So-net無料ブログ作成

猫ねこNEKOの店。 [奈良のこと]

ゴールデンウィーク前半の日曜日。
本日の看板猫は長女が担当です。
DSC06233mc.JPG
昨日もそうでしたが、このところ休日の開店直後はいたって静か・・・。

DSC05842mc.JPG
今日はホントに大丈夫?と長女も不安そうです。

DSC05844mc.JPG
くよくよ悩まず積極的に解消するタイプの彼女。
本日も19時まで、ゆったりのんびりお待ちしております。


次女と末っ子が出勤していた昨日の連休初日、人が多過ぎて困る、というほどではない相変わらずの当店でしたが、何故かにぎやか。
実は以前このブログでご紹介した「末っ子の本当のお姉ちゃん猫さん」と、同じくブログに出ていただいた「元・カフェの看板猫百文殊(もも)ちゃん」が遊びに来てくださったのです。
DSC06419m.JPG
えっと・・・右が本当のお姉ちゃんです。

DSC06404m.JPG
かわいいシャーをくれたのはももちゃん。

当店の猫も含めて4匹が一堂に会した店内はなかなか不思議な空間でもはや雑貨店とは思えない状態…。
お越しいただいたお客様には少々ご不便をおかけいたしました。
ただ、お客様猫さんたちのご活躍もあり多くの方がどうやら楽しんでくださったようで、結果オーライといういことで。
ご理解いただいたお客様、そしてご協力くださった猫さんとオーナーさま、本当にありがとうございました。
DSC06433m.JPG
閉店後には最近お店の近所に出没する(そして何度かお店に入ろうとトライしているのです。もしかして猫スタッフ希望?)ノラさんもご来店。


さて、初日からそんなイレギュラーで賑やかなACART LIFESTYLEに、とある印刷物?がやってきました。DSC06445m.jpg

開催まであと1ヶ月と迫った「にゃらまち猫祭り」のポスター。
今年は当店ご近所の猫雑貨のお店「一風」さんのヒダカナオトさんが描かれたかわいらしいイラストのポスターです。お祭り気分満載の表面と、裏面は参加店舗が掲載されている地図になっています。DSC06450m.jpg

昨日勝手に猫祭り状態だったACART LIFESTYLEは…。
無い!
実は当店は事情により今年は参加しておりません・・・。
楽しみにしてくださっていた方には大変申し訳ありません。

ACARTは参加いたしませんが、今年のにゃらまち猫祭りも昨年以上に色々な企画が盛りだくさんとのことですので、ぜひお越しいただければと思います。


本日からModern Maikoの受注会をおこないます [商品紹介]

DSC05737mcjpg.jpg
本日は土曜日ですので、猫スタッフが出勤しています。
次女は今日はお利口さんで脱走はしていません。でも抱き上げるとなぜか叱られてる時みたいな顔をします。叱られるのがトラウマになっているというわけではなく、こうするとカワイイと思ってる様子。
DSC05753mc.jpg
末っ子はそんなお姉ちゃんを遠くから見守ります。
こちらもなぜか泥棒コスプレが気に入ってしまっております。
そんな変な猫コンビで、本日も19時までみなさまのご来店をお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。

さてゴールデンウィークです。
ACART LIFESTYLEは特に臨時営業も臨時休業もなく、通常通り5月1日と5月8日の月曜日に定休日を頂き、それ以外は通常営業です。
よろしくお願い致します。

そんな特に何の変化もないゴールデンウィーク営業ですが、久しぶりに新ブランドのお取り扱いを開始いたしましたのでご紹介します。

DSC06372.JPG
Modern Maiko(モダンマイコ)のアクセサリーです。

日本に古くからある伝統文様が、イヤリングやピアス、ネックレスなど繊細で華やかなアクセサリーになっています。素材はアクリルです。
レーザーカッターによりカットされたアクリル板は作家さんの思いを自由に反映して、美しい作品を作っています。

DSC06359.JPG
作っているのは京都の作家さん。
Modern Maikoのお一人、作家のSophie Yonekawa(米川ソフィー)さんはロンドンで美術を学んだあと日本に来られ、和のものに興味を持ったのだそう。
また「ネガティブスペース(何もないところ)が絵になる、ということを魅力的に感じ、初めは切り絵を制作していた」のちにこれらの作品が生まれたとのことです。

