So-net無料ブログ作成

春を呼ぶ修二会のスタート竹送りと、冬を楽しむ枯葉ブレンド [商品紹介]

DSC01993m.jpg
3連休最終日。
まさかの積雪・・・。写真は興味津々でベランダの雪を踏んだ末っ子の足跡。この後3歩目はなく、すぐにお部屋に引っ込みました。
すでに開店時刻にはほぼ道路の雪も解けましたが、日陰や夕方には再び凍結することもあります。くれぐれもご注意ください。
DSC09582mc2.jpg
そして本日の猫は満を持して長女です。

この連休、土曜と日曜はともに次女&末っ子コンビが担当でした。
どうやら「次女&末っ子」の組み合わせの次は自分だと思っていたらしく、日曜の朝も勝手にケージに入って「行くで~」とやる気満々でした。にもかかわらず「次女&末っ子」 が2連投だったため肩透かしを食らった形の長女は、昨日ACARTが帰宅してからも「早く行こう」アピールが止まなかったのです。
やっと出勤できてご満悦ですか?

今日も寒いけど一日がんばろうね。
DSC09614m.jpg
あっ、お湯の入ったペットボトルで肉球あっためてる!


DSC01919m.jpg
さて長女が家で待機していた昨日、転害門前では「二月堂竹送り」の行事がありました。
竹送りとは、ざっくり言うと二月堂修二会(お水取り)のお松明として使われる竹を運ぶ行事。
毎年2月11日と決まっていて、今年も賑々しく行われていました。

が、実は今年の竹送りはちょっとだけイレギュラー。
例年、竹は京田辺市普賢寺で掘られる→大御堂観音寺で道中安全祈願→奈良市まで車で移動→奈良阪町から担いで転害門まで→式典など→二月堂へ
という流れなのですが、今年は京田辺市から車で直接転害門まで運ばれる、というアッサリとした流れに変わっておりました。
DSC01908m.jpg
式典などの後に参加者が二月堂まで担いで運ぶというのは変わりなかったようですし、式典などの様子は例年通りだったようです。
DSC01893m.jpg
来年どんな形になるはわかりませんが、10時半~11時頃には転害門前広場で和太鼓演奏もありますし、
DSC01929m.jpg
手貝通り商振会の皆さんによるぜんざいの振舞いもあると思います。
気になる方はぜひ来年足を運んでみてください。
DSC01942m.jpg
それにしてもこの竹送りを見ると「いよいよ修二会だな」と思いますね。着実に春が近付いているのです。3月にはじまる修二会やそれにまつわる行事については、今年もまたこのブログでご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに!


そんな竹送りとはあまり関係ないのですが、本日も入荷商品のご紹介です。
DSC03608m.JPG
この連休中にプシプシーナ珈琲の商品がまた色々と入荷してます。
品薄だった1カップ用コーヒーのほか、品切れだったステンレスボトルフラスカー、ショウガトウも補充しました。しかし残念ながらウォールマグリユースボトル(水筒)はプシプシーナさんの方でも欠品中で入荷未定とのことです。
また入荷次第お知らせいたします。

DSC01068m.JPG
そして今回の注目はこちらオリジナルブレンド「枯葉」です。
プシプシーナさん曰く、
コンセプトは「焼き芋に合うコーヒー」。 産地の異なるモカ3種をふんだんに用い、香ばしくほろ苦い、やさしい味わいのブレンドに仕上げました。 シャンソンやジャズのスタンダードナンバーである『枯葉』の楽曲をイメージしています。 焙煎度は、シティーローストの入り口付近。 2月末日までの秋冬限定ブレンドです。
だそうです。
DSC01066m.JPG
とっても美味しそうではありませんか。しかもパッケージのプシ猫がかぶる赤い帽子が小粋です。
ぜひぜひお試しください。

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「にゃんのぼりめぐり」ってにゃんだ? [奈良のこと]

DSC06758mc.jpg
と首をかしげる次女と末っ子。
本日2/11(日)もACART LIFESTYLEには猫スタッフが出勤中です。
昨日に引き続き同じメンバーが担当ですが、生憎の雨となってしまった昨日だけでは働いた気がしない!と頼もしい発言をいただいております。
本日も19時すぎまで、皆さまのご来店をお待ちしております。

何度もお伝えしているように、2月の奈良は観光のオフシーズン。街で他のお店の方と出会っても「ことしの2月も厳しいね」と言うのが合言葉のようになってしまいます。

近年では中国からのお客様が増え、さらに中国のお正月にあたる「春節」の時期にもあたるため、奈良公園は2月とは思えない賑わいとなっています。とはいえ、訪日客の来訪目的が圧倒的に「鹿のみ」という悲しい現状のため、儲かってるのは鹿せんべいの屋台だけじゃないの?と言われる始末。
DSC01850m.jpg
あっ鹿せんべいの看板が鹿的餌になってる!?

