So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
商品紹介 ブログトップ
前の10件 | -

野田琺瑯の保存容器。1.5LのLサイズが届きました。 [商品紹介]

DSC04151m.jpg
本日で「なら燈花会」も最終日です。
昨日も多くの方で賑わったようですが、暑い中奈良にお越しいただきましたこと、大変ありがたく思います。

本日は
■大仏殿夜間拝観(無料) 19時~21時
■春日大社中元万灯籠 19時~21時半
です。
ぜひ足をお運びください。

DSC04208m.jpg
また、本日もACART LIFESTYLEは通常通り営業しておりますが、平日のため猫スタッフは出勤しておりません。お盆で帰省されている方やご旅行の方など、猫に会うのを楽しみにされていた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。
ただ、ここまで暑いとあまり頻繁に猫を移動させるのにも心配があります。
週に1回くらいの出勤で猫の体調に影響ないように、と思っておりますので、どうぞご理解いただけると幸いです。


DSC09663m.JPG
さて、多くの主婦に長年愛されてきた野田琺瑯の保存容器。当店でお取り扱いしている「レクタングル深型 シール蓋付」はこれまではSとMサイズのみだったのですが、お客様のお声もあって「 Lサイズ」が仲間入りしました。

野田琺瑯の容器自体、ご紹介が久しぶりなので簡単にご説明です。
金属の表面に、ガラス質の釉薬を施して焼いた「ほうろう」の容器。
DSC09671.JPG
その魅力は、冷蔵冷凍保存はもちろん、オーブン、直火での使用も可能なところ(電子レンジは不可)。
また、表面がガラス質になっているため細菌が繁殖しにくく、食品の保存に適しています。最近流行りの「作り置き」で多くの人が愛用しているのも、見た目がかわいいだけでなくこんな利点があるからなんですね。
さらに食材のにおいや汚れもつきにくいので、生のお肉を漬け込んだタンドリーチキンや、真っ赤なキムチ、トマトソースなど、色や匂いの強い食材も入れられます。

DSC09669.JPG
そんなほうろうでできたレクタングル深型。Lサイズは W.228×D.155×H.68mmで容量は 1.5L とかなりたっぷり。
蓋はスタンダードなシール蓋タイプ。EVA樹脂(ポリエチレン)の柔軟性のある素材で、ぴったりと閉めることができます。

DSC09673m.JPG
用途は、野田琺瑯のHPだと「茹でたじゃが芋、人参 煮物 ピクルス」とあります。
確かに、下ごしらえしたお野菜がまるごと入りますね。
ピクルスのほか、くるんと丸めたら白菜のお漬物にも使えますし、ぬか漬け用にするのもいいかと思います。
また、煮物を一度にたくさん作って冷蔵庫にいれるときにも重宝しそう。しかもその後お鍋に移さずにそのまま直火にかけて温め直せるので、忙しいときにも便利です。
見た目が真っ白でキレイなので、温めたらそのまま食卓に運んでも素敵です。

DSC09660.JPG
下準備から調理、保存、食卓まで。たくさん使える野田琺瑯のレクタングル。
Lサイズは税込み2,106円。主婦の憧れ、とよく聞きますが、これだけ使えてこのお値段はかなりお買い得な道具だと思います。
S・MサイズとともにLサイズもよろしくおねがいします。

野田琺瑯 レクタングル 深型/シール蓋/Lサイズ ¥2,106(税込)

ACART LIFESTYLE online store 「野田琺瑯」商品一覧

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

柳宗理のテーブルスプーンが再入荷 [商品紹介]

8月12日。日曜日ですので本日も猫スタッフが出勤しております。
DSC09531mc.JPG
本日の担当は、開店前からせっせと床掃除(のマネごと)をする末っ子と、
DSC01376mc.JPG
開店前からサボリ気味の次女です。
どうぞよろしくお願いいたします。


お盆休みが始まり、昨日は各地でUターンラッシュというニュースも多く耳にしました。
5年ほど前までは奈良に帰省する側だったACARTですが、いつの間にやらお迎えする側になり、帰省ラッシュも違う国の話のよう。
DSC09045m.jpg
奈良は一応観光地なので車が増えたり人が増えたりしておりますが、何十キロの渋滞、などはもちろんありません。
京都や大阪ほどの混雑もありませんので、ぜひお越しください!
燈花会やお盆の期間中はどのお店も大体オープンしてますので、きっと楽しんでいただけると思います!


