So-net無料ブログ作成
検索選択

入荷しましたよ。工房アイザワのケトルとお弁当箱 [商品紹介]

DSC01652.JPG
入荷してもすぐ売れてしまい、そしてなかなか次が入荷しない。そんな製品の代名詞となってしまっているアイザワのストレートケトルが久しぶりに入荷しました。

ACART LIFESTYLE online storeの閲覧数ランキング(特に公表していおらず、こちらの管理ページからしか見えないのですが)でも常に上位に位置しているので、おそらくずっと探しているという方がたくさんいらっしゃるのだと思います。
そんな方々に在庫が復活したことを気づいていただけるといいのですが、もしかしたらもうACARTには入荷しないと思われて現在はチェックされていないかも・・・。というわけでこの場を借りてお伝えします。「入荷しましたよ」と。
DSC01625m.JPG
工房アイザワ ストレートケトル 2.0L マット IH200V対応 ¥7,992(税込)
とはいえ、新潟県燕市の職人さんの手仕事から生まれるこちらのケトル。一度にたくさん作ることができないとのことで、今回の入荷数も数個程度です。
もし売り切れてしまったら、また次の入荷まで時間がかかるかもしれませんので、欲しかったという方はぜひこの機会にお買い求めください。


再入荷を受けて、オンラインストアだけでなくもちろんACART LIFESTYLEの店頭にも、このケトルは戻って参りました。やっぱりこれがあるとお店全体が引き締まる気がします。
DSC01626m.JPG
実はこのケトルは、展示専用のもの。つまり売ることができません。
なぜならこちらは現在販売されているモデルとは見た目は全く同じでも、底部の素材が異なる旧モデルだからです。そしてなおかつ新品ではなく中古品。ACARTが実際に商品テストを兼ねて一時期使用していたものです。
つまり在庫があるときはお店で展示し、在庫がなくなると裏に引っ込む・・・ということをずっと繰り返しているケトルさん。今回はなるべく長く人目に触れられるといいですね。


DSC00658m.JPG
そしてもう一つ。ケトルほどではないにしろ、やっぱり人気のあまり時々店頭から姿を消すステンレスランチボックス。
DSC05620-002.JPG
工房アイザワ 角型ランチボックス 中 ¥4,320(税込)
こちらも欠品していた売れ筋の中サイズをはじめ小/中/大の全て、さらにこれまた欠品中だった丸型2段が再入荷いたしました。
DSC05633-002.JPG
工房アイザワ 丸型ランチボックス2段 ¥6,264(税込)

一年を通してお弁当箱が最も売れる春。ACART創業4年目にして、ようやく十分な数を確保して春を迎えることができました(もしかしてちょっと遅い?)。
DSC01662m2.JPG
ちなみに店頭に展示してあるランチボックス。こちらも展示専用なので、欠品時にはこっそり裏で休憩しています。誇らしげに3兄弟が積み重なって、「今ならあるよー」とアピールしています。

DSC05693.JPG
他にも工房アイザワの定番商品が、新潟からの大きな段ボール箱に満載で届きました。
ミニ泡立てやお魚の形のミニオロシなど、いろいろ在庫が復活しておりますので、前に買えなかったという方は今一度オンラインストアを覗いてみてください。
ACART LIFESTYLE online store 「工房アイザワ」商品一覧

さてさて、あっという間にまた週末。今週も猫スタッフがやってきます。
まず明日土曜日の担当は長女。
DSC04113m.JPG
只今万全を期して充電中。エネルギー源はエコな太陽光です。

明後日の日曜日は次女&末っ子の予定です。
今週末もよろしくお願いします。


今週、佐保川沿いでいろんな桜まつりがありますが・・・ [奈良のこと]

DSC04703m.jpg
昨日のブログでは4月の奈良の行事予定などをお知らせしましたが、本日は開花が待ち遠しい桜について。

今年は桜の開花が少し遅く、一番早いと言われる氷室神社もまだ咲き始めだそうです。
そんな様子ではありますが、今週末には桜並木が美しい佐保川沿いで「桜まつり」があります。