この作品のお取り扱いは、実はModern Maikoさまの方からご提案いただき、実現したものです。以前お客様として偶然ご来店くださった前出の米川さんが「このお店なら自分たちの作品の雰囲気とマッチする!」と思い、オファーをくださったのです。
そんな方がお越しになっていたとは知らず驚いたのですが、当店の雰囲気などを気に入ってお話をくださったことを私たちもとても嬉しく思いました。
DSC06358.JPG
またACARTが商品をお取り扱いするうえで大切にしている、「伝統的なものを現代に寄り添ったかたちでデザインして、更に魅力を引き出す」というコンセプトにもぴったり合っていて、何よりとても素敵な作品なので、すぐにお取引をお願いしました。

DSC06363.JPG
そんなわけで当店に新たに加わったModern Maikoの作品。
日本の伝統文様を踏襲しながらも新しく軽やかなデザインです。
色つきもかわいらしいですが、白は爽やかで黒はかっこいい印象ですね。

DSC06368.JPG
ネックレスも同様のモチーフを連続させたデザイン。
模様の重なり具合が幾何学的で、こちらも個性的。


DSC03936.JPG
イヤリングとピアス、ネックレスの外にマンホールを模したユニークなブローチもあります。
DSC06344.JPG
奈良のマンホールブローチはお土産にも良さそうですね。


この作品たち、ご紹介しましたがまだ当店では発売前。実はまだ作品はサンプルのみを頂いている段階で、販売用は入荷していないのです。

もちろん後日発注するつもりなのですが、今回ゴールデンウィークで当店にご来店いただける方には、先行して作品サンプルをご覧いただき、その場で気に入ったものがあれば注文していただく受注会をさせていただければと思います。
店頭には展示しておりませんので、「ブログに書いてた新しいアクセサリーのサンプルを見たい」とスタッフまでお伝えください。(人間スタッフのほうにお願いします)

DSC06347.JPG
価格はピアス・イヤリングが税込1,296円、
ネックレスが税込1,944円
マンホールブローチは税込1,620円です。

受注会は本日から5月7日まで。期間中にご注文いただければ5月末以降にお渡しできるかと思います(注文状況によってお渡し日は前後します)。
もちろんその時にはご予約の商品以外も入荷する予定ですので、その時考える・・・ということでも結構です。

DSC03946.JPG
新しいModern Maikoのアクセサリー、ぜひ店頭でご覧ください。


春の終わりから夏のはじめに。六七堂のハガキ [商品紹介]

DSC06316m.JPG
今月最後の金曜日、プレミアムフライデーの4月28日。
奈良のソメイヨシノはもう葉桜に、八重桜もそろそろ散り始めています。
・・・たまに今頃満開という木もあります。

DSC06311m.JPG
こちらは何度かご紹介している転害門近くの鼓阪小学校前にある「御衣黄」、一昨日の様子です。わかりづらいですが、たぶん今が見頃です。以前見たときの白っぽい花はより黄緑色っぽくなり、中心は赤くなりました。もうしばらくはきれいに咲いてくれそうですね。

さてゴールデンウィーク目前。
お伝えした通りイベントもたくさんありますし、旅行や帰省などを計画されている方も多いはずです。
そんなお出かけの予定がある方も、家でゆっくりするという方も。DSC03916m.JPG

長いお休みでせっかく時間があるのなら、季節感たっぷりの「京都烏丸六七堂」のハガキで大切な人にお便りを書くのはいかがでしょうか。

春の終わり~夏のはじめにぴったりのハガキをご紹介します。

DSC03920m.JPG
「富士山」爽やかな青地にそびえ立つ富士山。
「わらび」春といえば山菜。新鮮なものをACARTもいただきました。

DSC03924m.JPG
「つばめ」最近街中をスピーディに飛ぶ姿が目撃される(そしてぶつかりそうになる)ツバメ。あちこちの軒先に巣をつくっていますね。
「柳に蛙」猿沢池ではあまり見かけないのですが、川や池で声を聞く季節になりました。
「藤にホトトギス」桜が終わるとそろそろ見頃になる藤。興福寺の藤棚が当店からは近いですが、春日大社も見事です。

