So-net無料ブログ作成
2018年05月 | 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

雨女の猫と、季節外れの満開のコースター [商品紹介]

土曜日。開店直後から雨が降り出してしまいました。
出勤している次女はちょっと不満げ。
もしかして・・・雨女なんじゃない?
DSC00865mc.jpg
最近はお向かいのマンション工事の都合で、日曜日の出勤が多かった次女&末っ子。ここ数日は外装工事の音も大きくないので、今週は大きな音が苦手な次女(と相方の末っ子)が土曜日に登場!だったのですが、残念なお天気になってしまいました。
DSC00506mc.jpg
その時末っ子は!?
DSC00862mc.jpg
他人事みたいですね。

さて、あひろ屋さんの再入荷、最後は手ぬぐい生地のコースターです。
DSC07619.JPG
登場して以来当店でも安定した人気のコースター。
手ぬぐい生地が3枚重ねてあるので、裏表だけでなく、真ん中の柄も透けて見えるのが素敵なんです。
お店で、ご自宅で。コースターとして、花瓶の下敷として・・・たくさんのお客様にご活用いただいています。
今回も入荷はできたのですが、ちょっと少なめ・・・。
そして、・・・柄が桜!
DSC07613.JPG
あら満開!
実はあひろ屋さんに残っていた在庫が残りわずかで、その殆どを頂いてしまったので柄がちょっと偏ってしまいました。
あひろ屋さんからも「桜の柄ばっかりですけど・・・(ほんとにいいの?)」というお言葉を頂いていたのですが、当店の在庫も残りわずか。
お客様から「他にないの?」というお声も多く頂いていたので、「それでもいい!」とお願いして納品していただきました。とは言っても両面桜なわけではなくてもちろん片面だけなので、桜の季節ではないときは裏面を使えばいいだけなんです。
DSC07615.JPG
もちろん春はまた来るので、そのときには満を持して桜のほうを使いましょう!
そして桜以外もいくつかありますので、ぜひ店頭で裏も表も真ん中も、じっくりお選びください。
DSC07617.JPG
すべて柄が異なるため、店頭のみの販売となります。価格は1枚378円(税込)です。

また番外編として、実は今回はじめて手ぬぐいのサンプルというものを入手いたしました。
とは言えこちらは売り物ではないのでお売りできないのですが、店頭で柄を見ていただく展示用として使用させていただきます。
DSC07624.JPG
売り物ではない、という証・・・SAMPLEというハンコが押してあります 。
今までは商品を当店が買い取って展示するか、汚れないように気をつけて展示し、早いサイクルで展示替えしていたのですが、このSAMPLEのおかげで気兼ねなくお客様にも手にとっていただくことができそうです。
DSC07626.JPG
広げて見ないとその良さがなかなかわからない、というデザインもありますし、ぜひお気軽にご覧ください。

最後になりましたが、明日は日曜日。予報は「晴」です。
猫スタッフ長女がやってきます。
どうぞお楽しみに!


nice!(1)  コメント(0) 

夏至の夜にキャンドルナイト・・・でした。 [その他]

DSC05282mm-001.jpg
昨日6月21日は「夏至」でした。このところ続いた「小満」や「芒種」などのちょっとマイナーな二十四節気と違い、比較的有名なほうの二十四節気の一つです。

梅雨時期なので全体的に暗く、昼の長さを実感しづらい部分はありますが、北半球では一年で昼が最も長く、夜が最も短い日です。昼が一番短い冬至と比べると、昼間の時間差は4時間以上もあるのだそうです。

DSC07664m.JPG
そんな一年で最も日が長かった昨日は、いっせいに電気を消す日「キャンドルナイト」の日にもなっていました。

東京などで大きなイベントとなっている「100万人のキャンドルナイト」は、「でんきを消して、スローな夜を」を合言葉に、2003年にスタート。
夏至の日の20時から22時の2時間だけ、みんなで電気を消してロウソクの火を灯し、いつもよりゆったりした時間を楽しみましょう、というものです。