さて、お盆は帰省したご家族みなさまでお食事などをする機会も多いかと思いますが、そういうときに足りなくなりがちなのが、お箸やスプーン、フォークなどのカトラリー類。
カトラリーと言えば当店で一番人気なのが柳宗理のシリーズです。
DSC09716m.JPG
実は長らく欠品していたテーブルスプーンが久しぶりに入荷しました。

DSC09698m.JPG
日本のプロダクトデザイン界を代表するデザイナーの柳宗理によるカトラリーは、使いやすさとデザインにこだわってつくられた独特の形が特徴。
しなやかなラインが美しく、シンプルで使う場面を選びません。
DSC09719m.JPG
また柄の部分に特別な装飾などもないので、凹凸に汚れが溜まったりくすんだりということもなく、洗いやすくいつも清潔です。
まさに定番として毎日使っていただけるカトラリー。

実はACARTも自宅でこのテーブルスプーンを愛用していて、すでに20年近く使っています。
DSC02596m.JPG
こうして新品と比べるとかなり傷もついていますが、単体で見ると「なんだこのスプーン、傷だらけだなあ」なんて思うことはありません。
素材が耐久性に優れた18-8ステンレスで、仕上げはマットなヘアライン加工なので、長年使ってできた傷もあまり気にならないのです。
むしろ「いつ見てもカッコいい」とテーブルに並べるたびに思うほど。

DSC09703m.JPG
柳宗理 テーブルスプーン ¥810(税込)
ちなみにこのスプーンの名前「テーブルスプーン」ですが、実は柳宗理のこのくらいのサイズのスプーンはディナースプーン、テーブルスプーン、スープスプーンと少しずつ違う形、大きさのものがあります。
どれをそろえれば良いか迷ってしまう、というお声もよく聞くのですが、ACART的にはこのテーブルスプーンが一番のオススメ。
価格的にも大きさ的にも、ディナースプーンは少々オーバースペックな気がしますし、特徴のありすぎるスープスプーンはスープ以外の用途ではどうなんだろう?…とちょっと不安。

その点テーブルスプーンはコンパクトで価格も比較的お求めやすく、スープからチャーハンまで幅広くカバーできる汎用性の高さも人気の秘密です。

ご家族の人数分と言わず、お客様の分も揃えていただけたらと思います。
DSC00820m-001.JPG


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

めずらしく勢揃い。OIGENの急須と鉄瓶 [商品紹介]

DSC07895.JPG
しばらく欠品しておりました、南部鉄の急須「平型糸目」が入荷しました。
名前の通り平たい形と表面の糸目模様が特徴の急須。
思えば当店が初めてお取扱いをした南部鉄急須がこの「平型糸目」でした。
このあまりにモダンな姿に心惹かれて発注したのですが、気に入ったのはACARTだけでなく、すぐに店頭でも人気になり、その後入荷しても入荷しても売れてしまう優秀な商品です。
DSC07891.JPG
お買い上げになるのは日本の方はもちろんのこと、半分近くは海外の方かもしれません。
このカッコよさは外国人ウケもするのです。
容量は400ccと、同じく南部鉄の千草の急須よりちょっと少な目。
もちろん急須なので直火はNGです。ご注意ください。
OIGEN 急須 平形糸目 0.4L ¥6,480(税込)

ちなみに、直火にかけたい!お湯を沸かしたい!という方にはこちら。
DSC07951m.jpg
千草の鉄瓶も再入荷しています。
これまた鉄瓶にしては現代的と言うかかわいらしい形なので、「来たらすぐに出ていく」商品です。
容量は1.15Lですが、お湯を沸かすときは8分目くらいまで。
DSC07956m.jpg
沸かしたお湯は鉄分が含まれていてさらにまろやかでおいしいお味になります。
少し前に「鉄瓶の下地づくり」という記事にて、鉄瓶を使う前の準備についてご説明しましたので、よろしかったらそちらもご覧ください。
OIGEN 鉄瓶 千草 1.15L  ¥10,800(税込)

