So-net無料ブログ作成

秋を満喫。11月の奈良 [奈良のこと]

DSC09029m.jpg
台風だった先週末からやっとお日様が戻り、奈良はまた少しずつ賑わいを取り戻しています。

早いもので明日から11月。
10月の週末は本当に雨ばかりでしたが、11月はどうでしょうか。
ちなみに写真の黄色いイチョウは昨年のもの。今現在の奈良の紅葉はまだここまでではありませんが、もうしばらく経つとこんな風に黄色くなることと思います。
紅葉の状況についてはまた別の機会にお知らせするとして、本日は11月のイベント情報です。


まずは既に開催中のもの。
終了間近の催しもありますので、要チェックです。

DSC06257m.jpg
奈良フードフェスティバル
シェフェスタin奈良
10月28日(土)〜11月5日(日)
奈良公園 登大路園地

奈良工芸フェスティバル2017
奈良に響く工芸の音色
10月28日(土)~11月5日(日)
なら工藝館

DSC06593m.JPG
奈良女子大学 記念館一般公開
10/30(月)~11/5(日)
9時~16時30分(入館は16時まで)
奈良女子大学

DSC06278m.jpg
正倉院展
10月28日(土)~11月13日(月)
奈良国立博物館 東新館・西新館

DSC05155m.JPG
興福寺国宝特別公開2017
阿修羅 -天平乾漆群像展-
9月15日(金)~11月19日(日)
興福寺仮講堂

そして今週から始まるイベントは・・・。

DSC01704m.jpg
HAPPY SPOT NARA プライベート美術館
11月1日(水)〜2017年11月15日(水)
近鉄奈良駅周辺店舗、ほか県内各地

DSC06637.JPG
文化の日萬葉雅楽会
11月3日(金・祝) 13時~15時30分
春日大社

DSC06566.JPG
奈良女子大学学園祭 恋都祭
11月3日(金・祝)~11月5日(日)
奈良女子大学

DSC04402m.JPG
みつきうまし祭り
~平城京天平祭・秋~
11月3日(金・祝)〜11月5日(日) 10時〜16時
平城宮跡

学園前アートフェスタ2017
メメント・森
11月4日(土)〜11月11日(土) 10時〜17時
大和文華館 文華ホール、GALLERY GM-1、淺沼記念館、奈良市西部会館

DSC07116m.JPG
駅マエクラフト 奈良ノ空カラ
11月5日(日) 9時〜16時
JR奈良駅東口駅前広場(旧舎前広場)

第40回 なら芝能
11月5日(日) 13時〜16時
奈良県文化会館小ホール(第1部)、奈良県庁前芝生広場(第2部)

東アジア障害者アート展
11月7日(火)〜11月12日(日) 9時〜18時
奈良県文化会館

DSC06200m.JPG
HAPPY SPOT FUTURE
11月8日(水)〜11月15日(水) 9時〜18時
奈良県文化会館

関西文化の日
11月18日(土)、 11月19日(日)
「関西文化の日」は、関西一円の文化施設で関西の文化をもっと知っていただくために11月の一定期間の入場料を無料でご利用いただく日を設定したもの。
奈良市内でも入江泰吉記念奈良市写真美術館、杉岡華邨書道美術館、大乗院庭園文化館、入江泰吉旧居などの施設が無料になります。

DSC05163m.JPG
特別展「ニッポンの写実 そっくりの魔力」
11月23日(木・祝)〜1月14日(日)
奈良県立美術館

新嘗祭
11月23日(木・祝) 10時~
春日大社

子どもおん祭
11月26日(日) 10時~15時
ならまちセンター
春日若宮おん祭についての講話のほか、のっぺい汁のふるまいなどがあります。


DSC09105m.jpg
とにかくお天気が崩れないことを期待したい11月。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

今週も台風でいろいろ中止だそうです。 [奈良のこと]

DSC09108m.jpg
日曜日。本日もまた雨・・・。先週に引き続きまた台風がやってきています。
本当にこの秋は週末ずっと雨ばかり。まわりのお店の人たちからも、ため息ばかりが聞こえますが、何よりせっかくならまちに来ていただいたお客様に、ご不便な思いをさせてしまっているのが残念でなりません。