DSC06951mm2.jpg
また同じように環境省でも地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消すよう呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施(6月21日から7月7日まで)しています。
さらに6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の20時から22時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛けています。

そんな取り組みにいろいろな企業も連動していて、6月16日には、東京港区にある増上寺で「キャンドルナイト」のイベントが開催されました。
さらに六本木ヒルズ森タワーや、虎ノ門ヒルズ森タワーを管理する森ビル株式会社は、6月21日と7月7日に一斉消灯を呼び掛け、施設全体の消灯に取り組むとのこと。

もちろん強制ではありませんが、地球温暖化対策のため、そして豊かな時間のため、少しだけ電気を消してみる、というのも悪くないかもしれません。

そしてそんな夏至の夜、ACARTはまさにキャンドルの元でなにやらごそごそやっておりました。
DSC07668m.JPG
場所はならまちのとあるカフェ。
打ち合わせの内容は・・・まだ秘密です。
といってもなかなかすぐにお披露目はできないかと思いますが、またこのもくろみがかたちになりましたら、お知らせいたします。
今しばらくお待ちくださいませ・・・。

DSC07583m.jpg
最後に、明日の猫スタッフは久しぶりに次女と末っ子が土曜日に出勤いたします。
こちらもなにか相談、でしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

nice!(3)  コメント(0) 

そして、あひろ屋さんの新入荷です [商品紹介]

DSC07661m.jpg
木曜日です。本日は夏至。
ようやく雨も去り午後からは晴れるとの予報です。
今週は月曜日から地震やら何やらで世の中的にざわざわとしていたせいか、ちょっと曜日の感覚がおかしくなっています。当店にとっては定休日に起こった地震でしたから、あまり関係はなかったようなものの・・・。そのあと雨の雨の影響もあり、今週はいつも以上に人出が少ないせいかもしれませんね。

地震の余震はもちろん、大雨の被害などもないことを祈ります。
とにかく安全第一で、奈良を訪れる方もどうぞお気をつけていらしてください。

DSC01512mm.JPG
さて、そんな心配な日が続きますが、商品のご紹介を続けたいと思います。
本日は、あひろ屋さんから当店に初めて届いた手ぬぐいたちです。

滝縞(紫色ぼかし)
DSC07629.JPG
涼やかな色合いのボカシ染めと縞で滝をイメージしたデザイン。以前は青色を置いていたのですが、今回は紫色が入荷しました。
DSC07633.JPG
店頭に並んでいると・・・ただのストライプに見えますが、広げてみると鮮やかな紫色のグラデーションが現れます。そんなサプライズも魅力ですね。
あひろ屋てぬぐい 滝縞 紫色ぼかし ¥1,296(税込)

石畳
DSC07645.JPG
前回のあひろ屋さん入荷時には「あづま袋」で納品された柄「石畳」。実はずっと前から狙っていた柄なのですが、染めあがりと当店の発注のタイミングが合わず、長らくご縁がなかった柄。
やっと入荷できてホクホクです。
柄について正しくお伝えできるように、あひろ屋さんの説明から引用させていただきます。
“色違いの正方形を交互に並べた幾何学模様は、世界各地でみられる原始文様で、日本では奈良時代は「石畳」、平安時代は「霰」、江戸時代は歌舞伎役者の佐野川市松が愛用したことで、俗名として「市松」と呼び名が変化してきました。石畳文様を部分的に配置したデザイン”
あひろ屋てぬぐい 石畳 ¥1,512(税込)