DSC03925m.JPG
普通のハガキと少し違って、京都烏丸六七堂のハガキは印刷と和紙の貼り絵で構成されていますので、送った方にちょっと丁寧な印象も持っていただけそうです。
春から夏に向かう微妙な時期。
たとえば、大切な人の体調を気遣ったり、4月から始まった新生活をご報告したり。
疲れた体を癒しつつ、しばらくご無沙汰していた方に5月からも元気に毎日を送っていただけるように、とびきりのお便りを出してみませんか。
1枚入りで税込324円(富士山のみ税込378円)です。
ACART LIFESTYLE online store 「京都烏丸六七堂」商品一覧

最後に、明日は待ちに待った週末です!
DSC06123m.JPG
猫スタッフの次女と末っ子がやってきます!
謎の箱に入って何かを企んでおりますが・・・。


デザートフォークについて考える。 [商品紹介]

ACART LIFESTYLEではいろいろなカトラリーをそろえています。

デザインも素敵で実用的な「柳宗理シリーズ」、ワンランク上の素材で作られた「純銅銀仕上げシリーズ」、かっこいい「white&blackシリーズ」、などなど・・・。
DSC03895.JPG
ACART自身がカトラリー好きというのもあるのですが、その理由は家具はもちろんのことお皿やグラスなど少し大きめのものになると収納する場所も取りますし、買うときにちょっと身構えます。ほんとに使うかな?家の他の食器に合うかな、テーブルに合うかな?飽きないかな?という具合です。

それがカトラリーだと「試しにスプーン1つ買ってみよう」などと気軽に買うことができる(気がします)し、失敗しても傷は浅い(気がする)。

さらには合わせるお皿がそんなに気合の入ったものじゃなくても、カトラリーが素敵だと引き締まりますし、「このお宅テーブルウェアに気を使ってるな」と思わせることができるのです。
DSC03902.JPG
というのは勝手にACARTが思っているだけなのですが、当店のお客様の中にも「これだけ買ってみよう」とスプーンなどを1本だけお買い上げになる方や、少しずつそろえていかれる方、違うシリーズのフォークを気分によって使い分ける方やバターナイフをたくさん持っている方など、カトラリー上手な方が沢山いらっしゃいます。

ACARTもそんなお客様から学ぶところが多いというのが正直なところなんです。

良いデザインを比較的簡単にに取り入れられるカトラリーは、ハマると楽しいもの。
そんなわけで楽しいカトラリー、その中でも本日は小さなフォークについて。
DSC03893.JPG
各シリーズの小さいフォークをご紹介していきたいと思います。


「柳宗理シリーズ」
DSC03898.JPG
柳宗理 ヒメフォーク ¥464(税込)
柳宗理 黒柄ヒメフォーク ¥2,376(税込)
全体がステンレス製のスタンダードなヒメフォークは普通のフォークにくらべるとツール部分が細め。
ハンドル部分が高い強度を持つカバ材積層強化木になった黒柄ヒメフォークは、少しお値段が高めですが、独特の味があります。
ちなみに「ヒメフォーク」とはケーキフォークよりも一回りちいさいもののことだそうです。


「工房アイザワ 純銅銀仕上げシリーズ」
DSC03906m.JPG
純銅洋食器銀仕上カトラリー ヒメフォーク ¥1,296(税込)
純銅製で柄の先端以外が銀メッキになった美しい二又のフォーク。経年変化で色合いが変化しますが、お手入れを頑張れば比較的新しい状態を維持することもできます。
来客用として使う方も多いですが、あえて毎日使って味を出すのもかっこいいですね。

「工房アイザワ white&blackシリーズ」
DSC03901.JPG
WHITE&BLACK ミニフォーク(BLACK) ¥1,026(税込)
ニューヨーク近代美術館(MoMA)のパーマネントコレクションにも選ばれている墨色のカトラリーシリーズ。ステンレスにエポキシ樹脂焼付け塗装が施されたマットなフォークは、小さいながらもずっしりとした重量感です。

「燕振興工業 TI-1シリーズ」
DSC03903.JPG
TI-1 ケーキフォーク ¥702(税込)
デザイナー五十嵐威暢の手による美しいカトラリーはドイツのiFデザイン賞やグッドデザイン賞も受賞しています。先端からハンドルまで幅が均一という独特のフォルムですが、使い心地は驚くほど良いのです。大きさも少し大きめで活躍する機会も多いと思います。

