So-net無料ブログ作成
商品紹介 ブログトップ
前の10件 | -

空気の器はあの服部一成デザインです [商品紹介]

DSC01319m.jpg
7/20土曜日になりました。
冒頭から末っ子が夢中で読んでいるのは「流行通信」という雑誌。年頃なのでオシャレに興味が出てきたのでしょうか。

そんな感じで本日も商品のご紹介です。
DSC01282m.jpg
本日ご紹介するのは昨日に引き続いてかみの工作所さんからやってきた、お馴染み「空気の器」。新作というわけではありませんが、ACART LIFESTYLEには初登場の「match by 服部一成 3枚入 ¥1,620(税込)」です。

空気の器といえば、ゴールデンウイーク明けにお店の天井から吊るしたたくさんのディスプレイ。その評判についてそういえばあまりお伝えしていませんでしたが、これが上々なのです。
DSC01333m.jpg
空中をゆらゆらと漂い、ときどき照明や外の光をうけてきらきら輝く姿が美しく、店内で一番目を引く存在になっています。
初めて来られたお客様はもちろん、何度も来ていただいているお馴染みのお客様からも、今まであまり興味がなかったけど、ちょっと欲しくなった、というお言葉をたくさんいただいております。

その結果、空気の器がどんどん売れる。
あ、正しくは空気の器しか売れない・・・かな?助けてー!ドラえも・・・

と、感極まってしまったところで、落ち着いて本日土曜日の猫スタッフのご紹介です。
DSC01228mc.jpg
こちらがそのドラえ・・・じゃなかった猫型ロボットこと次女。
寝てる間に耳がかじられた!といわんばかりのびっくり顔ですが、

DSC01228m2c.jpg
よく見るとペタンとなってるだけですね。
とにかく表情豊かな人気者は、本日もたくさんのお客様に遊んでいただいています。

そしてもうひとり。短歌の先生?
落ち着いた表情でレジ台に座る末っ子は、日に日に夏毛に変わって顔つきがシャープになっていきます。
DSC01189mcc.jpg
確かに冬毛のほうがほっこりふっくらして可愛らしいようにも見えますが、夏毛だって捨てたものではありません。
とくに後頭部や襟足(?)のあたりのサッパリ感は言いようがないほどに夏らしく懐かしく。
虫取り網を持った少年を彷彿とさせますので、ぜひ後ろからも見てやってください。

こんなふたりで本日は19時まで皆様のご来店をお待ちしております。


さて空気の器の話ですね。
とにかくディスプレイの影響もあってよく売れている空気の器。定期的に入荷している「かみの工作所」さんの製品の中でも、一番最初に売り切れてしまっているというのが現状です。
そんな状態なので、売れるものだけじゃなくACARTが個人的に好きなものを入荷してみよう、というのが今回の趣旨。
なにせ当店で常時お取り扱いしている空気の器は、だいたい15種類ほどなのですが、メーカーさんのラインナップ上は45種類ほど(空気の器メッセージカードという製品を含めると70種類弱も!)存在するのです。

DSC01266m.jpg
というわけで今回少量ですがチャレンジしたのがこの「macth by 服部一成」です。
ビビットな蛍光色で表裏に描かれたマッチ棒。片方は火がつていて、空気の器を広げるとその炎も一緒に伸びていくというデザインです。

DSC01278m.jpg
製品は3枚組。
今回撮影できた見本の白/黒のほかに、ピンク/青、黒/黄、CMYKそのままの鮮やかな3枚が入っています。
DSC01252m.jpg
地色には方眼紙のようなグラフチェックの模様が入り、マッチや炎はCMYの3原色のストライプが重なったり隣合わさったりすることで、緑やオレンジ、紫を表現するというシンプルなようで技巧的なグラフィックになっています。

DSC01280m.jpg
パッケージも同様のテイスト。おそらく知ってる方なら「あ、KAZUNARI HATTORIっぽいなー、なんだKAZUNARI HATTORIじゃん」ってなること請け合いの、「らしい」デザインになっています。