縞市松(鳩羽色)
DSC07636m.JPG
こちらも以前は別の色で入荷していたのですが、今回は初めての「鳩羽(はとば)色」。
柄の説明は「伝統的な市松模様と縞を合わせた柄」とのこと。しかもこの柄の「縞」部分は同一ではなく、縦と横に並ぶ縞のバランスを確認しつつ違う縞模様を描いたのだそうです。
DSC07639m.JPG
また、今回入荷の鳩羽色の地色はピンク色がかっていて、地色と柄色の染料が反応し、少し不思議な染め上がりなったんだそうです。ピンク色のフチドリに薄紫色という柄が素敵ですが、いつもこうなるわけではなく、これはおそらく偶然の産物。
こんなことが起こるのも、注染の手ぬぐいのおもしろいところですね。
あひろ屋てぬぐい 縞市松 鳩羽色 ¥1,296(税込)

蕨(柚葉色)
DSC07643.JPG
春の訪れを告げる蕨(わらび)。こちらは柄としても初めて。春ではないのですが、ずっと欲しい柄だったので入荷してしまいました。くるくるっとした蕨がかわいいですね。おめでたい文様でもあるそうです。
あひろ屋てぬぐい 蕨(わらび) 柚葉色 ¥1,296(税込)

DSC07634.JPG
今回も素敵な手ぬぐいがたくさん届きました。
梅雨時期でも乾きやすく、たくさん拭けるので雨に降られたときも重宝します。
ぜひ店頭でごらんください。
オンラインストアでもお買い求めいただけます。

ACART LIFESTYLE online store 「あひろ屋」商品一覧


nice!(3)  コメント(0) 

あひろ屋さんより、久しぶりの再入荷です。 [商品紹介]

当店のようにな小さな店にもいつも気遣いをくださるあひろ屋さん。
ストイックに作品を追求する職人のような方なのですが、一方で女性らしく気配りと優しさのあふれる素敵な作家さんです。
今回もちょうど大阪での震災があった折に発送となってしまったため、当店の人間スタッフや猫スタッフに対して大変ご心配をいただきました。
DSC07584m.jpg
そんな混乱の中無事に届いたあひろ屋さんの手ぬぐい、いくつか新柄もあるのですが、とりあえず再入荷をご紹介します。


海月(紺色)
DSC03391.JPG
立ち上る泡のような柄はよく見るとクラゲ!当店にはクラゲモチーフの商品がいくつかありますが、こちらはよく見ないとわからない、控えめで奥ゆかしいクラゲです。
広げて見るとより美しいので、ぜひ店頭で広げてください。
あひろ屋てぬぐい 海月 紺色 ¥1,188(税込)

しゃぼん玉
DSC04926-001.JPG
この季節にピッタリの色、柄。
濃い紺色地とマットな水玉がモダンで素敵です。
雨でできた水たまりも、こんなにかわいいと嬉しいのですが。
あひろ屋てぬぐい しゃぼん玉 ¥1,404(税込)

岩燕(灰色)
DSC01841.JPG
人気の岩燕、別名夕闇バージョンの紺色がそろそろ減ってきたので、灰色が入荷しました。
紺色も素敵なのですが、岩燕のかっこ良さ、渋さを感じるのはこの灰色のほうかと思います。あひろ屋さんらしい、粋で素敵なデザインです。
あひろ屋てぬぐい 岩燕 灰色地  ¥1,404(税込)

鉄線唐草(花色:紫)
DSC03382m.JPG
「鉄線」とはクレマチスの花のこと。暑い夏でも比較的強い、かっこいい花です。
この鉄線の茎を縁起の良い唐草模様のようにデザインした柄。
華やかですが白地に緑や紫がどこか涼しげで、夏にピッタリの爽やかな手ぬぐいです。
あひろ屋てぬぐい 鉄線唐草 花色:紫 ¥1,188(税込)


折り紙(赤色)
DSC01852.JPG
やっこさんや手裏剣、鶴など懐かしい折り紙が淡々と並んだ柄。白地に赤という非常にシンプルな色使いですが、それを思わせないかわいらしさ。
久しぶりの赤が入荷です。
あひろ屋てぬぐい 折り紙 赤 ¥1,080(税込)

