So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

茶箱クッションができあがりました。 [商品紹介]

DSC06951mc.jpg

本日の猫は長女と末っ子。
DSC07297m.jpg
あれ?
なんか変なコンビですね。
実は以前も実験してみたこのコンビ。
相性は悪くないようなので、本日もまたこのふたりにしてみました。
よろしくお願いいたします。

さて、本日はこの猫たちからもお墨付きを頂いた新商品をご紹介します。
DSC06772m.JPG
お茶の本場静岡県で明治時代から続く、老舗の茶箱製函所の職人さんが手作りしている本物の茶箱。当店では20kg用、10kg用、5kg用の3サイズを販売しています。
この度その茶箱20kg用にぴったりの大きさのクッションができたのです。

DSC06832m.JPG
ACARTが提案する茶箱の使用方法。
もちろんお茶を入れる、お米を入れる、衣類を入れる、本を入れる、などなどありますが、「スツール」として使うのもオススメなんです。
リビングに置いておくとインテリアとしても素敵ですし、イスとして座るのにもちょうど良い大きさ、高さ。中に雑誌などをいれることもできますし、使わないブランケットやお子様のおもちゃなど散らかってしまいがちなものを入れておくのもいいですね。
そんなスツールとして使える茶箱、やっぱり座るからにはちょっとしたクッションがあるといいな~、ということで、作ってみました!

DSC06967m.JPG
もちろんACARTが作ったわけではなく、作ってくださったのはきたまちのお店、Fu-raさん。
・・・昨日に引き続き、またきたまちですね。
実は今年の移転直後くらいから、このプロジェクトは進行していて、先日やっと完成したのです!

20171111.jpg
クッションの大きさは一番大きい20kgの茶箱にぴったり合わせた大きさ。
シートクッションタイプなのでパンパンに綿が詰まっているわけではないですが、座り心地はばっちりです。
色は4パターンで、Fu-raさんとACARTで吟味して決めました。

DSC06868m.JPG
生地の表は丈夫な帆布、使っているうちに風合いも増してきます。
裏側にはさらっとしたリネンを使用。
中の綿はポリエステル100%。カバーも中綿もお洗濯可能です。

早速自宅で撮影していると・・・。
DSC06913m.jpg
猫!
頼んでもないのに勝手に座って動きません。
よほど居心地が良いようですね。

一応茶箱用クッションですが、もちろん茶箱をお持ちでない方もお買い上げください。
シートクッションってなかなか素敵なのがないので、普通にソファや車の座席に置くのもおすすめです。
DSC06847.JPG
茶箱クッション ¥4,000(税込)
520x370mm(茶箱20kg用)


ちなみに、このクッションを作ってくださったFu-ra さんではただいまエプロン展を開催中です。
DSC06361m.JPG
Fu-ra
http://sewingfu-ra.shop-pro.jp/
奈良市多門町26
OPEN 木・金 10:00-15:00/第2・4土曜日 11:00-16:00
(イベント等で変更になる場合があります。詳しくはHPでご確認ください)

好きな形と生地を選んでオーダーできますので、ぜひ足を運んでみてください。
DSC06375m.JPG
Fu-ra 2017 Autumn エプロン展示・販売会
10/19(木)~11/17(金) 平日10:00-15:00 土日11:00-16:00

また少し先になりますがワークショップも開催予定だそうです。
DSC06380m.JPG
京都五条のあじき路地でオーダーメイドの帽子屋さんをされている evo.see さんを講師にお迎えして、イヤーマフラー作りのワークショップ。
詳細はFu-raさんのHP、インスタグラム等でご確認ください。
12月の「にのはこ時間」
12/4(月) 10時~12時/13時~15時
5,400円 定員 各3名

さて、明日日曜日も猫スタッフが出勤します。
DSC06947m.JPG
担当は次女と末っ子(2日連続)の予定です。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