そんな今回のデザイナーは服部一成さん。
1964年生まれのグラフィックデザイナー、アートディレクターとして活躍されている方です。
代表的な作品としては「キューピーハーフ」の広告ディレクションや、冒頭の末っ子が一所懸命読んでいた雑誌「流行通信」のアートディレクションなど。
DSC01317m.jpg
キューピーの赤バッテンを手書きにし、青い空や海のスナップ写真と並べ合わせたあのデザイン。一生懸命作り込んだデザインというよりは、さらっと並べて偶然できたような「軽さ」が、時代の感覚にフィットし、2000年代以降の日本のグラッフィック界を牽引してきた人です。実はACARTもこの「流行通信」を毎号買って「かっこいいなー」「オシャレだなー」と眺めていた世代です。

世代?そう。まだあったかなーと思って引っ張り出したこの服部一成時代の流行通信は2002年とか2003年とかの号でした。改めて調べたら服部氏がアートディレクションをしていたのは2002年から2004年の期間、そして2007年末に雑誌自体は休刊していたのでした。
ということは・・・末っ子が一生懸命勉強していたのは、今から16~7年前の流行ってこと!?
長女が生まれた頃のやつだったのですね。

DSC01304m.jpg
というわけですっかり散らかってしまいましたが、「match by 服部一成」が入荷した、というお話でした。

そしてお知らせ。
明日日曜日の猫スタッフは、その16~7年前に生まれた長女です。
DSC01326mc.jpg
都合により17時ごろまでの営業となりますので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

個性的な祝儀袋。折水引 [商品紹介]

DSC01168m.jpg
梅雨らしい蒸し暑く、鬱陶しい日が続きますが、もう金曜日です。
ACART的にはまだ始まったところ、という感じではあるのですが、火曜日くらいから働いている方にとっては待ちに待った週末でしょう。
今週もお疲れさまでした。

さて本日も久しぶりの商品の入荷です。
夏の間はもしかしたら出番少なめかもしれませんが、秋に向けて買っておこうかな、という方に、祝儀袋のご紹介です。
DSC01296m.jpg
いつも祝儀袋といえば岐阜県にある古川紙工さんの、美濃和紙を使った商品を取り扱っているのですが、最近ちょっと品薄・・・。
実は取り扱っていた商品が販売終了になるなど、手に入らなくなってしまったものがいくつかあり、当店のラインナップも減ってしまっているところなのです。

そこで、古川紙工さんがダメなら福永紙工さんに、ということで久しぶりに「かみの工作所」さんから出ている祝儀袋を入荷してみました。

DSC01299m.jpg
「折水引 蝶結び 丸」と「折水引 結びきり」
どちらも色は赤、価格は税込914円です。
以下、かみの工作所さんの商品説明を引用させていただきます。

1枚の紙から「抜きと折り」で水引を表現した祝儀袋。現代的でシンプルな表情の中に、日本の伝統的な様式美がしっかりと息づくデザイン。堅苦しくなりがちな慶事に温かみと楽しさを添えます。

DSC01286m.jpg
「蝶結び 丸」は何度繰り返しても良い一般のお祝い用となります。
おそらく使われるシーンとしては、出産のほか金婚式、七五三、入学、就職などでしょうか。
DSC01298m.jpg
こちらには本体の他に「祝」の文字が入った短冊と、無地の短冊、そしてお金を入れるための封筒(金封)が入っています。

DSC01287m.jpg
そして「結びきり」のほうは結婚等、一度きりのお祝い用となります。
DSC01295m.jpg
こちらにも本体と金封の他、短冊が入っていますが、書いてある文字が蝶結びと少し違っていて「寿」と「祝」になります。

使い方は蝶結び、結びきりどちらも同じです。
①金封の表面に包む金額、裏面に自分の名前や住所を書きます。
②①の金封にお金を入れて、短冊文字が本体右上の小窓から覗くようにセットします。
③②の金封と短冊をパタパタと包んで、最後に上側の折返しを下側の折返しに差し込みます。
このとき、下側の折返しが上になるように注意。

