So-net無料ブログ作成
奈良のこと ブログトップ
前の10件 | -

修二会の前行「「別火」はじまる [奈良のこと]

DSC02350m.jpg
先日、転害門前で行われた「二月堂 竹送り」をご紹介して、「もうすぐ修二会ですよ~」と記事に書きましたが、本日2月20日は修二会に参加する僧侶たちが前行の「別火」に入る日です。

DSC04045m.jpg
昨年12月16日に今年の二月堂修二会に参籠する連行衆が発表されましたが、その連行衆が修二会の前にさまざまな準備をする期間が「別火」で、期間は2/20~2/28。
別火とは書いて字のごとく「火を別ける」こと。 用いる火を世間と区別して精進を期するもので、東大寺戒壇院の庫裡を別火坊と称して、練行衆全員が泊まり込みで行います。
また別火にも前半と後半があり、2/20~2/26が前半の試別火(ころべっか)、その後28日までが後半、惣別火(そうべっか)と呼ばれます。
DSC08624m.jpg
試別火ではいろいろな制約はあるものの境内であればちょっとした外出くらいはできますが、2/27からの惣別火に入ると座る場所や暖を取ることさえも制限され、私語ももちろん禁止、修行はさらに厳しくなります。
この別火の間、練行衆たちは精進潔斎しながら修二会のために必要な道具を作ったり、暗い場所で声明を読み上げる練習したりと、物心ともにさまざまな準備をします。
そして2月末日には二月堂下の参籠宿所に移動し、1日深夜からいよいよ本行が始まります。

DSC02304m.jpg
そんな別火が行われるのが大仏殿の西側、戒壇院別火坊。
今年は少し前までこの場所は工事中で入れなくなっていたのですが、どうやら工事は終わったようで門は開き、別火坊には看板が。
DSC02306m.jpg
昨日は19日だったのですが、早いうちから看板も出てるんてすね?
と思ったら、実はすでに別火に入られている僧侶がいるとのこと。
今年は新入と呼ばれる初めて修二会に参加する僧侶はいませんが、初めて大導師を務める新大導師が、他の僧侶に先駆けて2月15日には試別火に入っていました。新大導師は一足早く準備を進め、心身を整えていくんですね。
DSC02313m.jpg
さすがに新大導師の姿は拝見できませんでしたが、別火坊には沢山の軽トラが集い、ものものしく準備が始まっていました。

3月1日の本行を前に、すでに修二会は静かに始まっている、別火坊をみるとそんな風に思います。

そしてせっかくなので、修二会が行われる二月堂へもお参り。
DSC02375m.jpg
こちらはこちらでやはり世界の軽トラ博覧会、ではなく、準備が進んでいました。
二月堂修二会は毎年沢山の方が訪れる有名な行事。
その人々が安全に観覧できるように、あちこちに竹の柵が作られていました。
DSC02387m.jpg
先日の竹送りで奉納されたものでしょうか、竹もたくさん。

DSC02359m.jpg
奈良時代から一度も途切れず今年で1267回目の二月堂修二会。
もうすぐはじまります。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

今日の火と実coffeeはboardgameと出張kasiさんの日! [奈良のこと]

DSC09765m.JPG
本日のACARTには猫スタッフ次女と末っ子が出勤しています。
家ではドタバタと賑やかな2匹なのですが、お店ではどういうわけか「おとなしいですね~」と褒められます。
DSC00511m.JPG
ACART的には「猫を被っている次女」と「借りてきた猫の状態の末っ子」なだけなんですけど。
そんな2匹が本日も皆さまに可愛がっていただこうとスタンバイしております。

さて、最近他店様のイベントなどのお知らせが多くなっておりますが、本日も今まさに開催中の楽しい催しをご紹介します。
DSC09866m.jpg
最近ちょっと当ブログから姿を消していた「火と実coffee」。
ACART的にはよく会うので全然久しぶりではないのですが、このブログに登場するのは久しぶりですね。
そんな火と実coffeeで本日はハイブリッドなイベントを開催中です。

boardgame seringo さんと
  出張kasiさんが火と実coffeeに集結。
20180217-1.JPG
そう。boardgameと出張kasiさんの日!です。
kasiさんのパンとseringoさんのボードゲーム体験、そしてこの日限定の火と実coffee特製ホットドッグがお楽しみいただけます。

DSC09871m.jpg
kasiさん(正式な表記は「käsi」と書いて「かし」)とは、ならまちから西へ約10km、高円山よりずっと向こう、奈良市茗荷町の高原で週3日ほど営業されているカフェ。スイーツやサンドイッチなどの軽食はもちろん、ゆったりとした雰囲気が味わえるとあって人気のお店ですが、いかんせんちょっと遠い・・・。というわけで「気になってたけど行ったことない」という方にとっては絶好のチャンス。

