So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
奈良のこと ブログトップ
前の10件 | -

次は「ならまち遊歩」!8/17(金)~8/26(日)です [奈良のこと]

DSC00046m.jpg
昨日でお盆も終わり、本日もしくは明日からお仕事、という方も多いのではないでしょうか?
お休みを満喫された方も、結局あまり休めなかったという方も、お疲れ様です。

ACART LIFESTYLEは通常通り営業しております。
燈花会も大文字の送り火も終わったならまちは少し静かですが、ゆっくり皆さまをお待ちしております。

そんな静けさを取り戻したならまちですが、明日からまた新しいイベントが始まります!
DSC00084m.jpg
去年初めて開催された新しいイベント「ならまち遊歩」
期間中、ならまちのあちこちに吊るされた提灯が街を優しく照らし、ノスタルジックな街並みを作り出します。また今年は昨年以上にたくさんの企画が用意されていて、さらに楽しいイベントになっています。

DSC00048m.jpg
今回ACARTはこのイベントには参加していないのですが、せっかくなのでちょっと詳しくご紹介します。
まずは開催日が限られているイベント。

■オープニングイベント
DSC02163-001.JPG
【日時】8/17(金)18時半~19時
【場所】猿沢インウッドデッキ
「ならまち遊歩」の開催を記念して、猿沢池に提灯が幻想的な風景を創りだします。
※写真は昨年の模様です。

■ならまち遊歩ナイトツアー
DSC02110-001.jpg
【日時】8/17(金)~19(日)・24(金)~26(日)
【場所】ならまち遊歩イベントエリア内
【費用】1000円

■バサラ祭り×河瀨直美×奈良の町
【日時】8/18(土) 18時半〜20時
【場所】奈良市音声館 2階ホール
【出演】魚谷 和良/河瀨 直美/兵頭 祐香
【入場料】500円※ならまち楽座手形の呈示で無料。
【定員】 60名 事前にお申し込みが必要です(定員に空きのある場合は当日参加も可)。

■COCKTAIL BAR NARAMACHI-YUHO
DSC00066m.jpg
【日時】8/19(日)14時~21時半
【場所】奈良町物語館
奈良のトップバーテンダーがさまざまなカクテルを提供する、一夜限りのカクテルパーティー。

■かき氷作り体験
DSC09654mm.jpg
【日時】8/18(土)・19(日) 18時~
【場所】にぎわいの家 (参加費200円)

■蚊帳の中でお話会
DSC09676mm.jpg
【日時】8/19(日) 17時~19時
【場所】にぎわいの家

続いて、期間中は連日開催しているイベントも。

■ならまち楽座
期間中「ならまち楽座マップ」掲載店で楽座手形を提示すると、店舗独自の様々なサービスを受けられます。しかも今年は楽座手形を購入すると500円分(100円券×5枚)のお買い物券がついてくるので、とてもお得ですね!
※ACART LIFESTYLEは対象店舗ではありません。

■ならまちプロジェクション
【時間】 18時半~21時半
【場所】 ならまち遊歩開催エリア(数ヵ所)
プロジェクターから軒先などに設置する蚊帳生地に画像を映し出すインスタレーション。

■ならまち提灯さがし
DSC00056m.jpg
【場所】 ならまち遊歩開催エリア内一帯
【費用】 無料
ならまちに吊るしている提灯の中から、文字の吊された提灯を探し出し、そのキーワードから答えを見つけ出すと記念品がもらえます!

■提灯絵付け体験
DSC02404m.jpg
【時間】 11時~20時
【場所】 猿沢インウッドデッキ特設テント
【費用】 500円 ※ならまち楽座手形提示で400円
※写真は昨年の模様です。

■にぎわいの家 子ども提灯展示
DSC00062m.jpg
【時間】 9時~17時  ※18.19日は20時まで開館延長
【場所】 にぎわいの家
椿井小学校4年生の生徒たちが描いた提灯の展示。

この他にも関連イベントがございます。
たくさんあってここではすべて紹介できませんでしたので、詳細はならまち遊歩の公式HPでご確認いただければと思います。
残暑が厳しい毎日ですが、ぜひならまちに足をお運びください。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

無人でキャッシュレスの本屋さん「ふうせんかずら」ってなんだ?? [奈良のこと]

DSC00001mc.jpg

今年、アメリカシアトルに1号店が誕生したあのAmazonの実店舗Amazon Goは、入店時にスマホをかざすと、手にとって持ち帰った商品が自動的に課金されるというシステムの「無人店舗」でずいぶん話題になりました。
また大手コンビニローソンも今年に入って東京で無人レジの実証実験を実施し、こちらも大きなニュースに。
昨今の少子化に起因する労働人口の不足と、IT技術の進歩のおかげて急速に進みつつある「無人店舗」。でもどこか少し先の未来の話のような気がしていましたが、なんと!ならまちに!もう誕生しているではありませんか!