箸格子(朽葉色)
DSC00649.JPG
前回入荷して人気だった箸格子の朽葉色。今回は少し多めに入荷しました。
実際に見るとこの朽葉色が渋くて素敵。お箸が格子状に並んだちょっと変わったデザインも「実はこれお箸なの」とお友達に自慢したくなります。
あひろ屋てぬぐい 箸格子 朽葉色 ¥1,188(税込)

このほかにも入荷していますが、とりあえず本日はこれまで。
DSC06214mm.JPG
その時々で入荷できる柄は限られますので、「あの柄はいつ入るの?」などのお問い合わせやお取り置き、注文のご希望も承ります。
手ぬぐいシーズン到来です。ぜひ店頭でたくさん広げて、お気に入りを探してください。


nice!(3)  コメント(0) 

ドビー織の贅沢なハンカチ [商品紹介]

定休日を挟んで、火曜日になりました。
昨日の朝の地震。ACART LIFESTYLEのある奈良市は震度4程度でしたが、自宅ではけっこうな揺れを感じました。
定休日とはいうものの、やはりお店の状況が心配だったのですぐにお店へ。
割れ物盛りだくさんの店内ですが、どの商品も棚から落ちることもなく無事でした。
DSC07558m.jpg
唯一落下したのは六七堂の張り子のウグイスさん。高さ3cmほどの鏡餅から飛び降りたようでした。

またこのニュースを見て、猫スタッフやお店のことを心配した方や遠くの友人、知人、お客様、取引先様からメールやメッセージを沢山頂きました。
ご心配いただき、ありがとうございました。

ACARTも、猫スタッフももちろん無事です。
大きな地震を経験したことない次女と末っ子は地震当時大パニックで2階へ逃げていき、夕方までビクビクしていましたが・・・。
東日本大震災当時、東京に住んでいた長女は平然としていました。やはり年の功。
DSC07587m.jpg
しかしながら、今回の地震で被害に合われた方には心よりお見舞い申し上げます。
怪我や家財の損壊、お仕事上の損害のようにニュースになるようなものでなくても、お友達との楽しい時間が失われたり、お気に入りの持ち物が壊れてしまったというようなごく個人的な損害も含め、一日も早く日常が戻ることを願うばかりです。


さて、気を取り直して本日も商品のご紹介。てるてる三姉妹の続きです。
DSC07407.JPG

京東都より、青時雨シリーズのかわいいハンカチが届いています。
DSC07395.JPG
ハンカチドビー しずく・てるてる

明日の天気を晴れにしてくれる「てるてる」と、空からぽたぽたと降っている「しずく」柄を刺繍したドビー織のハンカチです。
爽やかな 白地に明るい青が印象的。

DSC07406.JPG
ドビー織のハンカチは薄手で気持ちの良い肌触りが特徴。
汗を拭くのはもちろん、この季節は雨に濡れた体や洋服、バッグなんかを拭いてもすぐに乾くので衛生的ですね。
また、スカートやパンツのポケットに入れたい方には薄くて嵩張らないのでおススメ。
DSC07402.JPG

DSC07388.JPG
刺繍とドビー織でちょっと贅沢なハンカチ。
プレゼントにもきっと喜ばれると思います。
雨の多いこの時期も、季節感あふれる小物で乗り切りましょう!