DSC09886m.jpg
またseringo(せりんご)さんは、ならまちのイベントでは時々お見かけする有名人なのですが、ボードゲームの伝道師としての顔もお持ちとのことで、世界中のボードゲームをいろいろ紹介してくださいます。ボードゲーム体験は¥200の有料ですが、もちろん参加は任意なので、一度様子をみて面白そうなら参加するということもできます。

そして火と実coffeeオリジナルのホットドッグはボードゲームしながら片手で食べるのにぴったり!
この日のために火と実coffeeさんが試作に試作を重ねた自信作です。

人気のkasiさんのパンはもちろん、安定の美味しさ。
どちらも火と実coffee店内でお召し上がりいただけます!
DSC09879m.jpg
さらにはおやつ時の午後14時から「いちごのせあんバターサンド」も楽しめます(ACARTが立ち寄ったときはまだ販売前でしたので写真はございません)!
あんバターサンドのほか、焼き菓子もチーズケーキもありますので、ボードゲームに疲れたら休憩しておやつ、というのもいいですね。

せりんごさんのボードゲームとkasiさんのパン・焼き菓子と火と実ホットドッグは11時から。
いちごのせあんバターサンドは14時からです。
DSC09870m.jpg
ちなみに火と実coffeeの通常メニュー「ブランチ」はお休みです。
前回の出張kasiさんでも大人気だったパンや焼き菓子はもちろんお持ち帰りもOK。
すこしだけ過ごしやすい本日、ぜひぜひちょっと足を伸ばして西笹鉾町までお出かけください。

DSC04425m.JPG
火と実coffee
〒630-8291奈良市西笹鉾町2
営業時間 11:00~18:00(不定休※通常は月・木定休)
instagram #hitomi_coffee


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

注目のイベント「夜のminamoで福笑い」は只今予約受付中です [奈良のこと]

DSC02218m.jpg
しばらく続いた寒さも一段落、今週は少し過ごしやすい日が続いていますが、やはり奈良は観光のオフシーズン。春や秋に比べるとのんびりしています。
そのゆったりした感じが良い、とはいえ、やはりあまりに人が少ないと困るので、この時期の奈良のお店では趣向を凝らしたイベントがいろいろ催されるのです。

本日は、少し先の3月に当店も少しだけお手伝いさせていただくイベントの告知です。

奈良のWEB制作とデザインの会社「サトリデザイン」さんと、おなじみ「ASUNARA」さんの 一夜限りのイベント『夜のminamoで福笑い』が3月7日 (水) に開催されます。
DSC02159m.jpg
『夜のminamoで福笑い』
日時 / 3月7日(水) 19時~
料金 / 3,000円
所要時間 / 浪曲とおにぎりとお茶:1~2時間
会場 /珈琲と定食minamo

【プランに含まれるもの】
①浪曲師 玉川太福による「銭湯」がテーマの創作浪曲
②夜のminamo特製おにぎりとほうじ茶
③銭湯にちなんだ奈良名物アレコレと交換できるASUNARAクーポン
特別価格のオプションでASUNARAの着物(レンタル・着付け)を加えることもできます。

DSC02242m.jpg
会場のminamoさんは3日ごとに入れ替わる定食と、コーヒーやデザート、素敵な空間が人気のカフェ。
いつもは18時閉店のminamoさんが、この日ばかりは夜営業!あたたかな光に照らされた落ち着いた雰囲気の中、minamo特製おにぎりとほうじ茶を食べながら、浪曲を聴くことができます!

もちろんメインは玉川大福さんの浪曲。
みなさん浪曲ってご存知ですかね?サトリデザインさんの説明をお借りすると
DSC02165m.jpg
三味線の伴奏に合わせてフシ(歌)とタンカ(台詞)で物語る「浪曲」。譜面のないやりとりはしばしばジャズにも例えられます。玉川太福さんは浅草を拠点に活躍中の浪曲師。自身の日常生活をもとに創作するオリジナルの浪曲が魅力です!曲師は関西で活躍中の沢村さくらさん。静かな夜の奈良に響く太福節に、耳を傾けてみませんか?

だそうです。 実はACARTも聴いたことがないですし、そういう方多いんじゃないでしょうか?
もちろん観覧は初心者の方も大歓迎ですので、「ちょっと興味がある」という方はもちろん、「minamoさんのおにぎりが気になる」という方も、ぜひぜひご参加ください!