DSC00034m.jpg
奈良町のちょっとはずれにある「ならまちすーく」内に8月10日にオープンした無人でキャッシュレスの本屋「ふうせんかずら」さん。
DSC09964m.jpg
営業時間は朝7時~夜23時までなのですが、スタッフの方がいるわけではなく、「無人」です。
一応ならまちで有人の小売店を営んでいる者としては気になって仕方ない!ということで早速行ってみました。

DSC09950m.jpg
まず中に入ろうとドアに手をかけると、なんともゴツいテンキー式のロックが。
実は店内に入って利用するためには、「ブックメンバー」に登録することが必要なんです。
最初にふうせんかずらさんのHPより「ブックメンバー」に無料で登録していただくと、入り口を解錠するためのIDナンバーが発行されます。
そのナンバーを入力することで中に入ることができるというわけです。

そしてここは図書館ではなく本屋さんですので、本を売っています。
でも無人なので、もちろんレジも自分で。
DSC09973m.jpg
本を買いたい人はクレジット、交通系IC、電子マネーなど20種のカードを使って、備付けのタブレットなどを操作して精算します。

とはいえやっぱり気になるのは防犯上の問題。この日だけいらっしゃった店主さんに質問してみました。「盗まれたりしないんでしょうか・・・?」
DSC00012m.jpg
すると「一応、メンバー登録のときに個人情報を少しだけいただいているのと、IDナンバーで誰が入店したかわかる仕組みですので。あと、防犯カメラで録画させていただいてます」だそうです。
まあ、誰が入ってる、ってのがわかればあまり悪いこともできないですかね。
なるほど~。仕組みはわかりました。

DSC09957m.jpg
中はACARTの店舗とほぼ同じくらいの空間。
とっても高い天井まである本棚に本が並んでいます。

で、この本屋さんのもう一つの特徴は8名のブックオーナーさんによって「選書」された本たちが並んでいる、ということ。
DSC09960m.jpg
棚の1列が一人のオーナーさん、というふうに区切られていたのですが、とっても個性豊か。
DSC00015m.jpg
妖怪や動物、ビジネス書やマニアックなリトルプレス、写真集や日本文学など、まさに多彩。
DSC00004m.jpg
どの本も興味深くて、ついつい長居してしまいそうです。
本当に面白いものができたな~としみじみ。

今後は本が不定期で入れ替わったりブックオーナーさんが変わったり、土日にはイベントなんかもされるとか。どんな風に使われていくのか、とても楽しみです。


DSC00044m.jpg
そんな変わった本屋さん、仕掛けたのはレンタル町屋スペース「ぼたん」や、ならまちにただ一つの映画館「青丹座」を運営する竹本さん。
以前から“本に出逢い、本を愉しみ、本と過ごせる”をテーマに、奈良市を中心に本のイベントを開催してこられました。
DSC09984m.jpg
今回はそれらの経験を踏まえて、さらに出店者さん(本屋)とお客さまが出逢い、繋がる空間(実店舗)を創り出す挑戦をされたとのこと。
それが「Naramachi BookSpace ふうせんかずら」です。

DSC09955m.jpg
ちなみにお店の名前にもなっている「フウセンカズラ」とは、つる性の一年草で紙風船のような袋状の果実をつけます。また黒地に白いハート模様の丸いタネがかわいらしく、その模様はお猿さんの顔のようにも見えます。
そんなハート模様を持つフウセンカズラの種を一人ひとりのブックオーナーさまに見立てて、「ふうせんかずら」と命名したそうです。
ハート型をした種からフウセンカズラがたくさん繁茂するように、ブックオーナーさんもお客さまもたくさん実ることを祈ります。


map20180815.jpg
最後に、場所をもう少しきちんとご説明しておきます。
近鉄奈良駅→東向商店街→餅飯殿センター街→下御門商店街からもっと南へ。
奈良町の南の方、カウリさんを通り越して音声館の手前を右に曲がったあと、曲がりくねったカッコいい道をクネクネ進むと、「ならまちすーく」があります。
実はACARTもその存在は薄っすらと知ってはいたものの、「ここにあったんだ!」という感じ。
まず行ってみようと思わない道、地元の人しか通らないような場所にひっそりとあります。
ぜひ、一人になりたいとき、本に溺れたいとき、足を運んでみてください。
DSC09947m.jpg
ふうせんかずら
Naramachi Book Space
〒630-8341
奈良市南城戸町28-34 ならまちすーく内
[twitter]@narabook
http://narabook.space/


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

燈花会2018。今年は浮雲園地、甍、春日野園地へ! [奈良のこと]

DSC09768m.jpg

8月11日。山の日です。
いつの間にかできたような気がしている山の日。
「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という趣旨の祝日で、ハッピーマンデーにはならず日付は8月11日で固定なんだそうです。
DSC09589m.jpg
そんな山の日の看板猫は長女です。
山の日とは特に関係ありませんが、今日はパンダさんと遊んでいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

DSC09776m.jpg
さて、8月5日から始まっている燈花会。
早いもので会期も本日を含めて残すところあと4日となりました。
ちょっと遅くなりましたが、今年も行ってまいりましたのでご報告です。

