So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ねぎだく、葱まみれ、ネギ大盛り! [商品紹介]

DSC01311mc.jpg

日曜日になりました。
本日も引き続き肌寒い朝になりましたが、お昼ごろには昨日のようなお散歩日和になるといいですね。
DSC01383m.jpg
こちらは昨日朝の氷室神社の枝垂れ桜。
枝ぶりが寂しくなったのは、樹木医さんの治療により、枯れてしまった枝を取り去った結果だったようです。
また何年かかけて雄大な姿を取り戻してくれるといいですね。

そんな本日の猫スタッフは木曜の祝日にも出勤していた次女と末っ子です。
たくさんの方にお会いできた春分の日でしたが、今日はどうでしょうか。
DSC01254mc.jpg
次女は先日に引き続きやる気があるらしいのですが・・・なんか目以外は寝る体制に見えますよね。
DSC01248mc.jpg
うん、末っ子が言うとおり、やっぱりちょっと変だ。奴はきっと寝る。
というわけで眠ってしまう前に、ぜひ遊びに来てやってください。

さて本日も京都烏丸六七堂さんの新製品をご紹介します。

cc190324-2.jpg
昨日は京野菜のはがきをご紹介しましたが、早速お客様にはご好評いただいております。
特にかわいらしいという声が多いのが、賀茂なす、聖護院かぶら、などの「丸い」系統でしょうか。
なすのキレイな紫や、かぶらのキュートな形が、わかりやすくて目にとまりやすいようです。

もちろんそれ以外も楽しくご覧いただいているのですが、やはりいちばん皆様の笑いを誘う・・・、いや、誉めていただけるのが、「九条ねぎ」の商品。
DSC01273mmc.JPG
ちなみに九条ねぎとは、「京都では葱と言うと、白葱ではなくこの九条葱。名前の通り京都・九条辺りで栽培されていて、一年中流通していますが、霜に当たって旨味を蓄え〝ぬめり〟が出てくる冬が一番美味」というもの。 京野菜とはいうものの、関西ではかなりメジャーな存在で、「大好き!」という人も多いのではないでしょうか。

そんな九条ねぎ、はがき以外にもおすすめ商品がございます。

DSC01332m.jpg
それがインパクト抜群の「鉛筆」です。
鉛筆(5本セット) 九条ねぎ ¥869(税込)

鉛筆のラインナップは、形状とデザインの都合上「九条ねぎ」のみ。
その潔さがACART的に大好きなポイントでもありますが、お客様にも「ねぎの鉛筆て!」と、大きな反響を頂いております。
DSC01330m.jpg
野菜テープをイメージした和紙で、5本ずつまとめられた形のパッケージもなかなか素敵で、まさに「九条ねぎ」。

さらにご好評いただいているのがこの鉛筆のディスプレイ。
DSC01321m.jpg
先日の京都での展示会で、京都烏丸六七堂さんがブースで使用されていた展示什器をお借りしています。
ねぎがにょきにょきと生えている様子がなんだか楽しげですね。
売り場に九条ねぎが実ったようで嬉しいです。

また、本来の販売スタイルとしては「5本セット:896円(税込)」なのですが、当店では特別に「1本:179円(税込)」でも販売しています。※店頭のみ
鉛筆はどれも同じではなく、柄が3種類ありますので、お好きなものをお選びください。硬さは2B、もちろん日本製です。


なんだかねぎの話ばかりしてしまいましたが、もう一つの新作。
cc190324.jpg
「学習帳」が登場しました。
越前和紙がベースの表紙に、色鮮やかな和紙で貼り絵をしたB5サイズのノート。ノート面には5mmのマス目が入っています。※表紙が光って見えるのはPP袋に入っているからです。袋から出すと、はがきと同じ質感の和紙になります。
DSC01347m.jpg

DSC01348m.jpg
表紙はすべて越前和紙。貼り絵は絵柄によって(つまり色によって)越前和紙か阿波和紙が貼られています。

ラインナップは、7種類あった「はがき」から、厳選の5種類。各972円(税込)です。
学習帳(B5ノート) 九条ねぎ ¥972(税込)
学習帳(B5ノート) 京竹の子 ¥972(税込)
学習帳(B5ノート) 賀茂なす ¥972(税込)
学習帳(B5ノート) 鹿ヶ谷かぼちゃ ¥972(税込)
学習帳(B5ノート) 聖護院かぶら ¥972(税込)

DSC01335m.jpg
やはり九条ねぎがツボだ、というお客様も多いのですが、ぜひ他の種類も収穫してあげてください。
入園や入学、進学のお祝いにも、いかがでしょうか?