佐保川は奈良市中心部を南西に向かって流れる、奈良市民にはお馴染みの川。奈良市法蓮町の下長慶橋から大和郡山市境までの区間約4.5キロの両岸には、ソメイヨシノ約1000本の桜並木が続いています。
DSC02892m.JPG
上の写真は今年のものではありませんが、例年満開の時期にはこのような感じに。
近鉄電車に乗っていると奈良~新大宮の間で渡る川が佐保川で、桜の季節は電車の中からも美しい景色が楽しめますので、ご存知の方も多いかと思います。

この川沿いに今週末まで行われる桜まつりがこちら。

【第21回佐保川川路桜祭り】
3/25(土)~4/2(日)
・ライトアップ
平日18時~20時
土日18時~21時
・灯籠流し
4/1(土) 19時~

【佐保川桜まつり燈火会】
3/25(土)~4/7(金)
・あんどん灯火
3/31(金)~4/2(日)
※4/5追記:4/6(木)・4/7(金)の灯火も行われるとのこと。(雨天中止)
大宮橋周辺~JR佐保川鉄橋

【第15回佐保川わいわい桜祭り】
4/1(土)10時~16時頃
佐保川小学校
地域の人たちによるイベント。
舞踊、和太鼓演奏などステージのほか、模擬店などもあるそうです。


昨日3/29(水)の出勤前、ACARTは比較的家やお店に近い(と言ってもそこそこ距離ありますが)川路桜の辺りを見に行きました。
あまりブログにも登場しない場所なので簡単にご説明します。
近鉄奈良駅から駅前の通りを西(JRの方向)へ歩くと右手に油阪船橋商店街があります。
DSC04673m.jpg
ちょっとディープな商店街を通って北へ進むと商店街の終点に佐保川と橋、そして正面に大仏鐵道記念公園が見えます。

DSC04700m.jpg
その左手の川沿いには提灯が飾られていて、すでにお祭りムード。
桜並木のスタートです。
と、言ってもまだまだ開花していません。
DSC04699m.jpg
この桜並木が満開になれば、さぞかし美しいと思うのですが、今年はもう少しガマン。
残念ながら今週末の他の佐保川沿い桜祭り会場もきっと同じ感じだと思います…。


DSC04681m.jpg
ソメイヨシノよりひと足早く咲く、濃いピンク色の河津桜?発見。
DSC04692m.jpg
かなり前から咲いているというニュースは見たのですが、まだまだきれいに咲いていました。
週末にはソメイヨシノももう少し開花が進むかと思いますので、お近くの方は状況を見に行くのも良いかもしれません。


そして来週末の桜まつりは佐保川をさらに南西へ、川の終点近くの奈良県立図書情報館で楽しげなマルシェがあります。
DSC02904m.JPG
(こちらの写真も今年のものではありません。)
【さくらマルシェ2017】 
4/8(土)・4/9(日)10時~16時
奈良県立図書情報館
2階 メインエントランスホール
庭園

◆Stage1.図書情報館 庭園 ……ならのうまいもの
奈良の新鮮な農産物や、奈良産の素材を使ったおいしいものがならびます。

◆Stage2.図書情報館 2Fエントランス ……ぱんとほん
パンを心から愛するパン職人たちによるパン好きのための春のパン祭り+
パンと一緒に楽しむおいしいもの&雑貨&本のポップアップストアーズ

DSC02946m.JPG
たぶんこの頃には桜も満開。
奈良の桜、お見逃しなく!


