So-net無料ブログ作成
検索選択

桃ショウガトウ、緊急再入荷です。 [商品紹介]

DSC04558.JPG
昨日も暑い中、沢山のお客様にご来店いただきました。
本当にありがとうございました!
次女と末っ子も少しずつですが新店舗に慣れていき、今のところ大きな事件もなく看板猫を務めてくれています。
DSC01169m.jpg
そして本日は元祖・看板猫の長女です。
14歳という年齢を感じさせない、元気でお茶目なおばあちゃん猫。
人に遊んでもらうのが大好きなので、皆さまのお越しを今か今かとお待ちしております。
DSC01192m.jpg
普段寝ていることが多い長女ですが、寝てても待ってますのでぜひご来店ください。


DSC04546.JPG
さて、半月前に移転オープンと同時に期間限定で販売させていただいたプシプシーナ珈琲さんの「桃ショウガトウ」。
実は大変ご好評につき、開店から数日で完売してしまいました。
インスタグラムにはUPする隙もなかったので、当店をインスタのみでご覧になっている方はその存在にすら気づいていなかったかもしれません。
DSC04555.JPG
そんなインスタフォロワーの方や完売後に「食べたかった!」というお声をくださった方、「また欲しい」というリピーターの方の声を受けて、ようやく再入荷できました。
みなさま大変お待たせいたしました。

DSC04552.JPG
今回もそんなに大量に入荷したわけではないのですが、初回にご購入いただいた方の需要は少し落ち着いたかな・・・、ということで、本日からオンラインストアでの販売も開始いたしました。
遠方のみなさまも、大変お待たせいたしました。
ただやはり数に限りがありますので、今回も個数制限を設けさせていただき、お一人様3個までとさせていただきます。
ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。
プシプシーナ珈琲 モモショウガトウ ¥810(税込)

また桃ショウガトウの他にも、欠品していた夏のコーヒーの王様、「水出しコーヒー」も再入荷しています。
DSC03826.JPG
パックを1リットルの水に浸けて置いておくだけなので手間がかからず、コーヒー好きの方も納得の味。
ACARTも自宅でよく飲んでいますが、この季節は冷蔵庫で冷やしておいてそのままアイスコーヒーとして飲むほか、ミルクで割ってコーヒー牛乳にして飲んでも抜群に美味しいのです。
夏の間に、ぜひ一度お試しください!きっと冬も飲みたくなります!
ご自宅用にはもちろん、コーヒー好きの方へのプレゼントにもおすすめです。
プシプシーナ珈琲 水出しコーヒーパック ¥1,404(税込)

最後に、明日の連休最終日は再び次女が、今度は久し振りのソロ活動です(末っ子はお留守番)。
よろしくお願いいたします。


夏の3連休の奈良 [奈良のこと]

DSC01076m.jpg
本日は猫スタッフが出勤しております。
担当は次女&末っ子。
次女は以前よりは慣れた様子で、午前中から店内でうろうろ。
DSC01131m.jpg
末っ子もバックヤードでの立てこもりは飽きたのか、時々カーテンから顔を出し店内をうかがうことが増えました。
本日も19時すぎまで、皆様をお待ちしております。

DSC01247m.JPG
ところで、去る7月13日(木)はきたまちにある「八坂神社」の「祇園祭」でした。
ACARTが子供の頃はこの祇園祭ももっともっと大きくて楽しみなお祭りでしたが、年々規模が縮小され、一昨年くらいにはほぼ夜店も出ない状態に。
そんな中、きたまちの有志たちと自治会が協力して、新しい「祇園祭」が昨年からはじまりました。
派手さはあまり無いですが、昔から近所に住む人と新しくこの界隈でお店を持った人とが一緒になってつくるあたたかい良いお祭りなのです。

よく知るお店の方も多く出店されていて、写真はmoricoさんで頂いたかき氷。昨年は大人気で早々に売り切れていましたが、今年もACARTの数人後には氷がなくなってしまっていました。
DSC01269m.JPG
ちなみに今年頂いたのはマンゴーとココナツの氷。ACART今年初氷でしたが、もちろんものすごく美味しかったです。
他にもミジンコブンコさんやきたまち豆腐さんも。
まだまだ昔ほどのお店の数ではないですが、かなり多くの人が集まり、賑わいを取り戻していました。
今年は終わってしまいましたが、興味のある方は来年ぜひ足をお運びください。


