So-net無料ブログ作成

夏至の夜にキャンドルナイト・・・でした。 [その他]

DSC05282mm-001.jpg
昨日6月21日は「夏至」でした。このところ続いた「小満」や「芒種」などのちょっとマイナーな二十四節気と違い、比較的有名なほうの二十四節気の一つです。

梅雨時期なので全体的に暗く、昼の長さを実感しづらい部分はありますが、北半球では一年で昼が最も長く、夜が最も短い日です。昼が一番短い冬至と比べると、昼間の時間差は4時間以上もあるのだそうです。

DSC07664m.JPG
そんな一年で最も日が長かった昨日は、いっせいに電気を消す日「キャンドルナイト」の日にもなっていました。

東京などで大きなイベントとなっている「100万人のキャンドルナイト」は、「でんきを消して、スローな夜を」を合言葉に、2003年にスタート。
夏至の日の20時から22時の2時間だけ、みんなで電気を消してロウソクの火を灯し、いつもよりゆったりした時間を楽しみましょう、というものです。

DSC06951mm2.jpg
また同じように環境省でも地球温暖化防止のため、ライトアップ施設や家庭の照明を消すよう呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」を実施(6月21日から7月7日まで)しています。
さらに6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の20時から22時までの2時間を特別実施日として設定し、全国のライトアップ施設や各家庭の照明の一斉消灯を呼び掛けています。

そんな取り組みにいろいろな企業も連動していて、6月16日には、東京港区にある増上寺で「キャンドルナイト」のイベントが開催されました。
さらに六本木ヒルズ森タワーや、虎ノ門ヒルズ森タワーを管理する森ビル株式会社は、6月21日と7月7日に一斉消灯を呼び掛け、施設全体の消灯に取り組むとのこと。

もちろん強制ではありませんが、地球温暖化対策のため、そして豊かな時間のため、少しだけ電気を消してみる、というのも悪くないかもしれません。

そしてそんな夏至の夜、ACARTはまさにキャンドルの元でなにやらごそごそやっておりました。
DSC07668m.JPG
場所はならまちのとあるカフェ。
打ち合わせの内容は・・・まだ秘密です。
といってもなかなかすぐにお披露目はできないかと思いますが、またこのもくろみがかたちになりましたら、お知らせいたします。
今しばらくお待ちくださいませ・・・。

DSC07583m.jpg
最後に、明日の猫スタッフは久しぶりに次女と末っ子が土曜日に出勤いたします。
こちらもなにか相談、でしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