いよいよ春本番。4月の奈良 [奈良のこと]

DSC09326m.jpg
3月も残す所あとわずか。
お水取りが始まったかと思ったらあっという間に3月も終わろうとしています。早いものです。
4月はどんな行事がありますか?
はい、こちらです。


DSC09639m.jpg
■航空自衛隊奈良基地一般開放( お花見)
4月1日(土) 9時~15時
航空自衛隊奈良基地
・桜のお花見 (芝生上で飲食可。アルコール類は除く。)
・ブルーインパルス隊員によるトークショー
・基地内売店での買い物
・基地太鼓部による演舞
・地上展示機及び資料館の見学


DSC08292.JPG
■Japan Coffee Festival
4月1日(土) 10時〜18時
4月2日(日) 8時〜16時
奈良県の奈良公園(浮雲園地周辺)
全国各地からコーヒー屋さんが集い、それぞれ珠玉の1杯をお淹れします。
※ 雨天決行
・入場料
前売 1 日券 1,000 円(コーヒー 3 杯無料券付)
当日 1 日券 1,300 円(コーヒー 3 杯無料券付)
前売 2 日間通し券 1,700 円(コーヒー 6 杯無料券付)
当日 2 日間通し券 2,300 円(コーヒー 6 杯無料券付)


DSC06686m.jpg
■鎮花式
4月5日(水) 10時~ 
水谷神社
春日大社の摂社水谷神社の例祭で、夏に多い疫病の流行を鎮めるお祭りです。
13時より狂言が奉納されます。


DSC06693mm.jpg
■東大寺仏生会
4月8日(土)
東大寺大仏殿正面
法要:8時~9時過ぎ
甘茶かけ:8時過ぎ~15時頃
法要後、大仏殿正面に設置された花御堂の誕生釈迦仏にお参りして甘茶をそそぐことができます。またその傍らで、甘茶をいただくこともできます。


DSC09614m.jpg
■興福寺仏生会
4月8日(土)
興福寺南円堂前庭
法要:10時~
お釈迦様が誕生されたとき、空から甘露の水が降ったと伝えられていることから、法要では花御堂という綺麗な色とりどりの花で飾られた小堂に釈迦誕生仏を安置し、甘茶をお供えします。


DSC00105m.jpg
■放生会
4月17日(月) 13時~
興福寺竜華樹院堂
仏教の殺生戒に基づき、捕らえたいきものを放して供養する行事です。南円堂横の一言観音の竜華樹院堂で、鯉を供養して猿沢池に放します。


DSC00463m.jpg
■饅頭祭
4月19日(水) 11時~ 
林神社(漢国神社境内)
日本で初めて饅頭を作ったという林浄因の命日に、漢国神社境内の林(りん)神社で行われる法要。
全国の饅頭製造業者からの銘菓が供えられ午後からはお抹茶のふるまいもあるそうです。


DSC02616mm.jpg
■文殊会
4月25日(火) 15時~ 
興福寺東金堂
智恵・福徳富貴の祈願仏として、古くから信仰されてきた東金堂の文殊菩薩に奉納書や稚児行列などが行われ、智恵を授かる法要が営まれます。
華やかに着飾ったお稚児さんがたくさん見られるかわいい行事です。


もうすぐ桜も咲きそうです。
ぜひ奈良に足をお運びください。
DSC03846mc.jpg


きっとまた会える。素敵なお店シャトンさん [奈良のこと]

DSC04555m.JPG
Queue de chatons (クゥ ドゥ シャトン)
フランス語で子猫のしっぽ、という意味だそうです。
先日、惜しまれつつ閉店された、有機栽培の紅茶とスコーン、マフィンなどのお店の名前です。
以下、「シャトンさん」と表記します。
オープンされて1年と少し。ACARTも噂はお聞きしていたのですがなかなか行く機会がなく、「そのうちに、そのうちに」と思っていたらなんと閉店のお知らせ。
お店ってあるのが当然でいつでも行けると思っていたら意外とそうでもない、と思うことがここ数年で時々あります・・・。
そんなショックを受けたものの、最後にどうしても行きたくてギリギリでお伺いすることができました。

DSC04553m.JPG
ですのでこれからご紹介するのは、残念ながら閉店してしまったシャトンさんのこと。
おそらくこれをご覧になって「行きたかった!」と思う方も多くいらっしゃると思います。
本当に魅力的なお店だったので、ACARTも早く行っておけば良かったと悔やまれてなりません。こんなタイミングのご紹介になってしまい、申し訳ありません。