特に今週は、昨日の土曜日から恒例の正倉院展がはじまっており、日本中、そして世界各地からたくさんの観光客の方々が奈良にいらっしゃっています。
DSC06271m.jpg
さすがに本日は市内の道路の混雑は比較的穏やかですが、いつも以上に他府県ナンバーの自動車や大型の観光バスの比率が高まっている気がします。お天気が悪くてもずっと前から決めていた旅の予定はなかなか変えることもできないというところでしょうか・・・。


また、この時期の奈良はたくさんのイベントが開催されているのですが、台風の影響で「中止」が決まったものもあります。

【10/29(日)は中止】奈良オーガニックマーケット
m_DSC07125m-74966.JPG
JR奈良駅前の広場で毎月最終日曜日に開催されている人気の「奈良オーガニックマーケット」は、本日10/29(日)の開催の中止が決定しました。


【10/29(日)は中止】シェフェスタin奈良
DSC09136m.jpg
また奈良県庁の前の登大路園地で、昨日から開催されている人気イベント「シェフェスタin奈良」も台風の影響で10/29(日)の中止が発表されています。
会場には大きなテントもたくさんあり、昨日の様子だと少しぐらいの雨なら思いのほか快適そうでしたが、やはり台風だと仕方ないですね。
DSC06267m.jpg
こちらは昨日の写真ですが、今回は「食べる学校」というワークショップ形のスペースもあり楽しそうでした。
また10/30(月)以降は予定どおり開催され、連休となる来週末までやっているので、改めてのぞいてみてください。


そんな残念な日曜日ですが、ACART LIFESTYLEは通常通り営業しております。
雨で大変な皆さまの気分を少しでも和らげていただくために・・・。
DSC06038m.jpg
本日のウサギスタッフは猫・・・じゃなくて猫スタッフは次女と
DSC05618m.jpg
もう一匹のウサギ・・・末っ子が、ご来店のみなさまに癒やしを提供できるよう頑張ります。

ここ数週間、週末はお天気が悪くて退屈気味の猫スタッフですが、この二人はいろんな遊びを開発してしまいます。
DSC05476m.jpg
店頭で展示している紙の器「かみの工作所 STAY Large ¥2,052(税込)」に入ってお客様を待ち伏せする次女。人が近づくと飛び出して驚かせます。

DSC05490m.jpg
末っ子はお姉ちゃんがやることを全て真似しようとします。
「これ、何が面白いんだろう!?」という表情です。同感です。

そんな猫スタッフの日常を切り取った「2018猫スタッフカレンダー」はようやく印刷工程に入りました。
DSC02490.jpg
お問い合わせいただいた一部の方々には10月末発売・・・とお伝えしてしまったのですが、少し遅れて来週末ぐらいになりそうです。
もう少しお待ちください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

リキウォッチのあのモデルが販売終了に向かいます。 [商品紹介]

DSC05621mc.jpg
土曜日です。
本日のウサギスタッフは猫です。じゃなかった、本日の猫スタッフは長女です。
DSC04304mc2.jpg
今週も天気予報は土日とも雨・・・。
時折雨が落ちてきたり少し止んだり。とにかくイマイチな天気です。
長女のご機嫌は悪くないですが少し退屈そう。
お近くに来られる際は、ぜひお相手よろしくお願いします。


さて、ときどきお伝えしなければいけない残念なお知らせです。
本日は販売終了の商品についてです。
できればそのまま販売していきたい商品がなくなるのは本当に寂しいのですが、仕方ありませんね。
DSC06289m.jpg
ACART LIFESTYLEでは店頭でもオンラインでも人気だったリキウォッチの定番モデルが一気に廃盤となります。

なくなってしまうのは以下の2シリーズ。
DSC05715-001.JPG
リキウォッチ 日本の伝統色シリーズ (宍色x黄丹、乳白x茄子紺、弁柄x素、群青x狐)各¥1,1340(税込)
リキウォッチ 浮かぶアラビアシリーズ (グレー・ブラウン・ブラック・ホワイト)各¥1,1880(税込)
一部の色だけ継続、というのでもなく、今回は全色廃番です。