さて、いよいよ3連休が始まりましたので、今週末から始まる奈良のイベントなどをお知らせします。

奈良若草山夜景観賞バス
7月14日(金)~9月24日(日)の金・土・日・祝日
料金:大人500円、小児250円
乗り場:JR奈良駅前(東口)4番のりば、近鉄奈良駅前 20番のりば
行程:JR奈良駅前(19:30 発)→近鉄奈良駅前(19:35 発)→若草山山頂(20:00 着/約30分間 散策時間)→県庁前(20:53 着)→近鉄奈良駅(20:55 着)→JR奈良駅前(21:00 着)

DSC08944mc.JPG
1000年忌特別展「源信 地獄・極楽への扉」
7月15日(土)~9月3日(日)
奈良国立博物館
浄土信仰を広めたとして知られる平安時代の僧・恵心僧都源信の回顧展。地獄絵を含む六道絵や阿弥陀来迎図を中心にした名品を展示。

DSC04200m.JPG
ライトアッププロムナード・なら2017
7月15日(土) ~ 9月24日(日)
奈良公園とその周辺
ライトアップ建造物(10箇所) 1.東大寺(大仏殿・中門・南大門) 2.奈良国立博物館 仏教美術資料研究センター 3.奈良国立博物館 なら仏像館  4.春日大社一の鳥居 5.浮見堂 6.興福寺五重塔 7.猿沢池 8.平城宮跡 朱雀門 9.平城宮跡 大極殿 10. 薬師寺

DSC04312.JPG
なつの鹿寄せ
7月16(日)~9月24日(日)までの日・祝日 9時30分~(15分程度)
春日大社境内飛火野(奈良公園内)


DSC07231.JPG
奈良少年刑務所一般公開
自由見学会(事前申込み不要)
7月16日(日)
13時〜/14時〜/16時〜の3回、定員各回200名程度。
見学会は、ガイド付のものや講演会は事前申込みが必要だったのですが、自由見学会は申込みが不要です。自由に見学でき、要所にガイドが配置されています。


蓮華会式(茅の輪くぐり)
7月17日(月)
法華寺境内、本堂前、光月亭
17時~拝観無料
18時30分頃より行燈に火がともされ、19時に茅の輪の開眼が行われ、19時過ぎより本堂にて蓮華会式が厳修されます。


この週末はもちろん来週以降も引き続き開催される催しもありますので、奈良へお越しになる方に参考にしていただけたら幸いです。

gu-pa、かみの工作所からもいろいろ再入荷 [商品紹介]

DSC04435.jpg
哀愁ある背中・・・。

動物の頭からしっぽまでのフォルムを紙でリアルに追求したペーパーモデルキット「gu-pa TOP TO TAIL(トップトゥテール)」が再入荷しました。
素材は動物の肌や毛並み近い質感の紙を使用。また体の一部が可動するので表情豊かにポーズを変えることができます。
DSC04437.jpg
gu-pa TOP TO TAIL パンダ ¥1,728(税込)
再入荷にあわせてパンダの展示見本を店頭に並べてみました。

DSC04038m.jpg
実はこのTOP TO TAILたちは、移転準備で実店舗をお休みさせていただいている間に、オンラインストアの方で多くご注文いただき完売していました。前店舗ではあまり展示できなかったので、今回は長く店頭でお楽しみいただけるといいな、と思います。

DSC04445.jpg
ちなみにパンダさんが大事に抱えているのは「笹」。こちらは手先の器用なお客様がつくってくださったものなのです(そのため製品に付属しているわけではありません!)。
かみの工作所さんの製品と見紛うばかりの精巧な笹!ありがとうございます!

そんなgu-paだけでなく、同じ製造元の「かみの工作所」の製品もたくさん再入荷しています。

DSC01180m.jpg
風海月(かぜくらげ) ゆらゆら ¥1,296(税込)
涼しげに空気中を漂う海月のモビール「風海月」の「ゆらゆら」と「くるくる」です。
この季節特に人気なのですがしばらく欠品しており、お客様にご迷惑をおかけしましたが、やっと入荷です。

DSC03322m.jpg
りくの白黒動物 ¥1,080(税込)
また手軽につくれてお子様へのプレゼントにもぴったりな「白黒動物シリーズ」。「りく」が欠品しておりましたが、無事再入荷しております。