が、シャトンさんはまた落ち着いたら今度はもう少し小さな空間で、そして違う雰囲気でスコーンや紅茶のお店を再OPENしたい、とのこと。
DSC04577m.JPG
今後のことはまだまだこれから考えるそうですが、次の野望もたくさんお話できて、元気なシャトンさんを見ていると、「じゃあまた次の場所で!」と思うことができました。
ですので再開を期待して、今回あえて記事にさせていただきます。


外観は町家風ですが、ブルーグレーの壁やサイン、大きな窓もとてもいい雰囲気です。
DSC04573m.JPG
内装も大変凝っていて、自分でやるとしたら勇気がいるであろうピンク色の壁もとても素敵。アンティークのイギリスの家具と畳が意外とマッチしています。
こんなにもこだわったお店が閉店してしまうなんて、本当に残念!
こちらではACARTが頂いたスコーンや紅茶の他に、本場英国風のアフタヌーンティーセットもランチもあって・・・食事もそこにいる時間も楽しめるカフェでした。

最後に、シャトンさんのお話を聞いたのは、実はご近所のnecocoさんから。と、言うことは・・・。
そう、猫つながりです。

シャトンさんには当店と同じく看板猫がいるのです。
DSC04566m.JPG
この子が看板猫の百文珠(ももんじゅ)さん。以下、「ももちゃん」とさせていただきます。
とっても美人で、大変な接客上手。1歳とは思えない落ち着きと聡明さ。
やってきたお客様にスリスリ。お帰りになるお客様に「行かないで~」。
当店の老成しすぎて動かない長女、2歳半になっても全く子供のままの次女や内弁慶な末っ子にも見習って欲しい優秀さ。ホスピタリティに溢れていて性格の良い、とてもとてもかわいい猫さんです。
DSC04558m.JPG
本格的な紅茶やスコーンはもちろんのこと、この子を目当てにいらっしゃるお客様も多かったとか。
もちろんこのももちゃんと少しの時間を過ごして、ACARTも大ファンになりました。


本格的な紅茶とスコーンのカフェ「Queue de chatons (クゥ ドゥ シャトン)」さん。
また違う場所で再開される際にはこのブログでもお知らせいたします。
そのときにももちゃんに会えるかどうかはわかりませんが、美味しい紅茶やスコーンは提供予定とのこと。
ぜひその機会をゆっくり待ちましょう。
DSC04559mc.jpg



春の恒例行事。文學堂が大量入荷です [商品紹介]

DSC04166mc.jpg
本日は日曜日。猫スタッフは長女が当番なのですが・・・。
昨日の出勤時に今年初の脱走を成功させて大満足の次女(今回は深追いせずに放置してみたら、しばらくたって寂しくなったのか自分で戻ってきました。だからといって外は何があるかわからないので、以後気をつけようと思います)がケージを占領して動きません。

DSC04201mc.jpg
次女を追い出すのに時間がかかり、危うく遅刻しそうになりましたが、まあなんとか無事に長女が出勤できました。


さてさて、またまた再入荷のお知らせです。
DSC07222m.jpg
入学、進学、卒業、新学期に人気の文學堂がたくさん再入荷しています。
実はこの時期急にお買い求めになる方が増えて、しばらく品薄続きだった文學堂。
「この春から親戚の子が中学生なの」とか「◯◯小学校に合格したの!」と言ってプレゼントに文學堂を選ばれる方が多くいらっしゃるのです。

DSC07201.JPG
もしかしたら素敵な名言やデザインにビリっときて、文学好きやデザイナー志望になるかもしれませんね。

DSC04499.JPG
また学校の先生から大切な生徒さんへも文學堂はよく選ばれ、「女生徒」や「雨ニモマケズ」、「走れメロス」なんかが売れ筋。
他にも「坊っちゃん」や「銀河鉄道の夜」など有名文学が人気ですが、デザインでは「なめとこ山の熊」や「月とあざらし」「文鳥」など動物がモチーフになっているものも人気です。
DSC04484.JPG
もちろんお相手の性格や好みに合わせて選んでいただければと思います。