DSC00047.JPG
日本の伝統色シリーズは2006年に生まれて11年のロングセラーではありますが、いつまでも生産されるものと思っていただけにかなりショック。

DSC01278.JPG
また浮かぶアラビアは2007年発売の「浮かぶアラビア ソーラー」がクオーツモデルとして復活したのが昨年のことですから、このモデルになってたったの1年ほどで廃番・・・。
残念でなりません。

DSC05719.JPG
ただ、メーカーさんのほうでもまだ少し在庫はあるとのことですし、当店でもまだ販売は継続いたします。
またベルトなどの交換用部品につきましてもしばらくは供給される予定とのことですから、すぐになくなる!というわけではないようです。ご安心ください。
とはいえ、「廃番」と聞くと「買っておかなければ!」と思うのが人間というもの。いつどこでなくってしまうかわからないのも事実です。
実はACARTも渡辺力氏の時計はいくつか持っているのですが、本当に大好きで大切にしていますので、今回自分用にも本体はもちろん交換用のベルトなども購入しておこうかな、と思っているほど。

DSC00986.JPG
新製品を楽しみにしつつもとりあえずはこのリキウォッチ2シリーズの追加入荷と在庫確保について検討しようかと思っております。

DSC00036.jpg
渡辺力氏のデザインスピリットを受け継ぐ、見やすさ、美しさのバランスが取れた、「リキウォッチ 日本の伝統色シリーズ」と「リキウォッチ 浮かぶアラビア」。
「渡辺力」を知っている人も知らない人も、大人も子供も、男性も女性も、日本人も外国人も手に取りご購入いただいた、使う人を選ばない稀有な商品でした。
手にとってくださったみなさまに御礼を申し上げたいとともに、いつまでも大切にしていただけたらと思います。

ACART LIFESTYLE online store 「SEIKOリキウォッチ」商品一覧


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

今回も奈良に行くなら必携の一冊。SAVVY奈良特集 [奈良のこと]

正倉院展に紅葉・・・奈良も本格的な観光シーズンが始まります。
「久しぶりに奈良に行ってみよう」とお考えの方も多いのではないでしょうか。
そんなタイミングを見計らった(?)かのように、今月(10/23発売)のSAVVY12月号は奈良特集です。今回も「奈良に行くなら必携!」の素晴らしい出来栄えです!
DSC06180m.jpg
ちなみに残念ながら今回ACART LIFESTYLEは掲載されておりませんが、前回(3年も前!)のSAVVY奈良特集でお世話になりましたし、何より奈良を特集してくれる媒体があるだけで嬉しいので、ご紹介します。
そんなこの度の奈良特集はならまちの新しいお店や、きたまち、高畑といった今盛り上がっているエリアが中心に紹介されていて、カフェ等飲食店が多いのも特徴です。

いつも当店が仲良くさせていただいているお店もたくさん掲載されております。
DSC06170m.jpg
まだオープンして間もないのに、すでにベテランの風格・・・じゃなかった、人気沸騰中の『火と実coffee』さんは、ほぼ同じ頃にオープンした『TEGAIMON CAFE』さんと並んで、行くべき奈良の店の先頭を飾っています。
DSC06158m.jpg
またきたまちでは、妖怪HOLiCでご一緒させていただいた『ミジンコブンコ』さんや『Fu-ra』さんなどお馴染みの顔も。それにしてもきたまちの層が厚くなってますね。

DSC06187m.jpg
DSC06176m.jpg
また、ASUNARAさんのイベントでお見かけするようになってから、仲良くさせていただいている高畑(といってもほぼならまちエリア)の『pieni blanc』さんや、『町家かふぇ 環奈』さんなど、ACART的にもオススメのお店も並んでいます。


DSC06163m.jpg
DSC06194m.jpg
そしてもちろん奈良市内だけでなく、エリアは奈良県全域。ACARTも知らなかったような素敵なお店や、時々開催される素敵なマルシェなども紹介されています。
DSC06165m.jpg
せっかくの行楽シーズンなので、ちょっと足を伸ばして奈良全体を楽しみたい!と思わせてくれる情報が満載です。