でも鉄瓶を使う自信がない!という方にも、鉄分を含んだお湯を召し上がっていただく方法があります!
DSC04095.JPG
岩鋳 鉄茄子 2本入 ¥1,296(税込)
こちらは岩手の南部鉄器メーカー岩鋳の製品。名前のとおり茄子のかたちをした鉄のかたまり。
この「鉄茄子」を普通にヤカンに入れてお湯を沸かすと、鉄分が溶け出たお湯になる、という仕組みです。この鉄茄子を使うだけで鉄分がバンバンとれる、という訳ではなく、あくまでも補助的なものですが、とはいえ、生活のあらゆる面で鉄分摂取を気に掛けるのは大切なこと。
貧血が気になる方は一度お試しください。
DSC04090.JPG
また、鉄分を補う目的だけでなく、黒豆を煮るときや茄子漬けの色出し、貝類の砂出しなどにも使えます。

20180809.jpg
これで店頭にはまろみアラレの鉄瓶、千草の急須、千草の鉄瓶、平型糸目の急須、の4種類がそろいました。
ぜひ、店頭で比べてご覧ください。
ACART LIFESTYLE online store 「OIGEN(及源)」商品一覧



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

8月8日は世界猫の日。 [商品紹介]

8月8日はそろばんの日、でもありますが、「世界猫の日」だそうですね。

日本では猫の日は2月22日、というのが有名ですが、「世界猫の日」はカナダに本部があるIFAW(国際動物福祉基金)が制定したそうです。英語では「International cat day(インターナショナル・キャット・デイ」や「World Cat Day(ワールド・キャット・デイ)」といいます。そのままですが。
DSC_0128mc2.jpg
でもこの「世界猫の日」はなぜ8月8日なのか、何をする日なのか、というのがよくわかっておりません。
フワッとしてるんです。
猫を大事にしましょうとかそういうことはもちろんなのですが、特にこれと言って過ごし方が示されているわけではありません。
ただ、そう決まっているので、SNS上などではちょっとしたお祭りみたいになっていることは確か。
とにかく「猫の日だ!」と盛り上がるのが正しいのかもしれません。
まさに猫らしい、つかみどころのない日です。


そんなわけで、当店も先日出勤したばかりの猫の話を。
本日はお休みなので家に待機してるのですが、やはり最近は暑いので、日中は一部屋だけエアコンをつけて対応しています。
DSC07980m.jpg
とはいえ猫は寒がりですので、エアコンの効いた部屋にはあまりおりません。
たまに暑い部屋に行き、涼みたくなったらエアコンにあたりにいく、を繰り返している模様。のんきですね。

DSC03551m.jpg
特に年寄りの長女は蒸し風呂のような暑い部屋がお好き。
時々、火の玉のようにポーっと暑くなっているので心配しますが、お構い無し。
あまりに気になるのでエアコンの効いた部屋に連れ戻し、またいつの間にか暑い部屋に隠れる…、を繰り返しています。

DSC08921m.jpg
逆にエアコンの好きな猫が一匹。
実は一番若い末っ子は、意外と涼しい部屋を好みます。
いつもウロウロと動き回っているので、ただ単に暑いのかもしれません。
だあれも居なくなったエアコンの部屋で、一人ソファに座って寛いでいたりします。

DSC02796m.jpg
ちなみに次女は少々寒がりなのでエアコンの効いた部屋もあまり得意ではない様子。
「女子は冷やしすぎるのも良くないのよ」と言ったところでしょうか。だからと言って長女ほど暑いところを好むでもなく…。
まぁ、色んな意味で中間ですね。
猫も色々ということです。


最後になりましたが、猫マークの商品についてちょっとしたお知らせです。
DSC07701m.jpg
プシプシーナ珈琲さんの人気商品、ショウガトウは、この暑さの影響でデリバリー中止となっています。期間は9月上旬まで。