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

新鮮な京野菜(のハガキ)が届きました。 [商品紹介]

DSC01350.JPG
3/23(土)です。
暖かくなったり寒くなったり忙しいここ最近。
列島各地から桜の開花も聞かれますが、お花見にはちょっと寒いでしょうか。

今月のイベント情報でお知らせしたとおり、今日と明日は全国各地の名店が集うかき氷のイベント「ひむろしらゆき祭」が春日野国際フォーラム甍別館で開かれます。
かき氷を食べるには事前にチケットを購入する必要があり、大変人気だと聞いていますが、氷室神社から会場まで氷を運ぶ「純氷道中」などは見学も自由にできます。
DSC01379m.jpg
こちらがその氷室神社。今朝の写真です。
奈良で一番に咲き始めるといわれる枝垂れ桜は・・・あれっ、散髪した?というくらい枝がお手入れされていましたが、そろそろ開花という感じです。
神社の近くを通られましたら、ぜひこちらの桜もごらんください。

熱気あふれるであろうかき氷会場とは打って変わって、寒いACART店内ではありますが、本日は猫スタッフ長女が出勤しています。
DSC01044mc.jpg
先日、3/21の春分の日には妹たちが大活躍しましたので、長女もやる気十分・・・あっ、もう寝てる!?

DSC00140mc.jpg
ぜったい寝てないそうです。なんか表情がひきつってますが。
とにかく猫好きの方、長女に優しくしてくださる方、ご来店をお待ちしております。


さて、続々届く新商品の中から、本日も京都烏丸六七堂の新作をご紹介します。
先日は蛙とオタマジャクシの紙風船をご紹介しましたが、思った以上に「蛙好き」という方が多くて驚いています。
DSC01185m-001.jpg
本物の蛙は別として、蛙のモチーフと言うのはやはりかなり市民権を得て親しまれているようですね。ちょっと情けない感じの蛙の紙風船、まだまだ店頭にございますので、ぜひお手に取ってごらんください(ぺちゃんこにすると可哀そうなので、優しく触ってあげてくださいね)。

DSC01299m.jpg
そして本日も皆さんが大好きなものがモチーフになった新作をご紹介します。
京野菜のハガキです。

野菜の種類は、次のとおりです。
DSC01286.jpg
はがき 九条ねぎ ¥324(税込)

DSC01285.jpg
はがき 京竹の子 ¥324(税込)

DSC01284.jpg
はがき 賀茂なす ¥324(税込)

DSC01283.jpg
はがき 鹿ヶ谷かぼちゃ ¥324(税込)

DSC01282.jpg
はがき 聖護院かぶら ¥324(税込)

DSC01281.jpg
はがき 丹波黒枝豆 ¥324(税込)

DSC01280.jpg
はがき 京てまり ¥324(税込)

もちろん、これまでのハガキと同じように印刷だけでなく、一部に貼り絵が施された、とても手の込んだ一枚になっています。
DSC01287m.jpg
デザインがかわいいので、ハガキとして送るのはもちろん、一枚の絵のように飾っても素敵です。

美味しい旬の野菜を食べて、春の到来を喜ぶ・・・なんて子どもの頃はあまり興味なかったのですが、「春野菜」などと聞くとワクワクするのは大人になった証拠でしょうか。
美味しそうでかわいい京野菜、普段あまり食べる機会のない方にも送ってあげると喜ばれるかもしれませんね。
春のご挨拶に、いかがでしょうか。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

春仕様?水出しコーヒーにカフェオレベースなどが入荷しました [商品紹介]

DSC00948mc.jpg
昨日は春分の日で祝日だったので、沢山の方にご来店いただきました。
お越しいただいたお客様、初めての方も何度めかの方も、お久しぶりの方も本当にありがとうございます!
猫スタッフの次女と末っ子もイレギュラーな週半ばでの出勤だったにもかかわらず、比較的よく頑張ってくれました。実は昨日は猫と遊んで行かれる方が多く、猫を初めて触るというような猫にあまり馴染みの無い方にも楽しんでいただけたので良かったなー、としみじみ思います。

さて、猫と言えばもう当店ではお馴染み過ぎるプシプシーナ珈琲さんの商品が入荷しています。
DSC00662mm3.JPG

ここ数日少し暖かくなってきたので、水出しコーヒーを久しぶりに店頭に復活させてみました。
DSC03826m.JPG
冬の間はお休みしていたので、その間お問い合わせもちょこちょこ頂いたのですが、お探しだったお客様、お待たせしました。
やっと水出しの季節も到来です。