そしてACART LIFESTYLEも少しかかわらせていただいている「銭湯にちなんだ奈良の名物アレコレと交換できるASUNARAクーポン」ですが、こちらはイベント当日だけでなく、2018年3月7日(水)から、3月31日(土)の期間中に、対象の5店舗で交換することができます。
DSC02171m.jpg
その店舗は次の通り。
・珈琲と定食minamo [東城戸町28]
・TABI coffee roaster [椿井町5]
・花園新温泉 [花園町13]
・扇湯 [築地之内町16]
・ACART LIFESTYLE[鶴福院町25]

ACARTがご用意した銭湯っぽいアイテムはこんな感じです。
20180216-3.jpg
・お風呂に欠かせない「猫のハンドタオル」
・湯上がり顔の阿修羅さん「阿修羅わっぺん」
・お風呂から出たらやっぱりコーヒー牛乳「プシプシーナ珈琲のカフェオレベース」
のうちからいずれか1点です。

20180216-4.jpg
会場でもあるminamoさんでは「湯上がりの一杯に!ボトルビール1本」、椿井市場の中にあるTABIさんでもこれまた「湯上がりの一杯に!カフェオレ(HOT/ICE)」と交換することができるそうです。
また銭湯っぽい・・・っていうか、まんま銭湯の2件では、「入浴1回」と交換できます。
クーポンはイベント一週間前にお手元に届くとのことですので、イベントの当日のお昼に対象のお店をまわってお好きなものを選ぶこともできますし、後日改めてひと風呂浴びに行くこともできますね。

DSC02189m.jpg
普段は覗くことができない夜の「珈琲と定食 minamo」で浪曲を聴いて、素敵な夜をお過ごしください!
詳しい情報、ご予約はDEEPば奈良の情報サイトASUNARA内特設ページで!

最後は恒例、明日土曜日の猫スタッフのシフト発表です。
今週は・・・
DSC01092mc.jpg
です。よろしくお願いします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「にゃんのぼりめぐり」ってにゃんだ? [奈良のこと]

DSC06758mc.jpg
と首をかしげる次女と末っ子。
本日2/11(日)もACART LIFESTYLEには猫スタッフが出勤中です。
昨日に引き続き同じメンバーが担当ですが、生憎の雨となってしまった昨日だけでは働いた気がしない!と頼もしい発言をいただいております。
本日も19時すぎまで、皆さまのご来店をお待ちしております。

何度もお伝えしているように、2月の奈良は観光のオフシーズン。街で他のお店の方と出会っても「ことしの2月も厳しいね」と言うのが合言葉のようになってしまいます。

近年では中国からのお客様が増え、さらに中国のお正月にあたる「春節」の時期にもあたるため、奈良公園は2月とは思えない賑わいとなっています。とはいえ、訪日客の来訪目的が圧倒的に「鹿のみ」という悲しい現状のため、儲かってるのは鹿せんべいの屋台だけじゃないの?と言われる始末。
DSC01850m.jpg
あっ鹿せんべいの看板が鹿的餌になってる!?

と・・・泣き言ばかり言ってもしょうがない。
ちゃんと自分たちで何とかしないと!という動きが近年そこかしこでみられます。
例えば昨日ご紹介した「なら瑠璃絵」も、もともとは観光客の谷間となる2月に冬の奈良の美しさを知っていただくために始まった・・・という話も聞いたことがありますし、かつては同じように梅雨時の6月が谷間だということから「にゃらまち猫祭り」がスタートした・・・などという話も。

そんな2月の奈良をもっと楽しくしたいという想いを持ったならまちの名物店の店主さんたちが、今年新しいイベントを立ち上げられました。
20180211.jpg
その名も「にゃんのぼりめぐり」
下の7つの個性的な人気店が合同で開催されるイベント。
顔ぶれをみておわかりのとおりキーワードはやはり「猫」。2月9日(金)から2月22日(木)の期間中、それぞれのお店に飾られた「にゃんのぼり」を見て回るというイベントだそうです。
「にゃんのぼり」とは簡単に言うと猫の鯉のぼり。それぞれのお店が製作した個性溢れるにゃんのぼりは見ているだけでも楽しそうですが、期間中それぞれのお店では期間限定のいろんなサービスやグッズを用意されているそうです。

こちらがACARTが一番恐れている…じゃなかった尊敬している大先輩、ご存知necocoさんのにゃんのぼり。
DSC01866m.jpg
necocoさんらしさ満開のかわいい猫さんがお店の入り口で元気よくたなびいています。

DSC01861m.jpg
他のお店のにゃんのぼりもみんな個性的でかわいいものばかり。といってもACARTもまだ直接は見ていないので、ぜひ皆さんもこの機会に各店舗をまわってみてください。

DSC01874m.jpg
そう言えば、このイベントの最終日であり、猫の日でもある2/22(木)はnecocoさんの開店記念日。今回で8周年!おめでたいです。

にゃんのぼりめぐり
 2/9(金)~2/22(木)
 <参加店>
 necoco
 がま口雑貨工房janji
 coto mono
 doco*ao
 ことあかり洋品店
 AB-CATS
 よつばカフェ