と・・・泣き言ばかり言ってもしょうがない。
ちゃんと自分たちで何とかしないと!という動きが近年そこかしこでみられます。
例えば昨日ご紹介した「なら瑠璃絵」も、もともとは観光客の谷間となる2月に冬の奈良の美しさを知っていただくために始まった・・・という話も聞いたことがありますし、かつては同じように梅雨時の6月が谷間だということから「にゃらまち猫祭り」がスタートした・・・などという話も。

そんな2月の奈良をもっと楽しくしたいという想いを持ったならまちの名物店の店主さんたちが、今年新しいイベントを立ち上げられました。
20180211.jpg
その名も「にゃんのぼりめぐり」
下の7つの個性的な人気店が合同で開催されるイベント。
顔ぶれをみておわかりのとおりキーワードはやはり「猫」。2月9日(金)から2月22日(木)の期間中、それぞれのお店に飾られた「にゃんのぼり」を見て回るというイベントだそうです。
「にゃんのぼり」とは簡単に言うと猫の鯉のぼり。それぞれのお店が製作した個性溢れるにゃんのぼりは見ているだけでも楽しそうですが、期間中それぞれのお店では期間限定のいろんなサービスやグッズを用意されているそうです。

こちらがACARTが一番恐れている…じゃなかった尊敬している大先輩、ご存知necocoさんのにゃんのぼり。
DSC01866m.jpg
necocoさんらしさ満開のかわいい猫さんがお店の入り口で元気よくたなびいています。

DSC01861m.jpg
他のお店のにゃんのぼりもみんな個性的でかわいいものばかり。といってもACARTもまだ直接は見ていないので、ぜひ皆さんもこの機会に各店舗をまわってみてください。

DSC01874m.jpg
そう言えば、このイベントの最終日であり、猫の日でもある2/22(木)はnecocoさんの開店記念日。今回で8周年!おめでたいです。

にゃんのぼりめぐり
 2/9(金)~2/22(木)
 <参加店>
 necoco
 がま口雑貨工房janji
 coto mono
 doco*ao
 ことあかり洋品店
 AB-CATS
 よつばカフェ

そしてもう一つ。忘れてはならないのが明日2/12(月・祝)開催、ASUNARAさん主催のイベント「とびきりの休日vol.5」です。
DSC00976m.jpg
こちらも5回目の開催となり、毎回季節はさまざまですが、奈良を華やかにしてくれるイベントとして、大変人気となりました。
DSC09085m.JPG
ご予約の方だけでなく、誰でも入れるマルシェ(こちらは午後13時半頃からゆる~くスタートするらしいです)もありますので、ぜひのぞいてみてください。
https://asunara.jp/event/tobikiri-dessert/

さて明日月曜日、ACART LIFESTYLEも祝日ですが振替営業。猫スタッフも出勤します。
担当は満を持しての長女・・・
DSC01868mm.jpg
ちょっとお姉ちゃん!何やってるの!?※もちろん合成です。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

幻想的な光の演出。なら瑠璃絵を見てきました [奈良のこと]

DSC01791m.JPG
昨日の夜はほんのすこーーーしだけではありますが、寒さが和らいだ気がしたACART。
チャーンス!とばかりに開催中のなら瑠璃絵に行って参りました。

と、その前に、本日土曜日は週末恒例、猫スタッフの出勤日です。
本日の担当は
DSC09445m.jpg
スタッっと飛んで現れた元気な末っ子と・・・
DSC00969m.jpg
早くも熟睡中の次女です。
本日はすでに小雨が降っており、夕方には強まるとの予報ですので、日程的に余裕のある方は瑠璃絵を明日に回して、ぜひ猫スタッフ鑑賞にいらしてください。光りませんが。

ちなみに明日日曜日もおんなじ次女&末っ子が出勤予定です。
長女の具合が悪いとかでは全くなく、人間スタッフの仕事の都合で、祝日の月曜日が長女の担当となりました。
DSC09597m.JPG
ね。元気そうでしょ。※過去画像です。家でイチゴはかぶりません。

さてさて話は戻って「なら瑠璃絵」です。
前回訪れたのは一昨年かその前だったので、かなり久しぶり。
ACARTが閉店後に急ぎ足で見ることができたのは次のエリアです。

①春日大社参道のミラーボーラーによる光の演出
DSC01769m.JPG
メイン会場などで見られるイルミネーションとはイメージが少し違って、現代アートのインスタレーションという感じ。
DSC01752m.JPG
ミラーボールで反射した光の水玉模様に360度とり囲まれて、自分が作品の中に入ったような感覚になる不思議な世界。ACART的にはこちらがお気に入りでした。