DSC01289m.jpg
と、ここまでは商品の使い方に書いてあるのですが、ACART的に気になるのは、本体の表面に自分の名前を書くのかどうか。
ちなみにこの祝儀袋は右上の小窓に「寿」や「祝」などの文字が覗くようになっているので、「ご出産祝」や「御祝い」などの名目を表に書いてしまうと、右上と二重になってしまうので、なんとなく野暮というか、いらないかな、と思います。
で、名前も、デザイン的にはこのままのほうが美しいのではないかと当店は考えますが、そこはお使いになる方のご判断でお願いいたします。

何にしてもこちらの祝儀袋、注意書きにもありますが「必ずしも伝統的な風習に則ったものではありません」ので、贈る人も贈られる人もあまり堅苦しくなくデザインを楽しめる方、そしてちょっと人と違った祝儀袋を使ってみることができる場面に、お使いいただければと思います。


最後にいつもどおり週末の猫スタッフの出勤について。
昨日お伝えしたとおり、今週は日曜日が短縮営業(17時ごろまで)の予定です。
明日土曜日は通常通り11:00~19:00の営業で、担当の猫スタッフは次女と末っ子になります。
DSC00678m.jpg
写真は、相変わらず窓際で通りすがりのノラ猫さんと交流する次女&末っ子。
ノラさんはなんとなく長女に似ている気もしますが・・・別人、いや別猫です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

南部鉄器の鍋敷「輪菊」久しぶりの入荷です [商品紹介]

DSC01076mc.jpg

先週末の3連休、最初の2日は降ったり止んだりで残念なお天気でしたが、最終日の海の日は少し青空も見える久しぶりの雨が降らないならまちでした。
DSC00934m.JPG
特にいつもと変わらない休日、といった感じで営業しておりましたが、「普段は月曜日休みだから来られなかった」という方に来ていただくことができて、とても嬉しい祝日になりました。
雨の中、そして蒸し暑い中、ご来店いただき、ありがとうございました。

昨日は振替の定休日を頂き、今週は本日水曜日からのスタート。
どうぞよろしくお願いいたします!


さて、最近続いている「お久しぶり!の商品」をまたまたご紹介します。
DSC01075m.jpg
この季節なんか暑い!と言われがちな南部鉄器ですが、夏でも冬でも鍋敷は必要!お湯も沸かすし熱い鍋を置きたいこともあるはず!
という訳で久しぶりの鍋敷、岩鋳の「輪菊(小)¥2,700(税込)」です。

他の釜定や及源に比べると、単体で見たときにちょっと和のテイスト強め?でしょうか?
モチーフが菊ですのでそう感じるのかもしれません。

DSC01078m.jpg
ただ、鉄瓶などの下に実際に敷いてみるとなんとも華やか!そして軽やかではないですか。
やはり単体での美しさはもちろん、鍋などを置いたときのデザインも込みで計算されているものですね。

DSC01083m.jpg
裏側には傷を防止するゴムがついているので、実用性もバッチリ。
冬に活躍することが多い、ということならば、夏は飾っておくだけでも素敵です。

DSC01072m.jpg
また見た目の存在感の割に、お値段はお手頃。
ご自宅用はもちろん、プレゼントに、という方も多いお品です。
久しぶりに届いた輪菊の鍋敷、どうぞよろしくお願いいたします!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

奈良月ヶ瀬、久保田農園の大和茶もたくさん届きました [商品紹介]

DSC01048mc.jpg
昨日はややこしいお天気でしたので、人も少な目で猫スタッフ次女も末っ子も終始ダラダラと寝てばかりでした。梅雨ですので仕方のないことですが、やはり雨だと人も猫もどんよりしますね。
本日も予報は雨、実際は曇りになりましたが、猫スタッフはスタンバイしております。

DSC00741mc2.jpg
もうそろそろ17歳?の長女が、お客様をお待ちしています。あれ、飽きちゃった。
雨だからお家でゆっくり、という方が多いかと思いますが、もし奈良にお出かけいただいた際にはぜひ当店にもお立ち寄りください。
DSC00724mc.jpg
そのときは長女も動き出すと思います・・・。