DSC02824.jpg
A3 SHELF 白 ¥2,862(税込)
A4 SHELF 白 ¥2,106(税込)
ついでに・・・画鋲で壁にとめるだけで丈夫な棚ができあがるA3 SHELFとA4 SHELFも、白がなくなってしまっておりましたので補充しております。


その他にも色々再入荷していますが、新作はこちらです。
DSC04458m.jpg
あのmiffyちゃんが空気の器になりました。
キャラクターものはあまり得意ではないACARTですが、ミッフィーちゃんとなるとそのかわいさについつい手を出してしまいました。
DSC04544.JPG
裏面もミッフィーちゃんがいっぱい。
お子様がいらっしゃる方へのお土産にも良いですね。
1枚入で788円(税込)です。
空気の器 miffy ¥788(税込)

さて最後に。今週末は3連休です。
ミッフィーちゃんではなく、猫の出勤は以下の通りです。

DSC07183m.jpg
7/15(土):次女と末っ子
7/16(日):長女
7/17(月・祝):次女
久しぶりの次女単独出勤もあります。

相変わらず新しいお店に慣れない様子の次女と末っ子。
対して長女は余裕の看板猫ぶり。
換毛期につきお客様にはご迷惑をおかけしておりますが、どうぞ猫スタッフに会いに来てやってください。

海と祭の青衣、再入荷しました。 [商品紹介]

DSC00535m.JPG
京都では祇園祭が行われているようですが、奈良は不安定なお天気もあってか比較的静かなここ最近。
8月に入れば京都ほどではないにしても燈花会などで人が多くなるはずなので、今のうちに色々入荷しようと企むACART(しかも今週末は3連休!)。
そんな中、青衣から欠品していた商品が届いています。

DSC04211.JPG
前回入荷時にすぐに売り切れてしまった靴下の「たこ」と「りんご飴」。

DSC04220.JPG
紺色地に赤いたこが印象的な「たこ」も、赤い地色が鮮やかな「りんご飴」も、どちらかというと派手なほうなのですが、思いの外ご好評いただきました。
DSC04449.JPG
前回間に合わなかった方のお取り置き分も含めて、今回は少し多目に入荷しています。
季節は夏、正直靴下というよりは素足の時期ではありますが、涼しげに海を漂う「たこ」とお祭りの定番「りんご飴」ということで、ぜひぜひお使いいただけたらと思います。
お友達へのちょっとしたプレゼントにもおすすめです。


そして再入荷がもうひとつ。
DSC04423.JPG
靴下と同じく前回入荷したもののすぐに欠品してしまった「たこ」と、この季節にぴったりの「かもめ」、そして根強い人気の「さかな」のハンカチです。
DSC00528.JPG
DSC09889.JPG
ユニークな「たこ」はやはりハンカチでも人気ですし、涼しげな「かもめ」や「さかな」も安定してご好評いただいています。
DSC04420.JPG
また前回入荷できなかった今年の新柄の「鉾」と「流鏑馬」のハンカチも今回やっと入荷できました。
これでようやく今シーズンの青衣の新柄ハンカチ「海シリーズ」と「祭シリーズ」の全6柄が揃いました。京都の祇園祭に合わせたかのようですね。

DSC04456.JPG
またこの他にもお客様からのご注文の商品が一緒に届いています。
お客様には大変お待たせいたしました。

その他、ポーチ類も欠品していたものが少しずつ届いていますので、ぜひ店頭かオンラインストアにてご確認ください。
寝待月や半月、満月ポーチなど「探していたけど品切れだった!」というものが、知らない間にこっそり補充されているかもしれません。

ACART LIFESTYLE online store 「青衣」商品一覧


ほかにも「瑞々」あります [商品紹介]

DSC00699m.jpg
シンプルながらもお料理を瑞々しく華やかに飾ってくれるデザインが特徴の瑞々。
店頭では早くもご好評いただいております。

DSC00916.jpg
当店では白やグレーのシンプルでスタイリッシュな感じの食器が多いのですが、今回は少し趣向を変えて飴色も入荷しています。
ちょっとでも形が違えば、よりホンワカとしたあたたかいイメージになりがちな難しい色なのですが、この瑞々はしっかりとしたエッジやかわいらしくなり過ぎないデザインのお陰で、他にはない絶妙な美しさを保っています。

