょっと様子が違います。
DSC02945.JPG
実はこちらは新入荷の「青竹」アジロ弁当箱。

DSC02958.JPG
今までお取り扱いしていたのは「すす竹」で、もう少し色が飴色でしたが、この「青竹」はその名の通り青いのが特徴。
またほぼ無臭のすす竹よりも竹の香りは強めに感じます。

DSC02970.JPG
「すす竹」は竹材を窯に入れて、高温・高圧で適度なブラウンになるまで炭化加工したもの。
一方この「青竹」はその加工をしておらず、青竹の表面を滑らかに磨きとりつくられたもの。
素材としてはそんな違いがあります。

DSC02967.JPG
そしてこのお弁当箱に関して言うと、「すす竹」の方は底の四隅が補強してあり、縁がしっかりと処理してあるのに比べてこちらの「青竹」は四隅の補強なし、縁もややラフに処理されています。
これは竹の処理の問題ではなく、雅竹のラインナップの中で、「すす竹」のほうが「特上グレード」の商品で、今回の「青竹」がいわゆる「並グレード」の商品にあたるからなのです。

DSC02954.JPG
ところどころ飛び出している竹の繊維が肌に当たるとちょっと気になります。
このあたりは「すす竹」の丁寧な処理に一歩ゆずるところかもしれません。

でもそれ以外の竹のお弁当箱の利点はそのまま。
通気性がよく蒸れにくいのはもちろん、シンプルなお弁当もちょっと特別な感じに見せてくれるのも嬉しいところです。
汁気のあるお料理を入れることはできませんが、ラップやワックスペーパーなどを敷いて使えばおにぎり以外のおかずなども入れることができます。
見た目のラフな感じも味がありますし、使い込むほどにツヤが出て風合いが増します。

DSC02953.JPG
サイズは15cmx10cmxH6.5cmと小さく見えますが、深さがあるので意外とたくさん入ります。
ちなみに「すす竹」の方は小サイズが15cmx10cmxH7cm、中サイズが18cmx11cmxH6.5cmです。
(手作りですのでサイズには多少誤差があります)
もちろんお弁当以外にも小物入れなどにもお使いください。

DSC02960.JPG
従来よりお取り扱いしているすす竹アジロ弁当(小)の半分以下のお値段ですので、「竹のお弁当箱に憧れているけどうまく使いこなせるかわからない」という竹ビギナーの方の入門編にもおすすめです。
これで使い勝手がわかったらすす竹にグレードアップ!というのも悪くないかもしれませんね。

青竹アジロ弁当(小) ¥1,620(税込)
すす竹アジロ弁当(小) ¥3,456(税込)
すす竹アジロ弁当(中) ¥4,104(税込)


やっと入荷。工房アイザワのストレートケトル [商品紹介]

DSC01370m.jpg
1月25日(水)、空気は冷たいながらも少しだけ晴れて気持ちの良いお天気となりました。
寒さは相変わらずですが曇っているのと晴れているのとではやはり気分が違いますね。
当店の前を通る人も昨日に比べると少しだけ多いように思います。
日差しが少しでもある今のうちに、ならまち散策をお楽しみ下さい。

DSC01625m.jpg
さて。寒い冬には何かと欠かせないのがケトル。
もちろん夏も使いますが、冬は温かいお茶を入れるときや湯たんぽを作るときなど、一年のうちでも稼働率が上がる時期。
そんな折、当店でも根強い人気の工房アイザワストレートケトルが届きました。

DSC01626m.jpg
デザインの素敵なこのケトル、外から見える場所に展示していると道行くご近所の方も注目されていたようす。
前回完売したあとに「あれ欲しかったのに、無くなったの?いつ入荷する?」という嬉しいお声もいただいておりましたので、今回入荷分も一点はお取り置き。
店の外を通る人までも惹き付ける魅力、さすがです。

DSC01659.jpg
ところで、このケトルについては以前お伝えした通り、内側に稀に発生する錆が原因で一時期販売休止となっておりました。
現在販売しているものはその後デザインはそのまま、ケトルの底の材質を変えることで錆が発生しないようにした改良版です。
もちろんその後錆が出たという報告は当店もアイザワさんの方も受けておりませんのでご安心ください。

ただ、ごくごく一部の限られたIHでは使用できなかった例が一件だけありました。
使えなかったのは最新型の海外の電磁調理機で、このお宅ではこれ以外にも「IH対応」でありながら使えない調理器具が何点かあったとのこと。
ご自宅のIHが最新でかつ海外製の方は慎重にご検討いただければと思いますが、基本的には大体のIHで使用可能と思って良いようです。
アイザワさんにも使えなかった報告は特にないと聞いています。

DSC01647.jpg
そんな数奇な?運命を辿りながらもいまだ絶大な支持を得るストレートケトル。
決して奇抜ではありませんが無駄のないミニマルデザインとコーヒーのドリップもできる細い注ぎ口など、ACARTも大のお気に入りです。
機能と美しさを併せ持つ最強ケトル、この冬おうちに迎えたくなりませんか?