そしてもう一つ。忘れてはならないのが明日2/12(月・祝)開催、ASUNARAさん主催のイベント「とびきりの休日vol.5」です。
DSC00976m.jpg
こちらも5回目の開催となり、毎回季節はさまざまですが、奈良を華やかにしてくれるイベントとして、大変人気となりました。
DSC09085m.JPG
ご予約の方だけでなく、誰でも入れるマルシェ(こちらは午後13時半頃からゆる~くスタートするらしいです)もありますので、ぜひのぞいてみてください。
https://asunara.jp/event/tobikiri-dessert/

さて明日月曜日、ACART LIFESTYLEも祝日ですが振替営業。猫スタッフも出勤します。
担当は満を持しての長女・・・
DSC01868mm.jpg
ちょっとお姉ちゃん!何やってるの!?※もちろん合成です。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

幻想的な光の演出。なら瑠璃絵を見てきました [奈良のこと]

DSC01791m.JPG
昨日の夜はほんのすこーーーしだけではありますが、寒さが和らいだ気がしたACART。
チャーンス!とばかりに開催中のなら瑠璃絵に行って参りました。

と、その前に、本日土曜日は週末恒例、猫スタッフの出勤日です。
本日の担当は
DSC09445m.jpg
スタッっと飛んで現れた元気な末っ子と・・・
DSC00969m.jpg
早くも熟睡中の次女です。
本日はすでに小雨が降っており、夕方には強まるとの予報ですので、日程的に余裕のある方は瑠璃絵を明日に回して、ぜひ猫スタッフ鑑賞にいらしてください。光りませんが。

ちなみに明日日曜日もおんなじ次女&末っ子が出勤予定です。
長女の具合が悪いとかでは全くなく、人間スタッフの仕事の都合で、祝日の月曜日が長女の担当となりました。
DSC09597m.JPG
ね。元気そうでしょ。※過去画像です。家でイチゴはかぶりません。

さてさて話は戻って「なら瑠璃絵」です。
前回訪れたのは一昨年かその前だったので、かなり久しぶり。
ACARTが閉店後に急ぎ足で見ることができたのは次のエリアです。

①春日大社参道のミラーボーラーによる光の演出
DSC01769m.JPG
メイン会場などで見られるイルミネーションとはイメージが少し違って、現代アートのインスタレーションという感じ。
DSC01752m.JPG
ミラーボールで反射した光の水玉模様に360度とり囲まれて、自分が作品の中に入ったような感覚になる不思議な世界。ACART的にはこちらがお気に入りでした。

②奈良春日野国際フォーラム庭園イルミネーションと瑠璃絵マーケット
DSC01787m.JPG
庭園イルミネーション、すごくキレイです!写真だとあの圧倒的な眩しさと規模感が伝わらないので、ぜひ実物を見ていただきたいです!
DSC01806m.JPG
DSC01828m.JPG
それと昨日のみだった「十津川温泉足湯(無料)」で手だけ参加。でも硫黄の良い香りがして、「温泉いきたい!」ってなりました。十津川で手だけじゃなくて全身入りたいと思った方はきっと多かったでしょう。

③東大寺南大門ライトアップ
DSC01841m.JPG
DSC01842m.JPG
昼間は網のおかげで写真に写りづらい金剛力士像もライトアップだと撮りやすいですね。


春日大社祓戸神社前 での「光の夜神楽(観覧無料)」も見たかったのですが、19時~20時という時間の都合上残念ながら到着した時には終わっていました。

DSC01782m.JPG
え?見たのそれだけ?と思われた方、いらっしゃいますかね。そうですよね。
実は当店は19時までですので、そのあと行くとあまり時間がなくてたくさん見られないのです。
春日大社の夜間拝観や大仏殿の観相窓開扉、美味しいものが食べられる瑠璃絵マーケットは20時半まで。
庭園イルミネーションは20時45分までですが、仕事を終えてからだとけっこう色々ギリギリなんですよね。

とはいえ、こんなに寒いとあまり沢山の人が夜遅くまでいらっしゃることも見込めないですし、「もっと遅くまで営業して欲しい」なんて言えません。ここはぜひお早めに出掛けていただき、明るいうちからラーメンなど食べ、暗くなってからゆっくり会場を巡るのがオススメです。
また平日しか行けない方やお仕事帰りの方はなるべく早く行くか、思いの外時間がないことを念頭に置いて優先順位をつけて行動しましょう!

DSC01799m.JPG
そして大切なのは防寒です。すごく寒い日に比べるとマシでしたが、やっぱり寒かったです。行かれる方は本当に寒さ対策は万全になさってください。
最終日には【奈良公園バースデー花火・ライブ(観覧無料)】もありますので、ぜひお出かけください!