そんな瑞々より、本日はポットと汲み出し、すみきり角皿のご紹介です。

DSC00883.jpg
小振りながら背の高いスリムなポットはどこか華やかさがあり、洋風やアジアっぽい雰囲気の食卓にもマッチします。
サイズ:W170xD100xH135mm
瑞々 ポット 青白 ¥3,780(税込)
瑞々 ポット うす飴 ¥3,780(税込)

容量は約400cc(満水440ml)で湯呑み3~4杯分です。
日本茶や紅茶、中国茶にもお使いください。
DSC00889.jpg


DSC00879.JPG
汲み出しはスッキリとシンプルで無駄の無いデザイン。
サイズ:Φ83xH54mm
瑞々 汲み出し 青白 ¥864(税込)
瑞々 汲み出し うす飴 ¥864(税込)
ポットとセットにしてお使いいただくのも良いですし、もちろん単体でも。
スープカップやディップを入れてお使いいただくこともできます。
DSC00880.jpg


続いては当店には珍しいリム皿。
DSC00914.jpg
すみきり角皿は、その名の通り隅が緩やかに切り取られたデザインで、存在感があります。上品で洗練されたプレートは、いつものお料理をさらに美味しそうに見せてくれるはず。
またリムの部分はちょうど絵画の額縁のような形をしていますので、絵を描くように楽しみながら盛り付けてみましょう。
サイズは2サイズあり、どちらもメインのお料理をのせるのにぴったりです。
DSC00930.jpg
サイズ:W245xD145xH25mm
瑞々 すみきり長皿 青白 ¥1,944(税込)
瑞々 すみきり長皿 うす飴 ¥1,944(税込)

DSC00919.jpg
サイズ:W245xD190xH25mm
瑞々 すみきり角皿 青白 ¥2,700(税込)
瑞々 すみきり角皿 うす飴 ¥2,700(税込)

決して高級ではないけれど、穏やかで落ち着いた家族の食卓に寄り添う素敵なうつわ。
店頭でいろいろな組み合わせを試してみてください。


お料理がみずみずしく映えるうつわ「瑞々」 [商品紹介]

移転したにもかかわらず、ほとんどの商品が旧店舗と同じであまり景色の変わらないACART LIFESTYLEですが、オープンに合わせてこっそりと仲間入りした新商品があります。
美濃焼miyamaより届いた「瑞々」シリーズのうつわたちです。
店頭ではすでに販売していますしお買上げもいただいてるので、常連のお客様にはすでにおなじみになってしまったかもしれませんが、本日はきちんとご紹介させていただきます。
DSC00893m.jpg

「瑞々」は美濃焼の主要産地のひとつ、瑞浪市で生まれました。
昭和20年代から40年代にかけて国内の洋食器の25%を担った瑞浪市は、磁器の生産が盛んな地域。

その中でも茶碗や湯のみなどの円形の形づくりに適した「ろくろ成形」を得意とする小田陶器とポットや急須などの袋ものの成形に適した「鋳込成形」の技術に優れた株式会社深山が、デザイナーの小野里奈さんと共同で制作したシリーズがこの「瑞々」です。
DSC00950.jpg
「お料理がみずみずしく映えるように」との思いを込めてデザインされた「瑞々」は、和洋中どのような料理も美しく引き立ててくれます。また価格帯もお手頃なので、日常使いのうつわとして気軽に使っていただけるのも特徴です。

シリーズの中から今回当店に入荷したのは、ACART的に使い勝手のより良さそうな数種類。
本日ご紹介するのは、「木瓜鉢(5寸と7寸)」と「小鉢(2寸5分)」
どちらも青白磁とうす飴の2色です。


まずは木瓜鉢。
DSC00910.jpg
「木瓜」というのはボケの花のこと。
可憐に咲くボケの花のような形をした、愛らしいうつわです。
実はACARTのロゴの真ん中にあるお花のような形も「木瓜」。何か縁を感じます。

DSC00899.jpg
5寸は煮物やサラダ、おひたしなどの副菜に、また取り皿としても使いやすいですね。
お食事だけでなく、アイスクリームなどのデザートにもぴったりです。
サイズ:W140xD140xH54mm
瑞々 木瓜鉢5寸 青白 ¥1,404(税込)
瑞々 木瓜鉢5寸 うす飴 ¥1,404(税込)