工房アイザワ ストレートケトル 2.0L マット IH200V対応 ¥7,992(税込)


今週は「大立山まつり」と「山焼き」です [奈良のこと]

DSC08560m.JPG
明日から、奈良平城宮跡では「奈良県大立山まつり」が始まります。

「奈良県大立山まつり」は奈良県内各地にある「造りものを身代わりとして、厄を落とす」という風習をもとに、新たな冬の風物詩として昨年からはじまりました。ちなみに「立山」とはこの風習でつくられる「造り物」のことだそうです。
DSC06381mm.JPG
お祭りでは、四天王をモチーフにした光り輝く巨大な大立山を広い平城宮跡で引き回す「大立山巡行」が毎日行われるほか、県内各地の伝統行事が平城宮跡に集結します。
また、県内市町村が考案した料理が一堂に会する「あったかもんグランプリ」が今年も開催されます。
さらに今年は「あったかもんグランプリ」が開催されない日にもあたたかい料理を提供する「大立山もてなし市」が開催されたり、こども縁日もあったりと昨年以上に充実の内容です。

DSC01501m.JPG
【奈良県大立山まつり】
日時:1月25日(水)~29日(日)
    25日、26日 18時~20時
    27日~29日 13時~20時
   ※25日、26日は「大立山もてなし市」として、あたたかい料理等を提供。
    27日~29日は「あったかもんグランプリ」を開催。
場所:平城宮跡大極殿院周辺(駐車場なし)
アクセス:近鉄大和西大寺駅から徒歩15分
    JR奈良駅・近鉄大和西大寺駅から無料シャトルバス運行


DSC06614m.JPG
そして週末には、こちらも奈良の冬の風物詩、若草山焼きも開催されます。

奈良のシンボルである若草山に火を放つこの行事、意味合いや起源は諸説ありますが、奈良のイベントの中でも有名なもののひとつ。
大とんどや聖火行列などの後、大花火が打ち上げられ、33ヘクタールの草地に一斉に点火されます。
若草山山麓以外にも平城宮跡や西大寺の近鉄百貨店など色々なところから御覧いただけるかと思います。
また今年も山麓では鹿せんべい飛ばし大会が開催されます。
DSC01509m.JPG

【大とんど】
日時:1月28日(土)13時~
場所:春日大社境内 飛火野
※天候により中止の場合は、1/29(日)

【若草山焼き】
日時:1月28日(土)
18時15分~大花火打ち上げ(予定)
18時30分~山焼き一斉点火(予定)


【奈良にぎわい味わい回廊】
日時:1月28日(土) 12時~19時半
場所:奈良県庁 西側回廊
県内のうまいものや特産品、農産物がズラリと並び、イートインスペースもあるのでゆっくりと食べられます。


冬の奈良を代表する「若草山焼き」や新しいお祭り「奈良県大立山まつり」。
寒い中ではありますが、ぜひお越しください。



再入荷。野田琺瑯のバターウォーマー [商品紹介]

DSC00862mc.jpg
1月22日(日)、奈良市内は昼前から雨が降ってきました。
この寒いのに雨、かなりのバッドコンディションですが、そんな中でも猫スタッフが出勤しています。
寒い・・・、と訴える長女。
でもそんな彼女を見に本日もお客様がご来店くださっています。
毛布被ってぬくぬくしてていいから、19時までがんばろうね。


そんな長女の好物は、スープやピューレなどの「ドロドロしたもの」と「乳製品」。
スープなどはもちろん猫用を与えていますが、乳製品は実は人間用。
獣医さんに言うと怒られそうですが、ミルクやバター、生クリームやカスタードクリームなどが大好きで、ACARTがおやつを食べていると必ずどこからともなく現れて「くれよ」という顔をします。
もちろん大量には与えませんし、ほんの少し、指ですくってあげる程度なのですが「うまいうまい」と至福の表情で食べます。

さてその長女のオススメ商品が久しぶりに再入荷しました。
DSC08763.JPG
野田琺瑯 バターウォーマー ¥1,728(税込)