②奈良春日野国際フォーラム庭園イルミネーションと瑠璃絵マーケット
DSC01787m.JPG
庭園イルミネーション、すごくキレイです!写真だとあの圧倒的な眩しさと規模感が伝わらないので、ぜひ実物を見ていただきたいです!
DSC01806m.JPG
DSC01828m.JPG
それと昨日のみだった「十津川温泉足湯(無料)」で手だけ参加。でも硫黄の良い香りがして、「温泉いきたい!」ってなりました。十津川で手だけじゃなくて全身入りたいと思った方はきっと多かったでしょう。

③東大寺南大門ライトアップ
DSC01841m.JPG
DSC01842m.JPG
昼間は網のおかげで写真に写りづらい金剛力士像もライトアップだと撮りやすいですね。


春日大社祓戸神社前 での「光の夜神楽(観覧無料)」も見たかったのですが、19時~20時という時間の都合上残念ながら到着した時には終わっていました。

DSC01782m.JPG
え?見たのそれだけ?と思われた方、いらっしゃいますかね。そうですよね。
実は当店は19時までですので、そのあと行くとあまり時間がなくてたくさん見られないのです。
春日大社の夜間拝観や大仏殿の観相窓開扉、美味しいものが食べられる瑠璃絵マーケットは20時半まで。
庭園イルミネーションは20時45分までですが、仕事を終えてからだとけっこう色々ギリギリなんですよね。

とはいえ、こんなに寒いとあまり沢山の人が夜遅くまでいらっしゃることも見込めないですし、「もっと遅くまで営業して欲しい」なんて言えません。ここはぜひお早めに出掛けていただき、明るいうちからラーメンなど食べ、暗くなってからゆっくり会場を巡るのがオススメです。
また平日しか行けない方やお仕事帰りの方はなるべく早く行くか、思いの外時間がないことを念頭に置いて優先順位をつけて行動しましょう!

DSC01799m.JPG
そして大切なのは防寒です。すごく寒い日に比べるとマシでしたが、やっぱり寒かったです。行かれる方は本当に寒さ対策は万全になさってください。
最終日には【奈良公園バースデー花火・ライブ(観覧無料)】もありますので、ぜひお出かけください!


DSC01836m.JPG
第9回しあわせ回廊 なら瑠璃絵
2月8日(木)~14日(水)

春日大社・興福寺・東大寺 夜間特別拝観(一部拝観料要)
春日大社:御本殿、燈籠点灯(20時半まで)
興福寺:五重塔ライトアップ、東金堂夜間拝観(20時閉扉)
東大寺:南大門(21時まで)・大仏殿ライトアップ、観相窓を開扉・八角燈籠点灯(20時半まで)

奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
・冬七夕ロード願いの花たんざく:18時~20時45分
・夜参り提灯(無料、順次受付) :18時〜20時
・瑠璃絵マーケット:17時30分〜20時30分
・”しあわせココア”の販売:17時30分〜20時30分

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

絶品のチョコは和菓子なんです [奈良のこと]

DSC02900m2.jpg
昨日はバレンタインにぴったりのギフトをご紹介しましたが、バレンタインといえばやっぱりチョコレートですよね。
残念ながら当店はあまり積極的に食品類を販売しておりません。
プシプシーナ珈琲さんのコーヒーやショウガトウ、あと久保田農園さんのお茶はもちろんおすすめなのですが、チョコじゃない・・・。

そんなわけで他店さまのおいしいチョコレートをご紹介します。
DSC08583mm.jpg
先日もイチゴ大福をご紹介したのですが、今回も実は和菓子屋さん!
チョコなのに和菓子屋さん?不思議な組み合わせですが、実はこの和菓子のチョコ、絶品なんです。


DSC09471m.jpg
お店は餅飯殿センター街にある「御菓子処 優月(ゆうづき)」さん。
商店街の中のスパークさん、イシガミさんのお向かい、商店街と椿井小学校に抜ける道の交差するところです。ACART旧店舗から近かったので、以前はよく買いに行きました。

実は先日も奈良専門の旅行会社ASUNARAさんのブログでご紹介されていた優月さん。
地元の人に隠れファンの多いお店なんです。

ちなみにASUNARAさんは和風ぶっせを紹介されていましたが、これももちろん美味!
でも本日は期間限定、数量限定のおいしい「生チョコ大福」をご紹介します。
DSC01081.jpg
外側にはたっぷりかけられたココア。しっとりとやわらかい大福の中には特製の生チョコがぎっしり!和菓子屋さんとは思えないクオリティのおいしい生チョコ。
大福との相性もばっちりで、ぜいたくなお菓子です。
DSC06290m.jpg
もちろん生チョコ大福のほかにも人気の和菓子がいっぱい。
もっちり甘い皮でこだわりのあんこを挟んだ「三笠」や、ういろう、よもぎのお餅、上生菓子や桜餅、柏餅、水無月などなど、定番から季節の和菓子まで、どれも美味しくてオススメなのです。