DSC00912.jpg
7寸は少し大きくて深さも十分にあるので盛皿としてテーブルの中心に置いてお使いいただくのも良いですし、一人ずつのピラフやチャーハンなどのご飯物や、パスタを盛り付けても美しく美味しそうに見せてくれます。
サイズ:W200xD160xH54mm
瑞々 木瓜鉢7寸 青白 ¥2,700(税込)
瑞々 木瓜鉢7寸 うす飴 ¥2,700(税込)

DSC00948.jpg
そしてもう一種類は小鉢。
この度入荷したのは一番小さい2寸5分というサイズ。
このサイズ、なかなかありそうでないのです。
副菜というよりはおひたしや和え物などの副々菜や、おつまみ、お漬物などにちょうど良いサイズです。
またコーヒーやお茶受けのクッキーなど小菓子を入れるのも良いですね。
サイズ:Φ75xH35mm
瑞々 小鉢2寸5分 青白 ¥756(税込)
瑞々 小鉢2寸5分 うす飴 ¥756(税込)

miyamaの他の食器と同じく、電子レンジや食洗機にも対応していますので、毎日の食卓で気兼ねなくどんどん使っていただける瑞々のうつわ。
DSC00944m.jpg
本日ご紹介したもの以外もいろいろ入荷していますので、また後日ご紹介します。

ぜひ、店頭・オンラインストアでご覧ください。


新店舗に新doopです。 [商品紹介]

DSC01182m.JPG
雨が降りそうで降らない、蒸し暑い日曜日です。
奈良市では市長選と市議会議員選が行われており、ACARTも出勤前に国民の義務を果たしてまいりました。

そんな本日の猫スタッフは長女。まだ14歳なので選挙権はありませんが、選挙カーの喧騒が無くなり一安心のご様子。
DSC01152m.JPG
新しい店舗が落ち着かないのか気に入ってるのかよくわかりませんが、先週から少しだけ活動的で起きている時間が長くなっております。
選挙の帰りに、お散歩のついでに、ぜひお立ち寄りください。


さて、doopさんより夏にぴったりの新しい作品が届きました。
DSC04394.JPG
新店舗で初めてご来店のお客様にも「紙のアクセサリー?!かわいい!」とご好評いただき、相変わらずの人気。
いつものように超品薄になる前に入荷しておかないと!というACARTの気持ちが伝わったのか、作家のマルヤマさんのご厚意により、予定納期よりも早く納品していただきました。
マルヤマさん、いつもご配慮いただき本当にありがとうございます!


DSC04388.JPG
今回は大振りなモチーフもチョイスしています。上の写真はイヤリングですが、同じデザインのピアスもございます。

DSC04390.JPG
また久しぶりに2連のイヤリングも入荷できました。
DSC04413.JPG
ピアスは違うデザインの2連が入荷しています。

DSC04400.JPG
前回人気ですぐに完売してしまった4点セットも、ピアス、イヤリングともにございます。

DSC04404.JPG
そして新登場のこちらはヘアゴムです。
明るい色使いが夏の日差しに映えること間違い無し!
存在感があり、かなりかわいいです。



どれも紙ですのでプールや海水浴には向きません。
が、紙の上から樹脂でしっかりコーティングしてありますので、雨や汗などで軽く濡れる程度なら平気です。
DSC04392.JPG
写真はすべてイヤリングですが、ピアスもございます。
今回もどれも一点ずつの入荷ですので、気になる作品がある方はお早めにご来店ください。
写真をご覧になってのお取り置きも承りますので、メールやお電話、インスタグラムのDMなどでご連絡いただければ対応させていただきます。


乙女の奈良 [奈良のこと]

DSC01029m.jpg
レジ台の真ん中に小ぶりな店員さん。

本日土曜日は猫スタッフの次女と末っ子が出勤しています。
DSC01023mc.jpg
先週の移転オープン2日目は2匹ともほとんど店頭に出てこないという残念な初出勤でしたが、今週はどうでしょうか・・・。
少しは慣れたかな??

さてそんな中ではありますが、ずっとご紹介し忘れていた情報誌掲載のお知らせです。
旧店舗閉店間際に出版された「乙女の奈良」に当店もご紹介いただいています。
DSC04374.JPG
開店してすぐに取材していただいた前回から2年、今回は新しいお店やこれまで掲載されていなかったお店なども多く載っていて大変中身の濃い一冊となっています。
雑貨好き、カフェ好き、奈良好きの方、必携です!