DSC09756m.jpg
訪れたのは8月9日。この日は少しだけ涼しくて、過ごしやすい夜でした。
ここ数年は人の多い場所を避けていた燈花会ですが、今回は久しぶりにメイン会場となる浮雲園地や奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~、春日野園地へ。
場所としては大仏殿への参道の入り口、南大門や大仏殿に向かって右手にあたります。大仏前交差点からスタートと言っても良いでしょう。
平日なのでまだ人は少なめでしたが、それでもそこそこの混雑。

DSC09732m.jpg
まずは浮雲園地。
コンセプトは「地上に描いた天の川」だそうです。
その名の通り一面に灯されたろうそくの川の中を歩きます。

奥へ進むと 奈良春日野国際フォーラム 甍~I・RA・KA~ があります。
DSC09777m.jpg
建物の外には燈cafe 、おいしそうな食べ物、飲み物が!
DSC09773m.jpg
平日ですが人気のお店には行列ができてました。
甍の中に入ると左奥に中庭があり、ここも燈花会の会場になっています。
DSC09780m.jpg
中庭一面にロウソクの灯りと、インタラクションされた樹木ライトアップされていました。
この日はほの灯りライブも開かれていて、とても良い雰囲気。

DSC09801m.jpg
順路通りに中庭を抜けると、いつの間にか春日野園地会場へ。
広い会場に灯るたくさんのロウソクがとても美しいのですが、やはり後ろに見える大仏殿の屋根とのコラボレーションが奈良ならでは!

毎年観ていますが「相変わらずキレイだなあ」と大満足の燈花会でした。
ちなみに、この燈花会の運営をしてくださっているボランティアの方は400人、毎晩灯すロウソクの数は2万本なんだそうです。本当に頭が下がります。

これから会期終了までかなり混み合ってくるとは思いますが、今回ご紹介した3つの会場だけでも、十分燈花会を楽しめると思います。
はじめての方も毎年お越しの方も、ぜひぜひ足を運んでみてください。
13日と14日は大仏殿の夜間特別拝観もあります!
DSC09762m.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

MICHIMOでパワースポットへ。 [奈良のこと]

DSC09387m.jpg
橿原市・飛鳥地方の2人乗り「超小型モビリティ」レンタルサービス「MICHIMO(ミチモ)」を利用してきた話、最終回です。
小さいのに元気に楽しく走るミチモくんで、暑い中藤原宮跡の花ハスとおふさ観音の風鈴を見に行きました。
かき氷も食べてちょっと乙女なインスタ映えスポットの次は、硬派な?パワースポットへ。

この頃にはほとんど運転も慣れているので、どんどん走ってみたくなります。
実は電気自動車は始めてだったACART。
DSC09267m.jpg
小さいし、パワーはあるのか?モタモタ走って周囲に迷惑をかけるのでは?と心配していたのですが、全然大丈夫。
むしろ加速は申し分なく、スピードに乗るのも早いです。信号グランプリではお隣の乗用車に負けることはほとんどありませんでした(決して競っていたわけではありません)。
小さいので細い道でもあまり迷惑になりませんし、いいクルマです!


神武天皇陵の森でオーラを感じる
さて、そんなMICHIMOくんを楽しみながらおふさ観音をちょっと南へ下って、神武天皇のただごとではないオーラを頂きに、神武天皇陵を訪れました。
DSC09366m.jpg
神武天皇稜は畝傍山の北東の麓、橿原神宮のお隣です。
日本書紀、古事記によると、初代天皇とされる神武天皇(諸説あります)。
御陵の入り口から鳥居までは砂利道をちょっと歩きます。左右には橿原神宮の森?があるので、森林浴のようで気持ち良いです(暑かったですが)。この日は平日の猛暑の中ということでほぼ人の姿も無く、静かでした。
DSC09375m.jpg
鳥居の向こうに御陵があるようですが、当然のことながら全体は見えません。
ご挨拶をして、暑いので早々に退散。神々しいオーラだけは頂いたはず。
まあ、行ったからどう、何があるっていう場所ではないのですが、静かな森の中を歩くのはなんだか厳かな気持ちにもなります。


橿原神宮の鳥居の前で記念撮影
次はやはり橿原市を代表する場所。
畝傍山の南東麓、約50万平方メートルもの広大な神域に建てられた橿原神宮へ。
DSC09403mm.jpg
ブーンと駐車場へ入ると、守衛室のようなところから係のオジサンが走って出てこられました。
「あれ?こっちじゃないの?怒られる!」と身を小さくしたACARTとMICHIMOくん。
でも、橿原神宮の守衛さんがおっしゃったのは「MICHIMOは駐車料金が無料になりますからね!駐車券をもって、必ず社務所に寄ってください!」とのこと。
そうなんです、初回にご紹介するのを忘れましたが、MICHIMOに乗っていると観光地のあちこちでいろいろな特典が受けられるんです。
今回ACARTが行ったところで優待が受けられたのはこの橿原神宮だけだったのですが、他にもいろいろな施設に無料で入れたり、割引があったり。自家用車だと当然かかる料金も安くなるので、これはお得です!
5時間で約5000円のレンタル料金ですが、電気なのでガソリン代もかかりませんし、こうした特典も受けられる!やっぱりいいクルマです。