お盆のお土産やお茶うけに、とお考えの方はできるだけお早めにお買い求めください。
当店もまだいくつか在庫はございますが、無くなってしまうとしばらく入荷できませんのでご了承ください。
DSC07310m.jpg

その他のプシプシーナ珈琲さんの商品、コーヒー豆や水出しコーヒー、カフェオレベースなどは通常通りのお取り扱いとなりますので、引き続きご利用ください。
よろしくお願いいたします。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

楽曲の入った陶器のカセット。「CASSETTE VASE」 [商品紹介]

昨日のハンガーベースに引き続き、ROKKANさんの新商品「CASSETTE VASE」をご紹介します。
ROKKANさんのアイデアをコンセプトにしたプロダクト、しかもフラワーベース、という共通点はあるものの、素材も形もまったく違うものがやってきました。
DSC04003.JPG
「日常に花と音楽を」がコンセプトの「CASSETTE VASE」は、昔懐かしいカセットテープの形をした一輪挿し。
本体の素材はカセットテープと同じプラスチック、ではなく陶器です。
陶器なのでつるん、としており、青みがかった白色。作っているのは、波佐見焼の窯元「藍染窯」さんです。

DSC03988.JPG
形はともかく、どこにお花を挿すのかな~、と探すと・・・小さな小さな穴!ツメではないですか!
最近の若い方には、ツメ、なんて言ってもおわかりいただけないかもしれませんね。
ACARTより上の世代の方なら絶対ご存知だと思うのですが、カセットテープには上から誤って録音をしないために「ツメ」がついていました。大事な曲や消したくない歌を録音したテープは、このツメを折っていたのです。
懐かしいー!
というわけでこのフラワーベース、カセットのツメ折り部分に水を入れて、花を挿すことができるのです。なかなかの衝撃です。

もちろんお水はあまりたくさん入りませんので、干上がっていないかこまめにチェックが必要。
心配な方は水が不要なドライフラワーにするのもいいでしょう。

DSC03982.JPG
ここまでですでに面白い作品なのですが、もう一つこのカセットベースには特徴があります。
それは“「お花とともに音楽も楽しめるプロダクト」であること。
ジャケットの裏面に載っているQRコードをスマホなどで読み込むと、音楽をストリーミングで聴くことができるのです!
収録曲は、現代音楽家Akira Kosemura(小瀬村晶)氏が、この製品のために特別に書き下ろしたというオリジナル曲。他では聴くことができません。

DSC04926.JPG
さらに、CDやレコードのジャケ買いがあったように、このカセットベースもジャケ買いが可能。
現在当店に届いているジャケットは3種類。イラストを手がけた新進気鋭のアーティストは・・・
vol.1 脇田あすか
vol.2 榎本マリコ
vol.3 くらちなつき
3人3様の素敵なジャケットvol.1~3に、すべて違う曲が入っています。

「音楽を聴くもの」であるカセットテープ。それをモチーフにした花器に花を生けるという裏切り行為、でもやっぱり音楽を聴く・・・。
相変わらずROKKANさんの遊び心とモノ作りに対する真摯な思いが溢れています。

DSC04939m.JPG
そしてこちらの製品はそれぞれのボリュームごとに「世界限定300個」となっています。
今や日本の最先端をゆくクリエイターROKKANによるプロダクト、そして世界に名の知られる現代音楽家Akira Kosemuraの書き下ろしの楽曲ということで相当注目を浴びたこの製品が・・・なんと奈良の小さな雑貨屋に(数個だけですが)届いているということ自体が奇跡です。

DSC03994.JPG
ちなみに外側のケースは昔懐かしいカセットテープのプラスチックケース。
このケースにカセットベースを置いて飾る、というのがまた素敵です。
しかもその世代には大変懐かしいキャラメル箱のようなPP包装(当然、一度開けるともうおしまい)。さらに価格は税抜2,800円とこちらもそれっぽさ満点です。
一見すると普通のカセットテープに見えなくもないので、プレゼントにするときっと驚かれるはず。
大切な人の日常に「花と音楽を」。ぜひ。
DSC04931.JPG
ACART LIFESTYLE online store 「ROKKAN PRODUCT」


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ジャケットをかけるように花を飾る。「HANGER VASE」 [商品紹介]