レクタングルなどの保存容器でお馴染みの野田琺瑯さんより届いた小さなお鍋です。その名の通りバターを溶かす他にも、一人分のミルクを温めたり、ココアや生姜湯などの飲み物を作ったりと意外と活躍します。
何と言ってもポイントは小さいこと。お一人分の飲み物を作るのにピッタリですし、ゆで卵を1個だけ、お野菜を少しだけ、ちょっとした調理にも便利なのです。
少量なのでお湯がすぐに沸き、省エネにもつながりますね。

DSC08767.JPG
本体のサイズは直径7.1cmx高さ7.2cm、の計量カップ程度の大きさ、持ち手を含めた全長は18cmと可愛らしいサイズで、注ぎ口用のくぼみが片側にあります。
容量は満水で220mlとありますが、大体200mlくらい入れるのが使いやすいかと思います。

DSC08765.JPG
もちろん直火にかけることは可能ですが、小さいのでコンロ(五徳)の形状によっては安定しないことがあります。またIHも底面積が不足して機能しない可能性がありますのでご注意下さい。
寒い冬、暖かい飲み物や栄養満点のお料理で風邪を追い払いましょう。


そしてもう一点。
DSC08751.JPG
野田琺瑯 バターケース200g用 ¥3,024(税込)

DSC08754.JPG
市販のバター200gがぴったり収まるバターケースです。
蓋は天然木のサクラ。白いホーローとの組み合わせが素敵です。蓋の上にバターを置いてまな板のように使うこともできます。
冷蔵庫の中にあるのをみてニヤリ、テーブルに出してもニヤリ、とできる素敵なバターケース。トーストを食べる機会が増えそうです。
DSC08756.JPG
また高い冷却性のある琺瑯製なので、冷蔵庫からテーブルに出してもしばらく冷たさを保ってくれて、すぐにバターが溶けてしまう心配がありません。
もちろん落としても割れることはほぼありませんし、ニオイ移りもなく、耐久性があるので長くお使いいただけます。

サイズはW157×D97×H52mm(内寸:W148×D88×H32mm)。

DSC08759.JPG
バターウォーマーもバターケースも以前入荷して割りとすぐに完売してしまい、「もう少し眺めていたかったのにな~」と思っていたので、個人的にも嬉しい再入荷です。
猫スタッフもオススメのバター関連商品、ぜひ店頭でご覧ください。


「とびきりの休日」の第二弾があります。 [奈良のこと]

大寒を過ぎ、暦の上では一番寒いと言われる時期となりました。
実際にもとても寒い奈良市内、今週末も人は少なめでのんびりと時間が流れております。

と、言ってもやはり観光に来られる方はいらっしゃいますし、人が多いのが得意でない人には今が静かに奈良を楽しむチャンスでもあります。
そんな冬の奈良をじっくりのんびり楽しむ企画が、またやって来ました。

DSC02921.JPG
奈良専門の旅行会社ASUNARAさん主催の「とびきりの休日vol.2」。
今回はどんなとびきりの休日を提供してくださるのでしょうか?
以下、HPより引用させていただきます。

「とびきりの休日とは、奈良でアンティーク着物で楽しんでいただく”特別な一日”を15名様限定でご案内。
自分好みの大和茶をブレンドし、老舗和菓子屋さんのカウンターで出来立ての和菓子と一緒にいただきます。
いつもとは違った冬の装いでほっこり温かな一日を奈良で過ごしてみませんか」

DSC02918.JPG
■日時:2017年2月13日(月)
■場所:町屋かふぇ環奈、中西与三郎
■当日の流れ
・ご予約いただいたお時間に会場の町屋かふぇ環奈さんへ。
・お好みのアンティーク着物を選んだのち、着付師より着付。
・奈良のヘアサロンLICのスタイルストによる着物にあったお好みのヘアセット。
・中西与三郎へ移動し、プロのカメラマン丸山隆史による記念撮影。
・ワークショップの時刻まで奈良散策。
・中西与三郎にて大和茶のブレンドワークショップ。
・カウンターにてブレンドしたお茶と和菓子コースを楽しむ。
・18時まで着物にて散策。
■料金:12000円(税込)
■料金に含まれるもの
・着物レンタル&着付け
・ヘアセット
・写真撮影(データは後日のお渡しです)
・大和茶のブレンドワークショップ
・和菓子コース
・nokkonicoのアクセサリー

asunara170121.jpg
予約はASUNARAさんののホームページ(https://asunara.jp/event/tobikirinokyujitsu/
またはFACEBOOKページにて。(https://www.facebook.com/events/1561258777236354/