話を戻して、守衛さんに社務所の場所を丁寧に教えてもらいつつ、ここで一つワガママを。
DSC09389m.jpg
通常であれば駐車禁止の鳥居の前で「ちょっとだけ写真撮ってもいいですか?」とお願いしてみました。MICHIMOだからかどうかわかりませんが、「いいですよ~」と快諾。優しいですね!おまけに車庫入れの誘導までしてくださいました。トップの写真、真正面だと駐車位置がちょっとセンターはずしてますが・・・。

DSC09399m.jpg
さて、無事にMICHIMOを駐車して、いよいよ橿原神宮の中へ。広い玉砂利の参道を歩きます。
神武天皇稜と同じく、人は少なく、あまり参拝客の方もいません。
言われたとおりに社務所に寄って、割引を受けたらいよいよお参り。
檜皮葺きで素木造りの本殿と神楽殿が、ストイックで新鮮。こちらも荘厳な雰囲気です。

DSC09435m.jpg
それにしても、ひっそり。
奈良の春日大社だったらこの暑さでも外国の方などでそれなりに賑わっているのですが、ここでは日本の方が何組かいらっしゃるだけ。
DSC09430m.jpg
広々としていて美しい場所なので、もっとたくさんの人に訪れてほしいな、と思いました。
休憩室にはエアコンも完備していて、ホスピタリティばっちり。

DSC09410m.jpg
そう、橿原はホスピタリティの素晴らしい街でした。
先ほどの守衛さんの他にも、駐車券の処理をしてくださった宮司さんや、駅員さん、MICHIMOの係の方、他の駐車場の係の方など、とにかく優しい!
こういうところはACARTも見習わなければいけないなあ、と思いました。

DSC09470m.jpg
MICHIMOの旅はここまで。
今回行けなかった場所がまだまだあるので、また乗りたい!というのが感想。ただし、次はもう少しいい季節に。
興味を持った方はぜひ一度お試しください。
DSC09474m.jpg


さて最後にいつものお知らせです。
明日は祝日「山の日」。猫スタッフが出勤します。
担当は「長女」です。
DSC09608m.jpg
明日からお盆の連休という方もいらっしゃるかもしれません。
ACART LIFESTYLEは8/13(月)も臨時営業で、しばらくお休み無しですが、猫スタッフの出勤はカレンダーどおりの土日祝となります。明日8/11(土)、12(日)の次の出勤は8/18(土)、19(日)です。お間違いのないようにお願いいたします。

<関連記事>
飛鳥地方を疾走!待望のMICHIMO体験!(2018/8/3)
MICHIMOに乗って。花蓮とおふさ観音へ!(2018/8/7)


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

MICHIMOに乗って。花蓮とおふさ観音へ! [奈良のこと]

DSC09248m.jpg
先日のブログにて「橿原市・飛鳥地方の2人乗り「超小型モビリティ」レンタルサービス「MICHIMO(ミチモ)」を利用してきました」という記事を書きました。
本日はその続きです。

DSC09187m.jpg
その前にちょっとだけおさらい。
MICHIMOは、NISSAN New Mobility Conceptという電気自動車。
橿原神宮前や飛鳥の駅前にあるステーションで借りることができるレンタカーです。
2人乗りですが座席は縦並び、ドアはガルウィング、かわいらしい見た目に反して走りはとってもスポーティーで快適!
加速もしっかりしていてキビキビと軽快に走ります。エアコンがついていないのでものすごく暑いですが、それ以外はとても楽しい乗り物でした。
DSC09383m.jpg
ちなみにACARTがレンタルしたのは朝10時半~15時半の5時間。
一番暑い時間をエアコンのない車内と屋外で過ごしたと言うわけです。
我ながらよく熱中症などにならなかったものだ、と思いますが、この日は過ぎ去った台風の影響か、風が強かったのが幸いしたのかもしれません。
また、飛鳥地方は奈良に比べると緑が多いせいか、爽やかでした。

藤原宮跡で花蓮を楽しむ
DSC09210m.jpg
さて、そんな爽やかなお天気の中、楽しい車に乗って向かった先は?
まずは藤原宮跡の「花蓮(ハナハス)」を見に行きます!
橿原神宮前の駅から北へ、そしてちょっと東へ。比較的近くて、15分くらい?で着くのではないでしょうか。

藤原京の中心となる藤原宮跡。
広大な田んぼの真ん中に、オレンジの柱みたいなのがニョキニョキ建っているのが目印です。
「花蓮」のノボリに導かれて藤原京の中心部へ。
農道のような細い道も、MICHIMOなら楽々。ざっくりと設けられている駐車場に車を停めます。

DSC09213m.jpg
この時期、藤原宮跡で見頃を迎える「花蓮(ハナハス)」。
「早朝に開花し、昼頃には花は閉じます」と聞いていたので急いで向かったのですが、まだまだたくさん咲いていました。
大きな蓮の葉っぱに、よく見るといろいろな種類の蓮の花がとても美しく、本当に極楽のような風景。
また田んぼなのでオタマジャクシや小さな蛙、魚やザリガニなど普段あまり見ることのない生き物たちも見られます。