DSC01260m.jpg
お手紙になる金魚すくいのぽい「ぽいぶみ」や煙のたたない蚊取り線香型アロマスティック「アロマ線香」など、ユニークなプロダクトを生み出すROKKANさんより、新しい作品が届きました。

届きました・・・と言っても、実際のところだいぶ前に届いていて、店頭にも展示しているので、「あれはなんだ?」と思っていたお客様もいらっしゃるかと思います。
DSC02978mm.jpg
木のハンガーに試験管が連なった、「ハンガーベース(HANGER VASE)」というユニークなフラワーベースです。
DSC04948.jpg
素敵なパッケージに入っているので、ギフトにも喜ばれそうです。


DSC04721m.jpg
4本の試験管に好きなお花を入れて・・・でも、これが案外難しい!
色はもちろんボリューム感など、かなりバランス感覚が必要になるので、お花を調達して生けるのもちょっとしたお稽古の時間です。
しかも試験官は細いので、ちょっと太めの茎のお花は入りません。

DSC06058m.jpg
細いお花を一本ずつ挿していくのもかわいいですし、場所によって太い花と細い花を使い分けるのももちろんおもしろいです。
また、花だけでなく枝ものや葉ものをメインにしたり、ドライフラワーを組み合わせたり。同色系でまとめたり、カラフルにしたり。
試験管は4本あるので、同じお花のメンバーでも生ける場所を変えるだけで全く違う雰囲気にもなります。
楽しみ方は本当にいろいろで、使う人によって全く違うお花が生けられると思います。
すごく面白いけどむずかしい。難しいけどおもしろい!実はACARTもまだまだ勉強中です。

DSC04343m.jpg
また置き場所ですが、ハンガーなのでどこへでもかけられるのが特徴。
フラワーベースは大体どこかテーブルやコンソールの上に置くもの、という概念をアッサリと覆しています。
ACART LIFESTYLEのように壁に引っ掛けるのはもちろんのこと、ペンダントライトのようにお部屋の真ん中の空中に吊るすことも可能。
そうすると下からのいろんな角度でお花を楽しむことができて、また新たな美しさの発見にもつながります。

DSC08409m.jpg
美的感覚のトレーニングにもなりそうな「ハンガーベース」。
普通のフラワーベースには飽きちゃった方、変わったものが好きな方へのプレゼントにもおすすめです!
自分だけの使い方を探してください。

DSC04194m.jpg
ハンガーベース ROKKAN HANGER VASE ¥6,372(税込)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

新装再入荷。大人気のアロマ線香 [商品紹介]

DSC08609.JPG
台風一過の・・・。
昨夜は久しぶりに本格的な嵐となりましたが、夜が明けるとまた暑い太陽が戻ってきました。
今回の台風で被害にあわれた方、そして暴風雨はまだこれからという地域の方もいらっしゃると思いますが、ACART LIFESTYLEは大した被害もなく、いつもどおり営業できております。

DSC01201mc2.jpg
そして日曜日ですので、猫スタッフも出勤しています。担当は雨女疑惑がかかっていた次女と・・・

DSC07534mc2.jpg
次女の扱いでは右に出るもののいない末っ子。

DSC01204mc2.jpg
照れております。

さて本日も商品のご紹介です。
DSC01639-001.JPG
昨日ご紹介した「ぽいぶみ 空色」とともに入荷したものがあります。
前回春頃に入荷して、夏を待たずに完売してしまった
『煙のたたないアロマ線香』

実は先日ROKKANさんが来られたときに拝見していたのですが、パッケージが少し新しくなりました。

DSC08610.JPG
前回まではかわいらしい木のイラストがたくさん描かれたものだったのですが、今回はナスカの地上絵みたいな幾何学模様。
でもよーく見ると、「AROMASENKO」のアルファベットが隠れています!
DSC08610m2.JPG
※加工写真です。AROMASENKOの部分に色をつけています。

DSC08613m.JPG
またデザインが変更されただけでなく、新たに英語表記も。これは便利!
当店でも海外の方から「これはなんだ?」と聞かれることも多々あるので、こうして書いてもらえるととっても助かります。