DSC06178m.jpg
全体をとおして美しい写真ときめ細やかな説明で、読んでるだけでも行った気になれる一冊ですが、そんなこと言わずにぜひこの一冊を携えて奈良にお越しください。
そして当店を含め、訪れていただきたいお店は掲載されている以外にも沢山ありますので、そちらもお忘れなく!
もちろん奈良在住の方にとっても、改めて地元の情報を確認するいい機会になると思います。

DSC06125m.jpg
SAVVY 12月号(2017/10/23発売) 京阪神エルマガジン社 ¥600(税込)

さて、最後に週末の猫スタッフのシフトについてお知らせです。
今週は土曜日が長女、日曜日が次女&末っ子の担当となります。
DSC06089m.jpg
早くも明日土曜日の出勤準備にとりかかっている長女。
いかに鮮やかに寝るか?を追求するそうです。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

正倉院展もはじまる。今週末の奈良 [奈良のこと]

DSC08401m.jpg
今週末から、いよいよ正倉院展が始まります。

DSC08395m.jpg


今回出陣される宝物は、北倉10件、中倉25件、南倉20件、聖語蔵3件の、合わせて58件。そのうち初出陳を含むものは10件です。
DSC08375mm.jpg
ちなみに入場の際のチケットですが今年も夕方以降の入館が安くなる「オータムレイトチケット」がございます。
オータムレイトチケットは月曜日~木曜日の16時30分以降と、金曜日・土曜日・日曜日・祝日の18時30分以降に使用できる当日券です。博物館の当日券売場でのみ、月曜日~木曜日は15時30分より、金曜日・土曜日・日曜日・祝日は17時30分より販売されます。
DSC08382m.jpg
「正倉院展行ってみたいけど初めてだから・・・」とちょっと不安な方はまずは気軽にオータムレイトチケットを試してみてはいかがでしょうか。

DSC95736m.jpg
正倉院展
10月28日(土)~11月13日(月)
奈良国立博物館 東新館・西新館
会期中無休
午前9時~午後6時
※金曜日、土曜日、日曜日、祝日は午後8時まで
※入館は閉館の30分前まで
当日一般:1,100円、 オータムレイト:800円


そのほか、今週末から始まるイベントです。

DSC95737m.jpg
奈良工芸フェスティバル2017
奈良に響く工芸の音色
10月28日(土)~11月5日(日)
なら工藝館

DSC08411m.jpg
奈良フードフェスティバル シェフェスタin奈良
10月28日(土)〜11月5日(日)
奈良公園 登大路園地


台風がまたまた接近するという予報もありますが・・・。
できれば過ごしやすいお天気になることを祈ります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

レモン絞りますか(後編)? [商品紹介]

DSC05745mc.jpg
昨日は「鳥型レモン絞り対決」を試みるに至った経緯と、簡単に商品の外観チェックを行いましたが、本日はいよいよ実際に使用してみての感想です。
ちなみにちょっとおさらいすると、昨日のブログではパッケージのかわいさは日本製ウグイスの勝ち、そして本体見た目の鳥らしさは中国製バードレモンプレスの勝ち、どちらも一勝一敗という結果になりました。

最後は使用感。果たしてどちらが勝つのか!?

DSC05756.jpg
使い方はどちらもほぼ同じです。
鳥さんの上部(背中?)をパカっと開けてくし形(8分の1)に切ったレモンを胴体部分に入れます。
ちなみにレモンは皮が下。
そして先ほど開けた鳥さんの背中(蓋)を閉めて、そのまま下にギューっと押すだけ。
レモン汁が鳥さんの腹部にたまりますので、あとはくちばしから注ぐだけです。
さっそくやってみましょう!