DSC09464m.jpg
また外に干してある色のついたおかきは予約制。
DSC06887m.jpg
毎年人気で、今のタイミングだとすでに今年分は完売。すでに2019年分の予約が始まっています。
ご主人が少しずつ手作業で揚げるおかきはとてもおいしいので、ぜひという方は直接店舗にお問い合わせください。

さて美味しそうなものの後は、恒例の猫スタッフシフトの発表です。
DSC01044m.jpg
まず明日土曜日は、お馴染み冬が苦手な次女と、お家では寒くても元気いっぱいの末っ子コンビ。
お楽しみに!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

何がいい?バレンタインギフト [商品紹介]

DSC01696m.jpg
2月8日(木)、昨日お伝えしたように本日からなら瑠璃絵が始まります。
ついでと言ってはなんですが、朝10時に飛火野で行われる鹿寄せも今日から。
まだまだ朝も夜ももちろん昼も寒いですが、ぜひ奈良へお越しください。

そういえば、今週末は3連休です。
本来ACART LIFESTYLEは月曜日が定休日ですが次の月曜日は祝日なので営業、代わりに火曜日がお休みになります。
どうぞお間違いのないようお願いいたします。
DSC05877-001.JPG
そしてその3連休が終わるとバレンタイン。
この間節分が終わったばかりなのに、行事というのは次から次へとやってきますね。

例によって直前になってしまいましたが、プレゼントを悩んでいる乙女の皆さまへ、当店オススメのバレンタインギフトをご紹介します。

まずは久しぶり、
DSC09629m.jpg
「袋う」の腰にも斜めがけにも使えるウェストポーチです。
アルファベットの「F」の形をモチーフにしたポーチは、マジックテープ式のポケットがついて、裏地はグレーのナイロン。
DSC09738m.jpg
財布とスマホを入れるのに丁度良いサイズです。カバンを持つのが嫌いな男性もこんな軽快なポーチなら身につけてくれるのではないでしょうか。
袋う ウェストポーチ ¥5,940(税込)

まだまだ寒い日が続くので、手ぶくろもやはりオススメ。
EVOLGの手ぶくろはほとんどが男女兼用です。
20180208-1.jpg
先日「今、まだ買えるEVOLG」をご紹介してから、さらにSOLD OUTが増えておりますが、まだ魅力的なモデルがたくさんあります。
ACART LIFESTYLE online store 「EVOLG」商品一覧

コーヒー好きの男性には1616/arita japan TY “ Standard”のカッコいいマグカップ。
DSC02585m.jpg
Mug Handle White はシンプルでスタイリッシュ、そして使いやすいと大変好評で、カフェや施設でも使われるほど。
ご自宅用だけでなく、会社用としてもオススメです。
1616/arita japan TY “ Standard” Mug Handle White ¥1,728(税込)
DSC05277m.jpg
ほかにも艶無しのグレー、ハンドル無しもあります。

1月始めにご紹介したBRAUNのアラームクロックも男性へのプレゼントにぴったり。
DSC09279m.jpg
丸い円筒を2つ結合させたようなデザインのBNC001と、ひたすらシンプルに徹した正方形のBNC002。ともに機能もアラームのみという最もシンプルなBRAUN。価格はどちらも¥5,184(税込)です。
ACART LIFESTYLE online store 「BRAUN」商品一覧

DSC03966mm.jpg
工作好きで手先の器用な男性にgu-pa TOP TO TAIL
20180208-2.jpg
ワニが欠品中なのですが、パンダ、シマウマ、キリン、シロクマ がございます。
けっこう本気の工作なので、腕に覚えのある男性に。
gu-pa TOP TO TAIL パンダ ¥1,728(税込)
gu-pa TOP TO TAIL シマウマ ¥1,728(税込)
gu-pa TOP TO TAIL キリン ¥1,728(税込)
gu-pa TOP TO TAIL シロクマ ¥1,998(税込)

最後は「手ぬぐい」。
男性が素敵な手ぬぐいを持っているのは粋なものです。
あひろ屋さんの手ぬぐいは男性も抵抗なく持てる渋くてカッコいい柄が多くあるのでプレゼントにもオススメです。
20180208-3.jpg
縞市松、延段、岩燕、笠松、群雨
などがACART的男性向けの柄。価格は¥1,188~¥1,404(税込)です。
ACART LIFESTYLE online store 「あひろ屋」商品一覧

もちろん男性だけでなく、女性どうしでプレゼントを贈り合うという方もいらっしゃると思います。とにかく義務感で選ぶのではなく、素敵な物を見つけた時に「◯◯さんなら喜びそう」という気持で選ぶほうがずっと楽しいですよね。ぜひ週末のお散歩のついでに、素敵なバレンタインギフトを見つけてください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」は明日から! [奈良のこと]

DSC01700m.jpg
寒波の凄まじい今週ですが、明日から冬の燈花会とも言われる恒例の「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」が始まります。

会場は夏の燈花会に比べてややコンパクト。それでも東大寺、春日大社、興福寺の三社寺に加え、博物館や奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~など、大変広い範囲となっています。