DSC01073.JPG
そしてもう一点、通年の商品ではありますが暖かい時期によく売れるカフェオレベースも再入荷しています。
こちらも青と白がベースの涼しげなパッケージですので、冬よりは春~秋に注目され安い商品。
DSC03493m.JPG
このカフェオレベースと牛乳を1:1でグラスに入れてかき混ぜるだけで、美味しいカフェオレが作れるとっても素晴らしい商品です!
ちょっとビターなチョコレートのようなお味なので、コーヒーが苦手な方にも抵抗なく召し上がっていただけそうです。

DSC09451m.jpg
もちろん、いつも人気のショウガトウや1カップコーヒーパック、コーヒー豆なども入荷しております。
また、店頭にあるものの在庫僅少なのがウォールマグデミタ。
DSC08799m.jpg
今の所全色ございますが、特に当店ではブルーが少なめ、それ以外も少々減ってきています。
ちなみにプシプシーナさんの方でも色によっては完売・在庫僅少のようですので、お探しの方はぜひお早めにご購入いただければと思います。

DSC09586mc.JPG
最後に、明日は土曜日ですので、また猫スタッフが出勤します。
次は長女。「来てくれる人がいるから」頑張るそうです。どうぞよろしくお願いいたします。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

新作紙風船。ついに蛙とアレが登場! [商品紹介]

DSC06141mc.jpg

本日は「春分の日」で祝日です。昼と夜の長さが同じになる日、として有名ですね。
この日から少しずつ昼の方がが長くなっていくそうですので、やっと冬も終わったか!と嬉しくなります。先ほど東京と福岡で桜の開花が発表されたようなので、奈良ももうすぐですね。

祝日、ということで、当店には猫スタッフが出勤しています。
本日の当番は週末でもないのに連れてこられた次女と末っ子。
DSC00114mc.jpg
木曜日でもお店に到着するとしっかりお仕事モード。次女も今日はやる気あるみたいですね。

DSC00989mc.jpg
負けじと末っ子もやる気!?
鋭い視線で皆様をお待ちしています。
普段「土日は来られない」という方、祝日ですので土日と同じくお仕事に行かれている方も多いかと思いますが、もしたまたまお時間ありましたら、ぜひお越しください。

さて突然ですが、「蛙」ってみなさまお好きですか?
俳句だと春の季語で、もう少ししたら池や沼、田んぼなどで見ることになりますね。
また、季節を表す七十二候では5/5~5/9頃を「蛙始鳴(かわずはじめてなく)」というのもあります。
さらに「蛙の子は蛙」、「井の中の蛙大海を知らず」、「蛇に睨まれた蛙」・・・などなど、ことわざや慣用句としてもお馴染みの蛙。
他にもアニメになったりキャラクターになったり、意外と出番が多いというか、私たちの生活に馴染み深い両生類、それが蛙です。


急に何かと言いますと、本日ご紹介する京都烏丸六七堂の中でも、蛙の人気は結構高いのです。
DSC01215mc.jpg
柳の下で池に飛び込む姿を貼り絵で表現したはがきやぽち袋の「柳に蛙」。そしてその後ラインナップに加わったにおみくじ入りの張り子「蛙」。
どちらも人気の商品です。
・・・あ、背景に余計なものが写り込んでますね。

バレたら仕方がない。
すでにお気づきかと思いますが、このたび人気の紙風船のラインナップに、とうとう蛙が加わったのです!

DSC01186m.jpg
こちらが春夏の新作、「紙風船 蛙」です。
本体はもちろん緑。
そして目と手足がびよ~んと飛び出していて、蛙らしさは抜群です。
やはりこれはちょっと吊るして楽しみたいですね。
吊るすと足がベロっと垂れてユーモアがあり、情けない感じがかわいらしいです。

DSC01179mm.jpg
吊るすのが面倒な方は、あお向けでびろ~んと置いてみてもかわいいです。
空気が抜けちゃうと轢かれたみたいになるので、こまめに息を吹き込んであげてください。


そして実は、仲間もやってきたのです。蛙の子は蛙、ではなくておたまじゃくし!
DSC01234m.jpg
濃い紫色の本体は少々地味ですが、驚いたような表情が愛嬌たっぷり。
こちらは親子シリーズとでもいいましょうか、「にわとり」と「ひよこ」、「いのしし」と「うり坊」に引き続き3作目の親子。
蛙の子、ですので大きさはレギュラーの紙風船よりひと回り小さく、ちょうど「ひよこ」や「うり坊」と同じ9cmです。