まずはバードレモンプレスの方。
DSC05765cc.jpg
バードレモンプレス(南海通商 税込864円)
1/8のくし形レモン、胴体に入れるとちょっとパツパツです。
DSC05865m.jpg
ACARTの切り方が悪かったのか、レモンがそもそも大きかったのか・・・。
中国製のこの子は少々スマート(外寸で幅25mm)なのですね。きもーち細目に切って、ギュッと押し込むかたちになりましたが、なんとか入りました。
蓋はちょうど鳥さんのオメメのあたりが軸になって開閉するのですが、この内側はギザギザになっていて、ここでレモンを押さえてくれるようです。
ちなみに中国製の押さえの部分はけっこう鋭利です。
鳥さんの尾のあたりを持って蓋を閉じ…一気にギューっと下に押します。
しなり具合もちょうどよく、メリメリっと絞れる感じがここちよいです。
DSC05870m.jpg
もちろん絞りたてのレモン汁がくちばしから注がれます。ふふっと笑えます。
使い心地はほぼ想像通り、しっかり絞れました。


同じ手順で日本製ウグイスの方も。
DSC05761cc.jpg
レモン絞り ウグイス(SALUS 税込1,296円)
こちらは胴体がふくよか(外寸で幅34mm)なので1/8レモンも難なく入ります。
DSC05905m.jpg
使い方は同じなので割愛しますが、使用感もほぼ同じで、どちらかが使いやすいとかたくさん絞れる、ということも無いようです。

DSC05887m.jpg
ただ、上部の蓋を支える軸の内側の部分。ギザギザが中国製のほうが激しく、日本製ウグイスのほうがマイルドです。
中国製のほうはもしかすると洗うときなど手を引っ掻いてしまうかもしれないな、と思いました。
対して日本製ウグイスはギザギザもかなり丸くなっていますので、これでは怪我することもなさそう。
ただ、よりギザギザしているほうがレモンをしっかり押さえてくれそうですし、注意すれば怪我することもないでしょう。
DSC05773.jpg
また最初にも書きましたがウグイスは自立するように脚がついているので、食卓に置きやすいかもしれません(中国製も一応自立はします)。
違いを以下にまとめます。
①ウグイスのほうが幅が広いのでレモンを入れやすいかも。
②レモンを押さえる内側のギザギザが中国製のほうが鋭利。
③ウグイスは脚付き。

あくまでも個人の感想ですが、使用感は五分五分。
見た目の好みと上記の小さな違い、お値段を総合して選んでいただければと思います。

DSC05932m.jpg
唐揚げやムニエル、レモンティーに。
レモンだけでなく、カボスやユズなどももちろん絞れます。
鳥さんの中で静かに絞ることができますので、レモン汁が飛んでうっかり目に入ったり、人や別の器に飛び散らないのもいいですね。

食卓においておけば必要な人が必要なときに絞って注ぐことができ、とっても便利。何よりくちばしからレモン汁を出す愉快な鳥に癒されます。
DSC05849m.jpg
構造もいたってシンプルな道具ですが、その美しさと機能性は秀逸です。食卓にひとつ、いかがでしょうか?

<関連記事>
レモン絞りますか?(2017/10/24)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

レモン絞りますか? [商品紹介]

DSC05945.jpg
唐揚げレモン論争ってご存知でしょうか。
唐揚げにレモンをかけるかかけないか、ということですが、ちなみにACARTはかけない方です。
「絞る前に確認すべし」とか「聞かれると断れない」とか「そもそも必要か?」とか…。
本日はそんな争いで殺伐としてしまいがちな食卓を穏やかにしてくれる(かもしれない)素敵な商品のご紹介です。

まずはこちら
DSC05765.jpg
バードレモンプレス(南海通商 税込864円)
実は先月のアンドプレミアムという雑誌にも掲載されていた商品で、世の中的にも割りと出回っているもの。
DSC05366m.JPG
もちろんACARTもこの商品を知ってはいましたし、「かわいいなあ」と思っていました。
唐揚げには絞らない派ですが、レモン絞りはかわいい。
しかもお手頃価格。使わなくても買ってしまいそうです(唐揚げ以外で使うかもしれないし)。
そんなわけで何度か入荷しようと思いましたが、立ちはだかる一つの問題が。
素材は18-8ステンレスなのですが、実は中国製なのです。
別にACARTは中国製を忌み嫌っているわけではありませんし、当店の商品でも中国製の商品はいくつかあります。
ただ、ステンレス製品に関しては新潟県燕市のものを推しておりますし、お客様でも日本製を好む方が多いので、いくらかわいいからと言っても中国製のステンレスを買うわけには・・・。と二の足を踏んでいたのです。