DSC07198.JPG
また全種類ではありませんが、足袋ソックスも本の形の化粧箱に入っていますので贈り物にピッタリです。

DSC07505m.JPG
同じタイトルの「ノートとペンケース」や「鉛筆と消しゴム」をセットでプレゼント、などもおすすめです。

もちろんプレゼント以外にも、タイトル的に「人間失格」とか「白痴」は渡すとちょっとションボリされそうなものはご自分用に買われる方が多いですね。

今回も少しだけ当店初登場のものがありますが、それはまた近日中にご紹介いたします。
再入荷して種類も豊富になった文學堂、店頭はもちろんオンラインストアもラインナップ充実していますので、ぜひご覧ください。
ACART LIFESTYLE online store 「文學堂」商品一覧はこちら


ナルゲン持ってお出かけ・・・できない?! [商品紹介]

DSC04467m.jpg
お客様にいただいたスイセン。綺麗に咲きました。

本日は猫姉妹がお店に出勤しています。
DSC04384m.jpg
すでにまったりしている次女と、
DSC04390m.jpg
レジ台の上ぐらいまでは出てくるようになりましたが、気がつくと行方不明(たぶんレジ台の下IN)の三女。
本日もよろしくお願いいたします。


さて桜が咲くのかと思いきや、真冬かと思うような寒さだった昨日。
今日も曇り空であまり気温も高くないようですね。
猫もちょっとテンションダウン。驚いて桜のつぼみも引っ込んだのではないでしょうか。
そんな寒さだからお出かけできない・・・というわけではなく、本日は残念ながらお取扱い終了のお知らせです。

DSC05466m.JPG
ACART LIFESTYLEの隠れた人気商品「nalgene キッチンジャー」につきまして、実はかなり前になりますが大きいサイズの500mlと1Lが輸入元であるハイマウントさんでお取扱い終了となっています。
DSC03242.JPG
本国であるアメリカではまだ販売しているようですが、日本での正規輸入はおそらく125mlと250mlのみのラインナップとなりました。
もう一度申し上げますが、お取り扱いが終わったのはかなり前です・・・。

奇しくも昨日ホンダは、初代モデル発売から50年を迎える原付きバイク「モンキー」の生産を8月末で終了することを明らかにし、日本マクドナルドは「クォーターパウンダー・チーズ」と「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」の販売を2017年4月4日をもって終了することを発表。
だから当店もこの件を発表した、というのではなく、単に春になるとなぜかこのナルゲンの人気が再燃するからです。
これを持ってアウトドア、と考える方が多いのかもしれませんね。


何度かご紹介しましたので詳細は省きますが、世界中のキャンパーやクライマーから信頼されているnalgene(ナルゲン)の保存容器「キッチンジャー」。

DSC05470m.JPG
元々は米国「ナルジェ社」が研究用に特別に発注した純度の高い最高級プラスチック原料を用いて作られた保存容器。
さらに「BPAフリー」ですので高温時にも有害物質が溶け出す心配がありません。
パッキンは付いていませんが常温・常圧下では漏れない独自のキャップシステムで高い密閉性をもっています。一回転半ひねるだけの簡単設計ですので開閉も非常にスムーズ。
広口で洗いやすいのも嬉しいですね。
軽くて丈夫なのでバックパックに詰め込んだり落としても壊れにくいすぐれもの。

DSC03261.JPG
アウトドアでは袋のままだと壊れやすいスナック菓子やナッツ類を入れて。
デザートのフルーツや調味料を入れて持ち歩くのにも便利です。
ご家庭ではパスタや煮干しなどの乾物やコーンフレーク、下ごしらえをしたお野菜などを入れておくのもオススメです。
大きいサイズはお弁当箱にしてもオシャレですし会社や学校で注目されるかと思います。
工夫次第で色々な使い方ができるのですが、500mlと1Lは当店も残りあと少し。