DSC01203m.jpg
パーツは紙風船史上最少の「しっぽ」だけ。でもその大きなしっぽがたまらなくキュートです。

紙風船とはいえ、まさかおたまじゃくしを販売することになるとは・・・。人生ってわからないものですね。こちらは「いのししとうり坊」のようにセットではなく別売りですが、ぜひ親子セットで遊んであげてください。
DSC01221m.jpg
紙風船 蛙 ¥572(税込)
紙風船 おたまじゃくし ¥432(税込)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

しばらくぶりの釜定オーナメント [商品紹介]

ここ最近しばらくACART LIFESTYLEに足りていなかったものが、ようやく届きました。
人気?やる気?ヒット商品・・・?あ、それも確かにそうなのですが、今回は違います。
お店の中を静かに守ってくれる神様のようなオブジェ。釜定のオーナメントです。
DSC00870m.jpg
今回届いたのは「オーナメント鳥102」という製品。

明治時代から続く南部鉄器の老舗工房の三代目、宮伸穂(みやのぶほ)氏がつくる個性的な製品が日本国内だけでなく海外でも高い評価を得ている釜定。
若い頃フィンランドで暮らした経験があるという宮氏の感性が生み出す南部鉄器は、伝統を守りながらも、どこか北欧的でモダンなテイストを持ち、現代の暮らしにも溶け込みやすいのも人気の秘密です。

そんな世界的な人気故か、釜定の製品はなかなか手に入らないのが難点なのです。
通常なら発注から納品まで約半年から1年程度の納期がかかるため、これが欲しいと思ってもすぐには届かないとなると、なかなか注文するわけにもいきません。

当店ではこれまで、「オーナメント魚104」や「オーナメント風見鶏120」などを販売させていただく機会がございましたが、一度途切れてしまったので、こんなにも空白期間ができてしまいました・・・。
DSC02836mm.jpg
オーナメント魚104(※只今在庫はありません)
DSC00005.jpg
オーナメント風見鶏120(※只今在庫はありません)

DSC00861cc.jpg
今回の「鳥」、これまでの「魚」や「風見鶏」よりスリムでシャープ。大きさも少し小さめなので、引き締まった美しさがあります。ちなみにサイズは12cm x2.5cm x 高さ18.5cmです。

DSC00866m.jpg
図形のように幾何学的でシンプルな線のみで描かれていますが、まあるく穴が開いたつぶらな瞳や控えめなくちばしなどのディテールが、見事に愛らしい鳥の姿をかたち作っています。

DSC00876m.jpg
特に何かの役に立つわけではない単なる置物ですので、必要としてくださる方も、探しているという方も少ないかもしれません。でも時々一目惚れのように、その魅力にとり憑かれてしまうという方もいらっしゃいます。
しばらくはお店の中で静かに佇みながら、そんな運命的とも言えるお客様との出会いを待っていることでしょう。

さて、話は変わりますが、明日3/21(木)は春分の日。
祝日なので、またまたACART LIFESTYLEには猫スタッフが出勤します。
DSC00567m.JPG
担当は末っ子と次女。
本人たちは「週末まではまだ時間がある」と油断していますが、連れて行きます!


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

旅宿 古白で極上の一杯。 [奈良のこと]

DSC01108mc.jpg
お水取りも終わり、奈良には春がやって来る・・・。と思われていた先週土日。
にもかかわらず随分と寒くて「春来ないのかよ!」と思っていた方も多いのではないでしょうか。
そんな週末とは違って、昨日はお天気も良くぽかぽかと春らしい一日になり、すっかりお出かけ日和でした。

普段はインドア派のACARTだって、春の陽気に誘われてどこかへ行きたいな~と思うものの、お昼過ぎには打ち合わせの予定がございます。
一日まるごとハイキング、とは行きませんが、せっかくなので少し早めに外出してみました。

まずは今月末に桜祭りが予定されている佐保川沿いへ。
DSC01081.JPG
油坂船橋商店街の北の端、大仏鉄道記念公園辺りから、桜並木が始まります。
ソメイヨシノはもちろんまだですが、佐保川自慢の河津桜がかなり見頃。
DSC01063.JPG
思いの外咲いていたので少し驚きましたが、早咲の桜なのでこんなもんなのでしょう。
この分だと桜祭りの頃にはソメイヨシノも見頃を迎えそう。楽しみですね!