「甲斐のぶお工房」
DSC03909.JPG
フォーク魚(小)5本セット レッド ¥2,160(税込)
フォーク魚(小)5本セット ナチュラル ¥2,160(税込)
このところ何度か紹介しておりますが、お馴染み大分の甲斐のぶお工房さんの粋な竹フォークです。
以前、当店限定で特別につくっていただいたブラックの5本セットは完売してしまい、現在はレッドとナチュラルの2色が在庫しています。やっぱり愛嬌ある魚の顔がかわいいですね。


シリーズが変わればフォークもそれぞれ。
食べるデザートの種類やタイミング、季節や気分によって使い分けると楽しいですよ。


奈良の5月前半のイベント2017 [奈良のこと]

DSC05341m.jpg
ゴールデンウィークまであと少し。
今年は5月1日と2日の平日を挟みますが、その2日もお休みで9連休、という方もいらっしゃるようですね。
そんなゴールデンウィークの奈良の行事予定をまとめてみました。
長いお休みのお出かけに、参考にしていだけると幸いです。

DSC02343m.jpg
■史跡頭塔、浮彫石仏特別公開
4月29(土・祝)~5月7日(日) 9時~17時
協力金300円
「日本のピラミッド」や「日本のボルブドゥール(ボロブドゥール)」などとも呼ばれる頭塔。春・秋の特別公開期間内は予約・受付は不要です。

DSC07523m.jpg
■献氷祭
5月1日(月)11時~
氷室神社
全国の製氷業者や氷販売業者が参列するめずらしい氷室の神様のお祭り。年に一度のこの日は神前に花氷や氷柱が奉献され、舞楽が奉納されます。
ちなみに氷室神社では、毎月一回ないしは二回、日没後に氷柱に日を灯す「氷献灯」が催されているのですが、5月はこの献氷祭の日がその日にあたります。本日のブログの冒頭の写真がそれ。夜の氷も美しいです。

DSC02872m.jpg
■聖武天皇祭
5月2日(火)
8時から最勝十講、13時から聖武天皇慶讃法要
東大寺天皇殿及び大仏殿

DSC07564m.jpg
■山陵祭・献茶式
5月3日(水)
8時30分~山陵祭  11時~献茶式
聖武天皇御陵(佐保山御陵)・東大寺
朝8時半に東大寺を出発した僧侶一行がFuraさんやK3ファクトリーさんの近くの佐保山御陵に参拝。その後東大寺に戻り11時から裏千家による献茶式が行われます。
写真は一条通を行列してきたお坊さんたちが、転害門をくぐって東大寺に戻られるところです。
献茶式後には東大寺の回廊内でお抹茶がふるまわれるそうです。(先着約4000人/東大寺の拝観料は別途必要です)

DSC00837mc.jpg
■鹿せんべいとばし ゴールデンウィーク大会
5月3日(水・祝)・4日(木・祝) 10時~15時
奈良公園 若草山麓(山麓の南北ゲートより入山→若草山ふもと受付→一重目の中腹の「鹿せんべいとばし」会場へ)

DSC01502m.jpg
■平城京天平祭
5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝) 10時~16時30分
平城宮跡
華やかな天平衣装を身に着けた約400人の天平人が平城宮跡内を練り歩く天平行列や、奈良の美味しいものを使った飲食・物販を楽しめる東市・西市などが行われます。

DSC00723m.jpg
■子供の日萬葉雅楽会
5月5日(金) 13時~ 約2時間半
春日大社 萬葉植物園
日本の古典芸能である「雅楽」に親しむイベント。植物園中央の池に設置された浮舞台で「管絃」や「舞楽」が奉納されます。
image4mc.jpg
ちなみにこちらが花に集まる蝶を表現した舞楽「胡蝶」の衣装(を忠実に再現したもの)です。見事に着こなすモデルは、関東にお住まいなのにACARTの常連のお客様の雪ちゃんです。今回は特別にお願いしてこちらのお写真をお借りしました。

DSC06494m.jpg
■ひむろしらゆき祭り
5月6日(土)、5月7日(日) 10時~18時
氷室神社
両日とも朝9時からの祈願祭あと、かき氷の販売が行われます。すでに前売りチケットは販売が終了していますが、当日チケットもあるとのこと。詳細は公式HPで要チェックです。


DSC02264mmm.jpg
■奈良ノ空カラ
5月7日(日) 9時~16時
JR奈良駅東口広場
今回で18回目、もはやお馴染みのクラフトマーケットです。
5月の次は10月まで少し時間があいてしまいますので、この機会を逃さないように。