DSC01836m.JPG
第9回しあわせ回廊 なら瑠璃絵
2月8日(木)~14日(水)

春日大社・興福寺・東大寺 夜間特別拝観(一部拝観料要)
春日大社:御本殿、燈籠点灯(20時半まで)
興福寺:五重塔ライトアップ、東金堂夜間拝観(20時閉扉)
東大寺:南大門(21時まで)・大仏殿ライトアップ、観相窓を開扉・八角燈籠点灯(20時半まで)

奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
・冬七夕ロード願いの花たんざく:18時~20時45分
・夜参り提灯(無料、順次受付) :18時〜20時
・瑠璃絵マーケット:17時30分〜20時30分
・”しあわせココア”の販売:17時30分〜20時30分

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

絶品のチョコは和菓子なんです [奈良のこと]

DSC02900m2.jpg
昨日はバレンタインにぴったりのギフトをご紹介しましたが、バレンタインといえばやっぱりチョコレートですよね。
残念ながら当店はあまり積極的に食品類を販売しておりません。
プシプシーナ珈琲さんのコーヒーやショウガトウ、あと久保田農園さんのお茶はもちろんおすすめなのですが、チョコじゃない・・・。

そんなわけで他店さまのおいしいチョコレートをご紹介します。
DSC08583mm.jpg
先日もイチゴ大福をご紹介したのですが、今回も実は和菓子屋さん!
チョコなのに和菓子屋さん?不思議な組み合わせですが、実はこの和菓子のチョコ、絶品なんです。


DSC09471m.jpg
お店は餅飯殿センター街にある「御菓子処 優月(ゆうづき)」さん。
商店街の中のスパークさん、イシガミさんのお向かい、商店街と椿井小学校に抜ける道の交差するところです。ACART旧店舗から近かったので、以前はよく買いに行きました。

実は先日も奈良専門の旅行会社ASUNARAさんのブログでご紹介されていた優月さん。
地元の人に隠れファンの多いお店なんです。

ちなみにASUNARAさんは和風ぶっせを紹介されていましたが、これももちろん美味!
でも本日は期間限定、数量限定のおいしい「生チョコ大福」をご紹介します。
DSC01081.jpg
外側にはたっぷりかけられたココア。しっとりとやわらかい大福の中には特製の生チョコがぎっしり!和菓子屋さんとは思えないクオリティのおいしい生チョコ。
大福との相性もばっちりで、ぜいたくなお菓子です。
DSC06290m.jpg
もちろん生チョコ大福のほかにも人気の和菓子がいっぱい。
もっちり甘い皮でこだわりのあんこを挟んだ「三笠」や、ういろう、よもぎのお餅、上生菓子や桜餅、柏餅、水無月などなど、定番から季節の和菓子まで、どれも美味しくてオススメなのです。


DSC09464m.jpg
また外に干してある色のついたおかきは予約制。
DSC06887m.jpg
毎年人気で、今のタイミングだとすでに今年分は完売。すでに2019年分の予約が始まっています。
ご主人が少しずつ手作業で揚げるおかきはとてもおいしいので、ぜひという方は直接店舗にお問い合わせください。

さて美味しそうなものの後は、恒例の猫スタッフシフトの発表です。
DSC01044m.jpg
まず明日土曜日は、お馴染み冬が苦手な次女と、お家では寒くても元気いっぱいの末っ子コンビ。
お楽しみに!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」は明日から! [奈良のこと]

DSC01700m.jpg
寒波の凄まじい今週ですが、明日から冬の燈花会とも言われる恒例の「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」が始まります。

会場は夏の燈花会に比べてややコンパクト。それでも東大寺、春日大社、興福寺の三社寺に加え、博物館や奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~など、大変広い範囲となっています。

美しいライトアップは見応え十分なのですが、夜間特別拝観への入場や花たんざく、瑠璃絵マーケットでお買い物する以外は基本的には無料で観覧できるのもうれしいですね。
とはいえ広い上に寒いのでしっかりと防寒してお越しください。

主なイベントの詳細は以下の通りです。

DSC06253m.JPG
第9回しあわせ回廊 なら瑠璃絵
2月8日(木)~14日(水)

オープニングセレモニー
2月8日(木)17:30~18:00
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
点灯式参加の方で先着100名様にしあわせココアと冬七夕ロード願いの花たんざくプレゼント。
(17時~先着100名に達し次第終了)

DSC01544mm.jpg
春日大社・興福寺・東大寺 夜間特別拝観(一部拝観料要)
春日大社:御本殿、燈籠点灯
興福寺:五重塔ライトアップ、東金堂夜間拝観
東大寺:南大門・大仏殿ライトアップ、観相窓を開扉・八角燈籠点灯

夜間開館(要入館料)
・春日大社国宝殿
・奈良国立博物館(新館)
・興福寺国宝館

DSC06268m.JPG
冬七夕ロード願いの花たんざく
18時~20時45分 ※入場は20時45分まで
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
花たんざく(¥500)を購入すると奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~庭園イルミネーション内に作られた冬七夕ロードを通った先にある冬七夕ツリーにたんざくをかけることができます。