おふさ観音で風鈴とかき氷
DSC09284m.jpg
蓮を堪能したACART、次は「おふさ観音」を目指します。
これまたすぐ近くなのですが、細い道に入るので「ほんとにこっちでいいの~?」と右往左往。

ちょっと話が逸れますが、そういえばこのMICHIMOくん、ルームミラーがありません。
DSC09184m.JPG
もちろんサイドミラーはあるのですが、真後ろが見えづらいので、駐車やバックのときは少々戸惑いました。
まあ、小さいので駐車もだいたいうまく行くのですが、想像以上に後ろが見えません。
実は道に迷うことも何度かあったのですが、小さくてすぐに方向を変えられるものの、バックが難しいなあ、と思いました。

DSC09278m.jpg
そんなこんなでちょっと道に迷ってしまいましたが、無事に到着。
「おふさ観音」は厄除け・子授け・ぼけ封じなどのご利益があるお寺ですが、夏には「風鈴まつり(7/1~8/31)」が開催されています。
DSC09291m.jpg
境内に吊るされた約2,500個もの風鈴は、風になびいて大音量!風鈴の音だけですがすごい迫力です。


DSC09330m.jpg
それにしても、・・・道に迷ったせいもあるのですが長らく外にいるので暑い!
お昼の時間でしたが、あまりに暑いのでおふさ観音の境内奥にある「茶房おふさ」でかき氷を頂くことに。
DSC09324m.jpg
暑い暑い、涼みたい・・・と向かった「茶房おふさ」。大正時代に建てられた趣のある建物には・・・エアコンがない!
少々ガッカリしながらも、縁側近くに座って外の風を感じながら休憩。
お座敷には風が吹き抜け、どこか懐かしい雰囲気でした。
DSC09341m.jpg
風鈴の音を聞いて食べるかき氷はとっても美味しくて、暑さも少しだけ忘れました。


本日はここまで。
花蓮もおふさ観音も、夏休み中はまだまだ訪れていただけます。
お盆休みにいかがでしょうか?
DSC09236m.jpg


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

明日から。なら燈花会2018は8/5(日)~8/14(火) [奈良のこと]

DSC00633m.jpg

8/4(土)今週も暑い週末となりました。
今日の看板猫は最近お外に興味津々の末っ子と
DSC09127mc.jpg

外を歩く人の少なさに恐怖を抱く次女。
DSC09119mc.jpg

ま、まあ、大丈夫大丈夫。
きっと誰か来てくれるよ・・・。
DSC07531mc.jpg
というわけで、本日もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、古都の夜を2万本のろうそくが彩る幻想的なイベント「なら燈花会」が明日から始まります。
1999年から始まって今年は20回めという記念すべき年を迎え、今では夏の奈良の風物詩とも言える一大イベントになりました。

会場は奈良公園一帯。
春日野園地、浮雲園地、浅茅ヶ原、浮見堂、猿沢池・五十二段、甍、興福寺、奈良国立博物館前、東大寺、春日大社。
8/5のオープニングセレモニーのほか、「ほのあかりライブ」や「奈良県×文化服装学院ファッションショー あたらよ」などなど、関連イベントも開かれます。
今年もついにこの季節がやってきましたね。

DSC01553mm.jpg
浮雲園地や春日野園地、甍の周辺は毎年混雑必至。
大仏殿への参道にはお土産物屋さんが並んでいますし、恒例の「燈cafe」があるのは国際フォーラム甍の前です。燈花会らしさという点では一番かと思いますので、はじめての方はぜひ、と思いますが・・・奈良とは思えない人の多さですので、どうぞお気をつけて。

DSC04176m.jpg
浅茅ヶ原や浮見堂もかなりの人出にはなりますが、闇夜に浮かぶ浮見堂とろうそくの灯りは大変美しく、見応え十分。おそらく平日であれば芋を洗うような状態にはならないので、ゆっくり楽しみたい方にもおすすめです(土日や終了間際はやっぱり混み合うと思いますが)。池でボートにも乗れますので、カップルで楽しむ方にも。

DSC04119m.jpg
猿沢池と五十二段は興福寺や駅や街から近いのがポイント。あまり歩きたくない方や時間の無い方はこちらをどうぞ。
ACART LIFESTYLEも近いですよ。

そして毎年のように注意点として申し上げておりますが、燈花会と春日大社の中元万燈籠、東大寺の万灯供養会、大文字送り火は、全て同じ日に行われるわけではありません。
燈花会の開催期間は 8/5(日)~8/14(火) ですが、春日大社の中元万燈籠は14、15日、東大寺の万灯供養会と奈良大文字送り火は15日、と微妙に一日ずつ被ったり被らなかったり。
ここらへんはぜひ注意してご予定ください。

それと、燈花会期間中のACART LIFESTYLEの営業について。
昨年同様、期間中の営業時間は変更せず、11:00~19:00とさせていただきます。
とはいえ、19時を過ぎてもお客様がいらっしゃることはありますし、シャッターが開いてる限りはご入店も大歓迎です。
なお、定休日については8/6(月)は通常通りの定休日、8/13(月)はお盆ということもあり臨時で営業させていただきます。里帰りのついでにぜひご来店ください。
そして猫スタッフの出勤は、カレンダーどおりの土日祝となります。