美しいライトアップは見応え十分なのですが、夜間特別拝観への入場や花たんざく、瑠璃絵マーケットでお買い物する以外は基本的には無料で観覧できるのもうれしいですね。
とはいえ広い上に寒いのでしっかりと防寒してお越しください。

主なイベントの詳細は以下の通りです。

DSC06253m.JPG
第9回しあわせ回廊 なら瑠璃絵
2月8日(木)~14日(水)

オープニングセレモニー
2月8日(木)17:30~18:00
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
点灯式参加の方で先着100名様にしあわせココアと冬七夕ロード願いの花たんざくプレゼント。
(17時~先着100名に達し次第終了)

DSC01544mm.jpg
春日大社・興福寺・東大寺 夜間特別拝観(一部拝観料要)
春日大社:御本殿、燈籠点灯
興福寺:五重塔ライトアップ、東金堂夜間拝観
東大寺:南大門・大仏殿ライトアップ、観相窓を開扉・八角燈籠点灯

夜間開館(要入館料)
・春日大社国宝殿
・奈良国立博物館(新館)
・興福寺国宝館

DSC06268m.JPG
冬七夕ロード願いの花たんざく
18時~20時45分 ※入場は20時45分まで
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~
花たんざく(¥500)を購入すると奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~庭園イルミネーション内に作られた冬七夕ロードを通った先にある冬七夕ツリーにたんざくをかけることができます。

夜参り提灯(無料、順次受付)
18時〜21時
瑠璃絵ナビゲーターに案内してもらいながら、提灯を持って会場をまわることができます。
(コース)出発:奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~及び興福寺

DSC06247m.JPG
瑠璃絵マーケット
17時30分〜20時30分
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~前
出店者:ラーメン家みつ葉、大和骨付鳥一勝、などなど
奈良を代表する店舗の温かいフードやドリンクのブースなどが並びます。

”しあわせココア”の販売
17時30分〜20時30分
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~前
1615年創業の黒川本家による吉野葛入り「しあわせココア」が販売されます。

光の夜神楽(観覧無料)
19時~20時
春日大社 祓戸神社前(雨天時は着到殿を予定)
奈良県宇陀郡御杖村に伝わる桃俣獅子舞保存会の夜神楽が楽しめます。

DSC06717m.jpg
竹あかり(高山竹あかり)(観覧無料)
18時〜21時
興福寺東金堂付近

十津川温泉足湯(無料)
2月9日(金)17時30分〜20時30分
奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~前

DSC06918-001.jpg
奈良公園バースデー花火・ライブ(観覧無料)
2月14日(水)19時30分~(ライブは19時~19時30分)※荒天中止時、順延なし
春日野園地
2月14日は奈良公園の138回目のお誕生日! (荒天中止時、順延なし)

DSC06251m.JPG
ACARTは昨年のこの時期バタバタしていて行けなかったので、今年こそ行きたいなぁと思っています。寒さに負けそうですが、行けましたらまたそのときは様子をお伝えします。
DSC80207.jpg

また今週は他にも
DSCb00004.jpg
珠光茶会
2月6日(火)~2月11日(日)
がすでに始まっていますし、

ASUNARAさんプレゼンツの
DSC00977m.JPG
とびきりの休日vol.5
2月12日(月・祝)
もございます。
ピエニブランさんのホールケーキバイキングなんて贅沢なプランは他にありません!まだ少しだけお席に余裕があるそうですので、ぜひ!


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

祝儀袋「凛」、「野口」と「樋口」のぽち袋、追加です。 [商品紹介]

DSC01705m.jpg
節分が終わり、立春が過ぎ、春らしく・・・なってませんね。
日本中寒い日が続いておりますが、奈良も相変わらず底冷えです。
特に今週はまた数年に一度の寒気がやってきているとのこと。
多くの地域で雪がたくさん降っているようですが、皆さま大丈夫でしょうか?
一体今年何回目の「数年に一度の寒気」なんだ?とACARTも少々ウンザリ気味でございます。
と、言ってもどうしようもないので、この寒さに負けないように今週もがんばりましょう。

さて先日古川紙工の祝儀袋がたくさん届いたよ、というお知らせをしましたが、本日はその続き。
というかそのとき納品が間に合わなかった商品が遅れてやってきました。
DSC04128m.JPG
祝儀袋「箔押金封 凛 七宝」です。
和紙の祝儀袋には全体に七宝文様の箔押しが施されています。
太めでしっかりとした真っ赤な水引と、 職人の手作業による箔押しが、豪華でとってもおめでたい雰囲気に仕上げています。