夜参り提灯(無料、順次受付)
18時〜21時
瑠璃絵ナビゲーターに案内してもらいながら、提灯を持って会場をまわることができます。
(コース)出発:奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~及び興福寺

DSC06247m.JPG
瑠璃絵マーケット
17時30分〜20時30分
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~前
出店者:ラーメン家みつ葉、大和骨付鳥一勝、などなど
奈良を代表する店舗の温かいフードやドリンクのブースなどが並びます。

”しあわせココア”の販売
17時30分〜20時30分
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~前
1615年創業の黒川本家による吉野葛入り「しあわせココア」が販売されます。

光の夜神楽(観覧無料)
19時~20時
春日大社 祓戸神社前(雨天時は着到殿を予定)
奈良県宇陀郡御杖村に伝わる桃俣獅子舞保存会の夜神楽が楽しめます。

DSC06717m.jpg
竹あかり(高山竹あかり)(観覧無料)
18時〜21時
興福寺東金堂付近

十津川温泉足湯(無料)
2月9日(金)17時30分〜20時30分
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~前

DSC06918-001.jpg
奈良公園バースデー花火・ライブ(観覧無料)
2月14日(水)19時30分~(ライブは19時~19時30分)※荒天中止時、順延なし
春日野園地
2月14日は奈良公園の138回目のお誕生日! (荒天中止時、順延なし)

DSC06251m.JPG
ACARTは昨年のこの時期バタバタしていて行けなかったので、今年こそ行きたいなぁと思っています。寒さに負けそうですが、行けましたらまたそのときは様子をお伝えします。
DSC80207.jpg

また今週は他にも
DSCb00004.jpg
珠光茶会
2月6日(火)~2月11日(日)
がすでに始まっていますし、

ASUNARAさんプレゼンツの
DSC00977m.JPG
とびきりの休日vol.5
2月12日(月・祝)
もございます。
ピエニブランさんのホールケーキバイキングなんて贅沢なプランは他にありません!まだ少しだけお席に余裕があるそうですので、ぜひ!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

昨日の節分のはなし [奈良のこと]

DSC01558m.jpg
昨日はご近所の元興寺で節分会があったということで、ACART LIFESTYLEもたくさんのお客様にお越しいただきました。
DSC01545m.jpg
長女も鬼のコスプレでふざけて・・・いや、頑張ってくれたお陰で猫好きの方にも喜んでいただき、ACARTも嬉しく思います。

DSC09729mc.jpg
本日は節分は終わってしまいましたが、せっかくなので姉が快く被ってくれた赤鬼を、妹たちも時々被って皆さまをお迎えします。一日遅れの鬼たち、ぜひ可愛がってやってください。
DSC09734mc.jpg


さて本日は昨日行われた元興寺と興福寺の節分行事をちょっとご紹介します。
お客様の多い日であったにもかかわらず、人間スタッフはちょこちょこと店を抜け出してちゃっかり節分の見学に行っておったのです。
と、言っても豆まきに参加はできず、豆も買えず、という本当に「ブログのために見に来ただけ」という状態ではありましたが、色々と勉強になりました。
ACARTのように「来年こそは!」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますので、次回の参考にしていただけると幸いです。

まずは当店から一番近くの元興寺さん。タイムスケジュールは・・・
極楽堂内 法要 12時~
柴灯大護摩供・火渡り 13時~
豆まき 15時~

DSC01577m.jpg
13時過ぎに境内へ行くと、柴燈大護摩供(さいとうおおごまく)の火がガンガン燃えておりました。 柴燈大護摩供とは、「炎の中に不動明王を勧進し祈願を行うもので、その炎に願いを書いた護摩木を投入し焼き尽くすことで願いごとをお不動様に聞いていただく」ものだそうです。
入ってすぐの白いテントのところで申込ができます。
DSC01595m.jpg
ちなみにこの白いテントではこのほか「元興神絵馬」やお札、福豆の販売が行われ、祈祷の申込などもできるようでした。
また「火渡り修行」も執り行われるそうなのですが、ACARTが訪れたときには残念ながら行われておらず。次回こそはと思っております。
DSC01552m.jpg
それにしても 柴燈大護摩供 の燃え方がすごかったです。お店にいるとお客様からこの煙の匂いがするので「 おそらく元興寺に行ってこられたんだな」というのがすぐにわかるほど。