最後になりましたが、この燈花会に合わせて奈良専門の旅行会社ASUNARAさんが素敵なイベントを企画されています。

20180804.bmp.jpg
燈花会の夜を浴衣で愉しむ「toukae trip」
8/5〜8/14限定!美しい奈良の燈花会を浴衣で歩くプラン。
料金 / 4000円(1名様)
所要時間 / 着付けとみるく氷:2時間
プランに含まれるもの
浴衣一式貸し出し(21:30までに返却)
着付け代
町屋かふぇ環奈の「抹茶みるく氷」or「苺みるく氷」
map20180804.jpg
ASUNARA独自のラインナップから、人とはちょっと違う浴衣と小物を借りて、丁寧な着付けをしてもらって、美味しい氷を食べて・・・これで4000円はかなりお得です。
すでに予約がいっぱいの日も出ているみたいですので、気になる方はぜひお早めにお申し込みください。


最後に、明日の猫スタッフは長女です。
よろしくお願いいたします。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

飛鳥地方を疾走!待望のMICHIMO体験! [奈良のこと]

DSC09167m.jpg
突然ですが、知る人ぞ知る乗り物好きのACART。
橿原市・飛鳥地方の2人乗り「超小型モビリティ」レンタルサービス「MICHIMO(ミチモ)」を利用してきました。

DSC09178mm.jpg
MICHIMOは、NISSAN New Mobility Conceptという電気自動車。スペックは以下の通りです。
車種:NISSAN New Mobility Concept
定員:2名
全:2340mm×全幅1230mm×全高1450mm
車重:500kg
最高速度:約80km/h
航続可能距離。約100km
DSC09456m.jpg
ざっくり言うと、電気自動車なのでCO²排出ゼロで環境に優しい、小さいので奈良の狭い道でも小回りが利く、そしてかわいい! が特徴の車両です。
以前からこのサービスがとても気になっていたACART。
この度訳あって橿原付近を訪れたので、思い切って乗ってみました。

まずは予約。パソコン・スマホ・電話でできます。
利用料金は 3時間3,000円、5時間4,750円、1日8,000円(税抜)。
貸出場所は2か所あり、橿原神宮前駅と飛鳥駅。
ACARTは橿原神宮前駅でレンタルしました。時間はたっぷり5時間!これだけあればあちこち行けるはず!

DSC09154m.jpg
橿原神宮駅のステーションは中央改札を出てすぐ左にあります。
手続きはすぐにできますが、特殊な車輌の為、貸出しの前に20~30分程度の講習があります。

DSC09158m.jpg
さっそくMICHIMOが停車してあるロータリーへ。炎天下の中、誇らしげにガルウイングを上げるMICHIMOくん。
そう、この車両、ガルウイングです!しかもドアの外側にはレバーがなく、外から手を突っ込んで内側のレバーを引きながら窓枠のベロを引っ張って開けます。
DSC09364m.jpg
もちろん運転席が前、後部座席にもう一人乗れますが、座席が倒れないので後部座席に乗るのはちょっと大変かもしれません。
そんな座席なので、服装はズボンの着用をお勧めします。特に後部座席は前席を跨いで座る姿勢になるので、スカートはNG。運転席も乗り降りの都合上ズボンのほうが良いかと思います。


さていよいよ乗車して車内をチェック。
DSC09469m.jpg
もともと車体のドアには窓が無いものらしく、ビニールの窓型カバーがあります(たぶん後付け)が、ドアと本体、窓型カバーには隙間があります。
雨の時は雨水が車内に入りそうなので、雨の日に借りる方は合羽などを予め装着ください。
また室内はそれほど広くないので、大きな荷物を収納するスペースはありません(後で知ったのですが、大きな荷物はステーションで預かってくれるそうです)。ぜひ軽装で乗りましょう。

・・・それにしても暑い!
実はこのMICHIMO、エアコンがありません!ACARTのように真夏の炎天下にご利用の際は、こまめな水分補給と休憩を忘れないようにしましょう。逆に冬は前述の隙間からのすきま風がすごいと思うので、防寒対策を万全に。

DSC09466m.jpg
そんな見た目はとても個性的なMICHIMOですが、動かし方はほとんど普通の車と同じなのでご安心ください。キーを挿して回すと電源ON。メーターパネルに緑色で「GO」のランプが点灯します。前進するときは左側のシフトセレクターの代わりのボタンで「D」、バックは「R」。駐停車するときは「N」です。
DSC09462m.jpg
また左下に手で引っ張るタイプのサイドブレーキがあります。ブレーキとアクセルは通常の車と同じです。
さらにハンドルの左にあるレバーがウインカーで、右がワイパー。実はこの車両、日産ですがルノー製なので、国産車とはウインカーとワイパーが逆です。お気をつけください。

ざっくり言うとこんな感じでしょうか。

ちなみに、このMICHIMOは北は八木駅付近から南は壺阪山駅くらいまでと、決められたエリアのみを走行するようになっています。ただ、少しくらいエリアから出ても走れなくなるとか、怒られるなどは特にないので、落ち着いて戻れば大丈夫だそうです。
DSC09271m.jpg
肝心の乗り味は、暑いこと以外はめちゃくちゃ快適!電気ですがパワーがあるので、すごく運転しやすいです。ステアリングに伝わる路面の感覚がしっかりしていて、路面の凹凸でボディは揺れますが、剛性感が高く、とってもスポーティー!
軽快感や快適さの両面から、自動車とオートバイの中間的な乗り物と言えばよいかもしれません。

さてこの楽しい乗り物でどこへ行こうか・・・。
詳細な運転の感想や訪れた場所など、続きはまた今度!