さて、沢山のお客様から「そろそろ・・・」とお問合せを頂いていたものが、またもや当店に入荷しています。
只今、2番茶の摘み取り真っただ中でお忙しい久保田農園さんより、ほうじ茶、和紅茶、ハーブ入りブレンドティーsaphir が届きました。
このお茶はすべて久保田農園さんが、奈良市北東部の月ヶ瀬で無農薬で丁寧に育てたもの。
美味しいだけでなく、安心してお客様にご提供できるACARTにとっても嬉しくありがたい商品です。

少し前からどれも品切れだったので、これらのお茶を買いに来られたお客様には、「あれ?ないの?」とご不便をおかけいたしました。
入荷してすぐにお買上げもいただいており、本当にありがたく思います。

DSC03767mm.jpg
特に和紅茶は当店でも長らくお取り扱いしており、ファンの方も多い商品です。
ずっと前に和紅茶を飲んで感動したACARTが、無謀にも突然久保田さんにお願いしてお取り扱いをさせていただいたほど、好きなお茶でもあります。
今のように暑い時期でも、ストレートで飲むとスッキリとした味わいでほんのり甘く、渋みが控えめなのが特徴。
DSC03773m.jpg
和菓子はもちろん、洋菓子や食事にも合うと思います。もちろん、ホットでもアイスでも!
お値段は税込750円、ティーバッグに入っていますので、手軽に和紅茶が楽しめます。

DSC00277m.jpg
また、食事にさらに合うのが、ほうじ茶。
香ばしく焙煎されたほうじ茶がたっぷり180g入って税込389円と大変お買い得!
ぜひお食事のお供に。お出かけのお供に。
DSC00209m.jpg
お値段のせいもありますが、最近では和紅茶を凌ぐ人気になっています。
沢山入荷していますが、この暑い時期でも早々に完売することが予想されますので、売り切れの際はご容赦ください。

DSC08745m.jpg
最後は、夏らしいスッキリとした風味のハーブ入り ブレンドティーsaphir(サフィール)。
月ヶ瀬産の「つゆひかり」にブレンドされているのは「ペパーミント、スペアミント、マロウ、エルダー、マリーゴールド、アップル」という6種のハーブ。
ミントがスッキリしていますが、優しい味で酸っぱさも控えめ、ハーブティーが苦手という方でも美味しく頂けると思います。
DSC02146m.jpg
こちらは15gで税込500円、一度に使用する量が3~4gとお聞きしていますので、大体4~5回分くらいはお楽しみいただけます。

どれも贈り物にもおすすめです。
ぜひ、お買い求めください。

明日は月曜日ですが、祝日のため営業します。
もちろん猫スタッフも出勤です。
DSC00038m.jpg
担当は昨日不完全燃焼だった次女と末っ子です。
どうぞよろしくお願いいたします。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

デミタの緑がマイナーチェンジ。 [商品紹介]

DSC01099mc.jpg

7/13(土)になりました。
今週は3連休ということで、猫スタッフも3日間出勤します。
まず本日土曜日は若手の次女と末っ子。
DSC00281mc.jpg
あ、そういえば斜め向かいのインテリア雑貨店「ならの実」さんでは、恒例の「おやつ市」が今日から開催されていますね。「おやつ」という言葉に次女も興味津々・・・?
DSC00703mc.jpg
う、うん。君たちにとっておやつはそれかもね。でも売ってないと思うなー。
DSC00278mc2.jpg
・・・。
お財布持った?