一度退散して、15時に今度は豆まきの様子を見に再び元興寺に。暇なわけではありません。仕事です、くれぐれも。
DSC09712m.jpg
15時少し過ぎに到着すると、すでに舞台では年男・年女・ゆるキャラによって豆まきが始まっていました。元興寺では「福は内、鬼は内」という掛け声が有名。意味としては「福は家の内に入るように」「鬼は自分の内から出るように」だそうです。大混雑であまりよく聞こえませんでしたが、マイクを通してそんな風に言っていたように思います。
そしてこの豆まき、めっちゃ一瞬で終わります。終わった瞬間に皆さんお帰りになるのですが、その波に乗ってお店に戻るとなんとまだ15時10分少し前!
およそ10分くらいで終わったということでしょうか(もしかして早めにはじまったのか)?
福豆もこの頃にはほぼ完売。
今年は土曜日で人が多かったせいかもしれませんが、来年は2月3日は日曜日なので同じかもっと多い人出が予想されますのでお買い求めの方はどうぞお早めに。


そしてこの後しばらくして今度は興福寺へ。
「もう売切れたかな」と思いつつも小さな期待を抱いて福豆を買いに行ってみました。
すると境内の東金堂の前には追儺会の整理券配布を待つ行列が。
DSC09718m.jpg
数年前に行った時にわかったのですが、この豆まきは前の方に居ないと豆が取れません。そしてその前の方に居ようと思うと整理券が必要というわけです。
お子様やお年寄りには危険なので別途豆が手渡しされるブースが設けられていますが、お元気な方で豆をゲットしたい方はぜひ整理券をもらってください。
それにしても16時半からの整理券配布に一体いつ頃から並ぶのだろう・・・と少々驚きながらも福豆を売っているテントへ。
DSC09723m.jpg
あ、やっぱり完売ですね。そらそうですよね。もう16時前ですもの。
来年はもっと早く行きまーす。
この興福寺の追儺会は18時半から法要、19時から鬼追いの儀式と豆まきです。
DSC01649m.jpg
これもちらっと見に19時過ぎに興福寺へ。先程お伝えした通り夜に普通に行くとこんな感じで遠くから見守るのみになるかと思います。

節分とともに過ごしたまに仕事をするような感じに見えるACARTの2月3日。いやいや忙しい一日でした。

でもここでご紹介した節分行事はほんの一部です。
今回はお店から遠いのでノーマークでしたが、手向山八幡宮の御田植祭、二月堂の豆まきと星供養、春日大社の節分万燈籠など、いろいろあります。
ご興味のある方はぜひ来年お参りください。ACARTも一度きちんと参加したいです!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ラナンキュラスといちご大福。 [奈良のこと]

DSC01263m2.jpg
金曜日になりました。
昨日は2月の初日だというのに、朝から雪、そして一日中雨・・・。冬の奈良を楽しむつもりでやってこられた旅行者の方々がたくさんご来店されましたが、せっかくの旅行が寒いは雨だわでとても大変そうでした。
幸い本日は快晴。週末もお天気はよさそうです。
ピリッと冷たい空気は相変わらずですが、日中は快適に観光ができそうです。

冒頭のお花は、月のかわり目に気分を変えようと、先週末に奈良町「界」のハナロジさんから仕入れたもの。
DSC01251m.jpg
黄色と緑はラナンキュラス。
茶色は、L/プルモサス、だそうです。

頂いて帰ったときはまだ固い蕾だったのに、暖房の効いた店内に飾っていると1日で黄色いラナンキュラスは開花しました。
ACART的にはずっといると寒さを感じる店内ですが、お花にとっては暖かいのでしょう。なんて素直な子。
DSC01267m.jpg
ちなみにお花を生けているのはお馴染み紙の壺。今回は花色を損なわず、かつ爽やかな印象の白を使ってみました。
飲んだあとは捨てられてしまうことの多いペットボトルを、簡単な仕掛けの紙で素敵な花瓶にしてしまう画期的な商品です。かみの工作所「紙の壺」は3色入って1080円です!
紙の壺 クラフト・白・黒 ¥1,080(税込)


お花で春の訪れをかすかに感じたところですが、やはり本日もまだまだ寒さが続きます。
早く春にならないかな~と思いつつ、ただ寒さはどうにもなりません。
嫌がっても仕方ないということで、気分を変えて寒いこの時期限定の美味しいものをご紹介します。
DSC01417.jpg
美味しいいちごが手に入る晩秋~春先限定のお菓子「いちご大福」。

ならまちでで「いちご大福」といえばここ。元興寺のすぐ近くにある「末廣堂」さんです。
DSC01337m.jpg
場所はACART LIFESTYLEから南へ、ならまち大通りを渡って元興寺さんに行く手前。所要時間20秒から2分・・・信号次第ですね。
テレビや雑誌でも紹介されることがあるので、 ご存知の方も多いかと思いますが、ここのいちご大福は絶品なんです。

DSC01361m.jpg
ちなみにこのお店のいちご大福の紹介文は
「いちごの歯ごたえとお口の中に広がるいちごの果汁と白あんと大福が柔らかく溶け合って、いちごの酸味と甘味が爽やかなハーモニーを奏でます」
さすがお菓子屋さん。的確な描写ですばらしい。