というわけでACARTの掲載ページは・・・。
DSC04378.JPG
もちろん旧店舗の住所で掲載されています!
実はこの取材があった当時、旧店舗からの撤収は決まっていたもののまだ移転先が決まっておらず、新店舗の場所を載せようにも載せられなかったのです。
かろうじて「移転予定」という文言は滑り込ませたものの・・・。
これをご覧になって来てくださる方、もちろん出版社の方にもご迷惑をお掛けして申し訳ありません。

DSC04377m.JPG
ちなみに、地図のページには当店の猫スタッフがちらほら。
ありがとうございます!
さらにお土産のページにも当店の蚊帳ふきんなどをご紹介いただいています。

DSC04386.JPG
奈良の素敵なお店が今回は71店舗も掲載されています。
「もちいどの・奈良駅周辺」「ならまち」「高畑」「きたまち」「その他」とエリア別の編集なので、奈良散策のお供にぴったりです。実際、発売から2年が経っていた前回の本を持ったお客様も、つい最近までよくご来店くださいました。

20170708.jpg
紹介されているお店の顔ぶれもハズせない名店ばかり。
各エリアを代表する人気店だけでなく、比較的新しいお店でもコンセプトやメニュー・品揃えがしっかりしたお店がきっちり網羅されています。どうやって選んだのか感心するばかりです。

当店の場所は変わっていますが、その他のお店もたくさん掲載されていますので、ぜひぜひご覧ください!
DSC04373.JPG
『乙女の奈良 雑貨屋&カフェ案内 すてきなお店めぐり』
あんぐる著/メイツ出版
税別1,630円


見どころたくさん。7月の奈良 [奈良のこと]

DSC00989m.jpg
7月7日、七夕です。
7月に入って7日も経ってしまい、すっかり遅くなりましたが今月の奈良のイベントについてお知らせします。
移転オープンしたACART LIFESTYLEですが、相変わらずブログでは奈良情報もお伝えしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


DSC08388m.jpg
東大寺「大湯屋」初公開
7月1日(土)~7月31日(月)
大湯屋は大仏殿と二月堂の間付近。
今回、鎌倉時代の年号が刻まれた大きな鉄湯船の劣化を防ぐ作業が終わり、内部が初めて公開されています。

DSC04994m.jpg
興福寺三重塔特別公開
7月7日(金)
9時 ~ 16時
興福寺で最古の建物三重塔内に安置されている窪弁財天像と国宝三重塔の内部が拝観できます。

DSC03210m.jpg
奈良きたまちweek
7月7日(金) ~7月13日(木)
毎年恒例のきたまちweek、今年もきたまちの多くの店舗が参加し、さまざまな催しが企画されています。


奈良若草山夜景観賞バス
7月14日(金)~9月24日(日)の金・土・日・祝日


1000年忌特別展「源信 地獄・極楽への扉」
7月15日(土)~9月3日(日)
奈良国立博物館

DSC06239m.jpg
ライトアッププロムナード・なら2017
7月15日(土) ~ 9月24日(日)
奈良公園とその周辺

DSC00804mm.jpg
なつの鹿寄せ
7月16(日)~9月24日(日)までの日・祝日 9時30分~(15分程度)
春日大社境内飛火野(奈良公園内)
ナチュラルホルンを吹くとその音色に誘われて愛らしい鹿が集まってきます。奈良ならではの光景を楽しめます。

DSC07226m.jpg
奈良少年刑務所一般公開
自由見学会(事前申込み不要)
7月16日(日)
13時〜/14時〜/16時〜の3回、定員各回200名程度。
見学会は、ガイド付のものや講演会は事前申込みが必要だったのですが、自由見学会は申込みが不要です。自由に見学でき、要所にガイドが配置されています。


蓮華会式(茅の輪くぐり)
7月17日(月)
法華寺境内、本堂前、光月亭
17時~拝観無料
18時30分頃より行燈に火がともされ、19時に茅の輪の開眼が行われ、19時過ぎより本堂にて蓮華会式が厳修されます。


東大寺 解除会 
7月28日(金)
大仏様の前に茅草で作った約2mもの茅の輪が設けられ、東大寺の僧侶がこれをくぐって 盧舎那仏に夏越しを祈る法要が行われます。
法要:8時~9時
茅の輪くぐり:8時~、一般参拝者:9時〜15時

DSC07607m.jpg
ならまちナイトカルチャー「真夏の怪談」in元興寺
7月28日(金)~30日(日)、8月4日(金)~6日(日)
20時~21時(開場は19時~)
※開演までの時間で本堂の夜間特別拝観ができます!