京東都 ハンカチドビー てるてる ¥1,512(税込)
京東都 ハンカチドビー しずく ¥1,512(税込)


nice!(2)  コメント(0) 

猫柄のレッグウェア [商品紹介]

本日、率川神社では伝統のゆり祭が行われています。
当店の近所には残念ながらやってこないのですが、神社から三条通、商店街などにはゆり祭の行列が巡幸します。
DSC00330m.jpg
三枝祭(ゆりまつり)
6月17日(日) 13時15分~ 七媛女(ななおとめ)・ゆり姫・稚児行列安全祈願祭、市内巡行(約2時間)
近くへお越しの方はぜひご覧ください。


そして本日の猫スタッフは次女と末っ子です。
DSC06428m.jpg
良いお天気で早速日向ぼっこに興じる次女。
DSC00933m.jpg
そして、エアコンの効いた部屋だと少し寒いのか、珍しくブランケットの中からお客様に見つからないようにこっそり店内の様子をうかがう末っ子。
そう、猫は基本寒がりです。

昨日出勤していた長女も、日中は直射日光の当たる暑いところで日向ぼっこをしている姿をよく見かけますが、あれはただただ寒いから。別にACARTが意地悪をして天日干ししているわけではなく、気に入って暑い場所で寝ています。
それだけの寒がりですから、自宅では夏に冷房の効いた部屋には猫がよりつかず、別の暑い部屋で仲良く寝ている三姉妹をよく見かけます。
とにかく寒いのが苦手!

そんな猫と同じく冷房が苦手なのが・・・女子!
家のリビングやオフィスなどエアコンの効いた場所にいると、真夏でもカーディガンを羽織ったり膝掛けをしたり、という話をよく聞きます。

ACARTの女性スタッフ(人間の)も例外ではなく、特に足元なんかは年がら年中冷え冷えです(歳のせいもありますが)。
でも足元冷やすのは良くないらしいですねー。ふくらはぎから足首、あっためないとだめなんだそうです・・・。
DSC06429m.jpg
そんな足冷え族の女子の皆さんに朗報です。

冬はもちろん意外と寒い夏のオフィスでも活躍する、かわいいかわいい猫のレッグウェアがやってきました!

DSC01177m.jpg
全体に猫の柄がリピートされた生地を使い、上下には色違いのリブがセンス良し。
猫の生地は全部で4色。

DSC07449m.jpg
アイボリーやデニムは今の季節にピッタリの爽やかさですし、ネイビーとベージュは比較的お洋服を選ばず合わせやすいかと思います。

長さはたっぷりあるので、膝下から足首の辺りでたるませてかわいく履くことができます。
伸ばすと膝上までいけそう。
DSC07455.jpg
丈が短めのパンツや、スカートなら逆に長めのスタイルに合わせるととても素敵です。
しかも大胆な猫柄は猫好きをアピールするのにもってこい。
猫祭りの猫正装にもいかがでしょうか?
価格は税込2,592円です。
ACART LIFESTYLE online store 「レッグキュート」商品一覧

20180617c.jpg
実はこちらを制作されているのは、きたまちにお店があるFu-raさん。このレッグウェアはFu-raさんでも人気の「レッグキュート」という商品なんです。
ACARTも昨年これを購入してからずっと気に入って愛用しているのですが、かわいいしとにかくあったかい!
DSC01186m.jpg
お店でも履いていると、お客様から多くお問い合わせをいただいたので、今回お取り扱いをさせていただくことになったのです。

ですのでFu-raさんのお店には猫以外の柄や、今の季節はもう少し涼しげなリネンを使った「レッグリネン」などもございます。
もし当店でご覧いただき、「他の柄も見たい!」などご興味ありましたら、ぜひFu-raさんの店舗にも足をお運びいただけたら、と思います。

もちろん、Fu-raさんの看板商品であるエプロンやその他の小物類もいろいろあります!来月にはきたまちウィークもありますので、きたまち散策のルートに入れてみてはいかがでしょうか?