そんなわけで、再入荷したこのアロマ線香のご説明をもう一度。
DSC01604m2.JPG
日本人なら誰もが目にしたことのある蚊取り線香の形をしたアロマスティックです。
素材は青森県産のヒバの木。
北海道のCreation Studioさんに一点一点糸鋸で作っていただいている、手作業の美しさもお楽しみください。

使い方は、付属のヒバオイルを木にたらすだけ。
虫が嫌うと言われているヒバの香りを利用して、虫よけ効果を期待します。
DSC01658.JPG
オイルは青森ヒバより水蒸気蒸留にて抽出した天然オイルですので、ナチュラルなもの。
形は蚊取り線香に似ていますが、殺虫成分はありませんので「虫がバタバタと死んでいく」ということはありません。
ただ、火を使わないため煙がたたず安全なので、お子さんやペットがいる場所でも安心してご使用していただけます。
ケミカルなものがあまり好きでない方にもおすすめです。

で、新しくなったパッケージには
「注意事項 : 火をつけないでください。線香立ては付属しておりません」と書いてあります。
DSC08614.JPG
もちろん火はつけないでいただきたいのですが、「線香立て」については当店では「付属しております」!
DSC01603.JPG
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、以前より当店で「アロマ線香」をお買上げいただいた方には、スタンドを無料で1個お付けしています。
店頭だけでなくオンラインストアでもOKですが、無くなり次第終了となりますので、お早めにお買い求めください。

DSC08604m.JPG
アロマ線香 (スタンド付) ¥1,944(税込)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

金魚すくいの暑中見舞い、ぽいぶみの空色、入りました。 [商品紹介]

DSC03722m.jpg
お伝えしたように、本日の奈良では朝からいろいろと行事があります。
東大寺の解除会、しもみかど流しそうめん、つばいまつり、燈花会早咲きの日。
このどれもが台風の影響が心配されましたが、奈良では今のところ雨もほとんど降っておらず、最近の暑い日に比べると過ごしやすいくらい。
予報によると台風の影響が出るのはむしろ明日かも?という感じですので、現時点ではイベント中止などの情報は特に聞いておりません。
とはいえ、今後夜にかけてのイベントについてはどうなるかわかりませんので、参加のご予定の方は主催者発表の情報をご確認いただければと思います。
また、本日は大丈夫そうですが明日にかけては台風による荒れたお天気が心配されます。
お出かけの際はご注意ください。

DSC08956m.jpg
そんな中ですが、猫スタッフが出勤しています。
もちろんあまりにお天気が酷いようでしたら中止も考えたのですが、猫もやる気満々ですし、お客様にもお知らせしちゃったので。
DSC08969m.jpg
ただ、今後の台風の進路によっては少し早めに切り上げる(もちろん人間も一緒に)ことがあるかもしれませんので、よろしくお願いいたします。


そう、この台風で、あちこちのお祭りや花火大会が中止、もしくは延期になってますね。
お祭りを楽しみにしていた方や子どもたちにとっては残念な週末となりました。
せめてお祭り気分を!というわけではないですが、懐かしい金魚すくいの形をした「ぽいぶみ」の一番人気「空色」が入荷しました。

DSC09038m.jpg
この時期日本中からオンラインストアを通じてご購入いただいているぽいぶみ。
もう何度もご紹介していますが、金魚すくいの「ぽい」にお手紙を書いて郵送する、ポストカードです。
文字が書けるのは、ぽいの和紙の部分。外側の透明の袋は、金魚を持って帰る時に使う袋をイメージしています。
ちなみに、このぽいぶみに使われている「ぽい」は実際に金魚すくいで使われる本物の「ぽい」。
書くときに破れにくいように和紙の部分が若干厚い子供用、なんだそうです。