そして佐保川、油坂船橋商店街といえば、12月にお伺いして以来久しぶりのCAFE&RESTAURANT POOLさんへ。
DSC01156.JPG
昨日はあまり時間がなかったので、店内でゆっくりはできなかったのですが、念願のカヌレをテイクアウト!お花見の途中にもちょうど良い場所なので、次は必ずランチを食べたいと思います。

DSC01085.JPG
poolさんを急いで後にして、向かった打ち合わせ先は・・・。3/28のイベント「夜の古白で福笑い」の会場となる「古白」さん。
出張ミニミニACARTを出店させていただくほか、当日イベントのお手伝いをするにあたって、主催のサトリデザインさんと一緒にレイアウトや手順の確認にお邪魔したのですが・・・。
DSC01090.JPG
実は昨日は「木の下珈琲」さんが店頭でコーヒーを淹れている日でした。
せっかくなので、ACARTも名店で修行された木の下さんのコーヒーを頂くことに(打ち合わせは?)。

DSC01097.JPG
いろいろな淹れ方があるコーヒーという飲み物。それ自体がちょっと面白いな、と思うのですが、木の下さんが淹れてくださるのは「ネルドリップ」という方法。
DSC01119.JPG
「ネル」とは、「ネルシャツ」などでお馴染みのちょっと起毛したコットンの布。このネルで作られた布製フィルターを使う抽出方法で、ペーパーよりフィルターの目が粗いため、コーヒーそのものの味わいがしっかりと感じられる、舌触りの滑らかなコーヒーになると言われています。

DSC01124.JPG
実際に淹れていただくと、ものすごく丁寧にコーヒーを抽出することに驚きました。
お湯を注ぐとふわーっと細かな泡が立ち、それだけですでに美味しそう・・・。

DSC01132.JPG
すごく集中して淹れてくださっていたのに、普段あまり出会うことのない「ネルドリップ」や他のコーヒーとの違いについて、興味津々で沢山質問してしまい、ちょっと申し訳なかったな、と反省しましたが・・・。
DSC01100.JPG
木の下さんも古白さんのご主人も、コーヒーに向き合うのと同じように丁寧に真摯に対応してくださって、とにかく素敵な時間を過ごさせていただきました。
この木の下さんのコーヒーは本日3/19(火)までなので、お時間ある方はぜひ今からでも足を運んでみてください!
<3/20(水)追記>
木の下さんのコーヒーは3/21(木)まで延長になったそうです!

ちなみに、と言っては失礼ですが、古白さんでは普段もこのネルドリップのコーヒーが味わえる「喫茶」を営業していらっしゃいます。
DSC01134.JPG
木の下さんではなく、木の下さんからしっかりと教えを受け継いだご主人が淹れてくださるので、味はお墨付き。今日どうしても出掛けられない!という方は、普段の古白さんでコーヒーをお楽しみください。

もちろん、3/28の「夜の古白で福笑い」もご興味ある方はぜひお越しください!
残りのお席はあと少しです!

<関連記事>
夜の古白で福笑い(2019/3/13)

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

京都烏丸六七堂の紙風船が大挙してやってきました。 [商品紹介]

DSC02137m.jpg
昨日も朝からみぞれが降ったりしましたが、結局一日中降ったりやんだり光が差したりのよくわからないお天気。しかもかなり寒かったので、うっかり薄着でお出かけになった方は随分と驚かれたのではないでしょうか?
卒業式や入試、合格発表など何かと忙しい時期。
風邪など引いて体を壊してしまっては大変ですので、春先とはいえ油断せず、お気をつけてお過ごしください。

本日の猫スタッフは長女。
DSC08269mc.jpg
今朝も朝から雨になってしまいましたが・・・。

DSC07863mc.jpg
長女はこんな感じで「ちょっと強め」がお好みですので、ぜひご来店のうえ、かまってやってください。

さて、先日の京都ギフトショーにて色々と新作をみてきた訳ですが、新作以外も品薄となっていた当店。
特に寂しい状態になっていたのが、売れ行き好調の京都烏丸六七堂「紙風船」。
kamif.jpg
パッケージに「京都」ってでっかく書いてあるので「奈良じゃないのか・・・」と購入に至らないことも多いのですが、それでも沢山の方にお買い上げいただき、種類がかなり減っておりました。
DSC03480m.jpg
そんなわけで無くなっていた「かもめ」「まぐろ」「しばいぬ」「ひよこ」が再入荷。それ以外も在庫が増強されました。
せっかくなので、再入荷した紙風船たちを一気に並べてみました・・・。
DSC00943m.jpg
いかがでしょう。パノラマ写真じゃないと入り切らないような横長の展示。壮観です(一体何屋か?)。