DSC00397mm.jpg
この中でも注目は氷室神社で行われる「ひむろしらゆき祭り」。
ますます加熱するかき氷熱で、今年もすごいことになるのではないでしょうか。
昨年も入れない、食べられない・・・などかわいそうな方が続出したこのイベントには、きっちり予習をして臨みたいですね。


今年も鯉のぼりです [商品紹介]

DSC06286m.jpg
4/25(火)定休日明けです。
本日は15時から興福寺で文殊会が開催されます。
すでに朝の時点では東金堂も鮮やかな飾りがつけられ準備万端。かわいいお稚児さんの行列を待っていました。
今日も爽やかですごしやすい一日になりそうです。


DSC03473.JPG
さて4月もあっという間に最終週となりました。もうすぐみなさまお待ちかねのゴールデンウィークがやってきます。
ゴールデンウィークと切っても切り離せないのが5月5日のこどもの日。
男のお子様がいらっしゃるおうちはいろいろとご準備されていることと思いますが、今年もACART LIFESTYLEにアレがやってまいりました。

DSC08837m.JPG
京東都「鯉のぼり 真鯉・緋鯉」各¥2,700(税込)
風薫る爽やかな空をぐんぐん泳ぐ、総刺繍の手ぬぐい製「鯉のぼり」。健やかに、急流さえも登りきる強い子に育ってほしいと、鯉の勇姿に子らを重ね、成長を祝ったことが始まりといわれています。
KYkoi.jpg
サイズ/直径11cm×84cm
コンパクトなので室内に飾っても。お孫さんやご親戚、お友達への贈り物にもおすすめです。


手ぬぐい製「鯉のぼり」が少し大きすぎる、という方には・・・。
DSC02785m.JPG
「ワッペン 鯉のぼり」¥540(税込)
真鯉と緋鯉の2枚セットの鯉のぼりワッペンはいかがでしょうか。
愛らしい顔をした鯉のぼり、帽子や園服、ハンカチなどに、簡単にアイロンで貼り付けられます。


さらに。
DSC02781m.JPG
「ワッペン 張り子の虎」¥410(税込)
張り子の虎は首が動く虎のおもちゃ。信貴山朝護孫子寺にある特大サイズがおなじみです。武将、加藤清正公の虎退治の話にちなみ、五月人形と一緒に飾るそうです。体が強く家族を大事にする虎が子の健康を守る、とも言われます。


お庭に大きな鯉のぼりを、和室に張子の虎を、というのが難しくなってきた昨今。それでもかわいい鯉のぼりとワッペンで、楽しい端午の節句をお楽しみください。


GW直前。開催中の奈良のイベント。 [奈良のこと]

DSC06163mc.jpg
本日はあまり動かないものの何故かファンの多い猫、長女が看板猫です。
お店の中よりも暖かいお外で抱っこされてみたり。

DSC06195mc.jpg
日の当たる路上でごろごろしてみたり(猫と通行される方の安全に配慮して撮影しています)。
春らしい日曜日を満喫しております。
お近くにお越しの際はぜひこの猫と遊んでやってください。


さて、もうあと1週間で4月も終わり。早いものです。
ゴールデンウィークはまたイベントなどもたくさんあると思いますが、その前にすでに開催中の催しについて、少しまとめておきたいと思います。

DSC06138mm.JPG
■興福寺 北円堂特別公開
4月22日(土)~5月7日(日)9時 ~ 17時
昨日から始まった特別公開。
北円堂は日本に現存する八角円堂のうち、最も美しいと賞賛されるお堂です。


DSC06150m.jpg
■興福寺 国宝特別公開2017 阿修羅~天平乾漆群像展~
3月15日(水)~6月18日(日) 9時~17時
DSC05209m.jpg
耐震工事のため今年いっぱい休館中の国宝館に代わって、仮講堂で阿修羅像をはじめ、八部衆立像、十大弟子立像、金剛力士立像、華原磬ほか、主要な国宝が特別公開されています。
すでに行かれた方もいらっしゃるかと思いますが、春の公開はまだまだやってます。
休日は沢山の人で賑わっているとのことですが、珍しい機会ですので北円堂の公開とともにぜひお参りください。