ものすごく素敵なお手紙には違いないのですが、和紙の部分が破れやすそうなので気を付けて書く必要があること、一言くらいしか書けないこと、失敗できないこと、など決して手軽なものとは言えません。しかも郵送するには定型外の120円切手が必要です。本体がプラスチックで562円、針金で882円ですので、なかなか高価な暑中見舞いになってしまいます。
DSC08536m-002.jpg
実際に店頭でご覧になった多くの方が「すごーい!」と言うものの、「でも丸見えだし」「少ししか書けない」「破れそう」とさまざまな不安を口にされ、お買い上げになるのはほんの一部です。
それでも、ACARTのようにこのかわいさに完全に心奪われる方も大勢いらっしゃるのか、このところオンラインストアのご注文はぽいぶみばっかり!
発売からかなり時間は経っていますが、この人気は衰えません。

DSC09042m.jpg
ぽいぶみ 空色 ¥562(税込)
そんなぽいぶみの一番人気色が、先日再入荷した「空色」。やはり一番夏らしく、涼しげだからでしょうか。
長らく欠品だった空色が入荷したのは、デザイナーのROKKANさんが送ってくださったから。
めちゃくちゃお忙しいはずなのに、奈良に帰ってこられたときには立ち寄ってくださるROKKANさん、本当にありがたく思います。
先日も突然やってきて、いろいろなお話をすることができました。
気さくで優しく、いつ見ても楽しそうで、お会いすると元気になる、とても素敵なROKKANさん。
商品のことやそれ以外の構想もたくさん聞くことができましたので、今後のご活躍がますます楽しみです。
ROKKANさんの作品は、実は他にもいろいろと届いていますので、また少しずつご紹介します。


最後に、明日は今のところ次女と末っ子の出勤日。
台風がおさまり、予定通り来られるとよいのですが。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

水出し緑茶にも使える!宝瓶急須と煎茶碗が再入荷。 [商品紹介]

DSC08786m.jpg
「熱中症に注意!」や「最高気温更新」など、暑さにまつわるニュースがこのところどのメディアでも続いています。
「一種の災害」とまで言われる今年の暑さ、一体いつまで続くのでしょうか。
ACARTの周りにも体調を崩している方、熱中症にかかった方、またご本人ではなくてもお子さんが体調不良という方などもいらっしゃって、本当に今年の夏は規格外に暑いのだな、と思ってしまいます。
みなさま、くれぐれもお気をつけください。

さて、そんな暑い夏といえば冷たい飲み物。
先日から「水出しコーヒー」がよく売れます!とブログやインスタで声高に申しておりますが、水出しと言えばもうひとつ、「水出し緑茶(煎茶)」もありますよね。
残念ながら当店の煎茶「騎鶴楼」はただいま品切中なのですが、美味しい水出し緑茶を煎れるのにぴったりな急須が届きました。

DSC04719.jpg
関西よりも暑い?と言われる岐阜県からやってきた、美濃焼miyamaの宝瓶急須 と 朝顔型煎茶碗です。
宝瓶急須とは持ち手の無い急須のことで、主に玉露のように低温で抽出するお茶に用いられるもの。
低温なので持ち手がなくても熱くない!というわけですね。
手で直接包み込むように持ち、お茶を最後の一滴までしっかりと注ぎ入れることができます。

DSC04729m.jpg
今回久しぶりにやってきたにも関わらず、温かいお茶でも飲もうか、という気にはなりません…。
いやでも、最近流行りの「水出し緑茶」があるではないですか。
そもそもこの宝瓶急須は低温のお茶を煎れるのに適した形ですし、煎茶と磁器は相性が良いのです。
おもいっきり低温の冷たいお茶でも、使い勝手は良いはず。

というわけで、ずーっと前に習った煎茶の煎れ方を踏まえつつ、使い方を考えてみました。

①冷やした宝瓶急須と、氷水を用意する。
②水100mlに対して約10g(ティースプーン約5杯分)くらいのちょっと多めの茶葉を入れる(ちなみに宝瓶の容量は160mlです)。
③急須に氷水を注ぎ、抽出されるまで5分(時間があれば30分~1時間)程待ちます。

DSC04778m.jpg
煎茶は低温で煎れると甘味と旨味が強くなり、逆に苦味が出にくくなる、と聞きました。
ですので、苦味や渋味が苦手な方や、まろやかで甘味のあるお茶がお好みの方にはオススメです。
さらに低温で煎れるとカフェインも出にくいのだそうです。
寝苦しい夜にもカフェインが少ない水出しがぴったりなんですね。