あ、猫といえば、末っ子のサンキューカードが先週くらいから新しくなっていたのに、すっかりお伝えするのを忘れておりました。
DSC01136m.jpg
5月末から1ヶ月ちょっとに渡ってお配りしていた末っ子の幼いころのカードから、またまた末っ子のちょっと貫録あるカードに。
DSC01140m.jpg
眼力がすごい。
しかもこれは冬の末っ子ですね。
常連のお客様の間ではそろそろお馴染みになりつつある、末っ子の夏と冬の違いが激しい件。
おそらく一年中彼女を見守ってくださっているお客様なら、「これ冬ね」とお分かりになるはず。

こちらのカードも約1ヶ月お配りできると思いますので、ぜひ集めてください。
サンキューカードもこれで10作目。
一体どこまで続くのか・・・。

さて、猫の話題ついでにというわけではないですが、プシプシーナ珈琲さんのいろいろが届いています。
コーヒー豆や水出しコーヒー、カフェオレベース、1カップコーヒーのほか、今回はちょっとしたモデルチェンジがありましたのでお知らせです。

DSC01092m.jpg
以前よりご好評いただいている「ウォールマグデミタ¥1,242(税込)」の「カーキ(写真右)」がメーカーのリバーズさんの方で廃盤となり、新たに「オリーブ(写真左)」という新色が登場しております。
もちろんプシプシーナ珈琲さん別注の証、「プシ猫」のプリントも入っておりますので、ご安心ください。
DSC01094m.jpg
単体で見ると(特に写真だと)あんまり変わっていないように見えますが、
新色「オリーブ」は旧「カーキ」より少しだけ深いというか、濃い緑色になっています。
ガンダムに出てくるザクに似ているため、以前から身内の間では「ザク色」と言っていた旧カーキでしたが、「旧ザク」だったようで・・・オリーブは「ザクⅡ」?
モビルスーツ好きの方にも喜んでいただけるでしょうか?

DSC01097m.jpg
さっそく店頭では新色オリーブの販売に切り替えておりますが、まだ少しだけ旧カーキの在庫がございます。完売してしまえば二度と手に入らない旧カーキ。
「どうしても旧カーキが欲しい」と言う方がいらっしゃいましたら、お取り置きも承りますので、お声かけくださいませ。


お家用だけでなくプレゼントにもピッタリのウォールマグデミタ。
DSC01103m.jpg
「これでいれると美味しい」と評判の、別売のリバーズ社製「マイクロドリッパー¥756(税込)」もまだまだ在庫がございます。
セットでギフトにしても喜ばれます。

DSC01162m.jpg
ぜひ美味しいコーヒーと一緒に、いかがでしょうか。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

久しぶりにdoopのアクセサリーが届きました。 [商品紹介]

DSC01126m.jpg

7/12(金)になりました。
今日一日がんばれば、明日から3連休の方もいらっしゃるかと思います。
やはり梅雨ですのでお天気は少し心配ですが、3連休全部雨!というわけではなさそうな予報です。
ぜひ、奈良にお出かけください!


さて、大変久しぶりになりましたが、doopさんより新しいアクセサリーが届きました。

最近は売り場にも数が少なくなってしまって、お探しだったお客さまにはご不便をおかけしておりました。
沢山届いたので、今回は売り場も少し拡張してモリモリと展示しております!
「いつ入りますか?」とお声掛けいただきましたお客様にはお待たせいたしましたが、ぜひお手にとってゆっくりとご覧ください。

DSC01130m.jpg
ちなみに、ものすごく久しぶりなのでdoopさんのアクセサリーについてちょっとだけご紹介です。
開店当初からお取り扱いしておりますので、もちろんすでにご存知の方も多いかと思いますが、doopさんのアクセサリー、モチーフは紙でできています。
と、言っても樹脂でコーティングしてあるため、雨や汗でふやけてしまったり、すぐに傷んだりすることはありませんのでご安心ください。
紙で作っていることによってとても軽いので、付けていても気にならず、負担が少ないのが魅力なのです。
そしてデザインはすべてオリジナルで、作家のマルヤマメグミさんの感性が軽やかにキラキラと輝く宝石のように、自由に表現されています。
カラフルかつポップな色使いやデザインは、若い方だけでなく大人の女性にも大変人気です。

DSC01122m.jpg
今回、やってきたアクセサリーは3タイプございますので、ご紹介します。

まずは小さめのモチーフで、耳にピタッとくっつくポイントタイプ。
DSC01116m.jpg
あまり目立たないものが好きな方や、ぶら下がるタイプは引っかけてしまうという方にオススメです。
他にも、お子様のいらっしゃる方で、「ブラブラしてると赤ちゃんを抱っこしたときに引っ張られるから」という方にも人気のタイプ。