使ってみると「あれすごく使いやすかったから買い足すわ!」と言ってくださる方の多い「nalgene キッチンジャー」。
どうぞお早めに手に入れてください。

ACART LIFESTYLE online store 「nalgene」商品一覧


春モチーフも。色を感じられる手ぬぐい [商品紹介]

DSC04441m.jpg
今朝の正倉院近くの桜の木。つぼみがかなり膨らんでいますが、今日の冷たい空気の中ではそれほど進まないかもしれませんね。本格的なお花見は来週末以降でしょうか。

先日は「春モチーフの商品」を各ジャンルでいろいろとご紹介しましたが、今回は手ぬぐい。
夏という季節が似合う手ぬぐいですが、実はこの時期も「季節ごとに手ぬぐいを変える」というお客様が多くいらっしゃいます。
なかでもやはり手に取っていただきやすいのが「春らしい柄」。
涼しげな夏の柄が多い手ぬぐいですが、春柄もとっても素敵なんです。


DSC01326-001.JPG
「枝桜」
さんご色はなんともいえない上品で愛らしい色。手ぬぐいの中には一足先に桜が満開です。
枝桜 さんご色 ¥1,188(税込)

DSC03624.JPG
「花鳥」
満開の花から花へ、群れ遊ぶ小鳥たち。春の若葉のような若草色と春霞にくすんだような赤の退紅色があります。ちなみに「花鳥」は春の季語だそうです。
花鳥 若草色 ¥1,188(税込)
花鳥 退紅色 ¥1,188(税込)

DSC08583.JPG
「浅蜊」
潮干狩りの季節ですね。渋い墨色×薄紫色と、水色×黄色も斬新です。実物はあまり派手な貝ではありませんが、こうしてみるととてもかわいらしいですね。
浅蜊 薄紫色・墨色 パターンC ¥1,188(税込)
浅蜊 水色・黄色 ¥1,188(税込)

DSC04938.JPG
「槍梅」
まっすぐに伸びた梅の枝にはまあるい花や蕾が。赤紫色です。
槍梅 赤紫色 ¥1,188(税込)

DSC03630.JPG
また、人気の「手ぬぐいコースター」各378円(税込)もまだ少しございます。
春らしい柄では「わらび」や「桜」のハギレが使われているものがあります。

DSC03622m.JPG
あひろ屋さんの手ぬぐいは何色も使った派手なものではなく、色数でいうとちょっと控えめ。
その分お値段も控えめなのですが、決してさみしいとか地味というわけではなくて、白地に1色のデザインであってもとても素敵です。使われている色の数以上に「色を感じる」ことができる気がします。
デザインの素晴らしさ、モチーフにこめられた思いやストーリーをぜひ感じてみてください。

最後に、明日は猫の出勤日です。
DSC04115m.jpg
まず明日土曜日が、次女&末っ子のコンビです。
日曜日は長女になる予定。
どうぞよろしくお願いいたします。


春を感じるアイテムたち [商品紹介]

DSC09632m.jpg
春分の日を過ぎ、寒の戻りがあるものの、少しずつ暖かくなっていきます。

振り返るとちょうど一年前。
末っ子は大人への階段を一歩登って、避妊の手術を受けました。
DSC08328.JPG
病院が怖かったのか、術後着を着て窓の外をぼんやり眺める姿にちょっと心配したのも束の間、術後着を脱ぐ頃にはすでに元気を取り戻し、それまで以上に元気でやんちゃな毎日となりました。
DSC04292mc.JPG
あれから一年。すっかり貫禄が・・・。
最近食べっぷりも次女に似てきた気がします。