DSC04722.JPG
miyama 宝瓶急須 白磁釉 ¥2,160(税込)
例えばお客様が来られる予定があるときも、美味しい水出し煎茶がオススメ。
お湯で煎れるお茶ほどシビアに時間を守る必要は無いので、冷蔵庫で1日以内なら作り置きも可能です。
DSC04736.jpg
miyama 朝顔形煎茶碗 白磁釉 ¥810(税込)
もちろん素敵なデザインの急須なので、同じシリーズの朝顔型煎茶碗とともにテーブルに出してサービスしましょう。

そんな宝瓶急須と 朝顔型煎茶碗、今回は少し多めに入荷してみました。
水出しに興味がある方、ぜひ一度店頭でご覧ください。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

お盆にぴったりのハンカチ [商品紹介]

DSC01368m.JPG
早いものでいつの間にかもう7月も終わりに近づき、もうすぐ8月です。
8月になるとすぐにお盆がやってきます。
今年は暑い暑いお盆になるのかな・・・とちょっと心配ですが、お盆にぴったりの商品が入荷しています。

DSC05026.JPG
「ガーゼハンカチ お盆の精霊馬」
お盆にお供する「精霊馬(しょうりょうま)」をあしらったガーゼハンカチです。
亡くなった人の魂が帰ってくる、と言われるお盆。その魂がこの世とあの世を行き来するための乗り物に見立てたものが「精霊馬」。
作り方やお供えの仕方は地域によるようなのですが、有名なのは「きゅうりとなす」で作る「馬と牛」。
DSC05028.JPG
魂が天国から帰ってくるときは、早く来ていただけるように乗り物は「胡瓜の馬」。逆に魂が天に帰るときは、ゆっくり帰ってもらえるように「茄子の牛」で。
そんな願いを込めたお盆の風習です。
ちなみに、作り方は簡単で、本物のきゅうりや茄子に、割りばしや爪楊枝などを足っぽく刺すだけ。最近は出来上がったものが売られていたり、本物の野菜ではなく作り物の精霊馬セットなんかもありますね。

実はACARTがこの風習を知ったのは10年ほど前。
子どもの頃はこのようなお供えは見たことがなかったので、とても衝撃を受けました。
DSC01617m.JPG
「キュウリの馬でビューンとやってきて、なるべくこの世でゆっくりしてもらって、茄子の牛でのんびり帰って」というホスピタリティと愛情あふれる考え方にも感動したのですが、やはり精霊馬のスタイル!
かわいいというかユーモラスというか、「お盆の準備」というちょっとしんみりする状況でもこれを見て「ふふっ」と和む・・・、よくできてるなあ、と思ったのでした。
DSC05029.JPG
そんなかわいい精霊馬が刺繍されたガーゼハンカチ、お盆という行事や亡くなった方を想う気持ちに優しく寄り添ってくれます。

DSC05021.JPG
そしてもう一つのハンカチ、こちらはおなじみの「ハンカチ 一つ目」です。
真っ黒のハンカチに目が一つ。
京東都の妖怪シリーズハンカチの中でも、シンプルながら人気の一品です。

DSC05019.JPG
ちなみに、ほかの妖怪一つ目シリーズは、そのほとんどが白目の部分に蓄光糸が使われていて、暗闇で光る、という仕掛けになっているのですが、こちらは光りません!
これは蓄光糸が熱に弱いためで、アイロンをかけることが大いであろうハンカチに限っては、度重なる洗濯とアイロンの熱で糸が弱ってしまわないように、蓄光糸は使っていないのだそうです。
「暗闇で光る」がかなり好きだったのでこの点は残念なのですが、まあハンカチですし、実用上は問題ないでしょう。

DSC05024.JPG
7月は各地で猛暑が続きましたが、8月もまだまだ暑いはず。
ちょっと涼しげなハンカチで、汗を拭いて元気に夏を乗り越えましょう。
京東都 ガーゼハンカチ お盆の精霊馬 ¥918(税込)
京東都 ハンカチ 一つ目小僧 ¥918(税込)


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | - 商品紹介 ブログトップ

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