と、思っていたところにやってきた工房アイザワの営業部長。
この件について相談してみましたところ、「日本製でもレモン絞りあるよ、鳥のやつ。ウグイスって言うんだけど」という鶴の一声(ややこしい)。
そしてご紹介いただいたのがこちら。
DSC05763.jpg
レモン絞り ウグイス(SALUS 税込1,296円)

第二の鳥出現です。
あ~、写真で見る限りではやっぱり中国製の鳥さんのほうがかわいいな~、どうかな~。
と、悩んだ挙句に「どうせなら両方入荷して対決させよう!」となったのです。

「唐揚げレモン論争」ではなく、「鳥型レモン絞り対決」。
さてさて入荷した商品、まずはパッケージについてご覧いただきましょう。
DSC05775.jpg
中国製の方はパッケージなし、ビニールの袋入りです。
そして日本製のほうはなんともかわいいパッケージに入ってます。
レモンの絵とレモン絞り本体の写真、そして何より「若さと美容にハイ!レモン」のキャッチコピーが痺れます。
パッケージでは日本製の勝ち、かな。

DSC05770.jpg
そしていよいよ本体の見た目。
中国製の方はスリムでボディに羽のような模様が入っています。くちばしも長く、これはかわいい。
一方日本製のウグイスはポッテリとふくよかな印象。
ボディに装飾はなく、かなりデフォルメされた感じ。ただ、写真で見たよりもかなり実物はかわいいくて、見れば見るほど素晴らしい造形美。ボディの下に付いている脚?のお陰で自立するのもポイントです!

とはいえ、パッと見の印象だとやっぱり中国製の方が鳥っぽいかな…。


そんなわけでパッケージと本体の見た目では中国製と日本製、一勝一敗。
DSC05746.jpg
少々長くなりましたので、肝心の使ってみた感想はまた明日。
ついにレモン絞りの本領発揮です!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

HAPPY SPOT NARA 今年も「プラ美」に参加します。 [奈良のこと]

DSC05989m.jpg
10/22(日)。台風がくるという予報ですが、今のところACARTは営業しています。

DSC04629m.jpg
今日の看板猫、当番は長女です。
DSC02449mc.jpg
台風といえば、前回奈良に台風がやってきたのは今年の9/17(日)のことでした。3連休の中日だったこの日、猫スタッフの当番はやっぱり長女。この時は16時頃にあえなく営業終了となり、長女は名残惜しそうにお店をあとにしたのでした。
本日も様子をみながらの営業となりますが、閉店時刻まできちんとお仕事ができることを祈ります。


また昨日のブログでお知らせした県立図書情報館のイベント「薬草をおいしく食べる日2」は台風21号の影響により、終了時間を早める場合があるそうです。
DSC05982m.jpg
お出かけの際は開催の有無をご確認の上、お出かけください。

DSC05978m.jpg
さて、降り続く雨と台風のお陰ですっかりやる気をなくしてしまいそうな今日この頃。
先日発注したショップカードの新しいデザインが届きました。

DSC06041m.jpg
新しい・・・と言っても、今回も前と同じ構成の猫。
しかもなんでしょうか、今回の猫は長女と次女がピンぼけではありませんか。
ACARTしくじったか?
こんなショップカードを発注してしまうなんて・・・。
DSC06044m.jpg
と思ったら。おや。
一番奥に座っている末っ子にピントが合ってる!まさかの末っ子主役のカードなのでした。
実はこの前までのカードも好評ではあったのですが、末っ子ファンのお客様から「末っ子が小さい!」とお叱りをいただいておりました。
随分長くそのままにしておりましたが、この度はお客様のご要望にお応えすべく、末っ子にフォーカスしたカードを作成したのです。
末っ子ファンのお客様、お待たせしました。ぜひこちらもお持ち帰りくださいませ。


そして印刷物といえばショップカードが届いた昨日、さらにこんなものをお届けいただきました。
DSC06052m.jpg
11月1日から15日まで開催される、「プライベート美術館」の会場案内MAPとガイドブック。
「プライベート美術館」は公募によって集まった奈良県内の障害のある人のアート作品を日常の中で楽しむプロジェクトです。
いつも年明けの2月頃に開催されている「HAPPY SPOT NARA」の中の催しの一つなのですが、今回は「第32回国民文化祭・なら2017」「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」に合わせて規模を拡大して11月に行われます。