さて、少し話が脱線しましたが、本日は春を感じる商品をご紹介したいと思います。


DSC03334m.jpg
テラダモケイ1/100建築模型用添景セット「お花見編」
テラダモケイさんのの「お花見編」。桜の木や花の咲かせ方、人の配置など決まったルールはありませんので、好きなようにお作りください。花咲かじいさんやポチもいます。
テラダモケイ 1/100建築模型用添景セット No.11 お花見編 ¥1,620(税込)

DSC09585.jpg
青衣
春を感じる柄といえば、「タンポポ」、「菜の花」、「山桜」でしょうか。
DSC00695.jpg
DSC01187m.jpg
アイテムによってはこれらの柄が欠品しているものもありますが、満月コインケース、寝待月ポーチ、ハンカチ、ストールなど、さまざまな種類がありますのでぜひお気に入りを探してみてください。
ACART LIFESTYLE online store 「青衣」商品一覧

DSC00135.jpg
miyama sakura 箸置き かさね桜 桃釉
白磁の方はのこりあと僅かになりましたが、桃釉はまだ少し在庫があります。
可憐な桜の箸置きで、春の食卓を彩ってみてはいかがでしょうか。
miyama sakura 箸置き かさね桜 桃釉 ¥486(税込)
miyama sakura 箸置き かさね桜 白磁 ¥432(税込)

DSC03442.jpg
雅竹 花柄箸
最近なんか売れるなあ、と思っていたら「花柄」だから?というのはACARTの勘違いでしょうか。
春とか新年度って進学や入学のタイミングですから、いろいろ新しくする方も多いようで、そのひとつとしてお箸を新調したくなるのかもしれません。
雅竹 花柄箸 (大) ¥464(税込)
雅竹 花柄箸 (中) ¥464(税込)
雅竹 花柄箸 (豆) ¥454(税込)

探してみると、春や桜、お花のモチーフが使われている商品ってけっこう多いですね。
環境が変わったり自分自身が変わったり。ぜひ身の回りのちょっとしたものを新しくして、春という季節を楽しみましょう。


月ヶ瀬ピクニックの楽しみ方、教えてもらえます。 [奈良のこと]

DSC03516mc.jpg
桜の開花も間もなく・・・と思われる暖かい日が続いていますが、奈良の桜はまだもう少し。
しかも奈良市内でも標高の高い月ヶ瀬は、桜どころか梅が見頃です。
そんな月ヶ瀬ピクニックに、奈良専門の旅行会社「ASUNARA」さんが連れていってくださいます。

DSC03081m.jpg
「TSUKIGASE PICNIC」
開催日:3月25日(土)、3月26日(日)
所要時間 :梅鑑賞とピクニック:2~3時間
料金 : 4,000円

【プランに含まれるもの】
月ヶ瀬の和紅茶3種類
奈良のお菓子3種類
ASUNARAピクニックセット
iloitoのハンカスカーフ
送迎(JR月ヶ瀬・尾山バス停〜ロマントピア月ヶ瀬)

asunara20170322-2.jpg
月ヶ瀬の梅林を眺めながら、奈良のお菓子と和紅茶を堪能していただくピクニックプラン。
当日は予約時刻に合わせて各公共交通機関またはお車でロマントピア月ヶ瀬までお越しください。
ロマントピア月ヶ瀬でピクニックセットを受け取った後は月ヶ瀬の梅を眺めながらのんびりピクニック。
お時間になったらピクニックセットを返却していただいて終了です。

DSC03561m2.jpg
実はこのピクニックセットに、当店の(というかプシプシーナ珈琲さんの)ウォールマグデミタや最近発売されたばかりのフラスカーをご使用いただいてます。

もちろんその他もASUNARAさんらしい、奈良にこだわったオシャレでかわいい内容のピクニックセット。
DSC01610mm.jpg
ちなみに和紅茶「さやまかおり」はパッケージは違いますが当店でもお取り扱いしている久保田農園さんのもの。
DSC04070.jpg
そしてなんとカゴには阿修羅ワッペンのタグが!なんとかわいいんでしょう。
さらには、奈良のテキスタイルデザイナーiloitoさんのハンカスカーフは好きな柄を選んで使用したら、お持ち帰りいただけるとのこと。
ピクニックの思い出にもなりますね。

奈良月ヶ瀬の梅、まだまだ楽しめます。
桜が咲くのが待ちきれない今日この頃ではありますが、ここであえて梅を見に行く、というのもなかなかオツではないでしょうか?