DSC05580m.jpg
■特別展 快慶 日本人を魅了した仏のかたち
4月8日(土)~6月4日(日) 9時30分~17時
奈良国立博物館 東新館・西新館
※毎週金・土曜日は午後7時まで

奈良にはあちこちにこのポスターが貼ってあるのですが、目にする度にこの仏様の美しさに圧倒されます。


DSC05202m.jpg
■書の源流企画展「榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)」
4月15日(土)~7月23日(日)  9時~17時
奈良県立美術館
奈良とゆかりが深い書家二人の独創的な作品を展示し、書の芸術性や自己を表現する手段としての書の魅力を感じていただく展覧会です。


そして来週火曜日は興福寺の文殊会があります。
平日ですがご予定の合う方はお越し下さい。
DSC02616mm.jpg
■文殊会
4月25日(火) 15時~ 
興福寺東金堂
東金堂に祀られている文殊菩薩を供養し、福を授かり文殊菩薩の知恵を授かります。
賢い子になるようにと、かわいらしいお稚児さんが行列するのも見どころです。


文殊会以外はゴールデンウィークも開催されていますので、お出かけのご予定に入れてみてはいかがでしょうか?

最後に、明日は通常通り定休日を頂きます。
先週は臨時休業を頂きましたが、来週は火曜日以降も平常通りの営業です。
どうぞよろしくお願いいたします。







こちらも人気の折りたたみイスが再入荷です [商品紹介]

DSC06071m.jpg
本日は土曜日。猫スタッフ次女と末っ子が出勤しています。
今週もお外に出たがる次女はリードをつけてお散歩です。

DSC06056mc.jpg
ほうっておくと、どんどんテリトリーを広げようとするので、連れ戻されます。

DSC06101m.jpg
末っ子のほうは、かなりゆっくりペースですが、少しずつお店に慣れてきました。
さすがにお外に行く気はないようですが・・・

DSC06091mc.jpg
次女の気持ちはわかるみたいです。おねえちゃん、がんばれ。

DSC05991m.jpg
さてさて、本日は奈良公園の登大路園地で「アースデイ奈良(Earthday NARA2017)」が行われています。
アースデイはその名の通り「地球のことを考える」日で、その催しは世界の各地で開催されます。奈良公園でも美味しいものやワークショップなど、今年も多くの店舗や団体が出店し、賑やかなイベントとなっています。
奈良公園の雄大な自然の中、美味しい食べ物やお買い物、ワークショップで春の一日を楽しんでください。
16時頃まで開催しているようですので、お近くの方はまだ間に合います!

そんな奈良公園で絶対に役立つあのイスが、今年もやってきました。
DSC09441.JPG
先日ご紹介した折畳みスツール「TRUNK'INフォールディングスツール」よりもさらに軽く耐荷重もある、軽くてコンパクトな折りたたみのイス「パタット mini」。
DSC09433.JPG
今回もブラウン、ネイビー、ブラックの3色が入荷しました。
DSC09435.JPG
折りたたむとカバンのように持ち運びができて、組み立てもマクドナルドのポテトの紙容器みたいにワンステップ。

サイズは使用時が幅310×奥行170×高さ190mm(座面高150mm)、折りたたみ時が幅371×奥行10×高さ217mm。
重量は約230gと500mlペットボトルの半分以下なのに、耐荷重はなんと100kgまでOK。
座面のカーブが体にフィットし、長時間座っても疲れません。
材質がポリプロピレンですので水にも強く、もし奈良公園で汚れてしまっても簡単に洗えます。
これからの季節、見た目もおしゃれな簡易スツールはきっと重宝するはずです。
SOLCION PATATTOmini(パタットミニ) ネイビー ¥1,490(税込)
SOLCION PATATTOmini(パタットミニ) ブラウン ¥1,490(税込)
SOLCION PATATTOmini(パタットミニ) ブラック ¥1,490(税込)


DSC03786m.JPG
また今回はminiではなくレギュラーサイズの「パタット」もブラウンとネイビーが入荷しています。
以前はグリーン、ブルー、レッドの明るい3色だったのですが、今年からminiと同じく落ち着いた色が仲間入り。
DSC03788 (2).JPG
小さいほうが持ち運びは便利に思えますが、大柄な男性や、座りやすさを重視する方にはこちらのレギュラーサイズが根強い人気なんです。
耐荷重はminiと同じく100kgですので、お好みに合わせてお選びください。

