So-net無料ブログ作成

美濃焼と有田焼 素敵なお湯呑 [商品紹介]

DSC03879mc2.jpg
先日は久保田農園さんから届いた美味しくてお得なほうじ茶や貴重な煎茶をご紹介しました。
そういえば、お茶といえばお湯呑ですよね。
せっかくなので、当店がオススメしたいお湯呑も一緒に紹介してしまいましょう。

まずは美濃焼。
DSC03892m.jpg
「miyama(深山) Suuun 6オールドグラス」
飲み物をいれると透けて見えるほどの薄さと、繊細な模様が最大の特徴。
白磁土を薄く薄く作り込んでいますが、1340度という高温にて焼き上げられているので丈夫です。
太陽をイメージした外側の模様は釉薬銅版という方法で施され、経年変化や摩耗により絵柄が消えることなくお使いいただけます。
容量は200cc。
DSC03870mm.jpg
お色は磁白と紫淡、朱赤がありますが、やはり一番人気はかわいらしく華やかな朱赤。
マットな質感と釉薬銅版転写の絵柄が生み出す、独特の手触りもお楽しみください。
miyama Suuun 6オールドグラス 朱赤 ¥1,620(税込)

DSC03740m-002.jpg
「miyama(深山) 朝顔形煎茶碗 白磁釉」
もう一つはつい最近もご紹介しましたが、朝顔の花のようなシルエットの茶碗。
DSC04778m.jpg
煎茶のふくよかな香りを味わうのに最適なかたちをしています。
宝瓶急須とセットでお買い上げの方が多いですが、もちろんこの茶碗だけでもお使いいただけます。
miyama 朝顔形煎茶碗 白磁釉 ¥810(税込)

続いて有田焼。
DSC05490mm.jpg
「2016/ Kirstie van Noort Cup S」
今年お取り扱いを開始した 2016/ Kirstie van Noort のシリーズ。オランダ人女性デザイナー、カースティ・ヴァン・ノートの作品です。
お色は2タイプ、Gray ClayとSpray Colorがあります。
Gray Clay はまったりとしたカフェオレのような色。外側がマットで内側が艶ありなのも面白いですね。
DSC05500.jpg
そして天然の顔料を用いた独特の釉薬をスプレーで吹きつけて作られる Spray Colorはとても個性的。こちらは内側も外側もマットな手触りです。
どちらも秋冬らしい色でこの時期にぴったり。セットでギフトにもオススメです。
2016/ Kirstie van Noort Cup S Gray Clay ¥1,728(税込)
2016/ Kirstie van Noort Cup S Spray Color ¥2,376(税込)

最後もモダンな有田焼。
DSC04766m-001.jpg
「1616/arita japan S&B “Colour Porcelain” エスプレッソ 」
色は White、Light Pink、Dots、Light Blue、Light Yellow の5色。
開店以来人気の高い、1616/arita japanのパステルカラーのうつわ。こちらもオランダ人デザイナー、ショルテン&バーイングスの作品です。
「エスプレッソ」という名前なので、「エスプレッソ用かしら?」と思われる方も多いのですが、お茶をいれるお湯呑として使うと、ちょうどよいサイズ感でしかもかわいい!
DSC01409m.jpg
白とドットのみがツルっとした手触り、それ以外のライトピンクとライトブルー、ライトイエローがマットな手触りです。
1616/arita japan S&B エスプレッソ Light Blue ¥1,944(税込)
1616/arita japan S&B エスプレッソ Light Pink ¥1,944(税込)
1616/arita japan S&B エスプレッソ Light Yellow ¥1,944(税込)
1616/arita japan S&B エスプレッソ Light Pink Dots ¥1,728(税込)
1616/arita japan S&B エスプレッソ White ¥1,404(税込)

美濃焼と有田焼の湯呑っていうと、お寿司屋さんや和食のお店で出てくる、いわゆる「お湯呑」を思い浮かべる方も多いと思います。
DSC04962.JPG
でも、今回ご紹介したのはどれもモダンで現代的。今のライフスタイルに寄り添うデザインが特徴です。もちろん現代の利器、電子レンジや食洗機にも入れられます。

お茶を頂く時間をより豊かにしてくれる美しいお湯呑たち。
秋の夜長に、おやつの時間のお供に、ギフトにも、いかがでしょうか。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