リンク:DEEPな「奈良旅」の情報サイト ASUNARA

今さらですが、「達陀帽いただかせ」のこと。 [奈良のこと]

本日は春分の日。
昨日よりさらに暖かくなりお散歩するにはちょうどよいということなのか、奈良公園や猿沢池の周りは多くの人で賑わっています。
昨日は長女の猫も日中は外へ出たりドアの付近でお客様を探したりと、真冬に比べると活動的に過ごしていました。
猫も人もやはり暖かいのが好きですね。
DSC04354mc.jpg
そんな長女に変わって、本日は三連休の最初にやってきた次女と末っ子の仲良し姉妹がお店番です。

DSC04329mc.jpg
相変わらずまだまだ人見知りの末っ子ですが、最近はちょっとだけ外の様子が気になる様子。
連休最終日、みなさまのご来店をスタッフ一同お待ちしております。


DSC03941m.jpg
さて、かなり前のことになったのでブログの記事にするかどうか迷っていたのですが、本日は3月15日に行われた修二会最後の行事、「達陀帽いただかせ」について。
実は3月15日にちゃっかりお参りしていたのですが、その後の商品紹介がたてこんでいたため、記事にする機会を完全に逸してしまいました。とはいえ、来年まで置いておくにはもったいない、ちょっとおもしろい行事&撮れ高だったので、過去の話にはなりますがご紹介します。興味のある方は来年是非お越しください。

「達陀(だったん)帽いただかせ」は毎年3月15日、修二会が終わった二月堂で行われます。
ちなみに達陀(だったん)とは、修二会後半の3月12日から14日の3日間、二月堂の内陣で行われる行法。火天と水天に扮した練行衆が須弥壇の周りを回り、跳ねながら大きな松明を振り回す、修二会の行法のなかでも激しいことで有名な行事です。
DSC03968m.jpg
この時、練行衆が被る帽子を「達陀帽」と言い、修二会満行の3月15日、二月堂でこの帽子を被せて子どもの健康祈願をする行事が「達陀(だったん)帽いただかせ」です。

DSC04040m.jpg
ACARTも大人なのに行ってきましたが、二月堂は朝から子ども連れの参拝客で賑わっていました。特に近所の東大寺幼稚園の園児と保護者の方が多いようですね。

DSC03995m.jpg
二月堂の前では「帽子を被せて子どもの健康祈願をする」だけでなく「その写真を撮る」までが作法なのかと思うくらい、みなさま写真を撮っていらっしゃいます。
あわよくばACARTも帽子をかぶったら賢くなるかな?なんて思っていたのですが、お子様の数が多くてそれどころではありませんでした。
残念、達陀帽いただけず・・・。

順番待ちがすごいですし、この行事にかける保護者の方の熱もなかなかのもの。
泣く子と笑うお母様、神妙な顔のお祖母様、みなさまそれぞれの表情をみるだけでも楽しい、「達陀(だったん)帽いただかせ」。

DSC04023m.jpg
微笑ましく見ながら、二月堂を下りていくと・・・。
満行をむかえ、少しリラックスした様子の練行衆の方々がいらっしゃいました。
お疲れのはずですのに、お参りのお子様や保護者さまに声をかけたり、焚き火にあたったりしていらっしゃいました。
DSC04033m.jpg
よく見ると着ている紙衣はボロボロ、黒くすすも付いていました。
2週間に渡る行の激しさを物語っています。
本当にお疲れ様でした・・・。

DSC03937m.jpg
修二会と同様、奈良の春を呼ぶ風物詩。アフターお水取りの「達陀帽いただかせ」、ぜひ機会がありましたらご参拝ください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