DSC04133m.JPG
ちなみに箔押しに用いられている「七宝模様」はいくつもの輪がつながる様から、円満や財産、子孫繁栄などの意味が込められた縁起の良い柄。
水引のあわじ結びは関西では一般的なお祝い事に、関東では結婚など一度きりのお祝いに多く用いられます(あくまでも一般的な認識です。お住いの地域、ご家庭の慣習に合わせてお使いください)。
おめでたい気持を「これでもか」と詰め込んだような美しい祝儀袋です。
祝儀袋 紙々 箔押金封 凛 七宝 ¥540(税込)


そして祝儀袋ではなくてぽち袋もございます。
DSC02054.JPG
当店で隠れた人気の商品「顔はめぽち袋」!「野口ぽち 浦島太郎」と「樋口ぽち かぐや姫」です。
お正月前にたくさん入荷したものの、ブログに登場する間もなく一瞬で売切れてしまっておりました。

お札を半分に折って入れると、ちょうど顔の部分の切り抜かれた部分からお札の人物が顔を出す、というこのシリーズ。
千円札専用の「野口ぽち」、五千円札の「樋口ぽち」、一万円札の「諭吉ぽち」があるのですが、諭吉さんは今回完売で入荷できず。千円札専用の「野口ぽち  浦島太郎 」、五千円札の「樋口ぽち  かぐや姫」のみが入荷してます。
DSC02047m.JPG
顔はめぽち袋 野口ぽち 浦島太郎 1枚入 ¥216(税込)
店頭では「おもしろい!」という声や「入ってる金額がわかっちゃう・・・」という声までいろいろです。
確かに「いくら入ってるかわかると困る」という状況では不向きなぽち袋ですが、会社のちょっとしたインセンティブ用に、お小遣いやお礼に、会費用にと、これだからこそ面白い場面もきっとあるはず。

DSC02046m.JPG
顔はめぽち袋 樋口ぽち かぐや姫 1枚入 ¥216(税込)
さらに何に使われるのか不明ですが海外の方にも意外と人気。でもどこかの国のお札でもピッタリ合うと面白いですよね。
ぜひ楽しく工夫してお使いいただければと思います。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

昨日の節分のはなし [奈良のこと]

DSC01558m.jpg
昨日はご近所の元興寺で節分会があったということで、ACART LIFESTYLEもたくさんのお客様にお越しいただきました。
DSC01545m.jpg
長女も鬼のコスプレでふざけて・・・いや、頑張ってくれたお陰で猫好きの方にも喜んでいただき、ACARTも嬉しく思います。

DSC09729mc.jpg
本日は節分は終わってしまいましたが、せっかくなので姉が快く被ってくれた赤鬼を、妹たちも時々被って皆さまをお迎えします。一日遅れの鬼たち、ぜひ可愛がってやってください。
DSC09734mc.jpg


さて本日は昨日行われた元興寺と興福寺の節分行事をちょっとご紹介します。
お客様の多い日であったにもかかわらず、人間スタッフはちょこちょこと店を抜け出してちゃっかり節分の見学に行っておったのです。
と、言っても豆まきに参加はできず、豆も買えず、という本当に「ブログのために見に来ただけ」という状態ではありましたが、色々と勉強になりました。
ACARTのように「来年こそは!」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますので、次回の参考にしていただけると幸いです。

まずは当店から一番近くの元興寺さん。タイムスケジュールは・・・
極楽堂内 法要 12時~
柴灯大護摩供・火渡り 13時~
豆まき 15時~

DSC01577m.jpg
13時過ぎに境内へ行くと、柴燈大護摩供(さいとうおおごまく)の火がガンガン燃えておりました。 柴燈大護摩供とは、「炎の中に不動明王を勧進し祈願を行うもので、その炎に願いを書いた護摩木を投入し焼き尽くすことで願いごとをお不動様に聞いていただく」ものだそうです。
入ってすぐの白いテントのところで申込ができます。
DSC01595m.jpg
ちなみにこの白いテントではこのほか「元興神絵馬」やお札、福豆の販売が行われ、祈祷の申込などもできるようでした。
また「火渡り修行」も執り行われるそうなのですが、ACARTが訪れたときには残念ながら行われておらず。次回こそはと思っております。
DSC01552m.jpg
それにしても 柴燈大護摩供 の燃え方がすごかったです。お店にいるとお客様からこの煙の匂いがするので「 おそらく元興寺に行ってこられたんだな」というのがすぐにわかるほど。

一度退散して、15時に今度は豆まきの様子を見に再び元興寺に。暇なわけではありません。仕事です、くれぐれも。
DSC09712m.jpg
15時少し過ぎに到着すると、すでに舞台では年男・年女・ゆるキャラによって豆まきが始まっていました。元興寺では「福は内、鬼は内」という掛け声が有名。意味としては「福は家の内に入るように」「鬼は自分の内から出るように」だそうです。大混雑であまりよく聞こえませんでしたが、マイクを通してそんな風に言っていたように思います。
そしてこの豆まき、めっちゃ一瞬で終わります。終わった瞬間に皆さんお帰りになるのですが、その波に乗ってお店に戻るとなんとまだ15時10分少し前!
およそ10分くらいで終わったということでしょうか(もしかして早めにはじまったのか)?
福豆もこの頃にはほぼ完売。
今年は土曜日で人が多かったせいかもしれませんが、来年は2月3日は日曜日なので同じかもっと多い人出が予想されますのでお買い求めの方はどうぞお早めに。