さらに昨年末に新製品として入荷したにもかかわらず、すぐに完売してしまった今年の干支「いのしし親子」も今更ですが追加しております!
DSC05232m.jpg
特に人気だったのに加え、入荷数が少なめだったこともあり、予想よりも早く売り切れてしまっていたイノシシさんたち。
常連のお客様でさえも「ほとんど見てない」と言われるほど展示しているのも一瞬の出来事でした。
完売してしまったあとも「あれ?イノシシないの?」というお声を多く頂いており、お問合せくださったお客さまには大変ご不便をおかけいたしました。
DSC05141m.jpg
今回はもうお正月ではありませんし、すでに「いのしし年」感は薄れているような気がしますが、まだイノシシをお家に迎えてやってもいいよ、というお客様、お待ちしております。
もちろん今度こそ絶対に!という方はお取り置きも承りますので、お気軽にご連絡ください。
DSC09524m.jpg

そして春の新作もボチボチ届いておりますが・・・。
それはまた来週以降に改めてご紹介できればと思います。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

いろいろ入荷中。とりあえず人気のカラスも再入荷 [商品紹介]

DSC08786m.jpg

3/16(土)先日までの春のような陽気はどこへ?朝はみぞれ混じりの雪が降っていた肌寒い土曜日です。
もちろん本日は猫スタッフが出勤しています。
当番は次女と末っ子。
DSC00406m.jpg
仲良くお店番をする後ろ姿が好評のふたり。
DSC02007m.jpg
せっかくなのでお顔も。
猫っぽい手付きでリラックスするのは次女。
DSC02012m.jpg
末っ子は相変わらず緊張感ありますが、レジ台でじっとしている時間が長くなりました。
いつも通り仲良くお待ちしておりますので、ぜひお越しください。

さて、啓蟄もとっくの昔に過ぎ、あと5日ほどで春分ですが、暖かくなったかと思ったらまた寒くなり、部屋の温度管理や着るものに迷うような日々が続いています。
虫が出てきたけどまた引っ込んだ?鳥鳴いてたけどどっかいった?そんな暖かいのか寒いのかよくわからん時期。
お水取りが終わったのでそろそろ本当に暖かくなるはずですが・・・。 いや、春まだ浅いというのはそんなもんかもしれませんね。
DSC00703m.jpg
お水取りといえば、先日ご紹介した「食堂作法」のあとの「さば投げ」シーンについては、さまざまなお声をいただきました。
特に練行衆が屋根の上に投げた「生飯(さば)」をカラスがかっさらっていく、というシーン。カラスの賢さがよくわかりますね。
そんな賢いカラスですが、日常生活ではどちらかというと嫌われ者というか、厄介に思われる事が多いのも事実です。
そういった悪役のイメージがあるからか、 ツバメとかカモメとか、他の鳥に比べると、 カラスが商品のモチーフになることって比較的少ないように思います。
当店の商品を見渡しても、ツバメは結構いるけど、カラスは・・・。

あった!
DSC02889m.jpg
馬場忠寛さんの南部鉄器の栓抜きです。
デフォルメされた形がユーモラスで本物みたいにこわくない、愛らしさがポイント。オブジェとしても人気のカラスです。
もっとかわいい鳥さんではなく、カラスをモチーフにしているというところに馬場忠寛さんの渋さがあり、しかもそれが南部鉄器という素材にしっかりとマッチしています。
しかも栓抜きとして使うとしたら、使うのはくちばしではなくてお尻のほう。
ちょっと裏切られた感があって、ご説明するとお客様に驚かれるのもACART的には嬉しいのです。
DSC02887m.jpg
こちらの縦が今回久しぶりに入荷。
横と縦が久しぶりに揃いましたので、ぜひ2匹揃えていただければと思います。
実は当店でお買い上げのお客様にも「以前横(縦)を買ったから、今度は縦(横)を」という方が結構いらっしゃいます。
一度に二匹、とはいかなくても「いつか揃えるんだ」というモチベーションを保っていただけるというのはとても嬉しいことです。

DSC02881m.jpg
「最近栓抜き使わないから~」というお声も、缶切りとともにものすごくよく聞くのですが、あまり使う機会がないことは想定済み。
使わないなら、ぜひ飾ってあげてください。
そしてくれぐれも、本当に栓抜きが欲しい時、この子たちが「栓抜き」である、ということを忘れないでいてやってください!