たしかに、外側の大福はしっとりと柔らかく、中の白あんの甘さは決してしつこくはないものの存在感バッチリ。
DSC01375.jpg
酸味のしっかりとしたいちごはどこまでもジューシーです。
このいちごのみずみずしさとジューシーさ、大福の甘さがこの上ないくらいにマッチしていて一口食べると本当に幸せになれるいちご大福。
何個でも食べたくなるのでACARTはいつも少量のお買上げです。
あれ?ケチくさい?何度も買いに行くのがめんどくさい?いやいや大丈夫。
以前のお店からだと少し遠かったのですが、引っ越してものすごく至近距離になったので、食べたくなったらすぐ、こまめに買いに走れるのです!
他にも実は当店のご近所には美味しいお菓子屋さんがたくさんあって、おやつには事欠かないのがちょっと嬉しいところ。
また機会があったら他のお店もご紹介させていただきますね。

ちなみに先程もちらっと書きましたが、いちご大福は寒い時期の限定。
DSC01369.jpg
昨年11月末頃から販売が開始され、おそらく3月末頃までということです(あくまでも目安です)。
また人気のある商品ですので、遅い時間には売り切れることもあるようです。「どうしても」という方はお取り置きも可能ですので電話でお願いしておくのがオススメです。
寒さに凍える今日このごろではありますが、この時期ならではの美味しさを楽しみましょう。


さて最後になりましたが明日は土曜日なので長女の出勤です。
DSC01199m.jpg
寒いけどがんばります!よろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

今日から2月。節分の準備も着々と [奈良のこと]

DSC01440m.jpg
2月になりました。
昨日の皆既月食は残念ながら雲に隠れていて、奈良の自宅からはほとんど見ることができませんでした。
月が欠けはじめた部分食のころまではなんとか見えていたのですが、全体が影に隠れた皆既食となると、厚い雲の向こう側からの光はほとんど届かなくなり時折ぼんやりと微かに位置がわかるという程度に。
DSC01431.JPG
もっと外で粘っていたらたまに雲の間から見えることもあったのかもしれませんが、寒がりのACARTはすぐに断念。ご覧になった方のインスタグラムでも見て楽しむことにします。

そんなこんなで残念な1月31日が終わり、今日から2月。
新たな気分で頑張ろう!という月のはじめにもかかわらず、いきなりの雪・・・。
DSC01442m.jpg
早朝から降り積もった雪は、開店時間が近づくにつれ溶けて少なくなりましたが、奈良公園の芝生の上などにはまだうっすらと残り、雪を知らない国からいらっしゃった海外旅行のお客様は大喜び。それ以外の人間も鹿もテンション低めという、いつもながらのコントラストを見ることができました。


さて、そんな2月といえばまずは節分です。
先日のブログでご紹介した通り、ならまち界隈のお寺では伝統の節分行事が行われます。
ACARTは二月堂と興福寺に行ったことがあるのですが、どちらもなかなか個性的。
DSC01074m.jpg
豆とともにあんパンや福鈴が撒かれる二月堂。

DSC01089m.jpg
上の写真は二月堂豆まきで見かけた見知らぬ方。ACARTではありません。豆を撒く方々の衣装と見事にマッチした高貴なパープルのコーデもさることながら、のろまなACARTは手に入れることのできなかったあんパンをたくさんゲットしておられたので羨ましくて思わず撮影してしまいました。そのお姿はまるで買い物帰りです。
二月堂へ行かれる方はこんな光景もご覧いただけるかもしれません。


DSC07716-002.jpg
こちらは鬼たちの小劇場が繰り広げられる興福寺。
さらに、興福寺ではお昼頃から福豆が販売されます。ACARTが購入したのは2年ほど前になりますが、その時は大が1,000円、小が200円くらいで、中には福引きがはいっていました。
また大の方には枡も付いていたのでACART的には大がオススメなのですが、今年はどんな感じなのかわかりません。何にしても豆だけは買いにいきたいなぁ、と思っているところ。

東大寺も興福寺もどちらも捨てがたい。ACARTは仕事中なので難しいですが、昼間に豆まきがある二月堂と、夜に鬼追い式がある興福寺、実ははしごも可能です。行ける方はぜひ挑戦してみてください。

そして節分といえばもうひとつ、ならまちで鬼といえば元興寺です。
DSC01344m.jpg
こちらの節分は行ったことがないのですが、昨日近くを通ったらすでに仮設の舞台が出来上がろうとしていました。
普段は拝観料が必要な元興寺ですが、2月3日の節分行事は無料で参加できますので、ぜひお参りください。

土曜日ということで少し混雑するかもしれませんが、鬼を追い払い素晴らしい1年にしましょう!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | - 奈良のこと ブログトップ

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