そしてこの後しばらくして今度は興福寺へ。
「もう売切れたかな」と思いつつも小さな期待を抱いて福豆を買いに行ってみました。
すると境内の東金堂の前には追儺会の整理券配布を待つ行列が。
DSC09718m.jpg
数年前に行った時にわかったのですが、この豆まきは前の方に居ないと豆が取れません。そしてその前の方に居ようと思うと整理券が必要というわけです。
お子様やお年寄りには危険なので別途豆が手渡しされるブースが設けられていますが、お元気な方で豆をゲットしたい方はぜひ整理券をもらってください。
それにしても16時半からの整理券配布に一体いつ頃から並ぶのだろう・・・と少々驚きながらも福豆を売っているテントへ。
DSC09723m.jpg
あ、やっぱり完売ですね。そらそうですよね。もう16時前ですもの。
来年はもっと早く行きまーす。
この興福寺の追儺会は18時半から法要、19時から鬼追いの儀式と豆まきです。
DSC01649m.jpg
これもちらっと見に19時過ぎに興福寺へ。先程お伝えした通り夜に普通に行くとこんな感じで遠くから見守るのみになるかと思います。

節分とともに過ごしたまに仕事をするような感じに見えるACARTの2月3日。いやいや忙しい一日でした。

でもここでご紹介した節分行事はほんの一部です。
今回はお店から遠いのでノーマークでしたが、手向山八幡宮の御田植祭、二月堂の豆まきと星供養、春日大社の節分万燈籠など、いろいろあります。
ご興味のある方はぜひ来年お参りください。ACARTも一度きちんと参加したいです!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

非の打ち所がない。TYパレスプレート再入荷 [商品紹介]

DSC01138m.jpg

2/3(土)今日は節分です。
そして週末なので、猫スタッフが出勤しております。
DSC09630m.jpg
本日の鬼役・・・じゃなかった担当スタッフは、長女です。
DSC09702m.jpg
こんな鬼の顔ハメも快く応じてくれる彼女。いい子にしてますので豆は投げないでやってください。


さて、本日も再入荷のお知らせです。
相変わらず当店のテーブルウェアでは一番人気、1616/arita japanのTYパレスプレートです。
DSC03783.jpg
有田焼400年歴史を受け継ぎつつ、現代そして未来の暮らしに溶け込む新しいスタイルをつくるという高い志のもと、新進気鋭のデザイナー柳原照弘氏を迎えて誕生した1616/arita japan。このブランドが誕生したのは2012年のミラノサローネですから、今年で6年になります。
それでも全く色褪せること無く、今でも見る人に新鮮な感動を与え続けているのは、そのシンプルな造形が普遍的な美しさを持っているからに違いありません。

中でもこのTYパレスプレートは現代的なスタイリッシュさを持ちながら、有田焼、そして和のニュアンスをしっかりと感じさせるからでしょうか、当店にいらっしゃる世界中のお客様から最も人気がある製品です。ひときわ繊細でシャープなラインが、TYシリーズの特徴であるグレーのマットな質感でくっきりと浮かび上がります。
DSC04572m.jpg
そんなはかない美しさとは裏腹に、高い実用性を持っているのも特徴です。
一見すると汚れが残るのではないか、すぐに割れてしまうのではないか・・・という心配が浮かぶのですが、吸水性のない磁器なので汚れが染み込むことは全く無く、むしろ汚れ落ちは良いと言えます。また極めて強度の高い陶土を用いているため、通常の磁器と比べても強く、軽い。
しかも価格も手頃となると、非の打ち所がないとはこの製品のためにある言葉のようです。

結果的に人気が全く衰えず、当店でも時々欠品してしまうのですが、一時期と比べると生産量も格段に上がり、供給は安定してきたため、店頭から消えてしまう期間はずいぶん少なくなりました。
今回も小さい方がラスト1枚、大きい方がラスト2枚というギリギリの状況での滑り込みとなりました。


そもそも「毎日気兼ねなく使えて美しいものは、日々の暮らしを素敵にする」そんな商品を提供するのがACART LIFESTYLEのコンセプトです。つまりパレスプレートはACARTにとってもなくてはならない商品ですし、プライベートでもよく使うお気に入りなのです。

20180203-1.jpg
特にお客様やお店仲間、お友達などからいただいた素敵なお菓子は、「とりあえずパレス」とばかりにこのプレートにのせて撮影(そのあと美味しく頂きます)!
使い始めて5年目を迎え、気がつけばたくさんの写真がたまってしまいました。