DSC06365m.jpg
Fu-ra
http://sewingfu-ra.shop-pro.jp/
奈良市多門町26
OPEN 木・金 10:00-15:00/第2・4土曜日 11:00-16:00
(イベント等で変更になる場合があります。詳しくはHPでご確認ください)

nice!(2)  コメント(0) 

三姉妹 praying for good weather [商品紹介]

DSC07343m.JPG
梅雨に入って一週間とちょっと。
雨が降るかと思ったら降らない先週末、そうかと思うとしっかり降る昨日のような日。一方で今週半ばの爽やかな日もあったものの、全体的にはどんよりとした梅雨らしい日が多くなっています。
これから7月のはじめころまでこうしたお天気が続くのかと思うと、やはりちょっと憂鬱ですね。

出勤している猫スタッフは・・・何を思うのか。
DSC00335m.JPG
本日は長女。
DSC00383m.JPG
今週末はなんとか雨は免れたものの、来週のお天気は未だ余談を許しません。お日様大好きな長女には大問題。
そういえば、来週末は猫まつりのイベント「猫もの市」が奈良町物語館で開かれます。
きっと多くの人が来られると思いますので、ぜひ晴れてほしいものです。
てるてる坊主を吊るして、お願いをしましょうか。
DSC07216mmm.JPG
げっ(雑なコラージュ)、猫スタッフ三姉妹が揃って「てるてる坊主」!?

あ!そういえば、京東都から「てるてる三姉妹 各¥918(税込)」が久しぶりに届いていたのでした。
DSC07412.JPG
店頭にはなぜか五兄弟のうちの三男と四男のみが出番を待っていたのですが、ちょっとさみしいので久しぶりに入荷してみました。

てるてる三姉妹、それぞれの性格は
DSC07425mc.jpg
へのへのもしこ。しっかりものの長女。
DSC07421mc.jpg
へへへへもしみ。おとなしく物静かな次女。
DSC07417mc.jpg
へいへいもしえ。ちゃっかり者の末っ子。

次女だけがどうも違いますが、長女と末っ子は当店の猫スタッフと同じですね。

DSC07352m.JPG
この「てるてる坊主」たち、店頭に展示していると海外の方に「これはなに?」とよく聞かれます。
ですよね・・・。見たことない方には不思議だと思います。

調べてみると、「てるてる坊主」にドンピシャの英語の単語って無いらしく、「お天気が晴れるように祈るための人形」みたいな説明形式になっちゃうそうです。
説明しづらい・・・。

DSC07429m.JPG
そうしてカタコトで説明してわかっていただけたのかどうなのかわかりませんが、笑って買ってくださる海外の方もいらっしゃるので、やはりこのてるてる坊主たちのかわいさは万国共通なのでしょう。

青時雨シリーズの新入荷などもあったのですが、てるてる坊主の話でちょっと長くなってしまったので、本日はこの辺で。

明日はのんびり屋の次女とちゃっかり者の末っ子が出勤します。


nice!(2)  コメント(0) 

見えてきた全貌。興福寺中金堂 [奈良のこと]

DSC07308m.jpg
現在再建中の興福寺中金堂が今まさに完成に近づこうとしています。
この工事が始まった頃には「出来上がりはまだまだ先だなぁ」と思ったものですが、もう平成30年、落慶まであと少しなんですね。
今年10月7日~11日には落慶法要が執り行われ、一般の参拝は20日からとのこと。
時の流れは早いものです。

DSC09139m.jpg
「その全てをこの目で見てきた!」というわけではないですが、いつもそばで拝見し、移り変わっていく姿を折に触れて写真におさめていたACART。
DSC09441m.jpg


もうすぐ完成・・・というここ最近、日々着々と覆いがとれて姿を現し始めました。
DSC06768m-002.jpg
5/17屋根の幕が外され、側面も上側半分が外されています。
DSC07097m-001.jpg
6/1には覆い屋根の柱が半分撤去され、いよいよ中金堂の本物の屋根が登場。
DSC07302m.jpg
6/12屋根が完全に露出。大きく周りを取り囲んでいた側面の足場もずいぶん小さくなり、中金堂自体の大きさがよくわかるようになりました。