次はその小さめモチーフが2つ付いたタイプです。
DSC01111m.jpg
単なる2連ではなく、お耳の前側に1つと、後ろ側にぶら下がる感じで1つ。
前側は先にご紹介したのと同じポイントタイプなのですが、さらに後ろにもぶら下がるタイプがあることで、後ろ姿も手抜きになりません!
ポイントタイプだと、前からしか見えないので寂しい、という方、ちょっと変わった2連のイヤリングをお探しという方、いかがでしょうか?

最後は、モチーフ2つが少し大きくなった前ポイントと後ろぶら下がりのタイプ。
DSC01107m.jpg
これでもdoopさんのモチーフの中では大きめではなく中くらいのサイズなのですが、2つも付いているので存在感はバッチリです。
大きめのイヤリングが好きな方におすすめです。

DSC01133m.jpg
久しぶりのdoopですが、今回はすべてイヤリング、そして残念ながら1点ものです。
申し訳ありませんが、早いもの勝ち・売り切れ御免となりますので、ご了承ください。
写真の中で「これだ!」というものがありましたら、もちろんお取り置きも承りますので、お気軽にお問合せください。
店頭には前回入荷分のピアスもまだたくさんございます。

DSC01416m.jpg
最後になりましたが、今週末3連休の猫の出勤です。
7/13(土):次女・末っ子
7/14(日):長女
7/15(月・祝):次女・末っ子
です。

月曜日は祝日ですので、営業になります。
その翌日、7/16(火)は振替の定休日とさせていただきますので、お間違いのないよう、お願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

美濃焼の線刻小皿も再入荷しています [商品紹介]

DSC08483m.jpg
7/10(水)、本日は納豆の日だそうですね。
お察しの通り、どう見ても語呂合わせで「な(7)っとう(10)」。
DSC06312mc.jpg
納豆好きの方なら納豆の日の方がピンとくるかもしれませんが、ACART的には710ときたら、平城遷都の710年。
DSC05584m.jpg
だからどうってわけではないですが、同じ数字の並びだなあ、としみじみしちゃいます。
奈良好きの方にはきっとたまらない数字の並び、710!

などと言っていると、あっという間に7月も1/3が終わり、今週末は「海の日」のハッピーマンデーで3連休です。
お休みが3日間あるうちのどれか1日でも、大阪や京都のついででもけっこうです。
平城遷都1309年を迎えた奈良に、ぜひお越しください。

本日も相変わらずオンラインストアの工事などを並行しながら営業しておりますが、ぼちぼち再入荷もあるのでご紹介します。
意外と、というとメーカーのmiyamaさんに失礼ですが、決して派手ではないものの堅実に人気のある、美濃焼gaku(楽) 線刻小皿 が入荷しています。
DSC04400.jpg
「八稜鏡」という形の「鳥の子色」
サイズは100×100×高さ16㎜。
と、
DSC04402.jpg
「雪花」の 「青白磁」
こちらのサイズは100×100×高さ15㎜。

DSC04389m.jpg
どちらも繊細な文様を線で彫刻した「線刻小皿」。
線で刻まれた模様だけでなく、形も美しい小皿は、ちょっとした取り皿やお醤油などを入れるのにピッタリのサイズです。

「八稜鏡」の「鳥の子色」は一見すると白でちょっとだけ黄色っぽいのが特徴。
また、「雪花」の 「青白磁」 もほんのり青い控えめな色味が人気です。

DSC04387mm.jpg
和食はもちろん、洋食でも中華でも合いそうな色味と形。
納豆を食べるには少々小さいですが・・・。
コーヒーやお茶うけのお菓子などを入れるのにもちょうどいいですね。
ぜひぜひいろいろなシーンでお使いください!
価格は税込756円です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

夏も活躍!工房アイザワストレートポット。 [商品紹介]

DSC01017m.jpg
本日は七夕です。
当店は特に七夕感はなくやっておりますが、近所の小西さくら通りや駅の北側の花芝商店街には、沢山の笹が飾られ、願い事の短冊が飾られています。
見ちゃいけない、と思いながらもなんとなく目にはいる人様の願い・・・。
お子様のかわいい願い事から、大人の切実な思いまで、色々と書かれていますが、皆さまは何をお願いされますか?