20180203-2.jpg
洋菓子だけでなく和菓子も美しく馴染みます。何よりお菓子やお料理のもつ魅力を一層引立てるのが
すばらしいのです。

20180203-3.jpg
アップルカッターで切ったりんご、鮮やかな色が美しいハーブティーの茶葉、カフェオレベースでつくった即席のプリンに、necocoさんの限定にゃっぷケーキ・・・。このブログの写真でもよく活躍してくれます。

20180203-4.jpg
そして大好物のカヌレも格好良くきまります。
ああ、食べたくなってきたのでピエニブランさんに行こうかな・・・。

とにかくACARTおすすめのパレスプレートがたくさん入荷しています。
1616/arita japan TYパレスプレート160 ¥1,620(税込)
1616/arita japan TYパレスプレート220 ¥2,700(税込)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ラナンキュラスといちご大福。 [奈良のこと]

DSC01263m2.jpg
金曜日になりました。
昨日は2月の初日だというのに、朝から雪、そして一日中雨・・・。冬の奈良を楽しむつもりでやってこられた旅行者の方々がたくさんご来店されましたが、せっかくの旅行が寒いは雨だわでとても大変そうでした。
幸い本日は快晴。週末もお天気はよさそうです。
ピリッと冷たい空気は相変わらずですが、日中は快適に観光ができそうです。

冒頭のお花は、月のかわり目に気分を変えようと、先週末に奈良町「界」のハナロジさんから仕入れたもの。
DSC01251m.jpg
黄色と緑はラナンキュラス。
茶色は、L/プルモサス、だそうです。

頂いて帰ったときはまだ固い蕾だったのに、暖房の効いた店内に飾っていると1日で黄色いラナンキュラスは開花しました。
ACART的にはずっといると寒さを感じる店内ですが、お花にとっては暖かいのでしょう。なんて素直な子。
DSC01267m.jpg
ちなみにお花を生けているのはお馴染み紙の壺。今回は花色を損なわず、かつ爽やかな印象の白を使ってみました。
飲んだあとは捨てられてしまうことの多いペットボトルを、簡単な仕掛けの紙で素敵な花瓶にしてしまう画期的な商品です。かみの工作所「紙の壺」は3色入って1080円です!
紙の壺 クラフト・白・黒 ¥1,080(税込)


お花で春の訪れをかすかに感じたところですが、やはり本日もまだまだ寒さが続きます。
早く春にならないかな~と思いつつ、ただ寒さはどうにもなりません。
嫌がっても仕方ないということで、気分を変えて寒いこの時期限定の美味しいものをご紹介します。
DSC01417.jpg
美味しいいちごが手に入る晩秋~春先限定のお菓子「いちご大福」。

ならまちでで「いちご大福」といえばここ。元興寺のすぐ近くにある「末廣堂」さんです。
DSC01337m.jpg
場所はACART LIFESTYLEから南へ、ならまち大通りを渡って元興寺さんに行く手前。所要時間20秒から2分・・・信号次第ですね。
テレビや雑誌でも紹介されることがあるので、 ご存知の方も多いかと思いますが、ここのいちご大福は絶品なんです。

DSC01361m.jpg
ちなみにこのお店のいちご大福の紹介文は
「いちごの歯ごたえとお口の中に広がるいちごの果汁と白あんと大福が柔らかく溶け合って、いちごの酸味と甘味が爽やかなハーモニーを奏でます」
さすがお菓子屋さん。的確な描写ですばらしい。

たしかに、外側の大福はしっとりと柔らかく、中の白あんの甘さは決してしつこくはないものの存在感バッチリ。
DSC01375.jpg
酸味のしっかりとしたいちごはどこまでもジューシーです。
このいちごのみずみずしさとジューシーさ、大福の甘さがこの上ないくらいにマッチしていて一口食べると本当に幸せになれるいちご大福。
何個でも食べたくなるのでACARTはいつも少量のお買上げです。
あれ?ケチくさい?何度も買いに行くのがめんどくさい?いやいや大丈夫。
以前のお店からだと少し遠かったのですが、引っ越してものすごく至近距離になったので、食べたくなったらすぐ、こまめに買いに走れるのです!
他にも実は当店のご近所には美味しいお菓子屋さんがたくさんあって、おやつには事欠かないのがちょっと嬉しいところ。
また機会があったら他のお店もご紹介させていただきますね。

ちなみに先程もちらっと書きましたが、いちご大福は寒い時期の限定。
DSC01369.jpg
昨年11月末頃から販売が開始され、おそらく3月末頃までということです(あくまでも目安です)。
また人気のある商品ですので、遅い時間には売り切れることもあるようです。「どうしても」という方はお取り置きも可能ですので電話でお願いしておくのがオススメです。
寒さに凍える今日このごろではありますが、この時期ならではの美味しさを楽しみましょう。


さて最後になりましたが明日は土曜日なので長女の出勤です。
DSC01199m.jpg
寒いけどがんばります!よろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