ところで、興福寺中金堂とは?
奈良時代に創建されたものの、その後7回も焼失したと言われる中金堂。興福寺伽藍の中心とされる重要な建物です。
DSC09391m.jpg
江戸時代1717年の焼失から約300年という長い年月を経て、やっと今回再建に至ったのだそうです。
(消失から約100年後1819年に仮堂として再建され、中金堂の役目をはたしてきましたが、老朽化から2000年に解体、今回の再建計画が開始されました。)
大きさは創建当初と同規模で、幅約37メートル、奥行き約23メートル、高さ約21メートル。これは東大寺大仏殿に次ぐ巨大な木造建築なんだとか。


DSC09444mm.jpg
ACARTは2015年に開催された 「中金堂再建現場 ~天平伽藍復興の要、最大級の木造建築、ついに公開!」 にも足を運んだのですが、

http://acartlifestyle.blog.so-net.ne.jp/2015-04-17
DSC09418m.jpg
それから3年経ち、囲いの中に入ってしか見られなかった中金堂の屋根も、とうとう外から眺められるようになりました。

DSC09388mm.jpg
現在はまだ内部は見ることができませんが、完成後の中金堂の内部には仮金堂に安置されていた江戸時代の釈迦如来坐像がご本尊として安置されます。そのほか薬王・薬上菩薩立像(重文)、吉祥天倚像(重文)、大黒天立像(重文)、四天王立像(国宝)もおさめられるとのこと。さらに日本画家、畠中光享さんが法相宗の祖師を描いた柱絵にも注目です。

DSC09484m.jpg
ちなみに柱と言えば。この中金堂を支える巨大な柱は計66本。しかしながら今の日本では最大で直径約80cm、長さ約10mという大きな柱に使える大木は手に入らなかったそうで、カメルーンのケヤキを使用した、という話を聞きました。
カメルーンという遠い国からやってきた柱、改めてこの再建の規模の大きさを感じます。


また、この中金堂の再建が終わったら北円堂をはじめ境内の広い範囲にわたって調査修復がはじまるとのこと。まだ詳細な内容やスケジュールはわからないのですが、興福寺伽藍の再建は中金堂の落慶がスタートともいえるそうです。まだまだ再建は終わらないのです。

足場に囲われている姿を見るのもあと少し。
ある意味珍しいこの姿も、奈良を訪れた思い出になるかと思います。
ぜひ奈良へ足をお運びいただき、今この時をご覧ください。
現地では興福寺の猫スタッフさんが案内してくれるかもしれません。
DSC04668m.jpg
また10月の一般公開の際にご旅行を計画中の方は、そろそろ宿の手配も考えておいてくださいね。

そうそう明日は土曜日です。
ACART LIFESTYLEも週末恒例の猫スタッフが出勤いたします。
担当は・・・すみません。今週も土曜が長女です。
DSC01121m.jpg



nice!(2)  コメント(0) 

風神さまと雷神さまが登場。 [商品紹介]

DSC07271m.jpg
本日も梅雨とは思えない良いお天気になりました。
ここ数日は昼間も爽やかな過ごしやすさでしたが、今日は少し暑くなりそう。いまのところ週末の天気も良さそうとのことですが、激しい雨と風、そして雷の神様はどこかにお出かけ中なのでしょうか?

あ、ここにいた!
というわけで昨日に引き続き、本日も京東都の商品のご紹介。久しぶりの新作ワッペン「風神雷神」です。
DSC07371m.jpg
背に担いだ風袋から風雨を吹き出す緑色の風神と、輪になった太鼓を叩いて雷鳴を轟かせ稲妻を起こす白い雷神。

DSC07368mm.jpg
「風神雷神」といえば、最も有名なのは京都建仁寺の風神雷神図(京都国立博物館蔵)。作者は俵屋宗達とされ、後には尾形光琳や酒井抱一によって模倣した作品が制作されています。それぞれの作者によって風神雷神図は微妙に様子が違いますが、このワッペンがモデルとしているのは、おそらく俵屋宗達のそれと思われます。
DSC07366m.jpg
それにしてもこのイカツさ、なかなかの圧を感じます。
当店限定の阿修羅わっぺんといい勝負かも。