DSC00901m.jpg
たとえば、本日出勤している長女の場合は・・・。
長生き?いや、猫はきっとそんな事思ってないはず。
毎日楽しく、誰かにかまってもらえて、あわよくばちゅーるがもらえたらそれでOKなのでしょう。
DSC00238m.jpg
長女が楽しく幸せな気分になれるよう、遊んでくださる方、いらっしゃいましたらぜひともお越しください!

さて、七夕には直接関係ありませんが、再入荷のお知らせです。
DSC01446.jpg
工房アイザワのストレートポット、欠品していた「弦手」がやっと再入荷いたしました。
横手の方も在庫僅少なのですが、ちょうどよいタイミングでやってきた弦手。
DSC01435.jpg
ポットの上部に弦がついていて、左右どちらにも倒れますので収納するときに場所をとりません。

DSC07897.jpg
また、デザイン的にも横に取っ手がついているよりも上にあるほうが、コンパクトでスッキリした印象。
使い勝手としては横手もいいけど、見た目は弦手が好き、という方も多いですね。
DSC07901.jpg
弦手と横手、どちらにしても言えることですが、デザインがスマートな上に素材はステンレスなので涼しげですし、夏のテーブルに置いても場違いな感じにはなりません。

DSC01432.jpg
小さく見えますが容量は400ccとたっぷりで、中についている茶こしも大きめなので、お茶葉もたくさん入ります。

DSC01451.jpg
「急須は欲しいけど、陶器だと割れる心配がある」、「和風になりすぎない急須を探してる」という方にオススメです!
価格は¥6,048(税込)。安い!というわけではないですが、一生ものだと思います。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

篭ラブ。小さな山菜カゴがいろいろ届いています [商品紹介]

DSC00383mc.jpg
7/6土曜日です。
朝からずっと曇り空で、時折軽い雨もぱらぱらしますが、いつもより涼しくて過ごしやすい休日となりました。どうやら週末のお天気は土日とも極端に悪くなることはなさそう。
そんな土曜日のACART LIFESTYLEには、毎週のことですが猫のスタッフが出勤しています。
本日は次女と末っ子。

DSC01225m.jpg
次女は相変わらず鳥さんに夢中。
基本寝てばかりなのですが、ひとたび鳥さんの声が聞こえると、パチっと目を覚まして扉の前へ・・・。よほどお友達になりたいのでしょう。
お時間合う方、扉の前の次女を倒して(?)いただくことになりますが、ぜひお立ち寄りください。

いっぽう、最近また少し大人になったのか、お店に慣れてきてお客さまとコミュニケーションも取れるようになった末っ子。
猫なのに慣れたり成長したりするんだな、としみじみしてしまいます。
お客様にも「前はあんなに逃げてたのに、慣れましたね」というお言葉をいただくので、ACARTの親バカではないはず。
DSC00549m.jpg
接客に慣れてきた末っ子ではありますが、それでもやはり好きなのが「かごの中」。
当店でお取扱いしていた雅竹の「山菜かご」という商品なのですが、この中に入ると安心するらしく、お客様の前でも比較的落ち着いてじっとしてくれます。


さて本日はそんな竹篭がいくつか入荷していますのでご紹介いたします。
DSC00301m.jpg
末っ子がいつも入っているのは「青竹縄手付山菜篭(大/Φ25xH42cm) ¥2,160(税込)」という製品(上の写真左)ですが、残念ながら引き続き欠品中。
DSC00324m.jpg
これより小さいものが「青竹縄手付山菜篭(小) ¥1,836(税込)」です。
大きさは実測でΦ18xH37cmです。
末っ子のかごにくらべるとかなり小ぶりにはなりますので、猫だったら子猫用。