そんなプライベート美術館の案内MAPとガイドブック、早速見てみると・・・。
DSC06057m.jpg
今年2月に参加した際の当店(旧店舗)の写真を採用していただいているのです!
すごい!しかも見開きにデカデカと!
表紙のボリクコーヒー井岡さんの次くらいに目立ってるのではないでしょうか。
さらにすごいのは当店の写真の右端。
なんと本日出勤中の猫スタッフ長女がちゃっかり写り込んでいるではありませんか!
いいんですかね~、こんな狭いところにゴチャゴチャと作品を飾った写真で。しかも猫がいて。
DSC02544.JPG
このときの店舗のごちゃっと感を少々反省しつつも、猫スタッフまで載せてくださった運営の方のご厚意に深く感謝です。
プライベート美術館運営のたんぽぽの家のみなさま、ありがとうございます!

今回もACARTは素敵な作品を選ばせていただきましたので、11月1日からのプライベート美術館、どうぞお楽しみに!
DSC06059mm.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

明日は図書情報館で薬草のお勉強ができます。 [奈良のこと]

DSC05665m.jpg
冷たい雨の土曜日となりました。
それにしてもよく降り続く・・・。

DSC05501m.jpg
本日の猫スタッフは次女と末っ子です。
先週長女と珍しいコンビを組んだ末っ子でしたが、やはり次女と一緒の方が落ち着くようですね。
DSC05488m.jpg
また一人でお留守番となり正直ちょっとさみしかった次女も、今日は元気いっぱいやる気もいっぱい。

DSC03864m.jpg
末っ子はゆっくりですが猫スタッフのお仕事に慣れてきている様子。先週の長女とのコンビなどもいい経験になったのでしょうか。今までは閉店近くなるまでなかなかお店の中を歩き回ることがなかったのですが、最近はお昼頃でもお店をうろうろする姿を見ることができます。

DSC04124m.jpg
ときには床の上でごろんと寝転びリラックスしたり、次女とおいかけっこをして遊ぶことも。
あまり度が過ぎると営業に差し支えますが、今はまだ彼女の成長の証として見守っておくことにします。

本日もどうぞよろしくお願いいたします。


先週も今週も雨が続いていますが、本日の夜はオリオン座流星群が見えるハズだそうですね。
この雨ではどうやら難しいみたいですが、日本のどこかの地域でもし見ることができる方がいらっしゃったら楽しんでください。
DSC05082m.jpg
てるてる坊主で晴れ祈願しておきます・・・。


そんなこんなでお天気が心配ですが、明日は奈良県立図書情報館で

DSC06687m.jpg
〜奈良の和ハーブをまなんで楽しむマーケット〜
 薬草をおいしく食べる日2
10月22日(日)10:00—16:00

というイベントがあります。
古代からくすりの原料・生薬と深い関わりを重ねてきた奈良。
中でも生産が途絶えていた薬草「大和当帰」は、近年、県内の農家さんが栽培するようになるなど、今再び奈良ならではの素材として注目が高まっています。
今回はそんな話題の奈良県産薬草「大和当帰」についてのレクチャーも同日開催。

DSC05142m.jpg
他にも、奈良県産の薬草を使ったお菓子やパン、化粧品などのお店がならび、ワークショップも開かれます。“ 学んでおいしい奈良の薬草 ” をお楽しみください。

マルシェはもちろんのこと、興味深いワークショップも当日参加可能なものが多いので、雨の中ではありますがぜひふらっとお立ち寄りください。


また、明日22日は選挙がありますが台風が近づいているとのこと・・・。
今のところACART LIFESTYLEは営業の予定ですし、猫スタッフの担当は長女です。
DSC04310mc.jpg
足元が悪い中でのお出かけになりそうですが、選挙のついでに(台風の危険がなければ)ACART LIFESTYLEにもお立ち寄りください。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

工房アイザワさんも推薦!日本生まれの小さなフォーク [商品紹介]