暑い中ではありますが、どうぞ夏の奈良にお越しください。
最後に、明日は土曜日ですので看板猫の出勤日です。
明日のスタッフは次女と末っ子です。
よろしくお願いいたします。
DSC07313mC.jpg


少し広くなったので、224の急須も新顔を連れて復活です [商品紹介]

DSC00843mc.jpg
大雨や台風など、何かと不安定なお天気が続く今日このごろ。
奈良市内もここ数日は観光のお客様やお散歩される方も少ないようです。

本日は木曜日ですので、以前の店舗であれば「ご近所の餅飯殿センター街がお休みだから人少ないかな~」なんて思うところなのですが、この鶴福院町は一体どんな感じなのでしょうか・・・。
そんなACARTも手探りの状況のなか、「前のお店に行ったら移転してた~!」と、以前からお越しいただいていたのに移転の件をお伝え出来ていなかった方にも新店舗を少しずつ見つけていただき、申し訳なく思うと同時に嬉しく思っております。
お久しぶりのお客様も、これを機にどうぞお立ち寄りください。

さてお久しぶりなのはお客様だけではなく、商品のほうでも、長くお取り扱いをお休みしていたものが復活しています。

224porcelainのsuiというシリーズから急須(横手)の再登場です。
DSC00960.JPG
224porcelain sui急須 ¥3,780(税込)

224porcelainは温泉やお茶で有名な佐賀県嬉野市で作られる陶磁器・肥前吉田焼のブランドです。窯の歴史は約400年以上と古いのですが、有田や波佐見に近いため、それらの下請けとして影で技術を磨く時間が長く、吉田の名前はあまり表には出ませんでした。
そのため、肥前吉田には有田の絵付けのような決まった様式がなく、自由なものづくりが逆に特徴とも言えます。
この224porcelain では、長い歴史と技術を下地としながらも、他にはない新しい”肥前吉田の様式” でのものづくりにチャレンジしています。


その224porcelainの商品は当店も開店当初からずっとお取り扱いさせていただいていており、caffe hatなど現在も人気の商品が多数あります。
DSC00957.JPG
急須に関しては開店した当時は横手のみだったのですが、その後弦手の「土瓶」も登場していて、かわいいな、と思っていたもののスペースの都合でずっとお取り扱いできずにおりました。
実はこの急須を先日東京の展示会へ行った際に改めて拝見して「やっぱりかわいいな、そして弦手もいいな」と思い、店舗も少し広くなったことですし、この際にと再入荷と新入荷に至ったのです。

DSC00965.JPG
224porcelain sui土瓶 ¥4,320(税込)
こちらがその「土瓶」です。持ち手が横手か弦手かという部分以外は、基本的には「急須」と同じデザインです。

安定感のある円柱形のカタチは他にない素敵なデザイン。
緑茶はもちろん、シンプルなデザインなので紅茶など、他のお茶もよく似合います。
DSC00966.JPG
急須の内側(注ぎ口の手前)に小さな穴の開いた半球状の茶漉しが付いているタイプで、ステンレス製の網がついているタイプではありません。
お湯を入れる時に蓋を土瓶の渕にかけることができたり、茶葉が捨てやすいように蓋合い部分を大きくしてあるなど、使い勝手の良いように工夫されています。
さらにこの土瓶の最大の特徴は、佐賀県特許の撥水加工が施されていること。
蓋や蓋合い部分は茶渋がつきにくく、注ぎ口も後引きしないようになっています。
注いだ時のキレの良さに毎日使いたくなること間違いなしです。

サイズは
土瓶が10.8cm × 14cm × H 6.8 cm
急須が17.5cm × 14cm ×H 7.5 cm
DSC00968m.JPG
収納場所やお湯の入れ方など、ご家庭の使用環境に応じて選んでいただきたいと思います。
もちろんデザインの好みで選んでもいいですね。


ちなみにこの急須と土瓶はおもてなしの心と晴れの器の「sui」シリーズのひとつ。お茶やお菓子の色やカタチを楽しむため、極力シンプルな意匠になっています。

和でも洋でもテーブルを選ばない素敵な急須と土瓶。おもてなしの日にも普段の食卓にもお使いください。


インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