馬場忠寛 栓抜き カラス(縦/たち) ¥1,620(税込)
馬場忠寛 栓抜き カラス(横/すわり) ¥1,620(税込)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「いま、ふたたび」が便利に。JRおおさか東線開通! [奈良のこと]

DSC05392mc2.jpg
このブログでもチョコチョコ書いていたことがあると思いますが、ACARTは一時期東京に住んでおり、実家である奈良には月に一度ほど(多いときは毎週)諸々の用事で帰っておりました。
その際使うのは多くの場合が新幹線。東京駅から京都駅まで2時間ちょっとという短時間で到着するので便利に利用しておりました。

DSC00401m.JPG
ただ、新幹線がいくら早くても、京都駅に着いてから近鉄奈良駅までが1時間ほどかかるので、「京都からが長いんだよな~」といつも思っていました。
しかも京都~奈良間は直通が少なくて、だいたいが西大寺駅で乗り換え。ますますメンドクサイ!奈良の家に着くころには疲弊していたという訳です。
ちなみに、近鉄の京都~奈良間は特急列車というものがあって、それに乗れば40分ほどで乗り換え無しなのですが、乗車券のほかに特急料金が500円ほどかかります。2人で片道1000円、往復だと2000円…。毎回だとちょっとした出費です。時間はかかるけど、もったいないので特急は使わないでおこう、とがんばっていたわけです。

急に何の思い出話か?と言いますと・・・。
DSC02464m.JPG
そうして東京など遠方から新幹線を利用して奈良へ来られる方に朗報です!
上記の話は近鉄線の話で、ちょっと関係ないのですが(ややこしくてすみません)、「奈良駅」〜「新大阪駅」直結のJR新路線「おおさか東線」が、3月16日に全面開通するのです。

DSC190315-1.jpg
1999年に工事が着手され、一部区間で先行開通していたJR「おおさか東線」。
2008年に放出(はなてん)―久宝寺間が先行開業していたのですが、今回、「新大阪駅」から「放出駅」(大阪市鶴見区)の区間が開通し、「奈良駅」〜「新大阪駅」直結の路線が誕生します。

ちなみにこの開通と同じ日、和歌山線・万葉まほろば線に新型車両「227系」もデビューするとか。鉄道ファンの方はきっと必見ですね。

そして「新大阪駅」〜「奈良駅」を乗り換えなしで走る直通快速は1日に4本、通勤・退勤の時間帯に運行される予定だそうです。
直通快速(7両)は久宝寺で大和路線と接続し、平日朝は新大阪方面、夕は奈良方面にそれぞれ向かう各4本、土日・休日は朝夕とも両方面に2本ずつ運行。停車駅は新大阪、放出、高井田中央、JR河内永和、久宝寺の5駅と大和路線の王寺―奈良間の5駅。
だいたいの方は文字で書いてもどこのことだかよくわからないと思いますが・・・。
興味のある方はぜひ時刻表やJRの公式サイトで詳細をご確認ください。

DSC190315-2.jpg
これを記念して、JR西日本は「はじまる、つながる、奈良の旅~おおさか東線全線開業記念」キャンペーンを3月16日から6月30日まで開催するそうです。
DSC05102m.jpg
キャンペーンでは、世界文化遺産の5社寺(法隆寺、春日大社、興福寺、元興寺、東大寺)で、講話、庭の公開など、通常は行わない企画を期間限定で実施します。
さらに専用旅行商品の購入者を対象に、西ノ京4カ寺(薬師寺、唐招提寺、西大寺、喜光寺)いずれかで記念品をプレゼントするという企画や、奈良への観光に便利な「奈良満喫フリーきっぷ」の発売、タクシー観光プラン「駅から観タクン奈良・桜井」も展開されるとのことです。

DSC08472m.jpg
どちらかというと近鉄線利用の方がメジャーな奈良ですが、これを機にJR奈良駅の利用がますます便利になり、より多くの方に訪れていただけると嬉しいですね。

さて、最後に週末の猫スタッフのお知らせです。
DSC08361mc.jpg
土曜日は次女と末っ子、
DSC05038m.JPG
日曜日は長女です。
ちなみにこちらの写真は合成ではなく、10年ちょっと前に実際に撮影したもの(下手くそですが・・・)。
東京タワーのすぐ袂にある芝公園に長女が行ったときの写真です。
そんなわけで今週末もよろしくお願いいたします!