DSC00325m.jpg
そして小判型の楕円のかごも入荷しています。
大きいほうが「青竹縄手付小判篭(大) ¥1,944(税込)」、サイズは27x23x35cmとなります。
小さい方は「青竹縄手付小判篭(小) ¥1,512(税込)」で、こちらのサイズは21x19x31cmです。
小判型は大といっても末っ子の山菜かごよりもちょっと小さ目。
末っ子のようなちょっと小さ目~普通サイズの成猫も入ると思います(次女もたぶんギリギリ入れそう)。
DSC00353m.jpg
小さい方の小判型はもはや末っ子も入らないであろう大きさ。
子猫なら入れるかと思いますが、猫以外に使うのが無難かも・・・。

っていうか、そもそも猫用ではありませんからっ!
DSC00347m.jpg
どのかごもお野菜や果物のほか、キッチンのふきんや食器、ボトル類をいれるのに、リビングの小物やチラシ、書類、お手紙入れとして、ドライフラワーを飾るなどなど、いろいろとお使いいただけると思います。
ぜひぜひ自由な発想でお使いください!

DSC00368m.jpg
ちなみにこれらの写真はお店で撮るのがこんなんだったため、すべて休日に自宅で撮影いたしました。
そのため、撮影中も猫がうろうろ・・・。
猫は人の邪魔をするのが大好きですね。
DSC00385mc.jpg
DSC00375mc.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

レモン絞り対決、ふたたび。 [商品紹介]

DSC05849m.jpg
かなり前にご紹介した「レモン絞り」。
かわいい鳥さんの形は2種類あって、「一体どっちが人気なのか!?」などと比較しながら販売させていただきました。

DSC05747.jpg
売り始めた当初は少しスマートで価格もお安い、中国製の「バードレモンプレス ¥864(税込)」(上の写真左)のほうが人気。
雑誌などで目にするのもこちらの方が多い気がします。
箱などはついていない簡単な袋入りにはなりますが、形のかわいらしさとお求めやすさがお客様に選ばれ、まさに飛ぶように売れたのです。

DSC05776.jpg
それに比べて、日本製で「レモン絞り ウグイス ¥1,404(税込)」という名前まであり、しかもレトロかわいい箱に入ったレモン絞りは正直なところ完敗。
いや、もちろんこちらもかわいいのですが、日本製とはいえ「バードレモンプレス」に比べて少々お値段が高い、というのも理由かと思います。
そんなわけで、次回入荷は中国製「バードレモンプレス」一択でいいのかな?と思っていましたが・・・。

DSC05754.JPG
最近なぜか日本製「ウグイス」を探し求める方が多くいらっしゃるのです!
それも海外の方。
DSC05751m.JPG
このところ当店にも在庫がなかったので「ソーリー」と謝罪するしかなかったのですが。
やっと届きましたよ!
海外の方、もちろん日本の方も、ぜひ!

ちなみに、その海外の方々が「ウグイス」を求めているのがなぜわかるのかというと、写真を見せてくれるから。ただ不思議なことにその写真は結構な頻度で、今や超有名店となった「ほうせき箱」さんのかき氷と、その隣に添えられているレモン絞り器の写真なのです。
DSC05905m.JPG
なぜ多くの方がほうせき箱さんの写真なのか?仮にほうせき箱さんに行った方がウグイスを見て欲しくなったとしても、なぜ当店にいらっしゃるのか?まったく理由はわからないのですが・・・。

とにかく夏の間は行くのもままならない人気店ですので、涼しくなったころにはぜひ伺ってこのレモン絞りでかき氷を食べたいものです。今回もそんなにたくさんは入荷しておりませんが、ぜひこのレモン絞り、かき氷屋さんで見て使っていいな、と思ったら当店にお立ち寄りください!

最後に、明日は土曜日なので猫スタッフが出勤します。
担当は次女と末っ子。
DSC02918m.jpg
DSC01624m.jpg
ふたりとも完全に油断していますが・・・。
どうぞよろしくお願いいたします。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | - 商品紹介 ブログトップ

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