DSC07382m.jpg
と、思ってよくよく見ると、意外とかわいいというか、ユーモラスなお顔をされています。お顔の塗り分けや色使いはとても緻密で正確に風神雷神を模しているのですが、同時にいい感じにデフォルメされ、ちょっと憎めない表情。この辺りはデザイナーのスリーミンさんのお力でしょう。

DSC07363m2.jpg
とにかくこれはめちゃくちゃカッコいい!ということで、発見してすぐに注文。
しかもけっこう人気出るはず、とちょっと多めに入荷していますが、心配な方はお取り置きも承ります!オンラインストアでもお取り扱いいたします。
父の日のプレゼントにも!
京東都 ワッペン 風神雷神 ¥1,296(税込)


nice!(2)  コメント(0) 

久しぶりに京東都の再入荷です! [商品紹介]

DSC07327m.jpg
6月13日(水)。
梅雨入りしてから雨が降りそうで降らない日が続いていますが、今日は久しぶりに爽やかで気持ち良いお天気です。
梅雨の中休み・・・というか中だるみ?と思うくらいに、奈良では最近はあまり雨が降っておりません。

それはそうと、品切れや品薄になっていた京東都の商品が久しぶりに再入荷しています。
当店の商品ラインナップに無くてはならない存在の京東都なのですが、ここのところ他の商品やなんやかんやに押され気味で、すっかりご無沙汰しておりました。
DSC02288m.JPG
やはりこの時期ですから、猫関連のあれこれ。
ただ今ならまちでは「にゃらまち猫祭り」が絶賛開催中!
DSC180613.jpg
当店は不参加店舗ですが、もともと猫の商品はいろいろと置いていますし、なんと言ってもスタッフが猫。
DSC00890mc.jpg


というわけで、いつも「猫のもの」は豊富に揃えているつもりなのですが、最近はいくつか品切れになってそのままにしておりました。
DSC02134m.JPG
まずはやはり猫の足袋ソックス¥1,026(税込)。
奈良で編まれているのでお土産にもピッタリ。
一番人気の「みけ」が欠品中だったのですが、たくさん入荷しています。


DSC03250.JPG
そしてティッシュケース¥1,026(税込)も最も汚れが目立たない人気の「くろ」が品切れでしたが、再入荷しています。ティッシュケースに関しては「みけ」や「たま」よりも実用性重視で「くろ」なのです。
また品薄だったキーホルダー¥1,026(税込)の「くろ」「みけ」も再入荷しています。


DSC01467.JPG
またハンドタオル¥1,080(税込)は「みけ」と「たま」が再入荷。
こちらは「くろ」が若干足が遅い感じで、ごく僅かに店頭に残っていました。
ハンドタオルはどれも真っ白なので「汚れが目立つかどうか」はこの際関係なく、好みの猫が選ばれた結果なのでしょう。


DSC02128.JPG
猫シリーズの最後は、ものすごく久しぶりに入荷のベビーソックス¥972(税込)、「とら」と「みけ」。
とっても可愛いくて店頭でもすぐに売れてしまったのですが、正直当店ではユーザーがピンポイント過ぎるなあ、という理由で一度入荷してからお取り扱いしておりませんでした。
大人用とデザインはほぼ同じで「キュッ」と小さくした感じですが、「とら」については色合いもマイルドで優しい雰囲気になっています。
ご出産のちょっとしたお祝いにいかがでしょうか?

この他にもきのこブローチやキーホルダーなどなど入荷していますので、今後少しずつご紹介していきます!

ACART LIFESTYLE online store 「京東都」商品一覧



nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年05月 |2018年06月 |- ブログトップ

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