最後に恒例、週末の猫スタッフシフトです。
今週は日曜日から燈花会が始まりますが、明日土曜日は次女と末っ子が担当します。
DSC_0058.JPG
燈花会期間は特に夕方ごろからお店のまわりも賑わいはじめますので、その直前となる明日土曜日は、比較的ゆっくりと猫と遊んでいただけると思います。
ぜひACART LIFESTYLEにお立ち寄りください!


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

奈良、8月のイベント! [奈良のこと]

DSC09255m.JPG
7月31日、今日で7月もおしまいです。
明日から8月ですが、こんなに暑い7月が今まであったでしょうか!
豪雨や暑さ、台風など大変な7月になりましたが、改めて、災害の被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
8月こそ、何事もなく平穏であることを祈りつつ、来月8月に奈良で行われるイベントをご紹介します。

DSC01878cm.jpg
「遺影deYEAH!」丸山隆史写真展
8/1(水)~8/12(日) 
奈良県立図書情報館ロビー
昨年~今年のイベントで撮影された遺影が展示されます。
「遺影、夏空に近く」 の上映会もあります!
・上映日 8月12日(日)①13:00 ②15:00(各回開場は30分前)
・入場料 無料(事前申し込み不要)
・定員50名

DSC04131m.jpg
なら燈花会
8/5(日)~8/14(火) 19時~21時45分(点灯時間)
奈良公園一帯

なら燈花会新薬師寺夜間特別拝観
8/5(日)~8/14(火) 18時~21時 
新薬師寺
夏の奈良の風物詩「なら燈花会」開催期間中の夜間は新薬師寺を特別拝観いただけます。本堂周辺には、燈花会のろうそくの灯りが100~300個並べられ、とても幻想的な光景が広がります。

大仏さま お身拭い (大仏殿)
8/7(火) 7時~(一般入堂は7時半~)
東大寺大仏殿
120人程の僧侶や関係者が、早朝より二月堂の湯屋で身を清め、白装束に藁草履姿で大仏殿に集合、7時より撥遣作法が行われた後、全員でお経を唱え、年に一度の大仏さまの「お身拭い」を始める。9時半頃には終了。

DSC00553mm.jpg
東大寺二月堂功徳日(およく)
8/9(木) 
この日参詣すると46,000回参詣したのと同じ功徳が得られると伝えられ、「およく」と呼ばれています。

平城宮あかりの夕べ
8/10(金)~8/23(木) 18時半~20時
8/24(金)~8/26(日) 18時半~21時
平城宮跡歴史公園・平城宮いざない館

DSC01524m-001.jpg
大仏殿夜間拝観(無料)
8/13(月)・8/14(火) 19時~21時
東大寺大仏殿

春日大社中元万灯籠
8/14(火)・8/15(水) 19時~21時半
春日大社

大仏殿万灯供養会
8/15(水) 19時~21時
東大寺大仏殿

DSC05419mm-001.jpg
奈良大文字送り火
8/15(水) 慰霊祭18時50分~20時 点火20時 演奏会20時~(30分間)
高円山・春日大社境内飛火野

DSC02110-001.jpg
ならまち遊歩
8/17(金)~26(日)
ならまち界隈

DSCb180730-2.jpg
全国金魚すくい選手権大会(大和郡山市)
8/19(日)
金魚スクエア (大和郡山市総合公園施設 多目的体育館)

DSC02765m.jpg
元興寺 地蔵会
8/23(木)~8/24(金) 
法要・塔婆供養・万灯供養・地蔵尊御影配布は両日、模擬店は23日、奉納演奏は24日です。

DSCb180730-1.jpg
天平たなばた祭り(平城京天平祭・夏)
8/24(金)~26(日) 16時~21時
平城宮跡朱雀門広場
天平七夕行列、燈花会、ライブや縁日、かき氷祭りなどなど・・・熱気球フライトもあります!