SOLCION PATATTO(パタット) ネイビー ¥1,944(税込)
SOLCION PATATTO(パタット) ブラウン ¥1,944(税込)


最後に、明日の看板猫は長女です!おたのしみに。
DSC05771m.jpg

春らしいdoopです [商品紹介]

DSC05950mm.jpg
昨日は二十四節気のうちのひとつ、穀雨でした。
穀物の成長を助ける「百穀春雨」から名付けられた穀雨は、春季の最後の節気。
ソメイヨシノの見ごろも過ぎ、奈良は少しひんやりとしていましたが、これから少しずつ日差しが強くなり、暑いと感じる日も多くなることでしょう。


さて大変長らくお待たせいたしましたが、doopさんより新作のペーパーアクセサリーが届きました!
DSC03882 (2).JPG
と、言っても忙しい作家のマルヤマさんに急いで納品いただいたため、この度は大変少量の入荷となっています。
すぐにでも追加をお願いしないとな~、と考えてはおりますが、取り急ぎ今回届いた作品をご紹介です。

DSC03871.JPG
まずこちらは4つセットのシリーズ。イヤリングとピアスがあります。
どれも直接金具に固定された小ぶりなものですが、doopらしくカラフルで楽しいデザインです。その日の気分でいろんな組み合わせを楽しんでください。

DSC03879m.JPG
当店はなぜかイヤリング派の方が多いので、今回もイヤリングメインで発注しています。
春の新作だけあって、どれもさわやかでワクワクするような色使い。
春らしくてかわいいです。

DSC03876.JPG
また今回は小さ目~中サイズのモチーフがメインとなっています。
2連や大振りなものは今回納品がありませんでしたので、次回は大きいモチーフもお願いしてみようと思います。

とにかく連休を前に、ACARTのdoopさんコーナーもひとまず華やかになりました。
またすぐになくなってしまいそうですので、ぜひお早めにご来店の上、お手に取ってご覧ください。

DSC05782m.jpg
明日と明後日は猫スタッフがやってきます。
今週もまず土曜日は次女と末っ子から。
よろしくお願いいたします。


さかなのフォークの大きい方が届きました [商品紹介]

DSC05886m.JPG
4/20(木)少し気温は低めですが、良いお天気になりました。
奈良の明日は少し雨が降るという予報ですが、週末にかけてまた回復するみたいです。
ほとんどの桜が散ってしまった奈良公園では、もみじやイチョウ、柳などの青々とした若葉が美しく輝きはじめています。
さわやかな風が心地よい、お散歩にはうってつけの季節です。

さて本日も商品のご紹介です。
DSC03853.JPG
大分県湯布院で、県産の孟宗竹を用いてカトラリーを製作する「甲斐のぶお工房」より届いたさかなのかたちをしたフォーク。
実はこちら、いつもの「おさかな」と少し違った、当店初入荷の商品なのです。

DSC03862.JPG
どこが違うかというと・・・。長い!というか、大きい!
実はこの「フォーク魚」、これまで当店がお取り扱いさせていただいていたのは「小」、それに対して「大」サイズというのがあるんです。
もちろんACARTは知ってて「小」を取り扱っていたのですが、お客様から「ケーキ食べるんだったら大じゃない?」というお言葉をいただき、「それもそうかな~」とこのたび初めて入荷してみたのです。

DSC03866.JPG
笑ったようなおさかなの表情など、形はほぼ「小」と同じですがしっぽの感じが少し違います。
「小」の12.5cmに対して「大」は19cmと長いので、確かにケーキなどは食べやすそう。
お子様用と大人用、という風に大と小を使い分けてもいいですね。

DSC03859.JPG
甲斐さんいわく、先が尖ってしまうフォークは、お子様にも「危険を感じさせないようにみえるデザイン」を心がけているんだそうです。
確かにおさかなフォークは「竹」という素材の温かみが伝わってくるような心和むデザインで、お子様も怖くなさそう。
デザインの良さはもちろんのこと使い勝手にこだわってつくられたカトラリーは「毎日使ってほしい」という甲斐さんの気持ちもあってか、ひとつひとつ手作りなのにお値段もお手頃。

DSC03856.JPG
今回色は赤のみの入荷となっています。
ぜひ店頭で大きい魚と小さいさ魚を比べてみてください。
甲斐のぶお工房 フォーク魚(大)5本セット レッド ¥2,700(税込)


インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