DSC05689.JPG
当店が開店以来お取引をしてくださっている工房アイザワさん。その営業部長さんは、定期的に当店を訪れ、新潟の素晴らしい製品を紹介してくださるので、ACARTもお会いするのが楽しみなお取引先さまの一つです。
先日来られた時にご提案くださったのが、この小さなかわいいフォーク。
DSC05705.JPG
名前はただ「ヒメフォーク」。
新潟で作られているものの工場の名前やブランド名などは付いておりません。アイザワさんによると「昔はアイザワのカタログに載ってたから工房アイザワで出してもらっていいですよ」とのことなのですが、どこにもマークが無いので、今回当店では「ノーブランド」として販売させていただくことにしました。

DSC05673m.JPG
とはいえ、新潟県燕市でつくられている正真正銘の日本製。
ちなみにヒメフォークとはケーキフォークなどより一回り小さく、主に和菓子やフルーツなどを食べる際に使うフォークのこと。
カトラリーは西洋からやってきたものですが、このヒメフォークは日本で生まれたものの一つだそうです。
そのむかし、日本人がより日本の生活の中に寄り添うかたちにしたのだと推測します。

そんな日本生まれ日本育ちの由緒正しいヒメフォーク。
ツール部分はステンレス、柄はプラスチックでしかも3色あります。
DSC05677.JPG
鮮やかなオレンジは少しチープな感じもしますが、ポップで可愛さは一番。

DSC05670.JPG
ブルーは少しグレーがかった薄い水色。落ち着いたイメージで使いやすそう。

DSC05681.JPG
こちらは黒に見えますが、よく見るととても濃いブラウンなんです。
DSC05712.JPG
パッと見ると黒柄のちょっと高級なカトラリーにも見えてしまいます。ACARTの商品の中にも違和感なく紛れ込みそう。


ステンレス部分には小さな小さな「18/8」という刻印があります。18-8ステンレスという意味ですね。
DSC05693-001.JPG
DSC05699.JPG
柄の部分は容赦なく磨き跡が残っていたり、個体によっては接合部分のバリが残っていたり・・・仕上げはそれなりにラフ。
DSC05695.JPG
しかも色によって大きさが違っていて、今回入荷したものはブラウンだけが少し小さめとなっております。また同じ色の中にも微妙な個体差があるのですが、それもご愛嬌。
なぜならこの可愛さで日本製で、なんと1本108円(税込)なんですから。
ご家族全員分と、たまに遊びに来るお友達や親戚の分も揃えられそうなお値段です。

わらび餅やお団子、羊羹などの和菓子にも使えますが、この見た目はやはりフルーツ用に最適。
子供の頃、食後に「柿むいたよ~」とお母さんが運んでくるうつわに添えられていた(もしくはすでに刺さっていた)フォークとそっくりで懐かしい印象です・・・。
・・・いや、「そっくり」ではなく。
実はこのヒメフォーク、ACARTの実家にもあったのです!
柄の色はオレンジではなく赤。今や推定40年以上のビンテージ。
DSC05953m.JPG
前述のアイザワさんが店頭でご紹介くださったときに「あ!これ知ってる!実家にある!」と意外な場所での再会に驚くとともに、嬉しく思いました。
子供の頃に使っていた小さなフォークを、まさか売ることになるとは。どうりで懐かしいはずです。

そんなACARTの感動は良いとして、柿以外にもりんごや梨など、この季節は果物がたくさん出回ります。
美味しいフルーツの横に小さなヒメフォーク。優しくあたたかい家族の風景がありありと思い浮かびます。
フルーツだけでなくチョコレートやちょっとしたデザート、おつまみなど、爪楊枝代わりに色々お使いください。
DSC05686.JPG
日本人の生活にずっと寄り添ってきた懐かしくて愛らしいヒメフォーク、いかがでしょうか。
新潟燕三条のヒメフォーク オレンジ ¥108(税込)
新潟燕三条のヒメフォーク ブルー ¥108(税込)
新潟燕三条のヒメフォーク ブラウン ¥108(税込)

最後に今週末の猫スタッフシフトです。
DSC05509mc.jpg
まず明日土曜日は、「本来のコンビ」に戻って、次女&末っ子。
日曜日はいつもの長女(単独)となります。
お天気が心配ですが、ぜひ遊びに来てください!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