DSC05173m.jpg
バサラ祭り
8/25(土)・8/26(日)
奈良市内(県庁前・JR奈良駅前会場ほか)

楽しい夏のイベントばかりなのですが、いろいろな願いや祈りを捧げる場面もたくさんあります。
ぜひ、この夏の思い出に、奈良へおいでください。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

明日は7月最後の土曜日、奈良のイベント。 [奈良のこと]

DSC09031m.jpg
本日7月27日(金)は、月に一度のプレミアムフライデーですね。
ちょっと忘れがちなプレミアムフライデーという制度(?)、昔で言うとハナキン。
この季節ならビアガーデンに行く!なんていいですね。
暑すぎてビールもすぐにぬるくなってしまいそうですが、何と言ってもあの雰囲気が夏らしくて楽しいものです。
ちょっと暑いですがビアガーデンに限らず、せっかくですので会社帰りにお出かけなどして、皆様良いプレミアムフライデーをお過ごしください。
さて金曜日の次は土曜日。明日7/28(土)は、奈良では夏らしいお祭りやイベントがいろいろとあります。


DSC04493mm.jpg
つばいまつり
16時半~21時
場所:椿井小学校
椿井小学校のグラウンドで行われる、懐かしい雰囲気のお祭りです。

DSC04191m.jpg
なら燈花会 早咲きの日
19時~21時
場所:奈良公園浮雲園地
高齢者の方や障がいをお持ちの方にゆっくりお楽しみいただく日です。

DSC03753m.jpg
しもみかど流しそうめん
1回目:14:00~15:00/2回目:16:00~17:00
場所:下御門商店街
料金:100円(つゆ一杯がなくなるまで食べ放題)
毎年恒例、坂のある商店街を利用した流しそうめん!

DSC05188m.jpg
東大寺 解除会
8時~
場所:東大寺
大仏様の前に約2mもの茅の輪が設けられ、夏越しを祈る法要が行われます。また、参拝者もこの茅の輪をくぐって夏の無病息災を祈願します。


すべて明日7/28に行われます。なぜこんなにも28日に集中しているのか・・・と思いますが、まあ仕方ないですね。29日には特に何もないのですが・・・。
ここ最近は暑くてあまり出かけていない、という方も多いかと思いますが、昼も夜もいろいろと楽しそうなので、ぜひお出かけください。
ついでにACART LIFESTYLEにもお立ち寄りいただけると大変うれしいです。

最後に明日土曜日は猫の出勤日。
DSC00272m.jpg
最近またお向かいの工事が賑やかになってきたので、環境についてあまりこだわりのない長女がやってきます。
台風の進路も心配ですが、今の所猫の出勤も店舗の営業も特に変更などございません。
どうぞよろしくお願いいたします。



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「珈琲と定食 minamo」でpiece of journey。 [奈良のこと]

DSC08947m.jpg
旅を愛し、訪ねた国の風景や人々の暮らし、料理などをカメラに収めた「山根綾香さん」の旅の写真を集めた展示会が、「珈琲と定食 minamo」で開催されています。

「人生は旅!」とバックパック一つでヨーロッパや東南アジアなどを訪ね歩き、3000点以上の写真を残していた山根さん。「また旅に出たい」と次の旅に備えていた2015年に病気が見つかり、その後29歳という若さで天国へ旅立ったそうです。

DSC08349m.jpg
実は「くるみの木」のスタッフとしても活躍していた山根さん。そのご縁から、今回写真展をすることになったminamoさん。同僚であり友人でもあったことから、今回の写真展では山根さんとの「思い出のケーキ」を再現して、期間中ご用意しているそうです。

山根さんのキラキラとした感性で切り取られた写真や旅日記とともに、minamoさんの思いが詰まったケーキも、ぜひお楽しみください。
会期は7/18(水)~7/23(月)。ちょっと短い期間ではありますが、ぜひ足をお運びください。

DSC08944m.jpg
piece of journey
Ayaka Yamane Photo Exhibition
2018.7.18-7.23 11:00-18:00


ちなみに・・・minamoさんと言えば「定食(ランチ)」です。
DSC08351m.psd.jpg
3日ごとにメニューが替わるおいしい定食は、メインのお料理のほかにこだわりのお米を使ったおいしいご飯、お漬物、そしてたっぷりのスープ!
男性の方なんかは一見「お腹一杯になるかな」と思ってしまうかもしれませんが、意外とボリュームあります!また味付けも決して薄い、というのではなく優しい味で、野菜もたっぷりなのでしみじみおいしく、体が喜びそう。
定食ももちろんおススメなのですが、たくさんの野菜と鶏肉をじっくりと煮込んでトロトロにした「トマトと鶏肉のカレー」も絶品です。
辛いものが苦手なACARTにも食べられるマイルドな辛さも嬉しい!

DSC07143mm.jpg
また今回の思い出のケーキとは違いますが、レギュラーメニューのケーキもおいしいので、ランチだけでなくおやつの時間にもおススメです。
ゆったりとした空間においしい珈琲と定食、デザートも。
もちろんminamoさんのお人柄も素敵で、通いたくなるカフェです。
DSC07665m.jpg
珈琲と定食 minamo
奈良市東城戸町 28
11:00-18:00(火曜休)
http://minamocoffee.tumblr.com


最後になりましたが、明日は土曜日です。
猫にしてはたくさんの土地を旅した長女が出勤します。
DSC08091.jpg
こちらの写真は2006年(!)北海道の富良野のあたりで撮影した若い頃の長女。見た目も性格も、そして行動パターンも、12年経った今とあんまり変わりません。

これまで行く先々で彼女の目に映ったのは、いったいどんな風景だったのでしょうか。
そして今、何を思うのか・・・。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | - 奈良のこと ブログトップ

インテリア雑貨店ACART LIFESTYLE/アカートライフスタイルのオフィシャルブログ