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ジャーマンムーブメントのBRAUNまもなく売り切れです。 [商品紹介]

DSC09271.JPG
ドイツBRAUN社製アラームクロックの人気モデルBNC001とBNC002が廃版となりました。
廃版が発表された直後にたくさん入荷した商品も、同じく廃版発表直後にたくさんお問合せやご注文をいただきましたが、そろそろ一旦落ち着いたかな?というこのごろ。気がつけば当店の在庫も残りわずかとなりました。

DSC09265m.JPG
これがスマホやハイブリッドカーなら、モデルチェンジが発表されれば新型の発売を待つという方が大半だと思うのですが、今回のこ製品のかけこみが発生したのは、発表された資料の中に、「ムーブメントがドイツ製から中国製に変更される」という一文があったからだと思われます。

加えて従来からの製品のデザインが、1980年代後半から90年頃にかけて発表されたオリジナル製品を見事に復刻していると高い評価を得てきたこともあり、もしやこの美しさが失われてしまうのでは・・・?という懸念が広がったという見方もできるかもしれません。
DSC09279m.JPG
いずれにせよ、ドイツはもとより世界中のプロダクトデザイナーの中でも巨匠中の巨匠というわれるディーター・ラムスに始まり、その後継者としてチープデザイナーを務めたディートリッヒ・ルブスがデザインしたアラームクロックの名品のモデルチェンジに、デザイン好きたちはたいそうザワついたのです。


そんな折、注目されていた後継モデルが2/15に発表されました。
※新モデルの写真は当店がお取引させていただいているBRAUNアラームクロック輸入元のアイ・ネクストジーイー株式会社さんより提供いただいた広報写真です。
※当店での新モデルの取扱については現在検討中です。

まず最初はこれまで「BNC001」と呼ばれてきたモデルの後継「BC01」
BC01WBBW.JPG
最初発表された際の写真が白黒コンビモデルだったので、一瞬びっくりしましたが・・・
BC01W-B.JPG
後に単色のブラックとホワイトも追加で発表されました。

DSC09273.JPG
BRAUNアラームクロック BNC001 ホワイト  ¥5,184(税込)
BRAUNアラームクロック BNC001 ブラック  ¥5,184(税込)
当店で残りわずかとなっている旧モデルと比べると、外観のデザインはほとんど一緒。変わってしまう心配は杞憂に終わりましたね。細かな違いとしては、長針と短針が蓄光のルミナス針となったこと、そして文字盤の右上にライトが点灯するようになったこと。もちろんムーブメントの変更で文字盤下部の「German movement」の文字は無くなってしまいました。
あと見た目ではわかりませんが、スヌーズ機能がついたこと、単3電池(試供用)が付属しなくなったことなどの変更点があるそうですが、価格は税抜4,800円と据え置きです。

お次はこれまで「BNC002」と呼ばれていた四角いモデルの後継「BC02」
BC02W-B.JPG
こちらはカラーリングもそのままなので、本当に型番を見ないと区別が難しいですね。バウハウスの流れを源流にし、現在のiPhoneやApple Watchまで続くデザイン潮流の中にある「機能が決定するデザイン」を地で行くシンプルさはきっちり維持されました。

DSC09258m.jpg
BRAUNアラームクロック BNC002 ホワイト ¥5,184(税込)
BRAUNアラームクロック BNC002 ブラック ¥5,184(税込)
当店の従来モデルと比較すると、やはり針はルミナス針になっていて、「German movement」がとれているところは先程と同じ。ただ文字盤のライトは追加されず、スヌーズ機能も省かれたようです。結果的にほぼデザインはそのまま。1987年に発表されたオリジナルの「AB1」のスタイルを頑なに守りたいということでしょうか。
そして見逃せないのが価格。従来型が税抜4,800円だったのに対して、新型は税抜4,300円と安くなっています。デザインがこれでこの価格なら・・・新型アリかも。

ちなみに新作発表時にこんなモデルも追加されていました。
BC12BWWB.JPG
こちらは円柱を輪切りにしたようなシンプルなデザイン。丸の直径は75mmなので、BNC001/BC01(69mm)より少しだけ大きいようですね。アラーム+スヌーズにライト付きで価格は税抜4,800円だそうです。こちらはいまのところコンビカラーしか発表されていないようです。

というわけでBRAUNアラームクロックの新型をご紹介しました。いちファンとしては、従来型の美しいデザインがきちんと残されていて一安心です(ただし先程も書いたとおり当店でのお取り扱いはいまのところ未定です)。
DSC09256m.jpg
現在では目覚まし時計という使い方はスマホにまかせて、もっぱらインテリアの置き時計として愛用されている方も多いと思います。細かなデザインの違いで旧型をお求めになりたい方は、本当に残りわずかですのでお急ぎください。
当店としては、すでに旧型特需も十分いただきましたので。
これからは残り数個をゆっくり販売できればと思っていますので、お気遣いなく。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | -

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