すべてプロの手による着付けやヘアセット、撮影までしていただけます。
ワークショップに和菓子のコース、さらには奈良のアクセサリーデザイナーnokkonicoさんのアクセサリーも付いていて、充実の内容ですね。
以前にも書きましたがこちらの着物はアンティークでセンスの良いものばかり、着こなしも着付師さんが相談に乗ってくださるので、まるで着物を着慣れている人のような素敵な着物姿が完成します。

ちょっと違った奈良の楽しみ方、バレンタインデートの記念にもいかがでしょうか。
またこの日はなら瑠璃絵も開催されていますので、着物を脱いだらその後なら瑠璃絵散策もできます。

DSC02926.JPG
寒い中ではありますが、ぜひ奈良でとびきりの休日をお過ごしください。

DSC00423m.jpg
本日は猫スタッフはお休みですが、明日1/22(日)は長女がやってまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。


手ぶくろもまだまだ販売中です。 [商品紹介]

お正月休みが明けた頃から、寒さが一段と厳しくなってきたように思います。
夕方暗くなるのが少しだけ遅くなったかなとは思いますが、本当に厳しい冬はこれからもうしばらく続きます。
ここ数日、奈良は観光のお客様も少ないのですが、時折いらっしゃる旅行客の方からは、奈良の冬の寒さに驚く声がよく聞かれます。
そして・・・そんなみなさまには大変恐縮なのですが、このところ手ぶくろがよく売れております。

例年11月ごろから手ぶくろを店頭に並べると、そこからひと月ほどの間は、手ぶくろの販売数もぐぐっと上昇します。新入荷のモデルなども多く、季節のはじめに今シーズンの相棒を選ぶという感じでしょうか。
その後は一旦売れ行きは落ち着くのですが、実は1月の半ばから3月初旬頃までもうひつとつの山場がやって来るのです。やはり本気の寒さに「やっぱり欲しくなる」という感じなのだそうです。

というわけで、第二の山場を見越してたっぷり入荷していたEVOLGの手ぶくろ。いくつかのモデルは早々に売り切れてしまいましたが、本命モデルはまだたくさん在庫があります。

DSC02901.JPG
まずは女性用のモデルでは一番人気の「New LONGRIB」¥3,672(税込)です。今季初登場カラーのベージュxココアと「ネイビーxカーキ」は売り切れてしまいましたが、「グリーンxグレー」と「ネイビーxライトグレー」はまだまだ在庫がございます。
名前のとおり長めのリブを折り返したりたるませたりと、いろんな着こなしができるのが人気みたいです。


DSC02898.JPG
そして、定番モデルからは「MARSH」¥3,024(税込)。なかでも「紺x白」と「グレーxグレー」が人気。
男女兼用モデルですが、この2色は女性に人気が高めです。長めのリブが手首からの風の侵入を防ぎ、とても暖かいのがいいですね。

DSC02903.JPG
こちらは今シーズンも人気のノルディック風のジャガード模様が特徴のシリーズ。
定番の「FLEUR」¥3,564(税込)が残りわずかになっていますが、写真の「NATIVE」¥3,564(税込)と「BON」¥3,564(税込)はまだもう少し大丈夫。
ブラウンや白、紺やグレーという合わせやすい色使いから選べて、どれもインナーが起毛仕立てになっていてつけ心地が抜群なのが人気です。
また手の甲ばかりに目が行きがちですが、掌のデザインもかわいいのが特徴。

DSC02895.JPG
そして今シーズンからラインナップに加わった「TILDEN」¥3,024(税込)もまだあります。
単体で見ると手首の赤や青のラインが特徴的ですが、装着すると上着の袖に隠れることが多いです。ちょっとした時に手首から覗くアクセントがさりげなくて素敵です。

DSC02907.JPG
最後はこちらも人気の「2TON ネイビーxカレーイエロー」¥3,024(税込)と、今季のニューモデル「New TOKYO ネイビーxオリーブ」¥3,564(税込)です。
どちらも「とっても素敵な色合い」と若い客様から年配の方までとても評価の高いモデルです。
こちらも内側の起毛としっかり編み目の詰まったフィット感がたまりません。

手ぶくろ単体で見たときと着けたときの印象はかなり違いますので、やはり店頭で着用していただくのがおすすめ。
よく着るアウターと合わせたり、帽子やマフラーとのバランスを見たりして、しっくりくるものをお選びください。

ACART LIFESTYLE online store 「EVOLG手ぶくろ」商品一覧


最後になりましたが、今週末の猫の出勤についてお知らせです。
明日は土曜日ですが、寒さと観光オフシーズンため猫はお休みです。
が、日曜日は先週お休みした長女がやってきます。
どうぞお楽しみに。


インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